人気雑誌が読み放題♪

ダイワスカーレット、本当に強かったですね。

2着に最低人気馬が来たので、枠連(8-8)、馬連(13-14)、共に万馬券となりましたが、8枠が2頭枠なので、
実質同じ組み合わせなのに、枠連配当が18,640円に対し、馬連配当が29,490円と1万円以上の差が生じました。
(枠連とった人は、馬連にしておけばと悔いが残ったのではないでしょうか)

2頭枠の枠連ゾロ目と馬連、実質同じ組み合わせで配当に若干の差が出るのは、馬券の売れ具合で良くあること
ですが、ここまで差が出るのは極めてめずらしいと思うのですが、いかがでしょうか。
また今回は、何故このような差(的中馬連が的中枠連より売れなかった)が生じたと思いますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

推測ですが、


(1)アドマイヤモナークが軽視され、馬連と枠連のオッズ比較される対象レベルとしている人が少な過ぎ、有馬記念はビギナーな人達(『第53回有馬記念』で3枠-5枠や(3)-(5)を購入等)も参加するレースでゾロ目狙いで購入する人の購入金額に追いつかなかった。
(2)3連単馬券の登場で、アドマイヤモナークが馬券対象となると考えてい人も3着までと予想した人が多く、馬連対象から外れていた。
と考えます。

余談ですが、ヒルズ族の藤○晋社長が「不倫騒動で謹慎を続けていたタレントの山本モナさんの復帰」から2点で約1500万円を射止めたようにダイワスカーレットを軸に購入しないと難しいレースだったような気がしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「有馬記念はビギナーな人達も参加する・・・」というのは、確かにそうですね。
いつも馬券を買わない人達が、語呂合わせ等で購入するケースもあって、普通のレースより馬券の売れ方のバランスが違うというのは、本当にありそうです。

お礼日時:2008/12/30 14:26

2番です。


リンク先が繋がりませんね。
JRAのホームから競走成績、5回中山8日目、10Rオッズと進んでいってください。
    • good
    • 0

>2頭枠の枠連ゾロ目と馬連、実質同じ組み合わせで


>配当に若干の差が出るのは、馬券の売れ具合で良くあることですが、
>ここまで差が出るのは極めてめずらしいと思うのですが、
>いかがでしょうか。

http://www.jra.go.jp/JRADB/accessO.html

有馬記念の最終オッズです。

実質同じ組み合わせの馬券の最終オッズ

枠連        馬連
1-2  205.1   1-2  454.6
3-3  664.1   3-4  1036.7
4-4  237.0    5-6 253.2
5-5   35.2    7-8 34.1
6-6   25.0   9-10 24.6
7-7  177.8   11-12 215.8
8-8  186.4   13-14 294.9

今年2008年の有馬記念という一つのレースのデータなので
はっきりとした答えは言えませんが、
馬連と枠連の最終オッズがここまで差が出るのは
「珍しい」が「極めてめずらしい」とは言えないかなというのが
私の答えです。

>何故このような差(的中馬連が的中枠連より売れなかった)が
>生じたと思いますか。

高配当の枠連を買う人間はオッズを気にしていないのかなと思います。
実際、今回の有馬記念の最終オッズでは5-5、6-6の組み合わせは
馬連よりもオッズが高い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

他の枠の組み合わせは確認していませんでしたが、確かに他の枠も差が激しいですね。

まともにオッズを比較して購入していたら、3,7,8枠のゾロ目は買わずに馬連を購入すると思うので、今回のレースはNo.1の方も述べられているように、オッズ度外視の買い方をする人が多かったようです。

お礼日時:2008/12/30 14:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株主優待、高配当狙いで

3月の権利落ち日は3/28です。
株主優待、高配当狙いで高配当、高株主優待銘柄は28日までに買いが増えて値上がりしていくものなのでしょうか?
逆に29日になると売りが増えて下落していくものなのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

その傾向はありますね。
G20も無難に終わったこともあり、
高配当株に限らず、日経平均など
全体的に上げ相場となるでしょう。

円高気味なのが多少気になりますが、
1週間は上げ、3/29からは多少下げ
の傾向はあるでしょうね。

私的には配当落ちで買い増しが、
私の定石になってます。

Q有馬記念で、3連複のボックス買い2000円しました。 当たったんですが、配当がよくわかりません? 友

有馬記念で、3連複のボックス買い2000円しました。
当たったんですが、配当がよくわかりません?
友人は1000円にしかならないと言うんですが、当たったのに買った金額より下がる事があるんですか?

