私の家には外国切手がたくさんあるのですが、(
知り合いの人から数百枚貰ったらしいです)私が素人目に見ても偽物に思えます。
というのもスタンプが明らかに印刷されているものがあるからです。
もちろん本物っぽいものもありますが、ほとんどが安っぽい印刷に見えます。
そこで質問なのですが、

1、これらの偽物外国切手はそこら辺で売られているものなのか
2、法律的には問題がないのか

という点です。
やたら大量にあるので興味の無い私は処分してしまいたいのですが、
偽物では売れませんよね…
日本の切手だったら偽装は無理そうですが、
外国切手ですから収集家向けにコピーしたものや飾りとして作ったという可能性もあると思っているのですが。

同じような質問もあったようですが、私のはスタンプが明らかに偽物にしか見えない物があるので…
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

「外国切手収集が趣味の方に質問です。」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 おはようございます。


 この質問とほぼ同じ件が割合最近出ていて、きちんとした回答がされています。
http://okwave.jp/qa4485217.html
日本でも販売されるようになっていました(私は切手収集から離れて30年は経っています。今ではたまにカタログを見る程度です)。
http://www.stamaga.net/stamaga/stamp_946.html

 まとめると、
偽物ではありません。
収集用に安価に買えるようにするため、あらかじめ消印を押して販売するものです。
かなり以前から消印部分は最初から印刷で実施されるようになっています。
過去の質問にもありますがいずれも市価はそれほど高くありません。
切手商に行くと、パケットというまとめ売りのセットがあり、その中にはこのようなものが確実にあるはずです。 
このようになります。

 今ではほとんど無くなったようですが、1960~80年代頃にかけて、中東、アフリカ、太平洋諸島といった地域の国々は日本の印刷会社に切手を外注することが相当にありました。これは印刷技術の高さを評価されてのものだったようです。その後は技術の移転や、為替レートの変動などの経済的な条件の変化から日本への発注は減ったようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そういうものだったのですね。外貨を稼ぐためという意味で作ったということですか…
どおりで旧東欧諸国の国の切手が多かったわけです。ポーランド、キューバ等…
整理してみましたら、だいぶ痛んでるものが多かったのですが1920年代~1970年代にかけてのものでした。
第2次世界大戦の中運ばれた手紙を想像するとなんともロマンがありますね。
一番古いものは1895年でした。114年も前の切手とは…これには驚きました。
見てるだけでも楽しいのでしばらく手元に置いておこうと思います。
ご回答本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/12/31 01:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q切手の種類

切手の種類は何円があるのですか?
例:50円切手、80円切手
おねがいします。

Aベストアンサー

現在発行されている普通切手は27種類あります。
そのうち、50円・80円は3種、90円は2種ありますから、それをひとつと数えると22種類です。

あと、年賀状用の53円切手(50円+寄付が3円ついている)など、特殊な切手もときどき発行されますよ。

参考URL:http://www.kanto.japanpost.jp/fresh/kitte/kitte.htm

Q珍しい切手? 収集家の方に質問!

 手元にある切手で、「もしかしたら珍しい切手なのかも……」と思う切手を大量に発見しました。具体的には犬が描かれた黒っぽい2円切手と、背景が茶色の赤い斑模様の巻貝が描かれた4円切手なのですが……。どう珍しいかというと、他の切手は何円でもどんな切手でも必ず「NIPPON」という表記がどこかにあるのですが、この2円と4円の切手にはそれがありません。「NIPPON」と入ったバージョンもあるため、「NIPPON」表記がない切手はもしかしたら珍しいのかな……?と思いました。
 価値あるものなのか(笑)知りたいです。自分でその価値が鑑定できるWebサイトなどもありましたら是非教えてください!

Aベストアンサー

NIPPONの字がない切手は日本がIPU(万国郵便連合)に加盟する前の切手ですね。この時期に前後して同じデザインの切手でもNIPPONの文字が入っているものとないものがあります。

4円切手は2円切手よりもちょっとだけ価値がありますが、切手商に持ち込んでも、買取価格は缶ジュース一本買えない値段だと思います。
犬の二円は発行枚数が非常に多く、値段も二束三文です。現在で言う50円切手などと同じ扱いです。

ちなみに「日本切手カタログ」という本で大体の末端取引評価額を知ることが出来ます。

Qコンビニで買える切手の種類

今度いろいろと切手が必要になってしまいました。
近くに郵便局もないのでコンビニで買おうと思うのですが
コンビニで通常売ってる切手は何円切手なのでしょうか?本来は様々な種類があると思いますが、まさか全種類あるわけないですよね?なるべく余分に払わずに複数の所に出したいのでうまく組み合わせをしたいのですが・・

Aベストアンサー

どの種類の切手を取り扱っているかはそのコンビニによって違うと思います。
うちの近所では、120円、80円、50円、10円を取り扱ってるコンビニが多いです。

Q切手収集の海外の現状

日本では切手収集はすっかり廃れてしまって、今や往時の記念切手がチケットショップやヤフオクで投売りされていますよね。
ところで、海外でも切手収集はやはり廃れているのでしょうか?
最近eBayに初めてアクセスしてみたのですが、カテゴリのトップに切手のカテゴリがあったので、海外では切手収集はいまだ盛んなのか?と驚きました。

