東京都のディーゼル車規制条例が昨年12月に公布されたと思いますが、現在ある「自動車Nox法」との関係はどうなるのでしょうか?いわゆる上乗せ条例なのでしょうか?法律と条例の関係ってよくわかりません。
 また自動車Nox法は改正されるとの情報もあり、もしこれによって法が改正され、条例と重複する部分が生じると条例はどうなってしまうのでしょうか?詳しくご存知の方お教えください。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 地方自治法14条1項にに「普通地方公共団体は、法令に違反しないかぎりにおいて、(中略)条例を制定することができる」と規定して、法律の優位性を認めています。

将来同一分野について、法律が施行されると、条例の重複部分の効力はなくなります。かって、売春防止法が施行される前、各自治体は、同種事案を根絶するため、売春の相手方である男性をも処罰の対象(現在は不可罰)とする規定を置いていましたが、注意的に同法附則4項で「施行と同時にその効力を失うものとする」として「その失効前にした違反行為の処罰については、その失効後もなお従前の例による」という規定を置いています。某M首相の買春疑惑はこの時代に条例により摘発され、法施行後に起訴猶予となった事案です(本人は否定していますが、警察はなぜか口を閉ざしています)。

参考URL:http://roppou.aichi-u.ac.jp/scripts/cgi-bin/hanr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 大変詳しいありがとうございました。今後の法律の改正を見なければわかりませんが、重複の問題は出てくるのではないかと思っています。判例も参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/03/01 12:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大阪府条例 混浴禁止??

http://www.liberty-1126.com/kasikiri.html#s

>ご家族での男女混浴は可能ですが、それ以外の男女混浴は大阪府条例により禁止されています。

この意味がサッパリなのですが
大阪は、夫婦じゃないと混浴禁止とかって条例があるのですか?

Aベストアンサー

各自治体で条例などで定めているそうです。
大阪ではありませんが、隣の兵庫県の条例では7歳から男女の混浴は禁止されています。
ちなみに、こちらは家族でもだめだそうで、兵庫県にあるとある温泉旅館が
家族全員で入れる大きさの「家族風呂」を各部屋につけたところ大人気でしたが
兵庫県からストップがかかり、その温泉旅館が非常にこまっているという話を
聞いたことがあります。

大阪の条例の内容はわかりませんが、兵庫県でもそういうことがあるくらいですから、
大阪にもそのような条例があっても不思議ではないと思います。

逆に言えば、ご夫婦でないカップルが混浴を楽しみたいのであれば、温泉と呼ばれているところでは
無理と言うことであり、やっていてもばれない宿泊部屋のお風呂や
シティホテル(いわゆるラブホテル)などのようなところでないと
できないということでしょうね。

Q2月7日公布の会社法省令

2月7日公布の会社法省令は法務省HPでみれるんですか?午前11時55分時点では出てないようですが、何時に出るんでしょうか?

Aベストアンサー

本日付の官報号外に掲載されているようです。

http://kanpou.npb.go.jp/20060207/20060207g00025/20060207g000250000f.html

Q法律と条例との関係について

法律が全国一律に規制する趣旨ではなく、国家の最低基準を定めた場合には、条例でより厳しい規制をすることも認められるというのは理解できるのですが、「規制目的が異なれば法律で定めているものと同一事項について条例で定めることができる」ということが理解できないのです。これは具体的にどういうことなのでしょうか?法律と同一事項について条例で定めても意味が無いような気がするのですが・・・。

Aベストアンサー

>「規制目的が異なれば法律で定めているものと同一事項について条例で定めることができる」
 例えば狂犬病予防法(=法令)に対する飼い犬取締り条例(=条例)などです。

・狂犬病予防法
(目的)
第1条 この法律は、狂犬病の発生を予防し、そのまん延を防止し、及びこれを撲滅することにより、公衆衛生の向上及び公共の福祉の増進を図ることを目的とする。
・宮城県飼い犬取締条例
(目 的)
第1条 この条例は、飼い犬が人畜その他に害を加えることを防止し、もって公衆衛生の向上と社会生活の安全を図ることを目的とする。

 このように規制目的が異なっています

・狂犬病予防法
(公示及びけい留命令等)
第10条 都道府県知事は、狂犬病(狂犬病の疑似症を含む。以下この章から第5章まで同じ。)が発生したと認めたときは、直ちに、その旨を公示し、区域及び期間を定めて、その区域内のすべての犬に口輪をかけ、又はこれをけい留することを命じなければならない。
・宮城県飼い犬取締条例
第四条 飼い主は、その飼い犬(生後九十日以内の犬を除く。)を常にけい留しておかなければならない。ただし、次に掲げる場合は、この限りでない。
一 飼い犬を警察犬、狩猟犬、牧用犬、盲導犬、介助犬、聴導犬又は運搬犬としてその目的のため使用するとき。
二 飼い犬を人畜その他に害を加えるおそれのない場所又は方法で飼育し、訓練し、移動し、又は運動させるとき。
三 飼い犬を展覧会、競技会、サーカス等の催しに供するため使用するとき。

