月齢と潮汐に関する質問ですが、
月齢の値(0~29.54?数値)によって潮の大潮,小潮,中潮などが決まっているようですが、具体的に数値のどこからどこまでが大潮でどこまでが小潮で,というような区切りがわかりません。どなたか御存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
それが表になっているURLなどが有ればなおうれしいのですが、有りませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

海上保安庁の「海の相談室」のページ(参考URL)に表がありました。


それによると,新聞の地方面の「あすの暦」などに出ている潮名は,旧暦の日付と対応させているようですね。

ご存じかと思いますが,旧暦と月齢との関係について書いておきますと
旧暦の1日(ついたち)は,その日24時間の間のどこかに新月(月齢0.0)となる瞬間が含まれる日です。

月齢と潮名のおおよその関係なら,
http://member.nifty.ne.jp/akaoka/faq/tide990511/
にもあります。ただ,この表ですと大潮=0.0,中潮=3.8…となっていて,ちょっと分かりにくいですね。
月齢1.9を境に前が大潮,後が中潮…と解釈してもいいのでしょうが,そこまで厳密にすると,「今日午後6時半まで大潮,その後中潮」といった言い方をしなくてはならないでしょう。
そこまでするくらいなら,むしろ月齢何てん何,とか潮の干満の差が何cm,などとずばり数字で言ってしまえばいいわけで,それを大雑把に表現するために潮名があると考えれば,1日に1つの潮名が対応する旧暦方式が実用上は無難ということなのでしょう。

参考URL:http://www.jhd.go.jp/cue/JODC/SODAN/faq/tidename …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変役にたちました。海上保安庁でもずばりいくつからいくつって言う値で示してはいないのですね。アバウトの値がわかったので解決しました。
あと、旧暦方式というのを教えていただきありがとうございます。もう少し勉強してみたいと思います。

お礼日時:2001/03/01 09:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月齢 カレンダー 

月齢が表示され、なおかつそこにメモが記入できるカレンダーソフトのようなものをご存知の方はないでしょうか。

月とさまざまな事象にいろいろな関係があるのは(事故など)よく言われていますが、私はアロマの観点から、月齢に応じてどのように香りの趣向が変化するかということに最近興味があるのです。

せっかくパソコンがあるので、なんとか合理的にできないものかと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Macでは、MultiCalendarがあります。
バイオリズムや月齢、相性なども表示可能な多機能なスケジューラ。[フリーウエア]

参考URL:http://hp.vector.co.jp/authors/VA008636/

Q大潮と小潮

大潮と小潮はどうしておこるのですか?
また、潮の干満以外の潮汐力による天体現象を教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ガリレオは干潮があるのは地球が動いているからと言っていたが、現在では、太陽、地球、月相互間の引力であることは小学生でも判ることでしょう。

3つの天体が横一線に並ぶと、地球の海水は両方に引っ張られてその部分は満潮になり直行方向は干潮になる。

Q和歌山県南部の月齢

和歌山県南部の月齢カレンダーを探しています。
ほしいのは2003年2月分です。
和歌山県独自の月齢カレンダーを探すことは出来ますか?
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください

Aベストアンサー

月齢は朔(新月)からの経過時間を日単位で表したものです。朔が月齢0です。
朔とは太陽の視黄経と月の視黄経が一致する瞬間です。

地球から見て太陽が移動する経路が黄道ですね。これはつまり地球が太陽の周りを公転する軌道のことです。
視黄経とは地球中心(地球重心)から見た(光が届いた)と仮定した天体の黄道上の経度です。ですから朔の日時は世界中で同時で、つまり月齢も世界中同じです。和歌山県南部がどうのこうのという問題ではないのです。
この月と太陽の視黄経の差(位相)が0度、90度、180度、270度になる瞬間がそれぞれ朔(新月)、上弦、望(満月)、下弦と呼ばれます。

日本で単にある日の月齢を表す時はその日の日本標準時正午の月齢で示します。新聞などの明日のこよみの欄に載っている月齢はこれです。
正午以外の時刻を基準として表示される場合は必ずその旨書き添えられています。例えば「天文年鑑」の「*月の空」では21時と言う風に。

