親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

先日、身内の方が交差点事故を起こしました。

状況は、ほぼ、同じ幅の道路なんですが、
相手側(左方)には、交差点手前にドット線がついています。
(最近、付け足した道路です。)
住宅街で、通常は徐行義務とも聞いています。
こちら側は中央線が入っていますし、優先道路に感じるのですが、
警察側の見解では、ドット線はあくまでも道路幅をあらわす物、
左方優先なので、あなたが悪いと言うのですが、どうなのでしょうか?
相手は、住宅街にもかかわらず、60キロは出ていたと言っています。
こちらは、20キロ以下でした。

こちらは、交差点中央を越して、後ろをぶつけられています。

状況はわかりずらいかもしれませんが、
どなたかわかりませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1.ドット線について



ドット線は交通の優先関係に何ら影響を与えません。
ドット線の有無は過失割合や優先関係と無関係です。

現実的には、相手側の進路を遮るようにドット線がひかれていると、
自分側が優先のような気がしますよね。

だから、公安委員会では、ドット線を増やさず、減らしていく方向の
指針を示した通達を出しています。

ドット線は、交通の円滑な誘導を図るためのものです。
大きな交差点内に、右折車の進路を誘導するために設置されている点線も、
おんなじドット線ですね。


2.過失割合について

信号のない交差点での過失割合は、基本4パターンです。
<1>優先道路:非優先道路       =10%:90%
<2>非一時停止:一時停止規制のある側 =20%:80%
<3>広路:狭路            =30%:70%
<4>左方:右方            =40%:60%
(※<2>~<4>は双方同程度の速度の場合)

質問者さんの質問からは、<2><3>でないことはわかります。
ですが、<1>か<4>かわかりません。

優先道路とは、中央線があり、それが交差点内まで連続して
設置されている道路のことです。

中央線の有無、それが交差点内にあるかないか、これが大事ですね。

※これは交通事故に係わっている者にとっては、簡単な基本事項です。
 おまわりさんが左方優先を言うのなら、質問者さん側の道路は
 優先道路ではないんじゃないかと思われます。

3.衝突形態について

出合い頭事故では、車の後部にぶつけられたというのは、
過失割合に対する影響は少ないです。
(あっても10%程度有利になるくらい)

なぜならば、20km/hで走行する車でも、1秒でだいたい5mは進みます。
人が危険を感じて反応し、ブレーキを踏むのには1秒くらいかかります。
そして、車の全長は5mくらいです。

交通事故はお互い不注意や反応遅れがあって発生します。
だから、1秒や5m程度のずれはあって当たり前なのです。

4.推定される過失割合
おそらく相手が左方、質問者さん側が右方の出合頭事故だと思われます。
相手の速度が相当速いみたいなので、
基本過失割合は質問者さん側40%:相手60%となります。

相手が規制速度よりも15km/h以上速い速度だったのなら、
相手にさらに10~20%加算することが考えられます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。

まず、ドット線についてですが、やっと、理解する事が出来ました。

昨日、複数のお巡りさん等に尋ねると、
警A・ドット線は、あくまでも道路幅を表すもの。
警B・道路幅を表すと同時に優先道路を表すものとなるが、一つの判断材料に過ぎない。
警C・ドット線は、自転車でも止まらなければならない。
※市の交通安全対策では、交差点がありますよ と、注意を促すものとして、設置したと言っていました。

友人に一時停止線で停止したが、ドット線で停止せず切符を切られた者もいます。

中央線についてですが、こちら側は、昔からある道路で中央線が引かれているのですが、丁度、真中にクロス線があったように思います。
相手側道路は、最近出来たばかりの道路で、その手前の交差点は全て、止まれ標識があるのですが、その交差点だけがなぜか 「交差点あり 注意」の標識だけでした。

相手側道路に中央線の有無が
雪で確認できない状況です。出来たばかりの道路で記憶が曖昧です。

やはり、クロス線があるということは、
こちらが不利という事なのでしょうか?