Aベストアンサー

100円ずつ買ったなら配当は1050円ですね。
当たったのは(当然)1個だけで、19個も外してるんですから
お金が減ることだってありますよ。

当たり前ですが博打なんて胴元が儲かるように出来てますので
これに懲りたら競馬なんて二度とやらない方がいいと思います。

Q有馬記念 枠連、馬連の配当の差

ダイワスカーレット、本当に強かったですね。

2着に最低人気馬が来たので、枠連(8-8)、馬連(13-14)、共に万馬券となりましたが、8枠が2頭枠なので、
実質同じ組み合わせなのに、枠連配当が18,640円に対し、馬連配当が29,490円と1万円以上の差が生じました。
(枠連とった人は、馬連にしておけばと悔いが残ったのではないでしょうか)

2頭枠の枠連ゾロ目と馬連、実質同じ組み合わせで配当に若干の差が出るのは、馬券の売れ具合で良くあること
ですが、ここまで差が出るのは極めてめずらしいと思うのですが、いかがでしょうか。
また今回は、何故このような差(的中馬連が的中枠連より売れなかった)が生じたと思いますか。

Aベストアンサー

推測ですが、
(1)アドマイヤモナークが軽視され、馬連と枠連のオッズ比較される対象レベルとしている人が少な過ぎ、有馬記念はビギナーな人達(『第53回有馬記念』で3枠-5枠や(3)-(5)を購入等)も参加するレースでゾロ目狙いで購入する人の購入金額に追いつかなかった。
(2)3連単馬券の登場で、アドマイヤモナークが馬券対象となると考えてい人も3着までと予想した人が多く、馬連対象から外れていた。
と考えます。

余談ですが、ヒルズ族の藤○晋社長が「不倫騒動で謹慎を続けていたタレントの山本モナさんの復帰」から2点で約1500万円を射止めたようにダイワスカーレットを軸に購入しないと難しいレースだったような気がしています。

Q馬連(枠連)一番人気で決まる割合

JRAの競馬において、馬連(もしくは枠連)の
1番人気の組み合わせで決まるのは、
全レースのうちどれくらいの割合なのでしょうか。
・全レース
・新馬戦
・条件戦
・重賞(G2,G3)
・G1
・ハンデ戦
どれがどれくらいの割合なのでしょう。

つまり、競馬ファンたちの「馬の実力を見る目」と、
「実際の競馬成績結果」が最も近いのは、どのレースなのでしょう?

ちょっとめんどくさいですけど、
競馬結果のデータソフトなど持ってる方なら、
わかると思うのですが、どうか教えてください。
よろしくお願いいたします。

(特に、G1G2G3、ハンデ戦の割合が知りたいです)

Aベストアンサー

何がどうこうというのは、わからないですが
ちなみに、一番人気、二番人気で決まる割合は全てのレースの3割だそうです。

Q高配当の銘柄探し

高配当の銘柄を探しています。しかし、探し方がわかりません。高配当の銘柄を探すことの出来るサイトなどがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

このHPで配当利回りの最小値に1 最大値に100(適当でよい)
をいれて並び替えを降順にすれば出てきます。

http://www.kabumap.com/scrnEasyQ.html

Q有馬記念って最強馬が出るんじゃないの?

競馬ドシロウトからの質問です。生涯5回くらいしか馬券を買ったことがないです。

有馬記念買おうと思ってるんですが、
有馬記念ってどういう基準で出場する馬が決定するのですか?

