日本語を勉強している外国人ですが、日本文学や文化について理解力がまだ不足感がします。今日は文学についてちょっと質問したいのですが、「太陽の季節」という小説は日本でそんなに影響力があるのですか。先生にこう言われたの~~~
もしかしたら、それが日本社会または日本人への具体的な影響を紹介してくれませんか。~~ありがとう~~~

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

No.3、4、6です。


すっかり忘れていたのですが思い出しました。私は「太陽の季節」を読んでいます。
読んだという事すら忘れていました。
父の書棚にあったのを確かに読んだのをふと思い出しました。
前に書いたのは昔読んで一応記憶に残っている印象だったようです。

評価の高い人も含めてここに書いている人達は「あとで読んだ人」グループ、2次情報・資料でしか影響を語れない年代と思います。
私が読んだ頃にはすでに現実の方が先に行きつつある時でしたし、慎太郎もすでに政治家に転進したころだったでしょう。そういうこともあってかすでに少なくとも自分に影響を与えるような小説ではなかったようです。
小説から10年ぐらい後の私の子供時代に身の回りで自分を「太陽族」と意識した人が居たかどうかというと居ませんでした。すでに「政治家慎太郎」(68年参院選当選、71年の都知事選に立候補して落選)の影響の方が大きかったですね。

慎太郎の小説家としての活動がだいたい12、3年ぐらい政治家としてが41年です。
小説家としての慎太郎は小説に影響を与えたかもしれませんが現実世界に影響を与えたのは政治家慎太郎の方がはるかに大きいと思います
    • good
    • 0

文学にくわしいわけではありませんが、作品の社会におよぼす影響を考えるとき、


すぐさま念頭に浮かぶのは、近松門左衛門の心中ものです。
「曽根崎心中」や「心中天網島」の舞台から、じっさいの心中事件が多発、幕府が
<心中>という言葉の使用を禁じた例からもわかるように、
文学作品の一定の影響は否定できないでしょう。
「太陽の季節」の社会にあたえた影響についても、早い話、
近松並みのインパクトがあれば、一定の影響があったものと解するのが妥当。
そして、そのインパクトですが、
「太陽族映画」の取り締まりが議論された当時の動きひとつからも、
かなりのインパクトを社会に与えた、衝撃度の高い作品だったと見てとれます。
湘南地方の一部の青年の行状が、「太陽の季節」により、
全国的な風俗現象としての広がりをみせた。
社会を揺るがすほどのインパクトを有していた。
当時といまの大きな違いは、文学に寄せる一般人の眼差しの熱さです。
文学というものに畏敬の目が注がれていた時代。
作家は一流の文化人として一目も二目も置かれていた時代。
そうした時代背景への考察を抜きにして、
「太陽の季節」の社会への影響は語れないのではありませんか。
    • good
    • 0

No.2です。


私も決して「太陽の季節」を酷評しておりませんのでよくお読みください。
なお、作品は読んでいます。

私も、風俗を描いた作品が出ることはあっても、作品が世の中に影響を与えることはあまりないのじゃないかと思います。
特に最近は、小説を読む人が少なくなっています。
あえて影響を与えた、といえば「ケータイ小説」の普及なのでしょうが、これも世相、というか願望を小説にしているにすぎません。
今年は「蟹工船」という昔の小説がヒットした、といわれますが(これが本当かどうか、私はちょっと懐疑的です)、これも、たまたま小説の内容と現在の不況がリンクしただけのことと考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
*-*

お礼日時:2008/12/28 18:47

くだらないというのはこの場合必ずしも否定ではありませんのでよろしくお願いします。


村上龍や田中康夫の作品と同じくこの文学は「社会に影響を与えた」というよりは「その時代の社会、人々のあこがれるものや欲望、時代の雰囲気をうまく描き出したと言えるのでしょう。