お礼日時:2008/12/29 01:00

交通整理が行われていない道路で、お互いが直進の場合、左方優先の原則により、相手側が40% 身内さんが60%の過失となります。


ただし、相手が減速をしていない場合は、相手が60% 身内さんが40%になります。

もし、身内さんの方が優先道路であるならば、相手が90% 身内さんが10%になります。

基本的には「減速したか」どうかが過失に大きく影響します。

通常警察官がどちらが悪いと言うことはないです。
中央線のある方が主線です。
後は保険屋さんに任せてください。
相手が60キロであったことはしっかりと押さえてください。

交差点である以上、過失0は望めません。
少しでも減らせるように有利な条件は押さえていってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。
こちら側は、交差点に入る際に徐行。
相手側は、国道に出るところを探していたらしく、まったく見ていなかったようです。
ご本人さんに伝えたところ、明日、もう一度、警察の方と話してくるそうです。

有難う御座いました。

お礼日時:2008/12/29 00:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q破線の停止線 一旦停止必要? 

近所に停止線が破線になっている交差点があります。
これは、一旦停止する義務があるでしょうか。
一旦停止するほどではないが、停止したほうがいいよ・・・という意味なのでしょうか

場所は、以下のようなところです。
・交通量が少ない路地のような道路が互いに交差している。片方が優先と思われる。
・道幅はどちらも片側1車線(合計2車線)程度、ただしセンターラインはなし。
・横断歩道、信号はなし。
・一方通行、進行方向などの規制はなし。
・破線の停止線は自車線側と対向車線側に1本ずつ。
・他には道路に何も描かれていない。
・優先側の道路にはもちろん停止線はない。
・止まれの標識はなし。

Aベストアンサー

こんにちは
>交通量が少ない路地のような道路が互いに交差している。片方が優先と思われる。
>優先側の道路にはもちろん停止線はない。
交差点の優先順位ですが
1 道幅に関係なく優先道路が優先
2 優先道路でなければ明らかに道幅の広い方が優先
3 優先道路でなく同じ道幅なら路面電車が優先
4 優先道路でなく同じ道幅で車両同士なら左方優先
ここで1の優先道路の判断ですが
優先道路の標識がある方、前方優先道路の標示がある交差する道路側、交差点の中まで中央線が引かれている方が優先道路になります。
これに該当する場合、前方優先道路であれば徐行(場合によっては一時停止)になります。

>止まれの標識はなし。
>これは、一旦停止する義務があるでしょうか。
この場合は一時停止をする義務はありません。
見通しの悪い交差点の場合は徐行になります。

>近所に停止線が破線になっている交差点があります。
現場に行ってみないと分かりませんが・・・
・優先関係を知らせるため
・分かりにくい交差点を気付かせるため
・速度を落とさせるため
等が考えられます。

こんにちは
>交通量が少ない路地のような道路が互いに交差している。片方が優先と思われる。
>優先側の道路にはもちろん停止線はない。
交差点の優先順位ですが
1 道幅に関係なく優先道路が優先
2 優先道路でなければ明らかに道幅の広い方が優先
3 優先道路でなく同じ道幅なら路面電車が優先
4 優先道路でなく同じ道幅で車両同士なら左方優先
ここで1の優先道路の判断ですが
優先道路の標識がある方、前方優先道路の標示がある交差する道路側、交差点の中まで中央線が引かれている方が優先道...続きを読む

Q信号機の手前の点線の停止線は?

高架の側道などの交差点で右折し、高架下を過ぎると、交差側の信号機があり、その前に白の点線で停止線がひかれている所があります。
もちろん、右折後の交差側の信号機ですから「赤」ですが、この点線の停止線では、「青」になるまで待つのか、「赤」でも車が来なければ通過しても良いのでしょうか?
点線の停止線の意味(ルール)を教えて下さい。

Aベストアンサー

まだ質問を締め切っていないのは、交通課のお問い合わせの結果を期待して
いらっしゃると判断して図々しくも3回目の回答をいたしますね。

私の判断で間違いはないと思いながら、交通課に問い合わせてみました。
交差点の状況を説明しますと、次のような内容の会話です。

部長「その交差点って何処なの?市内でそんなライン引いた交差点の覚えは
   ないねんけどなぁ?」 
私 「ちゃうちゃう、市内やないねんよ、友達の住んでる大阪やねんよ」 
部長「それで彼氏が検挙されたんかいな?」
私 「いいえ、違います」(彼氏だって!まッいいか)
部長「ドットラインってな、安全確認を促す目的なんだよ、だから問題の交差
   点で直面する信号が赤であっても安全確認しながらそのまま通過しても
   捕まれへんよ、スピード出したらアカンよ、交差点内は徐行やで、わか
   りましたか?」
私 「ふぁ~い、ありがとうございました!じゃぁまたねェ~!」

外環状の高架下交差店というと、う~ん、沢山ありますね。R1との分枝から南へ、
寝屋川に1ヶ所、四条畷の蔀屋、大東の深野南、東大阪の石切陸橋、新町、・・
めんどい、やめよう!