コスモバルクなんて去年の有馬記念も後着だったし、ジャパンカップも17位くらいだったですよね?なのになんでまた今年も有馬記念に出場するんですか?僕からすればダメ馬にしか見えないんですけど。アドマイヤモナークも絶対に弱い馬じゃないですか?

また、なんでウオッカは今回出場しないんですか?強くて有名な馬ですよね?

Aベストアンサー

基本的には、ファン投票による人気上位10頭が優先出走権を得る。
残りの枠は、1年間の獲得賞金額順。
今年の投票結果の上位15頭は以下のとおり。

1 ウオッカ
2 ダイワスカーレット
3 メイショウサムソン
4 マツリダゴッホ
5 ディープスカイ
6 オウケンブルースリ
7 カワカミプリンセス
8 アサクサキングス
9 カンパニー
10 ポップロック
----------------
11 ドリームジャーニー
12 エイシンデピュティ
13 ドリームパスポート
14 ユキチャン
15 スーパーホーネット

本来は、上位10頭までが優先出走権を得ている。
しかし、全てが出走するわけではなく、故障などで辞退するケースがある。
今年の場合、1位のウォッカ、5位ディープスカイ、6位のオウケンブルースリ
9位のカンパニー、10のポップロックは出走を辞退した。
 ※ウォッカは前走までのローテーションがきつかったので休ませるとのこと。

よって、11位~15位までの馬に優先出走権が与えられることになるが
この中で、14位のユキチャンは、名前のとおり真っ白な馬で人気だが
中央での重賞勝ちは無しと、それほど強い馬ではない。
しかし、人気上位であれば、出走権を得る事ができる。
ちなみに、ユキチャンも有馬記念には出走しない。

名前が挙がっているアドマイヤモナークは人気投票でも、上位には入っていない。
しかし、今年の初めに、日系新春杯、タイアモンドステークスと重賞を勝っていて
賞金を稼いでいたので、人気投票外の賞金順枠で出走している。
重賞勝ちの実績があるので、弱い馬ではない。ウォッカと比べたら弱いけど。

基本的には、ファン投票による人気上位10頭が優先出走権を得る。
残りの枠は、1年間の獲得賞金額順。
今年の投票結果の上位15頭は以下のとおり。

1 ウオッカ
2 ダイワスカーレット
3 メイショウサムソン
4 マツリダゴッホ
5 ディープスカイ
6 オウケンブルースリ
7 カワカミプリンセス
8 アサクサキングス
9 カンパニー
10 ポップロック
----------------
11 ドリームジャーニー
12 エイシンデピュティ
13 ドリームパスポート
14 ユキチャン
15 ス...続きを読む

Q競馬の枠連について

競馬で枠連と馬連の違いが分かりません。特に枠連の意味が分かりません。分かる人がいたら教えて下さい

Aベストアンサー

馬連とは、馬1頭1頭に番号を付け、1着2着の組み合わせの番号を当てる馬券です。

枠連は、全部の馬を8つの枠番と言う組に分け、1着2着馬のいる枠番の組み合わせを当てる馬券です。

例えば18頭がレースに出る場合、1枠に2頭、2枠に2頭、3枠に2頭、4枠に2頭、5枠に2頭、6枠に2頭、7枠に3頭、8枠に3頭が割り当てられます。この8つの枠から1着になる馬がいる枠と2着になる馬がいる枠を当てる事になります。したがって、馬連より枠連の方が当たる確率が高いです。その分配当は通常低くなります。

Q有馬記念の逃げ馬を潰す方法ってあるんでしょうか?

いつも逃げ馬から狙うのですが、某タップダンスという馬は今回もにげるようですけど、何度も同じ手をあのペリエ騎手が食うとはどうしてもおもえません。
でも差しや追い込みと違い逃げって展開や前が壁にしてジャマする方法などがつかえませんよね。
こういう場合騎手は逃げる馬をどうやって潰して馬群に沈めるのでしょうか?
何か潰す方法ってあるのでしょうか?
よく「鈴を付けに行く」という作戦の意味がわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

