西遊記に登場する牛魔王の服装について知りたいと思っています。

西遊記が唐の玄宗皇帝の時代だという話なので、その頃の兵士が身に着けるような装備に似ているのかもしれませんが、その時代にどんな服装だったのかがわかりません。

推測でも結構ですので、少しでも情報をお持ちの方、宜しくお願いします。

A 回答 (2件)

牛魔王は人間じゃないので、人間世界のルールでなくていいです。


また同様に、正しい服装なんてものも存在しません。
一般的に劇の西遊記の登場人物の服装などは、
唐よりもずっと後の、明代ぐらいの感じです。
というのも西遊記が書かれた時代がこのあたりだからです。
話の内容が唐のころでも、劇作されたり上演されたりする
時代の常識的な格好がそのまま使われるというのが普通です。
シェイクスピアも歌舞伎も、昔の絵、画もだいたいがそういうふうにやるものです。
時代考証とかいうのは20世紀以後の発想であって、
当時はどうだったかんかほとんど考えません。

西遊記の話は面白いことに、人間界と、仏界、道教界のチャンプルになってますが、
牛魔王は道教に関係ある(であろうと思われる)異界の住人です。
聖嬰大王(紅孩児)の父親で、羅刹女の夫。
紅孩児は仏教に帰依してからは、別の話のヒーローになる人です。
容姿も含めて、人間のような形をしてるのか、牛の要素があるのかすら
よくわかりません。
情報なんてないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「牛の要素があるのかすら…」
それは考えてませんでした!!てっきり角のある人なのかと思っていました!

なるほど。情報がないからドラマや漫画でいろんなキャラクターが登場しているわけですね。

発想の転換ができました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/01 22:49

自由な解釈でいいんじゃないですか?



過去、ドラマ化、映画化された「西遊記」のコスチュームを参考にするとか。
京劇の「西遊記」も、綺麗で、いいですよ。
史実をきちんと調べて、それを基に表現しても、「牛魔王」として、伝わらないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自由に創作する方向に変更することにしました!
アドバイスありがとうございます○┓

お礼日時:2009/01/01 22:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q唐の皇帝の呼び名について

唐の皇帝名が廟名で呼ばれたり本名で呼ばれたりまちまちなんですがこれはなぜですか?例えば、第一代皇帝は李淵、第2代皇帝は李世民で、第3代皇帝からは高宗、武宗、玄宗、徳宗などになりますよね?もちろん李淵や李世民も太祖、太宗などと呼ばれることがあると思うんですが、普通は名前で呼ばれますよね。これはどう考えればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

歴史上の人物の名前は必ずしも本名で呼ばれる訳では有りません。
ポピュラーネームで呼ばれているのです。
一人でいくつもの名前を持つことが多いので一番ポピュラーな名前で呼ばれてます。単に覚えやすい為、混乱を避ける為です。

周の文武、漢の高祖、後漢の光武帝などの初代は国が成立する前は本名で出てくるので両方有名ですが後代の者はあまり本名では出てきません。

日本人の例なのでベストな例では無いですが、
吉田兼好をご存じでしょうか。
「徒然草」の作者ですが、この名前は後世の人が勝手に付けた名前です。
彼の名は卜部兼好で吉田神道、吉田神社が有名なのでそう呼ばれているのです。
(後代に「卜部」から「吉田」に名字を変更しました)

歴史上の人物は覚えやすい名称で呼ばれているだけです。

Q唐の李世民やその時代の諸侯 諸王が争った時代に詳しい方へ

唐の李世民やその時代の諸侯 諸王が争った時代に詳しい方へ
この時代は優れた武将 軍師的な人がたくさんいて優れた戦術や奇策などもいっぱいあったと思います
この時代で凄いなあと思った戦術 奇策 計略を教えてください
詳しい方教えてください
お願いします

Aベストアンサー

来護児将軍の高句麗遠征での平壌の戦いなどはいかがでしょう?