芸術が社会に影響など本当に与える事などできるのか、むしろ影響されて出てくるのが小説ではないでしょうかと質問者様には逆に問いを投げておきます。*
太陽の季節を80年代風に翻案して見せた田中康夫も文学から転じて政治に行った事はその現れ(芸術では現実を変えることはできないという不満の表現)ではないでしょうか。
これに対して石原慎太郎の政界への“転進”については分析してみるべきテーマなのかもしれません。

*「太陽族」などというのは小説や映画のヒット後に大宅壮一がその時代の当世風の若者風俗を揶揄するために使用して俗流マスコミの中で流行した用語に過ぎないのではないでしょうか。「なんクリ族」も同様です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「芸術が社会に影響など本当に与える事などできるのか、むしろ影響されて出てくるのが小説ではないでしょうか」、もう一度考え直すと、そのとおりです、どんな芸術でも、現実主義でも、抽象主義でも、具体的の社会背景から離れることはできないでしょう。これではっきりわかりました。
影響されて出てくるのが小説であり、小説は逆に、また社会の発展、特定の現象を促す力があるでしょうね。
yamada365さん、誠にありがとうございます。

お礼日時:2008/12/27 19:30

酷評されてますが、同意しかねますね。


歴代の芥川賞作品に目をとおして、傑出した才能を感じさせるのが、
この「太陽の季節」と村上龍の「限りなく透明に近いブルー」ですから。
いずれも斬新なそれまでとは隔絶した才能があってはじめて誕生する作品。
当時の社会に大きな影響をあたえた「太陽の季節」は、
社会秩序に無頓着な暴走する若者たち「太陽族」を生みだし、
かれらは石原慎太郎の髪型まで真似た「慎太郎刈り」にしていました。
    • good
    • 0

題はひらがなで「なんとなくクリスタル」でした。

    • good
    • 0

有名な割には読んだ人が少ない小説ではないでしょうか。

私もちゃんと読んでいません。
お金持ちの子弟のライフスタイルや風俗を描写したので有名です。
障子を勃起した性器で破るシーンが話題になりました。(と言うかそれ以外で話題になったことがあるのでしょうか?)今読んで見ましたが…すごくくだらないです…。でもたぶんこの本の中でいちばんの場面ではないかな?
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/3578/2 …
おおかたの人にはアメリカ製ホームドラマとおなじように、買える物が豊富にあって女も抱けてロマンチックな話、として受け取られていたのではないでしょうか。
もうひとつは映画スターになった弟の裕次郎のイメージに助けられる所は実に大きかったと思います。裕次郎は「太陽族」というイメージの全てを背負ったようなものと思います。
http://showa.mainichi.jp/news/1956/05/post-8341. …
http://item.rakuten.co.jp/mammoth-video/10004969/
http://item.rakuten.co.jp/mammoth-video/10007088/

これに影響受けた文学? さあ
同じようなテーマでは田中康夫の「何となくクリスタル」がそうかもしれませんね、田中さんはやはり政治家になったし。もっともこれは太陽の季節への逆説という風にも読めます。
村上龍の「限りなく透明に近いブルー」はちょっとちがうでしょうか。

ジャンルとしては「青春をテーマにした小説」になるんですかね。
    • good
    • 0

石原慎太郎・現東京都知事の小説ですね。


当時、若者の風俗を斬新に表現した、若者による小説がなく、この小説の登場は、文学界にとってとても衝撃だったようです。
しかし、それは1960年代、昭和30年代の話です。
現在、この小説および映画を知っている人も少なくなっていると思われ、またそれほど影響力があるとは思いません。

あえていうなら「都知事が以前書いた小説」という程度でしょうか?
貴方の先生の意図が私にも図りかねます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切な回答ありがとうございます。*~*
そうですね、昭和30年代の話は今と半世紀離れていますね、
知っている人も少なくなったはずですね。
で、今頃日本の社会に影響を及ぼす文学作品がありませんか、知りたいんですが、これも教えてくださいませんか。

お礼日時:2008/12/26 11:55

確かそれは、石原勇次郎?むかーしのチョーイケメン俳優で映画化。

今で言う誰だ!?もこみち?いや、誰だろ…

当てにならない回答すみません。(__)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「太陽がいっぱい」 と 「太陽の季節」同じ?