僕も結構逃げ馬が好きです。とりあえず4コーナーまでは楽しめますからね。「鈴をつけにいく」というのは、確かではありませんが、まず「逃げ馬」は気分よく逃げることが勝ち負けの分かれ目になります。特に人気馬が逃げ馬の場合は、何もしないのでは、簡単に逃げ切られてしまいますので、こういったときに、逃げ馬の後ろをぴったりマークしてついていってプレッシャーを与える作戦のことだと思います。今回はタップダンスが人気の逃げ馬ですので、「鈴をつけに行く」馬がいないと逃げ切られると思います。とはいってもこれはある程度先行力のある馬ができる方法で、今回のメンバーでこれができるのは、ザッツザプレンティだと思います。でもひょっとしたらペリエ騎手もこの方法を取るかも知れませんよ。シンボリはそれができる馬ですしね。長くてすみません。

Qズバリ!大和グローバル債権ファンドの高配当はいつまで続くと思われますか?

大和グローバル債権ファンドの毎月分配型に投資しております。買い増そうかと考えていますが、この80円高配当は、団塊の世代の退職金狙いの広告塔で、その後、釣った魚には餌はやらない的なことにならないか心配もしています。ズバリ!この高配当はいつまで続くと思われますか?個人的見解でも結構です。グロソブの40円配当とどうしても比較して考えてしまいます・・・。

Aベストアンサー

基本的には為替レートが大きく下落しない限り続くと見ています。
要は、今の高分配の源泉は欧州通貨に対する円安の効果が大きいと考えられます。
月80円分配は基準価額に対する年間比率は8.93%です。
金利自体は、オセアニアを除けば大雑把に5%以下ですが、欧州は円安が続いているので、それで出来るのだと思います。
グロソブについては現時点では少し純資産が減少しましたが、これは他の資産に投資する毎月分配型投信の影響があります。

>この80円高配当は、団塊の世代の退職金狙いの広告塔で、
>その後、釣った魚には餌はやらない的なことにならないか心配もしています。
その通りなのですが、まず信託報酬が1.3125%と債券ファンドとしては非常に高いコストです。
同じ大和證券から出ている債券ファンドで「ダイワ投信倶楽部外国債券インデックス」は信託報酬0.6825%です。
こちらはほとんど分配をしないので基準価額が19609円と高いのです(参照URL)。
つまり、大和グローバル債券ファンドはコストだけでも倍ぐらい儲かるのです。

ここからが本題に入りますが、このファンドが不利な理由を挙げると・・
1:為替相場は効率的なマーケットである。
2:1の結果としてコスト(信託報酬)の高いアクティブ債券ファンドがコストの安い債券インデックスに負ける可能性が高い。
3:同じ1の結果として日本と外国の金利差は為替で調整される。

要は、為替相場ってプロ同士が戦っている市場であり金利差なんて誰でも知っているので、例えば高金利通貨である米ドルに投資する場合と金利の低い日本に投資する場合で、将来の為替を織り込んで現在の相場が形成されるので、どちらが有利とは言えない為替水準になっている訳です。
つまり、大雑把に言えば高金利通貨に投資した結果として円よりも利回りが高くなる確率は50:50なんです。
だから、高金利だから有利とは言えないのです。
長期的には高金利通貨の方が下落するので、結果的には円金利とリターンは等しくなるだろうと考えて差し支えないのです。
実際に、米ドルって昔は1$=360円でしたよね(今は1$=118円とドルの価値が大幅に下落しました)。

って事は、長期的には高金利通貨の為替が下落して基準価額を下げる働きをするので、実質的には『元本を削って分配するのと同じになります』。
更に、債券インデックスに比べて信託報酬が高い事や、分配の度に税金が引かれる点も不利なのです。

但し、日本がインフレになって日本が外国以上に高金利になれば逆にこのファンドの基準価額が上昇する訳です。
その他にも、北朝鮮が東京23区を総攻撃してくれば円安になるので、これでもこのファンド基準価額が大幅に上昇します。
ですから、一概に基準価額が下落するとは言えませんが・・・

