私は男性、既婚です。今回は、会社の上司についてご相談をお願いします。

上司の奥さんが病気を患い、その後遺症で車椅子生活を余儀なくされました。今は上司名義の分譲マンションに住んでいますが、バリアフリー住宅に引っ越そうか、と家族で話し合っているようです。分譲マンションを手放すのもちょっとなあ、と思い、上司に引き払うのはやめたらと話したら、「分譲マンションにバリアフリーの設備って勝手につけるのできないんだよね。出来ないのであれば、住んでも意味が無いから引き払ってそのお金でバリアフリー住宅に引っ越す」と、周りが説得しても話しに応じない状態です。と、いうわけで、

1、分譲マンションにバリアフリーの設備を勝手に工事をするのはいいのでしょうか。もしいいのであれば費用はどのぐらいかかるのでしょうか。

2、住宅ローンは無いので引き払ってもいいらしいのですが、今引き払っても不動産価値が下がっている以上、売却金額が購入金額より大幅に下がる可能性が高いですよね。住むことが無くても今は売らないほうがいいのでしょうか。

3、あなたなら、バリアフリー設備の無い自分名義の分譲マンションに住みますか、それともバリアフリー住宅に住みますか。

皆さんの御意見、お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1)私の分譲マンションは、玄関扉内の専有面は、


工事は出来ます。
最近バリアフリーに改装する方が増えていますが、
コンクリート部分に穴を開けて(耐震面に、関係する部分)、
新しい出入り口を作る事は不可です。
木工事は可能ですが、配管工事や間取りの関係で、車いすの大きなものは使えない部屋が出ます。
どの位段差があるかによって、使う材木の種類が変わるのですが、
大工さんが扱う工事はやはり、高いです。

2)売却代金が購入代金より下がっている・・
減価償却がありますから、余程立地条件が良い場所でない限り
購入時期によっては、大幅に下がっているという感は当然かと思います。
売却する時期は、購入価格との差を見るだけではなく、
これからの生活について、いろいろな面を考慮した方が良いと思います。
医者へゆく手段。
別に済んでいる家族が援助する場合の交通手段や駐車場の事。
福祉の援助。

3)現在の状況は本当に大変な方もいらっしゃいます。
経済状況もありますし、老後、介護に対して、
無防備、恥、無頓着、無計画など・・。

介護される方も主に介護をされる方援助する方
全ての意見を話し合い資産をどう使うか・・どのように残すか、
遺産相続も含めて、協力を求めたり、きっちりと話し合い
取りまとめたいと思います。
一人で全部するという閉鎖的な考え方は、
美談でもないと感じます。

私は現在住んでいる場所はとても好きです。
老後を過ごすためには特に良いと
思いますので、多分住み続けたいと思うのですが、
もし、子達に介護の手を借りなければならないのでしたら、
自分の気持ちは捨てます。
老いては子に従う。
若者の生活を全とっかえして、もらう事は考えません。
最近は子達と常に話し合っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
そうですね、「今後の老後のことを真剣に考える時が来たんだ」、と上司も言っていました。今住んでいるところは好きみたいですので、内装が問題なく出来るのならしてみたいといってました。

お礼日時:2009/01/10 21:08

>1


分譲マンションは、専有部と共用部に分かれます。専有部(玄関扉、サッシから内側)であれば、区分所有者(今回は上司)が好き勝手に改造できます。ただし、共用部に段差などの障壁がある場合は、その改修などは、管理組合が住民の賛成多数(工事内容によって必要賛成割合は変わる)によってしか、行えません。

共用部の改修となれば、その費用は管理組合が出します。古い物件で、高齢者が多いなどとなれば、そう言う提案も、わりとすんなり通る可能性はあります。

>2
売るかどうかは、お金に余裕があるかどうかの問題です。一応売りに出すか、賃貸募集かけて、うまくいけばそうしてもいいでしょう。

>3
程度問題です。障害の程度と、物件設備の程度。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
共用部分での改修は出来ないのですね。でも、専有部の改修が出来るならば、いくらお金をつぎ込んでもいいと言っていますので、今のマンションで改修をして、住み続けて行きたいと言ってました。

最後に、返事が遅くなりまして、申し訳ありませんでした。

お礼日時:2009/01/10 21:13

1.専有面積部分、ようは内装は問題なく出来ます、


工事で煩くなるので、両隣と真上、真下ぐらいは挨拶が必要です。
費用については、その上司の奥さんの状態により変わってきます、
ある程度の自力生活が可能なのか、全介助なのかで設計が変わります。
床の段差解消、寝室の改修、浴室、トイレ、の改修(入り口の拡幅や介助スペースの確保)、各部屋の扉の拡幅(車椅子が通れる幅員が確保されていないものが多いので)など全てを工事するなら数百万と言う場合もあります、自治体で補助がでますが、ものすごく少ないです。

2.賃貸できるならそれに越したことは無いと思います。

3.状況によります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。内装は問題なくできるのですね。実は、県営住宅に申し込んだのですが、今回は落選してしまいました。自分の持ち家で出来るならそれもいいと考えていたようで、助かりました。

お礼日時:2009/01/10 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング