痔になりやすい生活習慣とは?

毎年この時期になると火事のニュースが多くなりますね。
火元の火が隣家に燃え移って隣家も全焼というのも良く聞きます。

その場合、隣家は火災保険に入っておけば多少は被害額を保障してくれるみたいですが、もちろん家一軒分の金や家の財産すべてを保障してくれるわけではないと思います。

その場合その隣家の家族は火災のあとどのような生活を送ることになるのでしょう?自分的な予想だと

家が全焼したため住む場所が無くなりホームレス生活→ホームレス生活も保証金があるため数か月は続いたがやがてそのお金もそこを尽きる→そのまま餓死

というのは冗談ですが、実際のところどういう生活を強いられるのでしょう?自分が将来大人になってそういう羽目になってしまったらと考えたら非常に心配になってしまいましたので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

隣家がきちんと火災保険を、建物・家財に適正な保険金額を再調達価格(新価)で


満額掛けておけば、路頭に迷うことはありません。
最近の保険は火災で家に住めなくなった場合のホテル代や借家を
借りる費用、臨時費用などが出ますので、写真やビデオなどの
思い出だけは、どうにもできませんが、お金は充分もらえますよ。
罹災した建物を取り壊す費用も別途でますので、
すぐにプランを立てれば新築することが出来ますし、
家財も新しく買うことが出来ます。
事件性が無く、出火原因や状況(全焼)が明白な場合、
保険金もすぐに下りますよ。
出火元が故意・重過失でない限り賠償してもらえませんので、
自分の身は自分で守る必要があるということです。
    • good
    • 0

まず、火災等で被災した場合には、市営や県営住宅に緊急の為の住宅があります。


市役所に言えば、無条件で入居が可能で、寝具も赤十字より支給されます。
預貯金の口座からの出金も、市役所の被災証明を持って行けば、銀行の窓口で手続きでき、可能になりますから心配ありません。
最悪の場合は、福祉課が緊急の生活保護を決定し、口座回復までの生活費は保障されます。
    • good
    • 0

もらい火の場合、重大な過失がない限り、延焼した家屋への補償義務はないので、自宅が燃えた段階で基本的に自分でなんとかするしかないですね。


その場合、自分で加入している火災保険が適用されますので、後はその火災保険の補償と、自分の貯金・収入と相談してその後の人生が決まることになりますね

割高でも減価償却を考慮しないタイプの保険であれば、基本的に保険で立て直せますし、そうでなければ年数に応じた減価償却分を自己負担してとなりますし
    • good
    • 0

こんにちは。



厭な言い方ですが、全焼すれば保険はOKかと思います。
貰い火用の保険があり、その場合OKだったのかな・・

問題は半焼です。
家の形があるので火災保険は微々たる額、家財道具も水浸しで
全く使えないが燃えていないって事で家財保険も出ない・・・

全焼すれば、殆どの額を保険で賄って新築も可能ですが
半焼の場合は、何ともならない・・・

古い事例なので、現行と合っていないかも・・・
その場合は、ごめんなさい。

>家が全焼したため住む場所が無くなりホームレス生活→
>ホームレス生活も保証金があるため数か月は続いたがやがてそのお金もそこを尽きる→
>そのまま餓死

地域にも寄りますが、持ち家の場合い土地を売ればかなりの額になると思います。
保険と合わせば、案外“悠々自適”かも・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事故や事件で自分の家が燃えたら?

事故や事件で自分の家が全焼したり一部が焼けたりして生活に支障が出た場合、燃えたその日に誰がどういった対応をしてくれるのでしょうか?

あと、燃えた家の修理代やら建て替えの費用などはどうなるのでしょうか?

近くで火事のもらい火で一部焼けたという家が数軒あり、不思議に思ってました。
消火活動で家の中が濡れたりということもあったようですし、ふとんを運び出してる家もありました。
被害にあった家は、どうなるんでしょう?

Aベストアンサー

●自分の家が火災に遭う、と考えてみますとゾ~っとしますね。

●≪ 近隣の家屋から失火で類焼した場合 ≫
これは、火元へ損害賠償が請求できません。失火とは軽度の過失によって発生した火災です。例えば、お仏壇に捧げたロウソクの火が倒れたとか、灰皿から転げ出たタバコの吸殻が畳に燃え移ったりとか、日常の火の扱からちょっと不注意とかで発生してしまうような火災です。失火法という法律があり、これで火元が損害賠償の責任を負わないこと、いわゆる火災の免責規定が謳われているのです。従って自分の建物や家財などの財産は自分で保険に入っておくべきということになります。