「太陽がいっぱい」という映画と、石原慎太郎さんの小説「太陽の季節」は、原作は同じですか?
話の筋がそっくりだと思うのですが。。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 「太陽がいっぱい」を映画で、「太陽の季節」を小説で読みましたが、どこが似てるんでしょうか?
 前者は、ホモあり、殺人ありのミステリー。後者は不良少年のラブストーリーですよね。
 少し前に「太陽の季節」をドラマ化してましたが、原作と脚本が全然違ってましたね。それを見られたんじゃないですか?
 きっとドラマが「太陽がいっぱい」を意識したんじゃないですか。

Q日本の純文学作品内でしばしば言及される海外文学

日本の純文学作品内に高い頻度で登場する海外文学を教えてください。
たとえば太宰なら聖書やドストエフスキーの小説を引き合いに出すことが多かった気がするのですが、
他に頻繁に引き合いに出される作品には何があるのでしょうか。

Aベストアンサー

同じく、太宰はギリシア神話からも引いていますね。
例:走れメロス

順位から云えば、
1.中国文学(近現代では「中島敦」とか、江戸期以前の文学では当たり前)
2.佛教経典(芥川・・蜘蛛の糸なんか・・)
3.聖書(現代では、「森山周一郎」・・クリスチャンだった)
4.ギリシア神話(太宰、白樺派辺りでも引用が多い)
5.ドストエフスキー(近代で引用が多い)
6.シェークスピア(大正期文学では多い)

特に自然主義文学と呼ばれる作品群(大正期から昭和初期にかけて)は、西洋文学の引用が増えているような気がします。そして、新古典主義と呼ばれた、芥川らによって、佛教経典や日本古典から引用があり、その後の現代に続くようです。

では。

Q「太陽の季節」見た方

 昨日、放送の滝沢秀明主演ドラマ「太陽の季節」を見逃してしまったのです。見た方どうかあらすじを教えてください。

Aベストアンサー

昨日見ましたけど参考URLに載っていますのでそちらの方が正確かなあと思います。
でも、次回見られたときにドラマでありがちな最初に回想シーンなんかありそうな気もします。。。

参考URL:http://www.tbs.co.jp/taiyou/story1.html

Q文学部で現代日本文学作品だけを学ぶのは無理?

文学部進学を選択肢の一つに考えている高校生です。

文学部に進学したら現代日本文学作品を学びたいと思っています。昔から小説を読むのが好きで、古典作品よりも、明治以降の作品(さらに言えば、例えば村上春樹さんのように今リアルタイムで執筆活動をされているような作家さんの作品)の方にに学問的な興味も寄っています。大衆文学でも純文学でも。自分が読んで育ってきた時代のものを研究したいという気持ちが強いです。
ちなみに志望校については、京都大学の学風に大変惹かれており、今のところそれ以外を考えたことがありません。

しかし、その文学部について調べていて引っかかる点が少しありました。
他の大学もそうだと思うのですが、国文学は文学部の中でも「東洋文化系」という大きなくくりの中に属していますよね。
その東洋文化系の必修科目や専門科目は、
・中国・韓国語・サンスクリット語などの外国語
・中国古典文学・漢文・国語古典文学・インド古典文学
がほとんどという印象でした。
国語学や国文学もありますが、それ以上に外国語や他国の古典文学の授業がかなりを占めていると思います。
さらに国文学の授業でも、古典文学だけを扱うのが文学部の一般的常識だと聞きました。これは本当なのでしょうか。
教授の研究テーマを見ていても、現代日本文学を専門にしていらっしゃる方がいらっしゃいませんでした。
京大以外の国立大も軽く見てみましたが同じような印象を持ちました。

これは、大学の文学部に進学しても現代日本文学を本格的に学ぶことはあまりできず(卒論を除く)、他国のものを含む古典文学・外国語ばかりということになるのでしょうか?