 定めている規制はともに「犬の繋留」です。
 法律で定めているものと同一事項について条例で定めることができるというのはこのような場合のことだと思われます。

>「規制目的が異なれば法律で定めているものと同一事項について条例で定めることができる」
 例えば狂犬病予防法(=法令)に対する飼い犬取締り条例(=条例)などです。

・狂犬病予防法
(目的)
第1条 この法律は、狂犬病の発生を予防し、そのまん延を防止し、及びこれを撲滅することにより、公衆衛生の向上及び公共の福祉の増進を図ることを目的とする。
・宮城県飼い犬取締条例
(目 的)
第1条 この条例は、飼い犬が人畜その他に害を加えることを防止し、もって公衆衛生の向上と社会生活の...続きを読む

Q新しく公布された会社法について

今回の会社法改正でセルアウト権(TOBの結果、買付者が対象会社の一定の株式を取得した場合に、残余の株主が一定期間内に限り、TOB価格を下回らない公正な価格で買付者に、その保有する株式の買取を請求する権利)の採用が見送られた理由&背景が知りたいです。

読みにくい文で申し訳ないですが、回答お願いします。

Aベストアンサー

第186回国会 衆議院法務委員会 会議録第12号

深山政府参考人 「御指摘のとおり、法制審議会の会社法制部会では、株式売り渡し請求の制度を創設するのであれば、特別支配株主以外の少数株主が、逆に特別支配株主に対して自己の有する株式を売却することができる制度、セルアウト制度をあわせて創設してはどうかという意見もございました。こういった意見は、一般的には、総株主の議決権の十分の九以上を有する特別支配株主が残りの株式を買い取らない状態に置くということには合理性がないというような認識が前提になっているんだろうと思います。
 ただ、この点については、例えば、あらかじめ出資割合が合意されているジョイントベンチャーの場合などを念頭に置くと、必ずしもそれを解消することに合理性があるとは言えないんじゃないか、むしろ弊害があるというような意見も法制審でありました。そんなこともあって意見の一致に至らなかったということです。
 それから、セルアウトを認めるというのは、少数株主の保護の手段ということだと思いますけれども、先ほど来出ていますように、特別支配株主がある場合の少数株主の保護については、キャッシュアウトの場面では、その会社の承認を要するとか、差しとめ請求なり価格決定の申し立てなりということで十分に図られていますし、これに加えて、逆に、特別支配株主に、意思に反して、少数株主の有する株式を買い取らせることを強制するという制度を重ねて創設することは、かえって特別支配株主に過剰な負担を課して、経済合理性のある株式の取得、保有を不当に阻害するんではないかというようなこともありまして、セルアウト制度の創設は見送るということになったものでございます。」

第186回国会 衆議院法務委員会 会議録第12号

深山政府参考人 「御指摘のとおり、法制審議会の会社法制部会では、株式売り渡し請求の制度を創設するのであれば、特別支配株主以外の少数株主が、逆に特別支配株主に対して自己の有する株式を売却することができる制度、セルアウト制度をあわせて創設してはどうかという意見もございました。こういった意見は、一般的には、総株主の議決権の十分の九以上を有する特別支配株主が残りの株式を買い取らない状態に置くということには合理性がないというような認識が前...続きを読む

Q青少年条例の18歳未満の解釈について

下記は私と知人Y男との会話です。
Y「最近高校3年生と交際している。一部体の接触もあるんだ」
私「君の行為は青少年健全育成条例違反になるぞ。交際を中止しろよ」
Y「いや条例では青少年を18歳未満と定義している。彼女は先日18歳になったから問題ないはずだ」
私「違う、条例で言う18歳未満とは高校生以下という意味なんだ。たとえ18歳になっても、次の3月に高校を卒業するまでは条例が適用されるんだ。でないと同級生で条例の適用、非適用がいて矛盾が生ずる」
我々は対立したままでした。果たしてどちらが正論でしょうか。
要約すれば「18歳の誕生日以降卒業までの高校生は青少年条例が適用
されるか否か」ということです。これまでこの解釈をめぐり問題は生じませんでしたでしょうか。なお、留年等で通常より年長の高校生は考慮対象外とします。

Aベストアンサー

条例・法律に18歳未満と書いてあれば18歳未満が対象で、18歳をすぎても高校生なら含まれるというのであれば「18歳をむかえたあとの3月まで」というようなことが条例・法律にそのように書かれていなければなりません。
そうでなければ条例や法律の条文にもとづいて行動したの条例・法律違反というのでは矛盾が生じます。

Q改正労働契約法改正について

平成25年4月より改正とのことですが、改正後、五年以上同じ派遣先で勤めた場合、派遣先に正社員化予定がないとしても同じ場所で派遣として働き続けることは可能でしょうか?
それとも正社員として予定がない場合、五年後、派遣契約終了となってしまうのでしょうか?