●≪ 交通事故で車が飛び込み炎上した場合 ≫
失火以外で第三者の行為が原因して、燃やされた場合は加害者への損害賠償請求権がありますから請求はできます。しかし加害者がいても必ず弁償してもらえるとは限りません。こういう場合にも火災保険が頼りとなります。しかしこの場合は「外来他物の衝突」であり、旧式の保険である「住宅火災保険」「普通火災保険」では補償されません。

●≪ 地震が原因しての火災の場合 ≫
地震保険を加入する必要性があります(一部共済には主保険にセットされているものもあるが)。地震保険を加入しない火災保険契約は平常時に局所的に発生した火災を補償するしくみで守られていることになります。しかし地震保険の契約があれば広域で発生してあなたの家が押し寄せる地震原因の火災の波にあと何時間で飲み込まれて灰となることが余儀無くされていてもしっかりと補償されます。主契約の火災保険では地震免責であり、それを補うべく地震保険が存在するのです。

●≪ 燃えたその日に誰がどういった対応をしてくれるのか ≫
余程会社の社宅で空き室でもない限りそういう緊急時の対応を他人に世話してもらうことは難しいことでしょう。親戚身内の家に居候というのが現状でしょうが、これも保険の方では新型火災総合保険では、仮住まい費用の補償が付いたものもありますので自ら旅館やホテルを手配することもこういう費用が最大100万円出るとかの補償があれば頼りになります。

●≪ 燃え残りがあれば残存物の控除もあるが、再建できるのか ≫
保険では燃えた家の修理代やら建て替えの費用が出ることを謳い文句に昔は価額協定保険を売り出ししていました。しかし実際消防が活躍して燃え残りをつくってしまえば保険は残存物の控除をするために保険のみでの再建は不可能でもありました。しかし最近では、やはり新型火災総合保険の出現で燃え残り30%までなら、再建との差額を補償する保険なども出現しています。

●≪ もらい火で一部焼けたという家の修復 ≫
保険の話ばかりしていますが、頼りになるのは保険なのです。一部損の修復は建物なら価額協定保険または価額協定特約が組み込まれている契約であるかというのが大事なポイントです。新価実損補償の文言が書いてある保険であれば大丈夫です。

●ついでに≪ 借家の人の場合 ≫
借家に入居の方は家財道具の補償をつけることと、賃貸契約による弁財のための手立てとして借家人賠償責任特約を加入するのが望ましいのだが、最近ではたいてい仲介業者が2年契約でセットを組んでいて、好まざるとに関わらず契約しているのが現状のようです。しかし彼ら仲介業者でセット化された保険は入居者サイドのニーズを十分には汲み取っていないものです。やはりしっかりとした保険代理店が介在して入居者の要望や最近の保険の傾向などを説明してオーダーメイドで契約するのが望ましい。

●≪ 消防署の消火活動による放水での被害や非難活動で塀が壊されたりということに補償はあるのか ≫
ありません。消防署員が消火活動のため近隣の屋根に上がったところ屋根が抜けたという場合でも消防から補償はないのです。これもまた災難を受けたその家が火災保険に入っておれば「火災」の補償でもって対象になるのです。

●≪ 失火してしまった場合はどうか ≫
失火法という火災免責の規定があるので、法的には損害賠償責任は免れるということになっています。ですが道義的に済まない事態ですから迷惑を掛けた近隣へお詫びすることになりますね。保険の方では「失火見舞い費用」という呼び方で旧型の保険、即ち「住宅火災保険」「普通火災保険」「住宅総合保険」「店舗総合保険」「団地保険」などでは迷惑を掛けた(水損、汚損、焼損など)近隣1世帯に20万円を支払うというのがありますが、これも複数世帯の被害に比して、加入している保険金額によっては限度額があって全部まかなわれないこともあります。また、新型火災総合保険では「危惧すべき、被災世帯の無保険等に対応した他人のために付ける火災保険契約」を類焼損害担保特約等の名で用意しています。2000円未満の年間保険料で無保険や一部保険のゴネラーへの対策として1事故物損1億円人身5000万円限度など何社かで出している。

●自分の家が火災に遭う、と考えてみますとゾ~っとしますね。

●≪ 近隣の家屋から失火で類焼した場合 ≫
これは、火元へ損害賠償が請求できません。失火とは軽度の過失によって発生した火災です。例えば、お仏壇に捧げたロウソクの火が倒れたとか、灰皿から転げ出たタバコの吸殻が畳に燃え移ったりとか、日常の火の扱からちょっと不注意とかで発生してしまうような火災です。失火法という法律があり、これで火元が損害賠償の責任を負わないこと、いわゆる火災の免責規定が謳われているのです。従って自分の建...続きを読む


人気Q&Aランキング