古典文学も外国語も嫌いではありませんが、現代日本文学をあまり学べず、そちらにウェイトがかなり寄っているなら、他学部に進学して独学で文学を学ぶ方が幸せなのかなぁという気がして迷っています。
文学部で現代日本文学作品だけを、とまでは言いませんが、少なくともそれを専攻にしていると言えるようにはなりたいのです。
それが無理ならば、現代日本文学を学びたいという人が、古典文学や外国語をやる意味って何でしょうか?

文学部に在籍経験のある方や、その辺の事情に詳しい方の回答を頂けたらと思います。些細な情報でもかまいません。よろしくお願いします。

文学部進学を選択肢の一つに考えている高校生です。

文学部に進学したら現代日本文学作品を学びたいと思っています。昔から小説を読むのが好きで、古典作品よりも、明治以降の作品(さらに言えば、例えば村上春樹さんのように今リアルタイムで執筆活動をされているような作家さんの作品)の方にに学問的な興味も寄っています。大衆文学でも純文学でも。自分が読んで育ってきた時代のものを研究したいという気持ちが強いです。
ちなみに志望校については、京都大学の学風に大変惹かれており、今のところそれ以外を...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。「文学が好き」と「文学を学ぶ」では「文学」というもののスタンスが異なることにお気付きでしょうか。そして「文学が接している領域」がどこまで及ぶか、をお考えになったことがあるでしょうか。高校生を含めての受験生にとってはいささか失礼かと存じますが、敢えてこのような問いを返させていただきます。
 口幅ったい言い方かもしれませんが、「文学」を人間の精神的な営みと理解するのであるなら、それが関わる範囲は「人間が関わる全ての領域」と規定することも可能で、それは社会学や法律学、政治学などの社会科学はもとより心理学や哲学といった思想系、時には人間が対象として観察している自然科学分野にまで及びます。そしてそうした全てをひっくるめた歴史にも脚を踏み入れねばならないことも普通です。
 「小説を読むのが好き」と仰る質問者からすれば、近代以前の作品は「小説」ではないのかもしれません。けれど『蜻蛉日記』や『更級日記』も解釈次第では「小説」でもあるとの事実を忘れてはならないでしょう。両者は共に「私小説」です。それは「私に降りかかった事象」を私の目線で見たこととして「自己対象化」の要件を完璧にクリアしていることによります。
 この要件を近代以後の作品に適用してみるならば、漱石、竜之介、そして公房や由紀夫、健三郎といった作家全てにあてはまることにもなります。
 こうしたことを考えてみると、最初の質問である「文学を学ぶ」とはどの様な意味を持ってくるといえるでしょう。そして具体的な内容はどの様な言葉として説明することになるでしょう。ここまで来た時、一先ずの定義を示すこともできます。少なくとも「文学なるもの」を研究対象とする時にしか、この言葉を使うことが出来なくなるとの話です。
 恐らく今後もノミネートされることはあっても村上春樹さんがノーベル賞を受賞することもないでしょう。それは文学が時空を越えて数多くの人と感動や認識を共有することで認められているからとの「文学の存在理由」との間でかなりの隔たりがあることも作用しています。
 『青が消える』が普遍の問題を扱っているといえるでしょうか。この作品をどの様な視点からターゲットとして観察することができるでしょうか。少なくとも僕には公房と類似するテーマを扱いながら彼の一連の作品を凌駕するとも考えられません。春樹が書いているのは「僕にとっては大切なもの」が他から見れば「さほどの意味はないもの」であるとの描写に留まっている点で、公房の足下にすら及ばない。だからどうしたの?で終わってしまうほどの作品ともいえます。
 質問者は「同時代の作家を対象とした」と肩に力を入れて力説していますが、戦後そして1945年以前の作家が同時代の空気を採り上げていないとの考えならば、それは大間違いともいえます。彼らは全員「自分の目線」とのフィルターを通じて社会そして世界を観察し、それを「言葉」として再び世界に放ち、読者(研究者も評論家も)に投げ返してきた、「社会とは…」「世界とは…」「私とは…」そして「これら私を取り巻くものと私の関係は…」との形で。
 少し厳しい言い方になりますが、質問者は「文学」を全く知らないといっても過言ではありません。公房が海外でF.カフカやS.ベケットさらにはA.カミュ、健三郎がG.グラスなどとの同時代の観察者として考察の対象になっていることをご存知でしょうか。またなぜ和歌や俳句に関する研究で外国の研究者の方がより本質的な部分にまで切り込むことができるのか考えたことがあるでしょうか。
 芭蕉の旅は西行の旅と重なる部分が数多くあります。清少納言や兼好の言葉には李・杜、白居易をはじめ多くの言葉がちりばめられてもいます。これはなぜでしょう。それを読む人からすれば、まさに現代の言葉でもあるからです。雪降る朝の光景が「香炉峰の雪」を想起させると清少納言が感じたから、それを言葉にしたのであり、そうした姿をペダンティックと評するのも一つの解釈です。けれどもそれは「清少納言という人物像に対する評価」であり「『枕草子』に対する評価」とは異質なものといえます。
 どうやら質問者は「大学で学ぶ」ことを勘違いしている可能性も多分にあります。専門の教員がいないから学ぶことができないとなれば、質問者の文学に対する姿勢は常に受け身といえ、そこから何を引っ張り出すかとの最も大切な作業を放棄することになります。このような生半可な姿勢では理論構築のない分野とはいえ、何を求めるかとの自らが立てた問いに対する答えを見つけることは到底叶わないともいえます。
 「京都大学の学風に惹かれる」とはあっても、文学部に学風は無関係です。京大文学で「学風」と呼ばれるのは歴史学での「内藤史学」や哲学での「西田哲学」といった「研究スタイル」や「アプローチ視角」での特色です。老婆心ながら誤解されませんように。
 なお「日本文学科」や「国文科」が対象領域として扱うのは必ずしも古典だけではありません。近代以後、「第三の新人」と呼ばれる作家までは対象範囲に含まれます。志望選択をする以前に少なくとも、近代文学史の概要程度は頭に叩き込んでおいていただきたいですね。それが常識ですよ。