ということで、ご質問者さんは納得ゆかれたでしょうか。
では、お気がついた時点で締め切ってくださいね。お疲れさまでした。

(このOKWaveの質問に何回も回答する事は、OKWaveの利用規約に抵触しないのかしら?)

まだ質問を締め切っていないのは、交通課のお問い合わせの結果を期待して
いらっしゃると判断して図々しくも3回目の回答をいたしますね。

私の判断で間違いはないと思いながら、交通課に問い合わせてみました。
交差点の状況を説明しますと、次のような内容の会話です。

部長「その交差点って何処なの?市内でそんなライン引いた交差点の覚えは
   ないねんけどなぁ?」 
私 「ちゃうちゃう、市内やないねんよ、友達の住んでる大阪やねんよ」 
部長「それで彼氏が検挙されたんかいな?」
私 ...続きを読む

Q優先道路かどうかを確認する方法はありますか?

自分が優先道路を走行していたかを調べたいのですが、
警察署や市役所(?)に行けば調べることができますか?

道路幅は明らかに異なり、交差する側には一旦停止の標識がありました。
走行していた道路には破線のセンターラインがありましたが、
交差する道路が狭いため、交差点が破線の間に入っています。

確実に優先道路かどうかを確認することは可能でしょうか?

Aベストアンサー

>確実に優先道路かどうかを確認することは可能でしょうか?

道路を見て判断するしかありません。
センタ-ラインが交差点内に貫通しているかどうかです。

おそらくご質問のケースですと、破線の間隔よりも交差道路のほうが狭く、優先道路とは該当しないということだと思います。
優先道路は、相手からも見て「優先道路」ということがわかる状態ではじめて「優先道路」と解します。

たとえば、普段はセンターラインが交差点内も貫通しており、優先道路でも、積雪でセンターラインが見えない場合は優先道路とは見做しません。

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む

Q優先道路の定義とは? それに関わる過失

先日、何の表示もないT字路で出会い頭の事故を起こしました。
横棒相手左方→右方直進 私 縦棒 右折

相手の保険会社からは、初回の提示として9:1との事。相手の損保もこれで示談できるとは思っていない。過失9の理由=優先道路だから
質問は以下の事項に対して私の解釈が合致しているかです。

1.優先道路とは
道路交通法による優先道路とは、センターラインもしくは標識によって示されている道路以外にはありえない。(センターラインは、交差点内で途切れず繋がっている事、標識は優先道路を示す標識がある事。)
今回は優先道路の標識も何もない。
センターラインは破線、交差点内は破線の途切れた部分とみなすのか(きっとみなさない)丁度交差点内はセンターラインは繋がっていない。縦棒の道幅はエスティマが通れるくらいの幅。横棒は片側一車線の端から端まででくらべると相手方が走行していた片側車線くらいとなります。
今回、相手は左方より50キロでとばして交差点内でもノンストップで私と接触しやっと私の存在に気付いたようでした。(一応相手は40キロといっていたが50キロはいっていたと思われる)
とてぼけーっとしていました。

(1) 標識も何もないT字の交差点で50キロで走行してもよいのか?
   逆に私も相手も何の標識もない道路なので制令速度の60キロで走行してもよかったのか?
(2) 上記1.の内容であるとするなら明らかに「優先道路」は相手方である.
   また、「優先される道路ではない」

(3)このような場合にはT字路の過失は9:1か8:2が保険会社が判例に基づき提示してくる過失だと思っています。
  より正確な過失を割り出す為、判例タイムズを参考にするのはいいと思いますが、今の保険会社や一般の人は優先だから・・・との意味を理解しているのか、安易な考えで提示してきた過失割合で示談してしまい理不尽だった方もいたと思います。
 過失を決める場合、まず法令違反がなかったか?安全運転をしていたか?標識はあったか等が算出の基礎となってくると思っています。
殆どの人が優先道路が強いといっており、保険会社も例外ではありません。
しかしながら、先程道路交通法を読んでいたら、皆が優先が強いと言ってる意味がわかりました。
殆どの人が優先=重過失と思っていますが、道路交通法をみると、優先道路に対していくつもある法令に対し優遇されている部分が多いだけであり、単に優先だから重過失となるわけではない。
(4)上記を踏まえたうえで考えると、私は右折する際、一時停止(標識はない)を行い左右の安全確認をして車を走行させたところ、ノンストップで相手方が突っ込んてきたのです。
(5)私の見解
 法令違反については、相手走行道路が優先だとしたら、今回は自己申告40キロであったが最高速度60キロで走ってもよいので、法令違反には該当しない。私もT字路が交差点に入るまで(ドット線はあった)の安全確認はしたので法令違反には該当しないし、最高速度60キロでも問題ない。
(6)ここで5:5
(7)また、相手の女性は事故後、おなかを押さえ前かがみになり、今にもしゃがみこみそうな程とても苦しそうでした。大丈夫か何度も声をかけていたら、そのうち御主人がきて、生理だから大丈夫ですといいました。そのような状態では法令で過労・病気・~の場合は運転してはならないに該当する。
(8)結果、双方は車同士動いており接触したので、両方に過失あり。この部分については安全運転の義務に違反している。