今年2月の朔は日本標準時で2月1日19時48分です。
上弦は8日20時11分。望は17日8時51分。下弦は24日1時46分。

さて月齢に関係する地方独特のカレンダーと言うのでしたらその地域の海の潮の満ち引きのデータ(干満の時刻と潮位)を載せればいいのではないでしょうか。これでしたら同じ日本国内でも時間と潮位に差があります。
もしhosinominakoさんのPCのOS環境がWindowsでしたら
フリーソフトの潮汐予測ソフト TIDEforWIN をお勧めします。
http://fmie.cside7.com/
からダウンロードできます。
和歌山県内では7ヶ所のデータが含まれています。

参考URL:http://fmie.cside7.com/

月齢は朔(新月)からの経過時間を日単位で表したものです。朔が月齢0です。
朔とは太陽の視黄経と月の視黄経が一致する瞬間です。

地球から見て太陽が移動する経路が黄道ですね。これはつまり地球が太陽の周りを公転する軌道のことです。
視黄経とは地球中心(地球重心)から見た(光が届いた)と仮定した天体の黄道上の経度です。ですから朔の日時は世界中で同時で、つまり月齢も世界中同じです。和歌山県南部がどうのこうのという問題ではないのです。
この月と太陽の視黄経の差(位相)が0度、90度、18...続きを読む

Q大潮と月齢

東日本大震災の本日(3月26日)のニュースで、今日まで大潮だが、今後も注意が必要と言っていました。しかし本日の月齢は22日で、ちょうど半月です。
3日ほど前から、大潮に注意と報道されていましたが、何故でしょうか。

Aベストアンサー

大潮は、正確には、満月の時が一番潮が引くわけでは有りません
満月から、2,3日してから、一番潮が引きます
これは、海水の摩擦力で、遅れると考えて構いません
又大潮と言われる現象は、その日だけでなく、3日ぐらい続き、中潮に変わる、今日まで注意が必要だったのです

Q月齢は何時の時間を指して言うのですか

よろしくおねがいします。

月齢って、何時を持って計っているのでしょうか?
私の聴いているラジオの天気予報で、潮の満ち引き、大潮小潮、そして、正午の月齢として放送されます。
ですが、満月と月齢15(詳しくは14.75かな)は違う日も有る所を見ると、0時の月齢がその日の月齢かと思うのですが、どうなんでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

月齢はある時刻での新月からの経過時間(日数)を指すもので、実数(小数点以下もある)で表記されます。
その日の月齢というものは便宜的なものなので、どの時刻のものを指すのかは
情報発信者がそれぞれ決めているのだと思います。
ちなみに天文年鑑では、21時の月齢が表示されています(3月11日は2.4)。
失礼ですが、質問者さんは月齢と旧暦の日付をごっちゃにされているのではありませんか?
旧暦は新月になる瞬間を含む日を1日(ついたち)としています。ちなみにその瞬間の月齢は0.0です。

Q潮の干満 潮汐についての疑問

潮の潮汐について疑問があります。
満月と新月の時に大潮になるのは理解できます。
太陽と月が直線状にあるため、引力の合成で干満の差が大きくなるのですよね?
例えば満月の時 「太陽---地球-月」で
太陽方向と月方向に海面が引っ張られるので昼の12:00と深夜0:00が
満潮になると思えますが、実際には正中に関係なく干満のピークが来ます。
(2009/9/25 で満潮が05:00と17:30ごろ)
自転の影響でズレが起こるのでしょうか?
あと、24時間+αでズレが生じますが何故ですか?
なぜ、秋の干潮は太陽が出ている時間の干潮よりより夜の方がより大きく潮位を下げるのでしょうか?
いろいろ不思議です。。。

Aベストアンサー

理論上の満潮と、実際の満潮とに時差がある原因は沢山ありますが、一番大きい理由は、膨大な海水が月の引力を受けて反応するまでに時間がかかるからです。あとはいずこの海岸線も複雑な形をしていることなどです。
地球に仮に大陸がなくて全球大洋であれば月に向いた面にきれいな満潮ができて、永遠に自転と反対方向に周り続けるでしょうね。

Q月齢について(三日月は2?・3?)