初歩的な質問で申し訳ありませんが詳しくご存知の方がいらっしゃいましたらご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

H25.4改正労基法施行により、派遣元と派遣先でむすんだ派遣契約は、影響を受けません。

おそらく、5年経過後の無期転換権のことを言っているのだと思いますが、それはあなたの有期雇用契約なら、派遣元との雇用契約に影響します。派遣先には何の関係もないことです。

H24.10改正派遣事業法が施行されていますが、旧政令26業務は長期に関して何の変更は無いので、派遣先もあなたも続けたいだけ続けられます。

それに該当しない自由化業務は、1年(引き延ばして3年)が限度です。

Q都道府県と市町村の条例について

知人に頼まれて質問させていただきます

都道府県の条例があって、域内の市町村が同じ内容の条例を作った場合に、都道府県の条例と市町村の条例の両方が適用されるのか、それとも市町村の条例だけが適用されるのかどっちでしょうか。
 地方分権一括法に伴って国から都道府県や市町村に条例の制定権が移されることになっていますが、都道府県と市町村の両方で条例を制定できるようになっている場合があるかと思います。
こうした場合都道府県がこれまで制定していた条例について、新たに域内の市町村が制定できると思いますが、そのような場合に新たに条例を制定した市町村内では、その市町村の条例だけが適用されるのでしょうか。それとも都道府県の条例と市町村の条例の2つが併存することになって、別途都道府県条例の中で調整規定を設ける必要があるのでしょうか。

難しい案件ですがよろしくお願いします

Aベストアンサー

法律には「上位有利」の原則というのがあります。
つまり、国の作った法律に対立する条例を都道府県が定める事はできないし、県と市町村の間にも、同じことが言えます。
従って、もし、仮に一つの案件に対して県と市の定めた法が異なっても最終的には県の法が適用されるように判断されます。まずありえませんが。。。

市町村は基本的にその自治体の範囲で利害関係の調整を行いますが、県はその県内で同じように調整します。

ま、事はそんなに簡単ではないのですが。。。

結局、同様の法整備の権利が両者に与えられるとしたら、県が「大枠」を作り市町村が「細則、施行条例」を作るといった形に住み分けるでしょう。両者の向いている目線が異なるからです。
県内全域を見る県と、直接住民を見る市町村。ということです。

国、都道府県、市町村の順位の位置づけは結構しっかりしていて、下位のものが上のものを侵すことはありえません。せいぜい陳情レベルです。

なぜかというと、上位から補助金もらってますから。。。上の機嫌を損ねる訳にはいかないのですね。。。

Q法の改正前と改正後について

デジタルデータ(音楽、動画等)の法改正についてお聞きいたします。

改正前の合法時に保存したデータやファイルをPC内等に保持していて、その後の法改正により、合法から違法になった場合、改正前の合法時に保存していたデータやファイルを保持していても違法になるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問がちょっと抽象的過ぎるのですが、もし質問したいのが、今年の著作権法改正によるダウンロード違法化について、ということであれば、これはダウンロードする行為が違法(著作権侵害)になるので、改正の施行前にダウンロードしてあったファイルを保持する行為については違法とはされません。

Q市条例・県条例の位置は?。

 市の条例や、県の条例の位置がよく解りません。
 市・県の条例というのは刑法にあたるんでしょうか? 
 それとも民法なんでしょうか?。両方ともあるんでしょうか?

Aベストアンサー

質問の意味がよく取れないのですが、
「条例に法律と同等の拘束力があるか」という意味でしたら、
「ある」が答えになります。(地方自治法14条2項の反対解釈)
刑事罰を加えることも可能です。(14条3項)

Qもうすぐ道路交通法が改正され 普通自動車免許で 125cc未満のバイク

もうすぐ道路交通法が改正され 普通自動車免許で 125cc未満のバイク(原付II種)なら乗れるようになると噂を聞いたのですが どうでしょうか いままでは原付は乗れたのですが  詳しいかた教えて下さい

Aベストアンサー

ホンダなどが要望書を出したってのはあるけど、それが受理されて改正されるってのはまだ聞いたことがないな・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報