Q戦国時代の戦は実際に互いの軍の兵士や武将たちがワーワー叫びながらだだっ

戦国時代の戦は実際に互いの軍の兵士や武将たちがワーワー叫びながらだだっ広いようなところで敵味方混ざりながら戦っていたんですか?
戦国時代がかかれた映画とかゲームとか見るとそんな感じでかかれていますが

Aベストアンサー

何とも言えませんが・・・そうですね、自然に考えれば戦闘の際は現在の科学戦法と違い、真っ向勝負が基本だった事が「何々合戦図屏風」なんかを見れば、分かります。敵味方入り乱れて背中に自分の軍である幟を背負い目印にし、ワーワーやっていたんだろうという事は想像に難くありません。大声を上げるのは「自分を鼓舞」するのと「相手を威圧」する効果があるので、「おりゃ~」「きさま~」「死ね~」「お前らの負けじゃ~」とか言いながら戦闘してたんでは無いですかねぇ。それが入り混じれば、ワーワーとしか聴こえないので、12noname34さんが疑問に思っている事は正しいと思いますよ。

Q戦国時代の兵士たちや武将について

戦国時代には、たくさん武将やらその武将に仕える兵士さん達がいたと思いますが、その人達は普段どこに住んでいたのでしょうか?
戦がない時には自分の家で、今でいう自主練のようなものをしていたのですか?それとも、仕えるお殿様のお城の中に住む部屋(自分の部屋)があって、そこで暮らしてやっぱり自主練などをしていたのでしょうか?
後者であれば、やはりそれなりに偉い人は一人部屋で、兵士達は数人の人たちと同室とかだったのでしょうか?
知りたいので、教えて欲しいです。

Aベストアンサー

江戸時代になるまでの武士というのは、普段は農民でした。だから、当時の戦争は農閑期でなければ出来ませんでしたし、農業に影響を与える長期の作戦は不可能でした。これを「半農半兵」といいます。
このタイプの軍隊の長所は土地に根ざしたしっかりした組織なので精強だということです。武田軍や上杉軍、島津軍はこういった「伝統的軍隊」でした。

一方、織田信長は金で雇った足軽兵を中心にする組織にシフトしました。この軍隊の長所は戦争専門にやる連中を雇うので年がら年中好きなときに軍事作戦を行えることです。一方、よくいわれることですが、金で雇われるごくつぶしの集団なので士気が低く「負けそうだ」となるとすぐみんな逃げてしまうのです。#1さんも書かれているように、弱かったのです。
しかし、年がら年中戦えるというのはやっぱりメリットで、戦国時代も後半になるとこういった「戦争専門の軍隊」が主流になっていきます。
武田軍や上杉軍もこの時代の流れに無関心だったわけではないでしょう。しかし、甲斐や越後は田舎なのでそんなに簡単に人が集まりません。織田軍は、人とお金が充分に手に入る都会だったからこそ足軽に不足しなかったんですね。

さて、天下統一がなされると巨大な軍隊は不要です。多くの「傭兵」たちはリストラされます。秀吉は、朝鮮に出兵することでこの雇用問題を解決しようとしました。また、島原の乱には多くの「失業武士」が参加したのです。
同じことはずっと後の明治維新でも起きます。西南戦争はリストラされた武士たちの反乱でもあったのです。

江戸時代になるまでの武士というのは、普段は農民でした。だから、当時の戦争は農閑期でなければ出来ませんでしたし、農業に影響を与える長期の作戦は不可能でした。これを「半農半兵」といいます。
このタイプの軍隊の長所は土地に根ざしたしっかりした組織なので精強だということです。武田軍や上杉軍、島津軍はこういった「伝統的軍隊」でした。

一方、織田信長は金で雇った足軽兵を中心にする組織にシフトしました。この軍隊の長所は戦争専門にやる連中を雇うので年がら年中好きなときに軍事作戦を行える...続きを読む

Q戦国時代 : 戦いの最中の兵士の毎日

例えば戦国時代などで多くの戦いが日本全国で行なわれたと思いますが、その多くは決着がつくまで数週間とか数ヶ月とか時間がかかっていますよね? 特に相手が籠城した時などは長期間にわたる戦いになったように思います。 今と違って結構ノンビリした戦いだったと思います。 その時の兵士の毎日について質問です。

1. まず寝る時はどうやっていたのでしょうか? 今のようにテントも寝袋も無い時代です。 やはり鎧・甲冑をつけたままで地面に横たわっていたのでしょうか? その場合、夏はいいとしても冬は?

2. その寝る時なんですが、総大将や上層部の武士はどうなんでしょうか? やはり下級武士と同じように寝ていたのでしょうか? あるいは何らかの形で布団に入れるようにしていた?

3. 例えば今川義元は何万の大軍を率いて都に上る途中で織田信長軍により倒れましたね。 その今川軍なのですが、何万の兵士に毎日食べさせられるだけの米を一緒に持っていったのでしょうか? となると、膨大な量になると思うのですが ・・・ 何万人 x 3食(2食?) x 総日数という事になりますよね。

もし基本的に毎日毎日、現地で買付けする事が念頭にあるのなら、もし敵方ばかりで誰も協力しなかったら、どうなるのでしょうか? その場合は力づくで?

