初めて投稿したのですが、まず前回お答え頂いたすべての方ありがとうございます!補足になりますが原稿データはイラストレータかフォトショップで描くつもりです。業者で紙に加工するとなれば高くつくものと多少覚悟していますが、相場といううのは依頼する業者の大きさによって決まるのでしょうか?今は、単純に加工した紙をたくさんつくっておいて、後でレーザーかインクジェットプリンタでその加工した紙にあわせて複数のデザインを使いまわしたいと考えています。また、サンタクロースのように複雑な形はやめて、紙の中を切り抜き、外形は直線にし自力で裁断しようと考えています。紙の中の穴あき加工が問題なのですが、、、。今考えているのは直径1~2センチの正円または3ミリ幅のスリットの形なんですが、同じ型を使うにも穴をあける個数によっても価格は相当違ってくるのでしょうか?
商業的に印刷業者とコンタクトをしたことはありません、さらに情報提供してくださる方、どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

型を作るのであれば、大きさと刃物の長さでほとんど値段が決まります。



>相場といううのは依頼する業者の大きさによって決まるのでしょうか?
正直言って変わります。名刺でも、業者によって値段がだいぶ違います。
たとえば、2・3人でやっているメーカと、トッパンとでは値段が違っても何の疑問はないと思います。印刷業界は、それくらい、規模の差があります。

>今考えているのは直径1~2センチの正円または3ミリ幅のスリットの形なんですが・・・

スリットの刃物は、型を作らないと難しいかもしれませんが正円は、そのような刃物がありますので、そのまま使えば、型代は要りません。

www.tsukatani-hamono.co.jpのトムソン部門にあります。(ホームページに、写真などはありませんが、商品はあります)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびの専門的なアドバイスをありがとうございました。
教えていただいた情報を頼りに頑張ってみます。

お礼日時:2001/03/10 16:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q紙の加工について

 個人的にイベントで配るものでケント紙のような厚さの紙を自分の好きな形に加工したいのですがグリーティンクカードのように例えば、丸い穴があいていたり、サンタクロースの形にするなど、自分の好きな型のデザインにするにはどうしたらいいのでしょうか?
 自分で出来る道具や、そういう加工をしてくれる業者を知っている方は是非教えてください!
 お金がないので出来るだけ安い方法があれば助かります!業者で御願いする場合は100枚単位ぐらいでできるといいのですが、よろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

msystemさんが回答されていらっしゃる通り、シールや箱などを作っている業者を探すのが良いでしょう。
電話帳で見つかると思います。
業種としては多分印刷業の項目に含まれるんじゃないかな。
というのも、シールや箱などを作っている業者さんは印刷も含めて一環でやっているものだからです。(そうじゃない所もあるのかも知れませんが。)

もし見つからない場合は、やはり電話帳で印刷会社を探し、そこに取りあえずそのようにしたい旨を伝えて相談してみたら良いです。
印刷屋さん同士でつながりを持っていたり情報があったりするので、紹介してくれるなり教えてくれるなりしてもらえることもあります。
最近は大手の所でも小ロット依頼を請け負ってくれたりすると聞いていますが、初めての依頼と言うことでいろいろ鑑みて、大手ではない方が良いですね。
といってあまり小さすぎず、できれば中堅所と思われる業者さんを探せれたら良いでしょうね。

メーカーに依頼する場合ですが、希望の形の抜き型を作ってもらって、その型でプレス抜きをすることになると思うのですが、その型代が結構高くつくことは覚悟した方が良いと思います。
100枚という単位ならなおさら型代が高く感じられると思われます。
そしてまた、複雑な形になると一層値がはります。
予算を押さえたいのでしたら、極力単純な形でいけるデザインにした方が良いでしょう。
もしも単純なマル形状・だ円形状とか、そういうのでもOKなのであれば、先方の持ち型でやってもらえる可能性もあります。
その辺は充分業者さんと相談してみましょう。

見積もりだけでもしてもらえるはずなので、それをとってから検討してみたら良いと思います。
もしもデザインを決めかねるようだったら、2~3種類くらいのデザインに絞って両方とも見積もり、とかもしてもらえると思います。

・・・ところでちょっと気になったのですが、紙面の印刷はどうされるおつもりでしたか?
プレス抜きするには当然印刷面とのトンボ合わせをします。でないと『ずれ』が生じてしまいますものね。
ということで、普通業者に頼むと言ったら、印刷から型抜きまで一環で頼むものなんです。
例えば、「印刷は自分の方のプリンタでして型抜きだけ業者で」というのは、トンボ合わせが難しいので不可なはず。
もしそのようなことをお考えになっていたのでしたら、もしかしたらそういうことも無理矢理してくれる業者さんもいるのかも知れませんが(その場合は『ずれ』覚悟のうえですね)、まぁまずそれはできないと思ってください。
それから、これは蛇足なんですが、itariさんが印刷業者に頼むのは初めてなのならば、トンボのことも含めていくつかの約束事や注意点もあるので、原稿を出す前にその辺のことを業者さんに詳しく教えてもらった方が良いですね。

と、こんなところなんですが、でもやはり自分でプリンタ印刷・加工するのがなんといっても安上がりで簡単です。
100枚・・・手作業の切り抜きはちょっと大変かも知れませんが・・・。
曲面切り用のカッターは首が回るものと固定のものとあるのですが、個人的には固定の方が使いやすいと思っています。どちらが良いかはその人の使い勝手なので一概にどちらとは言えないのですが・・・。
また、正円を切り抜く専用の円カッター等もありますので、それと曲面切り用カッターを組み合わせて、とか、工夫してみたら良いと思います。

msystemさんが回答されていらっしゃる通り、シールや箱などを作っている業者を探すのが良いでしょう。
電話帳で見つかると思います。
業種としては多分印刷業の項目に含まれるんじゃないかな。
というのも、シールや箱などを作っている業者さんは印刷も含めて一環でやっているものだからです。(そうじゃない所もあるのかも知れませんが。)

