来年以降も景気が、どんどん悪くなり続けたらどうなってしまうのでしょうか。

A 回答 (1件)

景気というのには波があって、好調の時もあれば不調の時もあります。


ただ、山高ければ谷深しで、世界的な金融バブルがパチンとはじけたので、谷が深くなってしまっています。

それでこの不況がいつまで続くかですが、今年のノーベル経済学賞を受賞したクルーグマン教授によると、「2010年半ばごろ景気回復を感じることができるだろう」という発言があります。

世界各国が何も対策をしなければ、おそらくそうなるでしょう。
後は各国の経済政策によって、どれだけこの期間を短縮できるかです。

ちなみに、麻生総理によると消費税増税は3年後とのことなので、その1年前の2010年に景気が上向きになれば、公約が実現できるでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【景気が悪い景気が悪いと言いながら】GW中の海外旅行者は好調のようです。 日本で景気が悪い人たちっ

【景気が悪い景気が悪いと言いながら】GW中の海外旅行者は好調のようです。

日本で景気が悪い人たちってどんなジャンルの人たちですか?

これは非正社員という名のバイト等の非正規労働者、派遣会社の正社員の派遣社員とかいう良く分からない下級国民の奴隷労働者は除いて、一般的な6割の上級国民での話です。

Aベストアンサー

年収300万円以下の貧困層です。

この階層の人は、GWも平日も関係なく働いています。
GWなんてただの貧困要因でしかないのです。
むしろ休んだ分だけ貧困になります。

Q現在の不景気にあっても、景気が悪くない(むしろ良い)業種とは?

バブルがはじけてから、長い不況に入っていますが、不況の中でも、数年前には「ITバブル」と言われた時期もあり、特定の業種や業界では、景気が良いという事がありますよね。

では、同じように、現在でも、全ての業種や業界で、不景気というわけではないと思うのです。特定の?(一部の?)業種や業界では、景気が悪くないか、もしくは却って良いくらいというところが、あるのではないでしょうか?

それはどの業種なのか、または、その業種の調べ方を教えて下さい。

Aベストアンサー

政府の補助金をもらって原器なのは、上場企業等の大手企業です。
上場企業の業務報告が、政府刊行物センター等で販売されていますので見てください。

サラリーマンなどの勤労者世帯以下を顧客としている業種は経営がおかしくなりつつあります。しかし、政府関係企業とか、資産家等を顧客としている企業は利益を確保しています。

葬儀屋もおかしくなりつつあります。近似よ出5店舗が営業を停止し他店舗に営業を集約、3軒が駐車場の除草ができない程度に経営が悪化しています。葬儀屋を相手に商売している問屋も一店ぽを閉鎖しました。
米の値段が下がったからしかたないでしょう。某公務員は退職直後だったために家族だけて葬儀をすませ元同僚や近所にはしらせませんでした。地方公務員も給料がかなり安いことがわかります。

Q日本経済、来年以降はどのように予測されていますか? 景気が良くなって給料が増えたりすることってあるで

日本経済、来年以降はどのように予測されていますか?
景気が良くなって給料が増えたりすることってあるでしょうか?

Aベストアンサー

経済は、お金を増やすことは、簡単な事ですよね。実を増やすことが大事な事なのです。物資が増えずお金だけ増えても、生きていけ無い現実に気づきましょう。韓国みたいになると国は、滅びます。

Q【景気】景気が良くなってきていると政府は言いますが、シャープもSONYもPanasonicも東芝もキ

【景気】景気が良くなってきていると政府は言いますが、シャープもSONYもPanasonicも東芝もキリンビールまで一流企業がことごとく死んでますけどどこの企業が景気が良くなっているんでしょう?

Aベストアンサー

自動車業界と株や投資関係ですね。

家電はダメですが、日立や東芝、三菱は重電がありますので、そちらは良いと思います。

ソニーは小型カメラのレベルや電子部品は良いと思います。

Q雇用、景気が悪いのはリーマンショック以降ですか?

ここ1~2年から雇用、景気(特に雇用)が悪くなってると思うのですがリーマンショック前はどうでしたか?雇用のほうは新卒は2006年あたりから2008年までは良かったと聞いています。給料も引き下げられてると聞きます。最近問題になる不景気、雇用問題、派遣切り等はリーマンショック後で最近のことなのでしょうか?無知な質問ですが回答お願いします。

Aベストアンサー

素晴らしい疑問であり関心であると思います。
今後も、ぜひともこうした疑問を持ち続けていて下さい。

ところで、数値的なものはある程度は操作する事が可能なんですよ。ですから、数字だけでは変化のキッカケや変化の本質に到達する事は不可能である事を先に確認しておきたいです。僕は、別の観点からお応えしてみたいと思います。