 こんにちは。「文学が好き」と「文学を学ぶ」では「文学」というもののスタンスが異なることにお気付きでしょうか。そして「文学が接している領域」がどこまで及ぶか、をお考えになったことがあるでしょうか。高校生を含めての受験生にとってはいささか失礼かと存じますが、敢えてこのような問いを返させていただきます。
 口幅ったい言い方かもしれませんが、「文学」を人間の精神的な営みと理解するのであるなら、それが関わる範囲は「人間が関わる全ての領域」と規定することも可能で、それは社会学や法律学...続きを読む

Q前回の「太陽の季節」のあらすじを教えてください

前回の太陽の季節を見逃してしまいました。
展開のある週だと思っていたのでとても残念です。
どんなあらすじだったのか教えてください。

Aベストアンサー

こちらに詳しく載っています。

http://www.tbs.co.jp/taiyou/story9_k.html

参考URL:http://www.tbs.co.jp/taiyou/story9_k.html

Q心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。 イギリス文学 心理学 イギリス文学を用いて心理学

心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。

イギリス文学 心理学

イギリス文学を用いて心理学の論文を書こうと思っています。
特にサスペンスやミステリーが好きなので、犯罪心理学の路線で行こうかなと考えていますが、未定です。
集団心理、思い込み(幻想、幻聴など)、多重人格でも何でも、何か心理学的なヒントが見つかりそうなイギリス文学作品があれば教えて頂きたいです。時代は問いません。
和訳されていない作品でも大丈夫です。英語で論文を書くので、むしろそっちがやりやすいかもしれないです。

どんどん挙げてくれたら嬉しいです!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シャーロック・ホームズはコカイン中毒だったとのことですから、病理心理学はダメですか?
ルイス・キャロルは幼児性愛者だったそうですが、これも病理心理学として使える?