もし見つからない場合は、やはり電話帳で印刷会社を探し、そこに取りあえずそのようにしたい旨を伝えて相談してみたら良いです。
印刷屋さん同士でつながりを持って...続きを読む

Q

日本には、尺八と言う、古楽器があります。
前4つと、後ろにも一つ穴が有ります。
リコーダーやケーナーにも後ろに穴があります。
日本の横笛には(後ろの穴に相当するのが)何故無いのですか?
(穴の位置は真後ろで無くてもいいですが…)

Aベストアンサー

 「穴の位置は真後ろでなくてもいい」というお話なら、例えば西九州の「浮立」(ふりゅう)で使われる横笛には沢山穴のあるところから90°(真後ろを180°とすると)の所に向かい合わせに(すなわち90°と270°のところに)一つずつあります。

Qスチレンボードのパネル加工って?

「作品は周囲に1~2cmの余白をもうけて、スチレンボード等、軽量の素材でパネル加工してください。」

自分がデザインした作品を応募したいのですが、初心者なので、スチレンボードのパネル加工の方法(意味)がわかりません。

どこにスチレンボードがどこに売っていて、パネル加工はこうするというような基礎的なことから教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

パネルアップして下さい、ってことですね。
「ハレパネ」を用いると便利です。
これは、スチレンパネルの片面に、
粘着質のノリが付着してあるもので、
シールのようになっています。
薄い紙を剥がすと粘着質の面になっているので
そこに作品を貼付するだけ!というお手軽なものです。大きな作品では貼る時に中に空気が入ってしまって、失敗することもごくまれにありますが、
最近では貼って剥がせるものも出ているみたいです。
画材屋さんに行って聞いてみて下さい。
また、サイズは大小さまざまありますので、
御自分の作品サイズよりひとまわり大きいものを
購入して、貼ってしまってから
サイズに合わせてパネルをカットするという
方法をとって下さい。

念のため、貼り方を記しておきます。

1)まず、作品をプリントする際に、周囲1~2cmの枠を設けた上で完成品とし、出力する。(つまり、作品に周囲余白1~2cmを含めた状態を完成品とし、そのサイズでトンボを設定して出力する。

2)大手の画材屋さんに行き、「ハレパネ」を買ってくる。画材屋がなくても、東急ハンズなどにもあります。
※ハレパネは完成品よりひと回り大きいものを購入する。

3)ハレパネのうすい紙の中央部を幅3cm分ほどカッターで薄く切り、紙を剥がす。

4)そこに作品の中央部を合わせて、パネルから作品がはみ出ないように貼る。

5)貼付された両側にパネルの薄い紙がのこっている状態なので、中央部のみでくっついている状態ですよね?その状態で、残った薄い紙の片側を剥がし、
中央部から空気を押し出すように貼って下さい。
これで半分貼れたことになります。

6)残った片側の薄い紙を剥がして、同じく空気を押し出すように貼る。

7)作品に設定したトンボに合わせて、パネルごとカットする。
これで完成です。

おそらく、コンペの会場で、壁に立てかけたりしながら、審査員が優秀作を選んでいくので、パネルアップの指示があるんでしょうね。

ハレパネを用いずとも可能ですが、
ハレパネの方が初心者の方には簡単な気がします。

デザイン事務所でのお仕事でのパネルアップも
ハレパネを利用していますよ(^^)

頑張って下さい。

パネルアップして下さい、ってことですね。
「ハレパネ」を用いると便利です。
これは、スチレンパネルの片面に、
粘着質のノリが付着してあるもので、
シールのようになっています。
薄い紙を剥がすと粘着質の面になっているので
そこに作品を貼付するだけ!というお手軽なものです。大きな作品では貼る時に中に空気が入ってしまって、失敗することもごくまれにありますが、
最近では貼って剥がせるものも出ているみたいです。
画材屋さんに行って聞いてみて下さい。
また、サイズは大小さまざまありま...続きを読む

Qリコーダーの2つの穴

リコーダーで
右手の薬指と小指でふさぐところ穴が、2つあるのはなぜですか?
つまらない質問ですが、お願いします。

Aベストアンサー

片方だけふさぐと半音上がります

参考URL:http://www.f3.dion.ne.jp/~sato1211/aurora/about5.htm

Q紙について。

世界には“紙”って何種類くらいあるんですか?
その中で、今、日本にあるものって どのくらいなんでしょうか?
紙について、くわしく知りたいです。
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

紙の種類はその制作行程によるものでも何種類もありますし、使う原料によっても何種類もあるようです。
パピルス紙のように、繊維を叩いて叩いて、薄くのばして紙にしたものから始まり、パルプ(木材等から繊維を取り出す)を水の中に沈めてメッシュで漉く(牛乳パックからハガキを作るみたいな。)洋紙の類や、コウゾ、ミツマタ、ガンピなどを流し漉く、和紙などがあり、その国、その土地で作られる紙だけでも様々で、正確に答えられる人はいなさそう・・・。
(自分も知りたい。)
原料も繊維ならなんでも紙になるようで、タマネギの皮やバナナやジーンズなども紙になるそうです。
日本にあるものでしたら下記のサイトからスタートして見て下さい。ショールームもあり少数からでも購入可能です。

参考URL:http://www.takeo.co.jp/


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報