Aベストアンサー

日本で切手収集が廃れてしまったのには、特殊な事情があります。
そもそも、切手収集、いわゆるPhilately(郵趣)は、海外では「King of Hobby(趣味の王者)」と言われるくらいで、世界一の切手コレクションはイギリス王室が作ってますし、ルーズベルト大統領、フェラーリ卿など著名な収集家も多いのです。
一方、我が国では戦後、高度経済成長期に初めて切手ブームが起こりました。
しかし、このときのブームは、記念切手を買っておけば将来値が上がって儲かるだろうという、不純な動機のものが多かったのです。
これは、「政府の永久保証があるから絶対元本割れしない」という一部悪徳業者が、よく詐欺に使われる口実で煽ったこともあります。
これに踊らされた人たちは、みんなシート買いに走り、趣味とは名ばかりで、株投資をするように集めました。
しかし、これはあっという間にバブルがはじけて価格崩壊し、その当時ため込まれたシートが、今、金券屋などに投げ売りされてるわけです。
常識的に考えて、「政府保証」はその額面でいつでも郵便に利用できるというだけで、郵便局で換金できるわけじゃないし、郵便料金も値上がりします。
早い話が、50年前に10円で買った記念切手が今50円に値上がりしたところで、いまの封書料金は80円ですから、当初の価値はないわけです。
まして、そんなケースさえ少なく、戦後の記念切手の大半は額面割れしてるわけですし…
それやこれやで、日本の収集家の大半は、だまされたという気分になり、一気にイメージダウンしてしまったのです。
ちなみに、競馬なども似たようなことが言えますね。
英国では貴族の趣味として風格がありますが、我が国の場合は単なるギャンブルで、いいイメージはありません。

一方、健全な趣味としての郵趣は、当時金儲けに走らなかった人たちを中心に続いてきましたが、最近はそれも怪しくなってきました。
これは日本郵政の切手発行のポリシーが変わってきたからです。
かつての記念切手は、収集家向けに年に数回程度しか出ませんでしたが、今の記念切手の一年間に発行する種類(発行枚数じゃなく種類数)は世界でもトップクラスです。
これではシート買いどころか、一枚ずつ集めても金額的に大変です。
今の日本の記念切手は集めるためではなく、使うためにあるといっても過言じゃありません。
図案も渋い浮世絵や国立公園の風景じゃなくて、キティちゃんやアニメキャラなど、使ったほうが楽しめるものが主流です。
これでは、伝統的な郵趣を楽しもうとする人たちが離れていくのは当然です。

欧米でも同じような傾向がありますが、趣味としてのの歴史の長さが違いますし、日本ほど発行種類数が多い国はそんなにありません。
それと、本当の意味での資産価値がある切手も多くあり(主に戦前のものですが)、美術愛好家と同じカテゴリーで楽しんでいるセレブの方々もいます。
なので、国際的にはまだまだメジャーな趣味の一つといえるでしょう。

日本で切手収集が廃れてしまったのには、特殊な事情があります。
そもそも、切手収集、いわゆるPhilately(郵趣)は、海外では「King of Hobby(趣味の王者)」と言われるくらいで、世界一の切手コレクションはイギリス王室が作ってますし、ルーズベルト大統領、フェラーリ卿など著名な収集家も多いのです。
一方、我が国では戦後、高度経済成長期に初めて切手ブームが起こりました。
しかし、このときのブームは、記念切手を買っておけば将来値が上がって儲かるだろうという、不純な動機のものが多かったのです。
...続きを読む

Q郵便切手 種類がたくさんありすぎて郵便局では困らないの?

郵便切手には膨大な種類がありますが、郵便局では、封筒に貼ってる切手が本物か偽物かわかる方法があるのでしょうか。

Aベストアンサー

わかりません。
以前偽切手が出たことがありますが、堂々と郵便でつかえました。
ただ、郵便切手を偽造してもコスト的にひきあわないのでそんなことをする人間はあまりいないだろうというだけのことです。

Q切手収集に関する基本的な質問

親戚から古い切手帳をいただきました。これを機に
切手収集を始めようとしているのですが、基本的なことがわかりませんので、ご教授いただければ幸いです。
1.初日カバーと呼ばれる消印のある切手(専用の台紙に張っているもの)は額面より価値があがるものですか?
2.「せますかし」「横すかし」とは何でしょうか?
3.切手カタログの評価は実際よりも高すぎませんか?実際の取引額は、その4分の1程度のように思います。昔は一致していたのでしょうか。
3.消印のあるものとないもので価値が大きく変わるものものと、変わらないものがありますが、その違いは何に由来しますか?
 たとえば第二次新昭和の、
 清水寺     1700円→40円
 数字(3円80銭)1500円→1300円
4.ヤフオクの記載にみられる、「NH」は何のことでしょうか?未使用という意味でしょうか。