いつからというご質問に対して、僕は20年だと応えます。

その理由について、少し大きな観点から触れた後に、それが現在の不景気、雇用問題、派遣切りなどに繋がっている事をお伝え致します。そして、最後に代案と、日本の今後の展望について述べます。

宜しくお願い致します。

日本は、モノ作り・製造業が大ヒットしまして、世界からもMade in Japanとして非常に定評が高かったです。このまま行けば、日本の経済力は世界を覆い尽くしてしまうのではないか、という程に世界中に広まってマーケットを占有していきました。

ところが、世界を圧倒的な力を持ってリードしたいとするアメリカは、これをよくは思いません。アメリカの製造業は、実は日本のMade in Japanに到底太刀打ちする事が出来ませんでしたから、何とか対策が必要だったのですが、新しい産業を打ち立てるべきだったのに、それをせずに政治原理によって力技で日本を屈服させました。

プラザ合意です。

これ以降、日本は円高に向かう様になっていきます。大ざっぱな解釈では、これ以降は円高が進むほどに、世界にモノを売りにくくなったという様な理解で良いかと思います。

そして、その頃からアメリカは経済の中心をモノ作り・製造業から金融の方へと移動させる様にしました。そして、金融を通して日本経済が活性し過ぎない様に調整を図る事も出来ますし、労せずして莫大な利益を得る事に成功していきます。

日本には、グローバルリーダーシップを発揮できる人物がおりませんでしたから、これらが何を意味しているのかがよくは分かりませんでした。結果的に、日本から世界へとお金が流れていく仕組みが緻密に練り上げられていく事になります。

20年間も続く日本経済の長期沈滞は、そんな背景があったからです。

そして、不景気・雇用問題の深刻化へと追い討ちをかける状況が出来上がっていきます。

ニーズの移動でございます。

人間の欲求段階は、下位欲求から生理欲求・安定欲求・所属欲求・認定欲求と来ますが、モノ作り・製造業による商品は随分と満たしてくれる様になりました。ですから、今の日本は勿論、世界の文明先進国ではもはや下位欲求には関心がございません。

今の人間の欲求は、上位欲求である自己実現欲求・自己完成欲求・自己超越欲望へと完璧に移り変わっております。ですが、ここに対する商品・技術・産業としてモノ作り・製造業は応える事が出来るのでしょうか?

車によって自己実現が果たされますか?
お家によって自己完成が為されますか?
冷蔵庫によって自己超越を成し遂げられますか?

無理です。

自己実現・自己完成・自己超越は、精神的なもの、心の問題でございまして、モノ作り・製造業は土台からして無理です。土台とは、モノ作り・製造業の技術となる科学技術です。

科学技術は、モノを変化・運動・移動させる技術ですよね。

上位欲求は、精神・心・人間そのものを変化させねば満たせませんが、モノを変化・運動・移動する科学技術からは何をどう頑張ってみても人間を変化させる事は無理です。

実際、4兆度の温度を産み出す技術や原子爆弾以上の破壊力を持つ圧倒的火力を持ってしても、鬱・自殺・摩擦・衝突などの問題を解消できず、幸せ・成功・感動・平和の道筋も提供せず、またそれを扱う人間が尊敬されたり感謝される事がございません。

科学技術では、上位欲求を満たす商品開発は無理です。

日本経済の中心は、モノ作り・製造業です。これをいち早くやめねばなりません。ニーズが完璧に移動しているからです。モノ作り・製造業は、中国・インドなどアジアや発展途上国に任せて、日本は次の段階へと移動しなければ呼吸が出来ない状態です。

不景気・雇用問題・派遣切りの理由・原因がお分かりでしょうか?

・ニーズがない。
・アメリカの世界戦略によりお金が外に逃げる。

他にも、

・モノを変化・運動・移動させるなら人間よりロボットの方が正確に仕事してくれる。
・どんなに頑張っても地球環境破壊。
・Made in Japanはもう世界トップやった。

など、キラ星の如くモノ作り・製造業では日本経済が落ち込みます。

代案を提示します。

モノの観方(観点)を変化・運動・移動する認識技術(観術)によって、自己実現・自己完成・自己超越を満たす認識産業を日本の中心軸に据える事でございます。

字数制限が^^;

素晴らしい疑問であり関心であると思います。
今後も、ぜひともこうした疑問を持ち続けていて下さい。

ところで、数値的なものはある程度は操作する事が可能なんですよ。ですから、数字だけでは変化のキッカケや変化の本質に到達する事は不可能である事を先に確認しておきたいです。僕は、別の観点からお応えしてみたいと思います。

いつからというご質問に対して、僕は20年だと応えます。

その理由について、少し大きな観点から触れた後に、それが現在の不景気、雇用問題、派遣切りなどに繋がっている事をお...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報