 よって、T字路優先道路での出会い頭の事故についての過失割合は判例通り9:1や8:1での判例に基づいた過失割合を、例えば5:5に動かせぬ理由の一つには該当しするのではないかと思います。
いかがでしょうか?
判例は判例であり、判で押したように優先道路だからといって過失をパターン化してしまうのは、一方がとても不利になります。

(9)今回私は5:5にもっていければと思っています。
 相手への突っ込みどころは沢山あります。
 ただ今回、お互いに怪我がなかったのはとてもさいわいでした。

 上記長くなりましたが、教えてください。、

先日、何の表示もないT字路で出会い頭の事故を起こしました。
横棒相手左方→右方直進 私 縦棒 右折

相手の保険会社からは、初回の提示として9:1との事。相手の損保もこれで示談できるとは思っていない。過失9の理由=優先道路だから
質問は以下の事項に対して私の解釈が合致しているかです。

1.優先道路とは
道路交通法による優先道路とは、センターラインもしくは標識によって示されている道路以外にはありえない。(センターラインは、交差点内で途切れず繋がっている事、標識は優先道路を示す標識があ...続きを読む

Aベストアンサー

(1)、(2)、(3)と(9)までありますが、私の見解は(あなたが走っていた道はT字路突き当たりになり終了。次の道へは左右の人や車に注意して衝突しないように安全を確認して進入しなければならない。)となります。また左右からの車の速度も予測したうえで安全を確かめ右折進行します。(4)の一時停止して安全を確認し車を走行させた。とありますが右折完了後に車の後方に衝突したわけではなく車の前方に接触ですね?
私には5:5が理解できません。動体視力には個人差があると思いますが、どれくらいの速度で走ってくるか予測も重要です。接触するタイミングでの進入に思えますが?。相手方の優先、左方優先等不利な材料が多すぎる。私は5:5にできる要素なしとおもいます。T字路で縦棒側の右折、左折による事故を起こしたドライバ-は皆が口をそろえて(一旦停止したのに、相手が突っ込んできた)と言います。ぶつからないと判断して初めて右折、左折をT字路ではすべきです。

Q路肩と路側帯の違い

タイトルの通りです。
今度試験があるのですが、この違いが分かりません。教えて下さい。

また、センターラインの実線には白と黄色がありますが、この違いも分かりません。

Aベストアンサー

 路肩は、ペイントによって分けられていない場合の、道路端から0.50mの部分をいいます。道路としての機能を(破損などによって)損なわないために設けられるものです。自動車の通行は禁止されていますが、二輪車は特に制限がありません。
 路側帯は、ペイントで分けられている路肩といった感じですが、路肩と違うところは歩道の用を為すところです。ちなみに、点線と実線の二本で分けられている路側帯は駐停車禁止路側帯、実線二本の路側帯は歩行者用路側帯です。路側帯は、車両は進入禁止、横断の際は一時停止です。高速道路の場合はペイントがあっても路肩と呼んでいますが、路側帯でも差し支えないようです。
 ここでおせっかいにも付け足したいことがありまして、歩道と車道に明確な境界がある場合(例えばガードレールや縁石があるとか)は、路側帯に見える部分は「側道帯」といい、ペイントの事を「外側線」といいます。車両の通行は禁止されていません(自信なし…)。駐車の方法にやや違いが出ます。
・0.75m以上の幅のある路側帯の場合は、「道路端」から0.75m以上空けて駐車します(つまり路側帯に入っても良い。ただし、一時停止してから)。
・0.75m未満の路側帯、駐停車禁止路側帯、歩行者用路側帯の場合は、路側帯のペイントに沿って駐車します(つまり路側帯に入ってはダメ)。大体守られていませんけどね…
・側道帯である場合は「車道の端」に寄せます(側道帯には入ってもよい)。
・特にペイントがない場合は、「道路端」に寄せます。