Aベストアンサー

 今晩は。もう収集から遠ざかって長い時間が経ちますが、ここには切手趣味の人はほとんどいないと感じています。ということで少々。

1.初日カバーは私も作りましたね。でも今ではその当時のものはほとんどが二束三文です。例え木版刷りの高級封筒を使っていても変わりがありません。価値が上がると考えない方が良いです。
 ただし例外もあります。長期に亘って販売、使用される普通切手の場合です。初期印刷の実例を証明するものとして相応の価値を持つことが多くあります。
2.これは透かし(お札の透かしと同じようなものです)の種類です。日本切手ではかつて3種類プラスαの透かしが使用されて来ました。
http://yushu.or.jp/museum/mame/2029.htm
そのプラスαというのが、確か昭和すかしに間隔が狭いものが存在しているものです。これを「狭透かし」と呼んでいます。見た目は全く同じ切手でも、透かしが違うために評価が全く違うものがあります。

3.あれに近かったとか、ものによっては超えていた時期もあったと思います。ですが、全般に組合発行のカタログは高過ぎです。日本郵趣協会版のカタログ値を基準に考えるのが良いでしょう。カタログ値には切手商の取り扱い手数料も上乗せされていると思ってください。
4.使用済みが非常に多いものは当然安い。未使用、使用済み共に多く残っていると、どちらにしても安い評価にしかならない。逆に、使用期間が限られて正規の使用例が極端に少ない場合などには、使用済みの方がはるかに高くなる。こんな具合です。
 図書館によっては『日本切手専門カタログ』(発行は郵趣協会)を所蔵しているところもあります。借りられるようならこれを見てみることを勧めます。

5.これは以前ここでも同じ質問が出て、その時とんでもない答が付いて締め切られてしまうという事件がありました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3008459.html
この回答はいずれもまるででたらめです。切手用語でヒンジといったら、切手をアルバムに貼り付けるための道具以外にありません。
http://yushu.or.jp/museum/mame/2031.htm
 戦前はもちろん、戦後も昭和30年代辺りまではアルバムの整理にはヒンジを使うのが当然でした。ですから上記の質問の本当の意味は
「ヒンジを貼った跡はありませんか?」という質問をオークションでされた、ということになります。私が気が付いた時には既に質問は締め切られていました。
 それでこちらの質問ですが、NHというのはノー・ヒンジ=ヒンジ貼り付け跡無しの意味です。完全美品の条件の一つと言えるでしょう。ただし戦前はヒンジを使ってアルバム整理をするのが普通だったため、軽いヒンジ跡程度なら美品扱いになる場合も多くあります。

 今晩は。もう収集から遠ざかって長い時間が経ちますが、ここには切手趣味の人はほとんどいないと感じています。ということで少々。

1.初日カバーは私も作りましたね。でも今ではその当時のものはほとんどが二束三文です。例え木版刷りの高級封筒を使っていても変わりがありません。価値が上がると考えない方が良いです。
 ただし例外もあります。長期に亘って販売、使用される普通切手の場合です。初期印刷の実例を証明するものとして相応の価値を持つことが多くあります。
2.これは透かし(お札の透...続きを読む

Q切手の種類

切手の種類(値段的な)はどの位あるのでしょうか?私は50,80,100円切手ぐらいしか知らないのですが、一般的に日本全国で売られている種類を教えてもらいたいです。

Aベストアンサー

結構、種類が多いです。
http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/standard/index.html

Q切手の収集

切手を収集されている方に質問です。
新しく発売される記念切手等の購入方法についてですが、
最近、同上を買いそびれてしまうことがしばしばあります。
さいわい、勤めている会社の直ぐ近くに郵便局はあるのですが・・・
平日は会社勤めをしている関係で、お昼休みしか郵便局に行ける訳もなく、最近では発売当日のお昼休みに行っても完売のものもあり、週末に大きな郵便局に行っても手に入りません。皆様は、どのような方法で手に入れていますか?

Aベストアンサー

むしろ、小さな郵便局(特定郵便局など)に行って、局員と相談されると良いかと思います。
記念切手の人気が落ちていて、売れるものばかりではありません。毎回販売ノルマがあり、売りさばくのに苦労しています。
発売日にとっておいてもらうよう頼んでみてはいかがでしょうか?
案外、喜ばれるかもしれません。

Q画像の切手 種類 名称教えていただけないでしょうか

画像の切手 種類 名称教えていただけないでしょうか?
手がかりは画像のみです。

Aベストアンサー

>画像の切手 種類 名称教えていただけないでしょうか?

1966年6月20日発行
延暦寺根本中堂の図案の60円切手です。
現在、未使用で1枚60円~130円位の価値です。

http://marumate.shop-pro.jp/?pid=341203
http://kitte.com/catalogue/jpn19660620_01/

Q切手収集

最近国別のパケット切手を集めてますが、保管・整理はどうすればいんでしょうか?テージーのスタンプアルバムは値段が高いし・・・

Aベストアンサー

こちらで
http://store.yahoo.co.jp/arigata-bungu/nu-c014.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報