 ネットで月齢について調べてるのですが、サイトによって微妙に違っていて困ってます。三日月の日は月齢2日目なのですか?それとも3日目なのでしょうか?

Aベストアンサー

まず「月齢」の定義から始めましょうか。
月齢とは,「(もっとも最近に)新月になった瞬間から経過した時間の長さを,日(にち)単位で表した数字」です。
たとえば,昨日の午前6時ちょうどが新月だったとすると,今日の午前6時の月齢は1.0,今日正午の月齢は1.25,今日午後6時の月齢は1.5です(四捨五入して小数第1位までで表すことが多いですが)。
従って,ご質問の文中にある「月齢2日目」という言い方は(少なくとも普通は)しません。

おそらく,新聞のこよみ欄やカレンダーなどには「○月○日の月齢」というような表記が見られますので,その日その日に対して一つの月齢の値が対応するとお考えになったのではと推測しますが,月齢の定義は上で述べたようなものですから,本来なら「○月○日○時の月齢」というべきものを省略しているとお考えください。
何時現在にするかはその暦の編集者に任されていますので,天文関係のこよみなどでは,必ず「月齢は何時現在」と書いてあります。
ただ,新聞では何の断りもなく「○日の月齢」と書いていますし(数値からみるとどうやら正午現在が多いようですが),NHKの関東ローカルのニュースでも「東京地方,あすの日出は何時何分,日の入りは何時何分,月齢は何点何」と言っています。たぶん,月齢の定義を知らないのでしょう。困ったものだ。

例えば今日(11月23日)の月齢を見てみますと,「天文データノート」(午前0時現在)では7.3,「理科年表」(正午現在)では7.8,「天文年鑑」では8.2となっています。
しかし,いずれも前回の新月(11月15日15時40分)からの経過日数ですので,矛盾はありません。

ちなみにNo.1の回答なのですが,実は意味がよくわかりません。
>サイトによって微妙に異なるのは、標準としている時間及び場所から発生する現象でしょう。月齢の基準とする地点は、ほぼ日本の標準時、東経
>135度線上とされているようですが、基準とする時間はマチマチです。
というのは,どういう意味でしょうか。
東経135度線上にある明石市と,東経140度ちかい東京とでは,月齢が異なるという意味かなあ。
月齢の定義はあくまでも,「新月となった瞬間からの経過時間」ですので,明石だろうと東京だろうと,はたまたニューヨークやロンドンだろうと,ある瞬間の月齢は同じはずです。
うんと厳密に言えば,明石から見た月の方向と,東京から見た月の方向とでは,微妙に差がありますが,それはわずかなもので(角度で0.1°程度,時間で20秒ぐらいでしょうか),月齢の計算にあたっては無視できるといっていいでしょう。
(なにか勘違いしていたら教えてください。)

次に,「三日月」は天文学的な定義があるわけではありません。とりあえず手元の辞書を引いたら,「陰暦3日前後に見える弓形の月」とありました。
一番狭い意味で言えば,「旧暦3日に見える月」でしょうが,もう少し太ったものも含めて,弓形をした月をなんとなく三日月と読んでいるような気がします。「3日前後」というのは,そのへんの含みも持たせているのでしょう。
もし,その狭い意味に解釈したうえで,見えている三日月の月齢はいくつかという質問であれば,No.2の回答にある通り,2.0より大きく3.0以下となりますね。

まず「月齢」の定義から始めましょうか。
月齢とは,「(もっとも最近に)新月になった瞬間から経過した時間の長さを,日(にち)単位で表した数字」です。
たとえば,昨日の午前6時ちょうどが新月だったとすると,今日の午前6時の月齢は1.0,今日正午の月齢は1.25,今日午後6時の月齢は1.5です(四捨五入して小数第1位までで表すことが多いですが)。
従って,ご質問の文中にある「月齢2日目」という言い方は(少なくとも普通は)しません。

おそらく,新聞のこよみ欄やカレンダーなどには「○月○日の月齢」...続きを読む

Q満月と新月の大潮の差はありますか?

