月齢と潮汐に関する質問ですが、
月齢の値(0~29.54?数値)によって潮の大潮,小潮,中潮などが決まっているようですが、具体的に数値のどこからどこまでが大潮でどこまでが小潮で,というような区切りがわかりません。どなたか御存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
それが表になっているURLなどが有ればなおうれしいのですが、有りませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

海上保安庁の「海の相談室」のページ(参考URL)に表がありました。


それによると,新聞の地方面の「あすの暦」などに出ている潮名は,旧暦の日付と対応させているようですね。

ご存じかと思いますが,旧暦と月齢との関係について書いておきますと
旧暦の1日(ついたち)は,その日24時間の間のどこかに新月(月齢0.0)となる瞬間が含まれる日です。

月齢と潮名のおおよその関係なら,
http://member.nifty.ne.jp/akaoka/faq/tide990511/
にもあります。ただ,この表ですと大潮=0.0,中潮=3.8…となっていて,ちょっと分かりにくいですね。
月齢1.9を境に前が大潮,後が中潮…と解釈してもいいのでしょうが,そこまで厳密にすると,「今日午後6時半まで大潮,その後中潮」といった言い方をしなくてはならないでしょう。
そこまでするくらいなら,むしろ月齢何てん何,とか潮の干満の差が何cm,などとずばり数字で言ってしまえばいいわけで,それを大雑把に表現するために潮名があると考えれば,1日に1つの潮名が対応する旧暦方式が実用上は無難ということなのでしょう。

参考URL:http://www.jhd.go.jp/cue/JODC/SODAN/faq/tidename …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変役にたちました。海上保安庁でもずばりいくつからいくつって言う値で示してはいないのですね。アバウトの値がわかったので解決しました。
あと、旧暦方式というのを教えていただきありがとうございます。もう少し勉強してみたいと思います。

お礼日時:2001/03/01 09:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大潮と小潮

大潮と小潮はどうしておこるのですか?
また、潮の干満以外の潮汐力による天体現象を教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ガリレオは干潮があるのは地球が動いているからと言っていたが、現在では、太陽、地球、月相互間の引力であることは小学生でも判ることでしょう。

3つの天体が横一線に並ぶと、地球の海水は両方に引っ張られてその部分は満潮になり直行方向は干潮になる。

Q大潮と月齢

東日本大震災の本日(3月26日)のニュースで、今日まで大潮だが、今後も注意が必要と言っていました。しかし本日の月齢は22日で、ちょうど半月です。
3日ほど前から、大潮に注意と報道されていましたが、何故でしょうか。

Aベストアンサー

大潮は、正確には、満月の時が一番潮が引くわけでは有りません
満月から、2,3日してから、一番潮が引きます
これは、海水の摩擦力で、遅れると考えて構いません
又大潮と言われる現象は、その日だけでなく、3日ぐらい続き、中潮に変わる、今日まで注意が必要だったのです

Q潮の干満 潮汐についての疑問

潮の潮汐について疑問があります。
満月と新月の時に大潮になるのは理解できます。
太陽と月が直線状にあるため、引力の合成で干満の差が大きくなるのですよね?
例えば満月の時 「太陽---地球-月」で
太陽方向と月方向に海面が引っ張られるので昼の12:00と深夜0:00が
満潮になると思えますが、実際には正中に関係なく干満のピークが来ます。
(2009/9/25 で満潮が05:00と17:30ごろ)
自転の影響でズレが起こるのでしょうか?
あと、24時間+αでズレが生じますが何故ですか?
なぜ、秋の干潮は太陽が出ている時間の干潮よりより夜の方がより大きく潮位を下げるのでしょうか?
いろいろ不思議です。。。

Aベストアンサー

理論上の満潮と、実際の満潮とに時差がある原因は沢山ありますが、一番大きい理由は、膨大な海水が月の引力を受けて反応するまでに時間がかかるからです。あとはいずこの海岸線も複雑な形をしていることなどです。
地球に仮に大陸がなくて全球大洋であれば月に向いた面にきれいな満潮ができて、永遠に自転と反対方向に周り続けるでしょうね。

Q満月と新月の大潮の差はありますか?

次のことについて教えて下さい。
満月の時より新月の時の方が干潮の差が大きいと聞きましたが、
真実ですか?もし、真実なら何故ですか?

Aベストアンサー

満月の時より新月の時の方が潮位(最大の)が高いことは事実です。

月の影響だけを考えた場合、満潮は1日に2回起きることはご存じですね。月の側の満潮は、月の反対側の満潮よりも潮位が高くなります。なぜそうなるかは、静力学的潮汐ポテンシャルで考えれば自然に導かれます。
緯度によって潮位は異なりますが、月の反対側の満潮は、月の側の満潮潮位の7割ぐらいです。
満月と新月を比較する場合は、太陽による潮汐力も考慮します。太陽の潮汐ポテンシャルは月のポテンシャルのおよそ半分です。ポテンシャルはスカラーですので、2つの天体(太陽と月)の潮汐ポテンシャルを単純に加えればよいのです。月の最大潮位を1としたとき、以下に大まかな見積もりをしてみると、

月 : 最大 1  次位 0.7     
太陽:   0.5 0.35
満月: 1.35 1.2
新月:   1.5 1.05

となりますね。満月の時より新月の時の方が最大の潮位が高いことがわかります。しかし、次位の満潮は微妙です。

Q潮の満ち引きのエネルギーはどこから供給されているの?

例えば潮汐発電は海面が上下に動くのを利用していますが、海面を変化させる力を、誰(月か地球か太陽の何)が供給しているかが知りたいのです。

月の引力による潮の満ち引きは、位置エネルギーや摩擦エネルギーなど大きなエネルギー必要です。
しかし、月の引力は、海水を引っ張ったり圧縮したりはするのでしょうが、引力は経時で減少しないから海面を上下させるエネルギーとは無関係と思います。

潮汐のエネルギーは、月が地球を周回するエネルギーから供給されているんですか?地球の自転エネルギーなんですか?
それとも他からなんですか?

月の周回エネルギーと書いたのは「月の軌道は毎年広がっている→周回速度が遅くなっている→運動エネルギーが減少している」からその減少理由の一部が潮汐かなあと思ったからです。

Aベストアンサー

 潮汐は月が地球の海水を引っ張っているから・・・という説明がありますが、それはうそです。
 潮汐の本当の原因は、意外と簡単です。
 二つの天体が互いに相手の周囲を回っているという現象は、実は共通の重心を中心にして二つの天体が回転しているということです。
 月と地球の場合、二つの天体の距離の、確か1:100位の位置にあります。そこを中心に回っているのですが、海水は地球と同じ速度で回転していますが、月に近いほう(重心に近いほう)は、本来はもっと速い速度で回転しないと重心に向かって落ちてしまいます。反対側は遠心力とつりあうためには、距離が遠いためもっとゆっくりした回転でよいので、遠心力で外に膨らみます。
 それが潮汐の正体です。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報