参考URL:http://biz.yahoo.co.jp/funds/p/04314004.html

基本的には為替レートが大きく下落しない限り続くと見ています。
要は、今の高分配の源泉は欧州通貨に対する円安の効果が大きいと考えられます。
月80円分配は基準価額に対する年間比率は8.93%です。
金利自体は、オセアニアを除けば大雑把に5%以下ですが、欧州は円安が続いているので、それで出来るのだと思います。
グロソブについては現時点では少し純資産が減少しましたが、これは他の資産に投資する毎月分配型投信の影響があります。

>この80円高配当は、団塊の世代の退職金狙いの広告塔...続きを読む

Qもう外国馬用無し超豪華JC、今問われる有馬記念の位

こんにちは。
ともかく今年のJCは凄いメンツが揃いそうです。(日本馬に限ってですが)
世界ランク1位、勝てば3連覇、春天連覇馬、に加え直前秋天圧勝馬、エピとデニム。
に更に加え3歳タイトルホースが3騎。
恐らく外国馬は掲示板に上がるのも難しいでしょう。国際GIだから外国馬無しでは
本末転倒ですが、ともかく今年の全日本選手権のような意味合いのレースとなりました。

ちょっと近年の外国馬参加状況が気になる所ですがもっと気になるのが有馬記念です。
約1か月後、恐らくメンバーは同様、コースは違う。
これまでこのレースの特徴は、(ファン投票により出走馬を選定するのも楽しいですが)、
古馬と3歳の一線級が初めてぶつかるGIと言う事、今年も終わり・節目・引退レース
(感動のラストラン)、一方で秋連戦の最後、見えない疲労、荒れるGIと言う事。

一番の魅力だった古馬と3歳の対決がJCに移行して行くような気がする。
現在の番組編成の通りであればこの傾向は定着するものと想われ秋クラシック馬の参戦など。
元々レースの格としてはJCが上、賞金も上、且つ国際評価の対象ともなる。
一流馬にどっちに出る?と聞けば普通でJCと言う答えが返ってくるはずです。

無理してこの2レースとも使う意味はあるのか?
(古馬3歳メンバー同じ、外国馬参戦しても弱い、だから違いはコースだけ)
私の懸念はJC後に休養に入る一流馬が増えるのではないかと、一流馬ほど敬遠する、
ファン投票上位馬はほとんど出ない、と言う有馬記念になるのでは?と言う事です。
そうすると年の瀬にあともう一稼ぎみたいに出て来る、連れて弱い馬も出て来れる。
競馬の紅白歌合戦、もちろん馬主さんの自由ですが。

多かれ少なかれレベルダウンは免れそうにもありませんが、
有馬記念の新しい位置付け、新しい魅力、見方はありますか?
私は有馬記念のレース後のあの何とも言えない競馬ファンにしか解らない終わった感、
もの悲しげな、寂しさに西日が相まって、馬券も取れてないですから余計に、
あの感じが好きでして、あの感じがあればいいんじゃないかって気もするのですが。
(その前に馬家どもの歓声、怒号、悲鳴が無いとこの感じは出せない)
では宜しくお願い致します。

こんにちは。
ともかく今年のJCは凄いメンツが揃いそうです。(日本馬に限ってですが)
世界ランク1位、勝てば3連覇、春天連覇馬、に加え直前秋天圧勝馬、エピとデニム。
に更に加え3歳タイトルホースが3騎。
恐らく外国馬は掲示板に上がるのも難しいでしょう。国際GIだから外国馬無しでは
本末転倒ですが、ともかく今年の全日本選手権のような意味合いのレースとなりました。

ちょっと近年の外国馬参加状況が気になる所ですがもっと気になるのが有馬記念です。
約1か月後、恐らくメンバーは同様、コースは違う。...続きを読む

Aベストアンサー

元々、現在の状況はJRAが狙っていたものです。

天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念の3戦ですが、1990年代後半、それにすべて出走する、という馬はあまりいませんでした。特に、歴史のないジャパンカップは回避されることが多く、天皇賞、有馬記念というローテーションを取る馬が多くいました。