次のことについて教えて下さい。
満月の時より新月の時の方が干潮の差が大きいと聞きましたが、
真実ですか?もし、真実なら何故ですか?

Aベストアンサー

満月の時より新月の時の方が潮位(最大の)が高いことは事実です。

月の影響だけを考えた場合、満潮は1日に2回起きることはご存じですね。月の側の満潮は、月の反対側の満潮よりも潮位が高くなります。なぜそうなるかは、静力学的潮汐ポテンシャルで考えれば自然に導かれます。
緯度によって潮位は異なりますが、月の反対側の満潮は、月の側の満潮潮位の7割ぐらいです。
満月と新月を比較する場合は、太陽による潮汐力も考慮します。太陽の潮汐ポテンシャルは月のポテンシャルのおよそ半分です。ポテンシャルはスカラーですので、2つの天体(太陽と月)の潮汐ポテンシャルを単純に加えればよいのです。月の最大潮位を1としたとき、以下に大まかな見積もりをしてみると、

月 : 最大 1  次位 0.7     
太陽:   0.5 0.35
満月: 1.35 1.2
新月:   1.5 1.05

となりますね。満月の時より新月の時の方が最大の潮位が高いことがわかります。しかし、次位の満潮は微妙です。

Q月齢について

レベルが低い質問なのですが、月齢を調べると北半球と南半球でばっさりと切られていますが、
例えば北半球の各国なら同じ月の形が見られるのでしょうか?
日本では月齢がこの図
http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm
のように細かく分かれていますが、やはり北半球の北の方の国と、同じ北半球でも南の方の国とでは見え方が違いますよね?
そもそも世界の国によっては月齢の種類の数も違うのでしょうか。

Aベストアンサー

地球のどこからでも,月が見えるかぎり月の満ち欠けの見え方は同時に見ればほとんど同じです。地球の端と端でわずかに違うとしても,38m離れているものを1.2m横にずれて見る程度の違いしかありません。よって月齢の変わり方も同じです。

ただし,地球上のどこにいるかによって「下」の方向が違うので,ある地点からは左側が光っているように見える三日月が他の地点からは右側が光っているように見えたり,また斜めの傾きが違ったりはします。それでも方向が違うだけで光っている部分の中に見える月の模様は同じです。またある地点からは昼の空に浮かぶ月,他の地点からは夜空の月ということもあります。

Q潮の満ち引きのエネルギーはどこから供給されているの?

例えば潮汐発電は海面が上下に動くのを利用していますが、海面を変化させる力を、誰(月か地球か太陽の何)が供給しているかが知りたいのです。

月の引力による潮の満ち引きは、位置エネルギーや摩擦エネルギーなど大きなエネルギー必要です。
しかし、月の引力は、海水を引っ張ったり圧縮したりはするのでしょうが、引力は経時で減少しないから海面を上下させるエネルギーとは無関係と思います。

潮汐のエネルギーは、月が地球を周回するエネルギーから供給されているんですか?地球の自転エネルギーなんですか?
それとも他からなんですか?

月の周回エネルギーと書いたのは「月の軌道は毎年広がっている→周回速度が遅くなっている→運動エネルギーが減少している」からその減少理由の一部が潮汐かなあと思ったからです。

Aベストアンサー

 潮汐は月が地球の海水を引っ張っているから・・・という説明がありますが、それはうそです。
 潮汐の本当の原因は、意外と簡単です。
 二つの天体が互いに相手の周囲を回っているという現象は、実は共通の重心を中心にして二つの天体が回転しているということです。
 月と地球の場合、二つの天体の距離の、確か1:100位の位置にあります。そこを中心に回っているのですが、海水は地球と同じ速度で回転していますが、月に近いほう(重心に近いほう)は、本来はもっと速い速度で回転しないと重心に向かって落ちてしまいます。反対側は遠心力とつりあうためには、距離が遠いためもっとゆっくりした回転でよいので、遠心力で外に膨らみます。
 それが潮汐の正体です。
 


人気Q&Aランキング