Q太陽の季節 について

日本語を勉強している外国人ですが、日本文学や文化について理解力がまだ不足感がします。今日は文学についてちょっと質問したいのですが、「太陽の季節」という小説は日本でそんなに影響力があるのですか。先生にこう言われたの~~~
もしかしたら、それが日本社会または日本人への具体的な影響を紹介してくれませんか。~~ありがとう~~~

Aベストアンサー

No.3、4、6です。
すっかり忘れていたのですが思い出しました。私は「太陽の季節」を読んでいます。
読んだという事すら忘れていました。
父の書棚にあったのを確かに読んだのをふと思い出しました。
前に書いたのは昔読んで一応記憶に残っている印象だったようです。

評価の高い人も含めてここに書いている人達は「あとで読んだ人」グループ、2次情報・資料でしか影響を語れない年代と思います。
私が読んだ頃にはすでに現実の方が先に行きつつある時でしたし、慎太郎もすでに政治家に転進したころだったでしょう。そういうこともあってかすでに少なくとも自分に影響を与えるような小説ではなかったようです。
小説から10年ぐらい後の私の子供時代に身の回りで自分を「太陽族」と意識した人が居たかどうかというと居ませんでした。すでに「政治家慎太郎」(68年参院選当選、71年の都知事選に立候補して落選)の影響の方が大きかったですね。

慎太郎の小説家としての活動がだいたい12、3年ぐらい政治家としてが41年です。
小説家としての慎太郎は小説に影響を与えたかもしれませんが現実世界に影響を与えたのは政治家慎太郎の方がはるかに大きいと思います

No.3、4、6です。
すっかり忘れていたのですが思い出しました。私は「太陽の季節」を読んでいます。
読んだという事すら忘れていました。
父の書棚にあったのを確かに読んだのをふと思い出しました。
前に書いたのは昔読んで一応記憶に残っている印象だったようです。

評価の高い人も含めてここに書いている人達は「あとで読んだ人」グループ、2次情報・資料でしか影響を語れない年代と思います。
私が読んだ頃にはすでに現実の方が先に行きつつある時でしたし、慎太郎もすでに政治家に転進したころだっ...続きを読む

Q日本語と英語における詩の韻律の美的感覚の理解力について 私はシェイクスピアを専攻しているものです

日本語と英語における詩の韻律の美的感覚の理解力について


私はシェイクスピアを専攻しているものです。シェイクスピアのソネット集は幾度も読み聴きしているので、詩の含蓄や韻律の表面的な美しさについて少しは理解しているつもりです。しかしやはり20年以上日本語を使用し口も耳も日本語で染み付いている日本人たる私にはどうも心の底から詩の素晴らしさを感じることができないと思います。しかし日本語で書かれた、例えば方丈記を音読してみると一息で読むべき句であったりその塊の節がとても感覚的ですが美しく感じます。
日本語の古文でも英語の詩であっても現代語訳にすると文の奥行きが失われてしまう、そういう感覚は両方の言語でも感じることができるのですが。やはり私は語学センスが低いのでしょうか?

Aベストアンサー

私は学も無く、間違った事を書くかもしれませんが、その点は平にご容赦を。
日本の古典は正直さっぱりなので、英語の詩について私なりに思うところを述べます。

英語の詩は、紙に書かれている時点ではまだ全行程の半分ほどでしかなく、口に出して歌い上げることによって初めて完全な形になるのではないのだと思います。

シェークスピアが生きていた当時のイギリスは識字率は男性でも良くて50~60%程と言われており、文学はまだまだ一部の上流階級のものでした。
しかし、詩の良し悪しを感じるとるのに身分の貴賤は関係ありません。人々はお金を払い、誰かに読み聞かせてもらっていたのです。これは上流階級の人々でも例外ではありません。ですから声がよく通り、歌うように読み上げる吟遊詩人はとても人気が出ました。
そういった背景から、英語だけとは限りませんが、詩では韻を踏むという様式美が生まれたのだと私は考えています。