4. 風呂は? 着替えは?
風呂については、おそらく濡れた手拭いで体を拭く程度だったかなと思うのですが、長期間になると髪に虫がわいたり衛生上の問題が出るように思います。 また着替えについても戦闘が無い時に自分で川で洗濯したのかなと思いますが、実際はどうだったのでしょうか?

5. もし病気になったら?
風邪をひいたり、お腹の調子が悪くなって、薬を飲ませたり医師に診せる必要が出た場合はどうしていたのでしょうか? 今のように前線から本国に連れ帰る事は出来なかったはず。 もしかして医師を戦場連れて行ったり、大量の薬品を持参していたのでしょうか? それに病気になった時、上層部と下級武士で扱いは違っていたのでしょうか?

6. 戦いの終了後、傷ついた兵士にはどう対処したのでしょうか? 例えば自分で歩けない人は誰か数人で故郷まで担いでいったとか?

と、素朴に疑問に感じています。 時代考証をしっかり研究した時代劇を見てもそのような描写はほとんどありません。

宜しくお願いします。

例えば戦国時代などで多くの戦いが日本全国で行なわれたと思いますが、その多くは決着がつくまで数週間とか数ヶ月とか時間がかかっていますよね? 特に相手が籠城した時などは長期間にわたる戦いになったように思います。 今と違って結構ノンビリした戦いだったと思います。 その時の兵士の毎日について質問です。

1. まず寝る時はどうやっていたのでしょうか? 今のようにテントも寝袋も無い時代です。 やはり鎧・甲冑をつけたままで地面に横たわっていたのでしょうか? その場合、夏はいいとしても...続きを読む

Aベストアンサー

1基本的には甲冑を着たまま、草むらの上などで寝ます。
ただし長対陣となると、甲冑等は勝手に脱いでるやつが多いです。
またごく一部、上層部の判断で一部のものが脱ぐことを許可することもありえます。

2総大将クラスとなると、近くの小屋や寺などで本営を作り、そこで寝ます。

3基本的には数日分は自弁、あとは現地調達(略奪)です。
よって大軍が一箇所に長対陣すると、大抵食糧不足に陥ります。

ごく一部の大大名になると、荷駄隊を作り本国から食料を送ります。
織田豊臣徳川毛利武田といった面々です。
逆に言えばこうした体制がとれない大名は、遠征能力や長期戦遂行能力が無いといえます。上杉など一見優勢に見える状況での撤退が多いですが、食糧問題があったと考えられます。
ちなみに兵士を支える食料として、1日6合から12合の米を用意します。米以外は結局(手に入れば)現地調達です。

4洗う余裕があれば川や井戸で洗う、基本的には無理となるでしょう。
もちろん衛生的な問題はあったと思われます。

5戦場での病となると武田信玄が有名ですね。基本的には近くの寺などで養生させるか引き返すしか無いです。総大将だとよほど有力な嫡子でもいないかぎり全軍の進軍がストップしてしまいます。
有力武将なら、友のものを連れて寺に残すか送り返します。
足軽となると、近くの寺なり豪農に、多少の金を渡して預けます。
(もちろん本軍が負ければ、落ち武者狩りの対象です。)

医者は連れていきますし多少の薬も医者が持ってるでしょうが、基本的には大将クラスのためのものです。しかも当時は漢方医程度ですから、即効性のある医療ができるわけではないです。後方移送する必要があるかどうかの判断には使えたでしょう。

6連れて帰る余裕があれば連れ帰る、無理なら打ち捨てるか切腹してまわりの者が介錯です。


こういった疑問を本気で解決したいなら、雑兵物語がお勧めです。

1基本的には甲冑を着たまま、草むらの上などで寝ます。
ただし長対陣となると、甲冑等は勝手に脱いでるやつが多いです。
またごく一部、上層部の判断で一部のものが脱ぐことを許可することもありえます。

2総大将クラスとなると、近くの小屋や寺などで本営を作り、そこで寝ます。

3基本的には数日分は自弁、あとは現地調達(略奪)です。
よって大軍が一箇所に長対陣すると、大抵食糧不足に陥ります。

ごく一部の大大名になると、荷駄隊を作り本国から食料を送ります。
織田豊臣徳川毛利武田とい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報