1995年~1999年の天皇賞・秋の上位馬のローテーションは……

1995年
サクラチトセオー(有馬記念)
ジェニュイン(有馬記念)
アイルトンシンボリ(有馬記念)

1996年
バブルガムフェロー(ジャパンカップ)
マヤノトップガン(有馬記念)
サクラローレル(有馬記念)

1997年
エアグルーヴ(ジャパンカップ、有馬記念)
バブルガムフェロー(ジャパンカップ)
ジェニュイン(マイルCS)

1998年
オフサイドトラップ(有馬記念)
ステイゴールド(ジャパンカップ、有馬記念)
サンライズフラッグ(有馬記念)

1999年
スペシャルウィーク(ジャパンカップ、有馬記念)
ステイゴールド(ジャパンカップ、有馬記念)
エアジハード(マイルCS)

1995年からの5年間の上位3頭、計15頭で、ジャパンカップに出走したのはわずかに6頭に過ぎません。一方で、3歳馬は、菊花賞から中2週というローテーションが嫌われ、やはり出走は殆どありませんでした。
結果、ジャパンカップに出走してくる日本馬は、天皇賞に出走資格のない外国産馬や、有馬記念では距離が長いと思われるような牝馬が主力になっている状態でした。ちょうど、1990年代後半は、エリシオ、シングスピール、ピルサドスキーと言った海外でもトップクラスの馬が来ていたのに、日本勢がトップクラスではない、という状況が続いていました。
それを挽回するため、菊花賞を2週、前倒しして菊花賞からのローテーションを楽にし、一方で賞金を一気に上げることで古馬の出走を促したのです。
まぁ、1990年代の頃から、日本の馬場の特殊性は言われてしましたし、それを考えれば、現在の状況は、JRAの思惑通りになっている、といえるでしょう。



ただ、私自身は、これで良いと思っています。
元々、有馬記念の行われる中山2500Mというコースはコーナーが多く、紛れの多いレースです。ジャパンCが創設される前でも、有馬記念の勝ち馬には、ガーネツトやスターロツチ、重賞は函館記念連覇のみのリュウズキ、重賞未勝利のストロングエイトなど思わぬ伏兵が勝つことが多いレースでした。その意味では、傾向がそれほど変わったとは思えません。
その一方で、天皇賞が東京芝2000M、ジャパンカップが東京芝2400M、有馬記念が中山芝2500Mというのは出走馬の多様化という意味では面白いと思います。

まず、東京2000Mは、上に書いた一覧でも出したジェニュイン、エアジハード、最近の例で言えば、ダイワメジャーやカンパニーなどマイル路線で走ってきた馬も、ちょっと距離を伸ばして、ということで出走してきます。ジャパンカップと統合するなどして、2400Mにしてしまったら、こういう馬達は出走しません。
一方、有馬記念はコーナーが多く、紛れも多いコースなので、本来はダイユウサクやオグリキャップなど、マイラータイプの馬が勝ったり、ダイワメジャー、ギャロップダイナが好走したこともありました。また、マツリダゴッホやドリームジャーニーのような、このコースでこそ活きる馬が活躍するケースもあります。これは、紛れの少ない東京芝2400Mでは起こりません。

ということで……

天皇賞・秋は、マイラータイプも出走してくる中距離G1。
ジャパンカップは、紛れの少ない真っ向勝負に自身のある馬が集まるレース。
有馬記念は、紛れも多いが故に、様々なタイプの馬が集まるお祭りレース。

と、それぞれに色分けが出来ていると思います。

元々、現在の状況はJRAが狙っていたものです。

天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念の3戦ですが、1990年代後半、それにすべて出走する、という馬はあまりいませんでした。特に、歴史のないジャパンカップは回避されることが多く、天皇賞、有馬記念というローテーションを取る馬が多くいました。

1995年~1999年の天皇賞・秋の上位馬のローテーションは……

1995年
サクラチトセオー(有馬記念)
ジェニュイン(有馬記念)
アイルトンシンボリ(有馬記念)

1996年
バブルガムフェロー(ジ...続きを読む


人気Q&Aランキング