 センターラインについては#1、2さんに同じですが、白と黄色の二本線の場合は、白線の側だけ追いハミ可だったと思います。ちなみに車両通行帯が黄線で分けられているときは車線変更禁止の意です。
 試験頑張ってくださいね。

 路肩は、ペイントによって分けられていない場合の、道路端から0.50mの部分をいいます。道路としての機能を(破損などによって)損なわないために設けられるものです。自動車の通行は禁止されていますが、二輪車は特に制限がありません。
 路側帯は、ペイントで分けられている路肩といった感じですが、路肩と違うところは歩道の用を為すところです。ちなみに、点線と実線の二本で分けられている路側帯は駐停車禁止路側帯、実線二本の路側帯は歩行者用路側帯です。路側帯は、車両は進入禁止、横断の際は一時停止...続きを読む

Q優先道路か否か。

T字路で交通事故を起こしました。
Tの足の部分から右折をする際、右方から直進の相手車と衝突。当方に一旦停止の標識があります。
相手にはセンターラインがある為、優先道路との事で、相手損保から当方90:10相手、の提示がありました。
確かに、センターラインはありますが、Tの交わる部分で、□で囲まれたT(交差点あり)の道路標示が記載されています。

(センターライン)――□――(センターライン)

□とセンターラインは接続しています。
優先道路とは、「センターラインまたは車両通行帯が交差点内にも貫通している場合。または、標識で優先道路と指定してある場合」であると認識していますが、このようなケースも「貫通している」といえるのでしょうか?「優先道路」や「この先優先道路」などという道路標識はありません。

お手数をおかけしますが、回答お待ちしております。

Aベストアンサー

優先道路の定義はご質問者の定義であっています。
問題なのは交差点内にセンターラインが貫通していると判断できるか?ですね。
そのセンターラインは白破線ですか?実線ですか?
白破線の場合は通常は5m間隔で破線になっていますが、交差点内はどうなってますか?
実線の場合は破線が途切れた部分が交差点の幅と比べてどうなってますか?
ここらへんが判断する材料になります。

つまり、T字路の|の部分の道路幅以上の間隔をあけてセンターラインが途切れている場合は優先道路ではないという判定になります。

Q路上の白の実線について。本当に混乱して困っています。

こんにちは。今まで何度か出てきた質問だと思いますが、本当のところどうなのか分からずに困り果てています。
調べに調べましたが分かりません。
本日警察に行ってまで聞いて見ましたが、交通課の人がいなく、とても納得いかない回答をもらいました。

質問は、「中央線ではない、車両通行帯を区分する白の実線」が何を意味するのか、と言うことです。

進路変更(=車線変更)をしてはいけない、という意味だとおもっていましたが、どうもそうでもなさそうです。でもそうなると、白の破線と何の差があるのでしょうか。
進路変更をしてはいけないのは、黄色の実線部分のみだと思いますが。。

また、交差点の手前30メートルだけ白の実線になっていますが何か意味があるのでしょうか。やっぱり白の実線は進路変更禁止でしょうか?でもそれならなんで黄色の実線にしないのでしょうか。また、「交差点の手前30メートルは進路変更禁止」という条項(条文)はどこにも見当たりません。。
警察の人が言っていたのですが、交差点の手前30メートルでも(黄色の実線じゃなければ)進路変更はできるみたいです。

カーブやトンネル内も白の実線になっているところが多いです。
これは一体なんででしょうか。
進路変更禁止でしたら、なぜ黄色の実線にしないのでしょうか。
進路変更できるのでしたら、なぜわざわざ白の実線にするのでしょうか。

こちらの過去の回答を読んでも、皆で言ってることが微妙に違うので分からないです。。
真実(^^;)を教えてください!

