諸星大二郎の「蜘蛛の糸は必ず切れる」「巨人譚」は愛蔵版のようですが、今まで発売された本と同様の作品が収録されているのでしょうか。
お値段も高いので買おうか買うまいか迷っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは。



「蜘蛛の糸は必ず切れる」
は第二弾目の小説ですから前作及び他のコミックに収録されたものと
ダブることはないと思います。

「巨人譚」
収録作品はNo.1さんの仰るとおりです。
ロトパゴイの難船、砂の巨人の2話は昔コミック「砂の巨人」に収録されたものです。(この2話のみの収録)
他の話は今回単行本としては始めての収録かと思います。

「砂の巨人」は古本屋で捜すしかありませんので、でこの2話しか入っていませんので
今回の「巨人譚」で読んでしまうのも有りかと思います。

----以上
    • good
    • 0

 こんにちは。


 『蜘蛛の糸は必ず切れる』は未だに買っていません。ですが、これは諸星さんの短編小説集で、元々ハードカバー版しか出ていません。先行して出たやはり小説集の『キョウコのキョウは恐怖の恐』も未だに文庫化はされていませんから、当分その可能性はないでしょう。
 『キョウコのキョウは恐怖の恐』は買ってから1年以上経ってようやく読みました。諸星さんの作品の画を、すべて文字に置き換えたと言ったところでしょうか。内容的にはあの人の世界のままです。特に良くも悪くもないです。

 肝腎の『巨人譚』は、書き下ろしの新作「ギルガメシュの物語」49ページを含んでいます。これ以外は「ミノスの牡牛」、「ロトパゴイの難船」、「砂の巨人」というこれまでに単行本に収録されていた作品(上記4作は緩やかな関連を持っています)。
 ほかは単行本未収録の「阿嫦(あごう)」、「星山記」とのことです。私はまだ買いに行っていません。

 SNSでは諸星さんのコミュニティは賑わっていますが、通常のウェブ・サイトで人が集まっているところはもうほとんど無いようです。せいぜいこちら程度でしょうか。
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic/2929/morom …
ここの12月4日記事を参照。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『巨人譚』を購入しました。読んだことのない作品があって買って良かったと思っています。回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/03/17 21:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q諸星大二郎の「栞と紙魚子」シリーズについて

諸星大二郎の「栞と紙魚子」シリーズを集めようと思っているのですが、アマゾンを探してみると結構ヒットしてどれを購入すればいいのか分かりません。
http://www.amazon.co.jp/%E6%A0%9E%E3%81%A8%E7%B4%99%E9%AD%9A%E5%AD%90-1-%E3%82%BD%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%AB%B8%E6%98%9F-%E5%A4%A7%E4%BA%8C%E9%83%8E/dp/4257722118/ref=sr_1_15?ie=UTF8&s=books&qid=1234168598&sr=8-15
読める話は全て読みたいのですが、内容がかぶらずに読むにはどれを購入したらよいのかお教え頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

「栞と紙魚子 新版」でamazonで検索してください。
7件の検索結果が出てきます。
このうち、文庫となっているものを除いた5冊に「栞と紙魚子の百物語」を加えた6冊で現在刊行されている物語を読むことができます。

※なぜ「新版」なのかというと
実はこの作品を出版していた朝日ソノラマという会社が廃業してしまったのです。幸い、朝日新聞社が他の作品も含めて版権を買い取ったので、朝日ソノラマ廃業以前に出た5冊は「新版」として朝日新聞社から再刊行されたのです。
最新刊の「百物語」はもとから朝日新聞社刊でした。

文庫はまだ2巻しかありませんから全話収録されていません。

Q諸星大二郎の一短編のタイトル

もう10年以上前に見た諸星大二郎の短編漫画で、
どうしてもタイトルが思い出せないものがあり、もやもやして困っています。

どこか遠くの星が舞台で、ロケットでどこか別の星に行こうとした
子供たちのグループが、突然周りの大人たちから嫌がらせを受ける、という内容です。
最後は何とか一人脱出できた子供に向かい、
「俺たちを置いて行かないでくれ!」と哀願する大人たちの表情が
印象深かったのを覚えています。

Aベストアンサー

『流砂』だったかな?
広大な砂の瀑布のある辺境の街(惑星)を舞台に、
変化(可能性)を求めて街(惑星)を出て行こうとする若者たちを
力ずくで妨害し引き止める親世代(大人)。
そんな親達も本当は・・・という話だったと思うけど。

ちなみに『ぼくとフリオと校庭で』に収録されているらしいです。
http://www.amazon.co.jp/dp/4575726109

Q諸星大二郎〔諸怪異誌シリーズ〕

このシリーズは-鬼市-で終わりなのでしょうか。
アクション・・・だったかな、こちらで連載は続いているのでしょうか。

Aベストアンサー

『諸怪志異(三)鬼市』には、
「鬼市」(1997年52号/漫画アクション掲載)から、
「鬼弾」(1999年8号同掲載)までが収録されています。

それ以降のアクション掲載分(3編=6話)はまだ単行本化されていません。

万年楼[前後編] (1999年13~14号掲載)
鶏鳴村の襲撃 (1999年19+20合併号掲載)
破山剣[前中後編] (1999年34+35合併~37号掲載)

2000年以降、諸怪志異シリーズは発表されていません。

※漫画アクションは、2003年39号で休刊となりましたが、2004年4月に復刊しています。この先の動向が注目されます。

Q諸星大二郎著書について

西遊妖猿伝を読んで興味を持った作者なのですが過去の作品が多すぎて何から読んで良いのかさっぱりわかりません。いま「夢みる機械」と「西遊妖猿伝」のシリーズのみ読みました。オススメの作品(これはおもしろかった!というもの)を教えてもらえると助かります。

Aベストアンサー

『私家版鳥類図譜』『私家版魚類図譜』
古代ロマンやSF・ホラーにコメディと多面性が楽しめる短編集です。

『未来歳時記・バイオの黙示録』
ブラックユーモアが冴える未来物語です。

『失楽園』『地獄の戦士』
割と初期の短編集ですが、傑作です。

伝奇ロマン系の『稗田礼次郎フィールドノート(妖怪ハンター)』シリーズ
不思議コメディ系『栞と紙魚子』シリーズ
 もおすすめ(笑)

Q諸星大二郎氏のマンガ「諸怪志異」の文庫版について

この作品はコミック版ですと全4巻なんですが、文庫版だと全2巻しかありません。文庫で揃えたいと思っているのですが、文庫版はコミック版の全てをカバーしてはいないのでしょうか?
ちなみにページ数を確認したところ両バージョンとも同じでした。
事情をご存知の方がいれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

単行本は1巻ずつが、まとまった話であり、単独で読めます。
単行本の1巻と2巻が文庫化され、3巻以降は売上などが想定以下などの理由で文庫化が止まったのでしょう。

漫画の文庫化ではときどきあることです。
画面が小さくなる弊害もありますので、省スペースであること、単行本より年式が新しいことによるきれいさ、といった側面はありますが、原則的には文庫版は買いません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報