語学のセンスとは高いとか低いとか言うものではないと思います。磨くものです。
日本語で20年とかおっしゃられておりますが、私なんぞ50年近くでもこの程度ですよ。
即興で作ってみました。
詩とも言えないものですが。

美しい詩とは研ぎ澄まされた刃
より深く心をえぐり より長く傷痕を留める

私は学も無く、間違った事を書くかもしれませんが、その点は平にご容赦を。
日本の古典は正直さっぱりなので、英語の詩について私なりに思うところを述べます。

英語の詩は、紙に書かれている時点ではまだ全行程の半分ほどでしかなく、口に出して歌い上げることによって初めて完全な形になるのではないのだと思います。

シェークスピアが生きていた当時のイギリスは識字率は男性でも良くて50~60%程と言われており、文学はまだまだ一部の上流階級のものでした。
しかし、詩の良し悪しを感じるとるのに身分の貴...続きを読む

Q「太陽の季節」の文庫本の種類について

今回のクールのドラマで「太陽の季節」がやっていますが、ドラマだけでなく原作も読んでみたいと思い調べたところ、幻冬舎、新潮、角川書店からそれぞれ文庫本が出版されていました。
角川書店のものは副題に「若い獣」とついていましたが、それぞれ内容的に違いはあるのでしょうか?
何卒ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今晩は。
 先ず幻冬舎版ですが、これは版形がB6で、文庫より一回り大きいものです。ページ数が新潮版の285に対し389有るので、何か本文以外のものが含まれているのかもしれません。
 角川版は絶版になっています。この「若い獣」というのは副題ではなく、同じ作者の別の作品です。併録されているのでしょう。1958年に著者自身が監督して映画化しています(石原慎太郎は確か2本映画を監督しています。こちらは1時間程度の中篇だったと思います。もう一つは、全体が5話から成る国際オムニバス映画の「二十歳の恋」の日本篇で、20分程度の短編でした)。
http://www.jmdb.ne.jp/person/p0225970.htm
 残るは新潮版ですが、特に記すことはありません。

 同じ日本人作家の同一作品がいくつもの出版社から出されている場合、異なるのは解説だけ、という極論もあります。そこに力を入れるくらいしか特色を出しようがないわけですね。ですから今回の件も、実質的には違いはほとんど無いと思います。
 ただし、新潮版と幻冬舎版のかなりなページ数の違いは気になるところですが。あとは書店でご自身でお確かめ下さい。

参考URL:https://www.honya-town.co.jp/yurindo/index.html

今晩は。
 先ず幻冬舎版ですが、これは版形がB6で、文庫より一回り大きいものです。ページ数が新潮版の285に対し389有るので、何か本文以外のものが含まれているのかもしれません。
 角川版は絶版になっています。この「若い獣」というのは副題ではなく、同じ作者の別の作品です。併録されているのでしょう。1958年に著者自身が監督して映画化しています(石原慎太郎は確か2本映画を監督しています。こちらは1時間程度の中篇だったと思います。もう一つは、全体が5話から成る国際オムニバス映画の「二十...続きを読む

Q文学・文化についての問題

 穴埋です。何を入ればいいか全然分かりません。

 1、『本朝文粋』の社会批判は、あきらかに屈原、杜甫の線から遠く、()()の流れに近い。(白居易は一人だと思いますが、もう一人は誰でしょうか。)
 
 2、日本仏教を日本文化にとってのその意味を再評価したのは()である。

 3、正岡子規の文学の功績は、()や()を素材にして、明治の文壇に文芸批評の形式を創りだしたことである。

 4、日露戦争後の明治天皇制国家権力の性質を見事に象徴していたのは1910年に起こった二つの事件:()と(大逆事件)。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難問というより悪問かと思います。()以外の部分の記載が()部分を特定する十分条件を与えていないように思います。というわけであてずっぽうです。間違えてれば問題が悪いと判断します。

1李白
2西田幾多郎
3俳句、短歌
4大津事件


人気Q&Aランキング

おすすめ情報