こんにちは。今まで何度か出てきた質問だと思いますが、本当のところどうなのか分からずに困り果てています。
調べに調べましたが分かりません。
本日警察に行ってまで聞いて見ましたが、交通課の人がいなく、とても納得いかない回答をもらいました。

質問は、「中央線ではない、車両通行帯を区分する白の実線」が何を意味するのか、と言うことです。

進路変更(=車線変更)をしてはいけない、という意味だとおもっていましたが、どうもそうでもなさそうです。でもそうなると、白の破線と何の差があるので...続きを読む

Aベストアンサー

下に示すサイトと、道路交通法の条文を熟読して頂けたら、ナゾが解けるのでは、と思います。

まず、「中央線ではない、車両通行帯を区分する白の実線」は、そのまま車両通行帯を区分してるだけ、ではないでしょうか。
交差点の手前30メートルだけ中央線が白の実線にされるのは、中央線の設置基準の中の「白の実線:道路の右側にはみ出してはならないことを特に示す必要がある場所」なのでしょう。ですから、この白線には「進路変更禁止」の意味合いは含まれていません。

また、「交差点の手前30メートルは進路変更禁止」は間違いです。道交法30条を読んでください。「交差点30m以内では、追越をするための車線変更は禁止」です。つまり、追越し目的でなければ、交差点30m以内でも進路変更は可という事になります。
ですから、警察官の「交差点の手前30メートルでも(黄色の実線じゃなければ)進路変更はできる」は正解です。

黄の実線については、「追越しのための隣り車線へのはみ出し禁止」または「進路変更禁止」の場所に引かれる、ことのようです。

なお、カーブやトンネルでも進路変更は出来ます。道交法30条に「追越しをするための進路変更は禁止」とあります。
この文だけを厳格に捉えると、カーブやトンネルの中央線は黄色にすべき、と考えられます。
しかし、それでも白色にするのは、「追越し目的でなくても、道路の右側にはみ出してはならない」事を示しているのでしょう。

ナゾは解けましたか?

参考URL:http://www.kictec.co.jp/go/line/line%20index.html

下に示すサイトと、道路交通法の条文を熟読して頂けたら、ナゾが解けるのでは、と思います。

まず、「中央線ではない、車両通行帯を区分する白の実線」は、そのまま車両通行帯を区分してるだけ、ではないでしょうか。
交差点の手前30メートルだけ中央線が白の実線にされるのは、中央線の設置基準の中の「白の実線:道路の右側にはみ出してはならないことを特に示す必要がある場所」なのでしょう。ですから、この白線には「進路変更禁止」の意味合いは含まれていません。

また、「交差点の手前30メート...続きを読む

Q道路の車線、実線・点線/白線・黄線の違い

お尋ねします。

道路の引かれている車線で、
●実線と点線
●白線と黄線
はどのような違いなのでしょうか?
追い越しやはみ出しの規制だと認識しておりますが、何度教本を開いても、実際の禁止事項が頭に入りません。わかりやすくご教授いただけませんでしょうか。

また、上記の各線が、中央線である場合と片側複車線時の中央線でない車線である場合とで、意味の違いがありましたら、合わせてご教授ください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

白の破線は道路の左側が6メートル未満の場合に引かれるようです。この場合は、はみ出し追い越し可です。
白の実線は道路の左側が6メートル以上の場合に引かれるようです。この場合は、はみ出し追い越し禁止です。
黄色の実線は、たぶん道路の左側が6メートル未満だから本当は白の破線なんだけどはみ出し追い越し禁止にしたいからってことで引かれてるんだと思います。

Q一時停止の必要な交差点とは?

もう交通法規の教本を持っていないので、教えてください。

信号のない交差点において、一時停止しなければならない交差点とはどのようなものでしょうか?

1.「止まれ」の標識がある場所
2.「とまれ」と道路に白い文字で書いてある場所
3.白い横線(停止線?)のみ引いてある場所
4.上記のものがなくても全ての交差点で一時停止しなければならない

法規上、一時停止が必要な信号のない交差点はどれでしょうか。

Aベストアンサー

#5です。

>すいません、よく理解できないのですが、

申し訳ありません。回答に1箇所訂正があります。
「法規上、一時停止が必要な信号のない交差点はどれでしょうか。」を
「法規上、一時停止が必要のない信号のない交差点はどれでしょうか。」と
勘違いをしました。
「一時停止」が必要な信号のない交差点は、1になります。

>「止まれ」の標識があるところのみ、「一時停止」する必要があり、その他は効力がないということでしょうか。

その通りです。

>停止線のみでは効力がないんですね。

「とまれ」「トマレ」「止マレ」などの路面に書かれた文字は、事故防止の観点から注意喚起のために書かれているものですが、標示についての法的な規定や規制力などはありません。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/ak-kogami/kasitu-itijiteisi.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング