今度戸田選手がトットナムに移籍しますね。

そのニュースを見たり聞いたりしていたんですけど、番組によってレンタル移籍って報じられたり、期限付き移籍って報じられたりしているんですけど、どちらも同じ意味なんでしょうか?

誰か詳しい方教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちわ。

「レンタル」も期限付きも同じ意味です。
「レンタル」の方が慣用的ですが。
どちらも、所有権(パス)の移動を伴わない移籍で、期限を決めて移籍するものです。
期間終了後は、所有権保有チーム(=元の所属チーム)に戻ることになります。
もちろん中途での完全移籍への移行などがない場合ですが。
参考URLの用語解説をご覧下さい。

参考URL:http://www.city.kashiwa.chiba.jp/reisoru/yougo/r …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考URLは色々書いてありますねえ。よく分かりました。


しかし、マスメディアの方で統一しないんですかねえ。

サッカーに関する報道って、けっこうそういうところがわかりにくいですよね。

稲本のチームが、フラムだったり、フルハムだったり。
セリエAが、セリエエーだったり、セリエアーだったり。セリエアーって呼ぶ人もAC(アーカー)ミランとは言わないし。
そういえば、W杯の頃も選手名表記がゴチャゴチャしていましたね。

お礼日時:2003/01/30 13:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサッカー選手や野球選手が高額な契約金で移籍したりしますがあのお金は全て

サッカー選手や野球選手が高額な契約金で移籍したりしますがあのお金は全て選手や事務所に入るのですか。
税金を半分としても10億20億という金額は物凄いと思います。
引退した中田選手の今の生活はそれらの利息でしょうかね。
メジャーリーグに行った選手ももう悠々自適なんでしょうか。
金銭感覚が違うのでちょっと知りたいです。

Aベストアンサー

まず、契約金という概念を整理する必要があると思います。
日本のプロ野球などの場合は新人選手が入団する際に球団が契約金を支払いますが、海外のクラブチーム間で移籍する際は基本的に発生しません。
移籍する際に支払われるのは移籍金で、これは選手ではなくクラブチーム間で支払いと受け取りが行われます。
中田英寿選手がローマからパルマに移籍したケースを例に挙げると、中田選手を獲得するパルマが約33億円(推定)を支払い、放出するローマが受け取りました。
このようなシステムが成り立っているので、資金面に難があるクラブチームは選手を育成してビッグクラブに放出し、運営していくことができるというわけです。
とてつもない額の移籍金ばかりがクローズアップされていますが、あくまでも選手が受け取るのは年俸で(住環境の提供などが契約に盛り込まれることもあります)、中田選手のパルマ時代の年俸は約2億7000万円といわれています。
これはメジャーリーグも同様です。
一方で選手の要望を聞き、球団との契約を取りまとめるのが代理人で、メジャーリーグの成功報酬の相場は約5%のようです(選手が代理人を選んでいるため、成功報酬は契約年俸を基準にしていると思われます)。
また、契約金という意味では、スポンサー契約などが挙げられます。
これはそのものズバリ、契約する際に企業が選手に支払う金額です。

いずれにしても、契約内容に関しては選手によってさまざまなので、上記と異なるケースが多々あります。
所属事務所との関係もマネージメントのみを扱うなど、非常にややこしいです。
そして、ややこしいからこそ、弁護士資格を有する代理人が求められているようです。
面倒な契約関係を代理人に任せておけば、選手はプレーに専念できますからね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/中田英寿

まず、契約金という概念を整理する必要があると思います。
日本のプロ野球などの場合は新人選手が入団する際に球団が契約金を支払いますが、海外のクラブチーム間で移籍する際は基本的に発生しません。
移籍する際に支払われるのは移籍金で、これは選手ではなくクラブチーム間で支払いと受け取りが行われます。
中田英寿選手がローマからパルマに移籍したケースを例に挙げると、中田選手を獲得するパルマが約33億円(推定)を支払い、放出するローマが受け取りました。
このようなシステムが成り立っているので、...続きを読む

Q期限付き移籍について

Jリーグにおける期限付き移籍について教えてください。

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/soccer/jan/o20040123_40.htm

このニュース(J2札幌からJ1神戸へある選手の期限付き移籍が
成立したことに対してJ2札幌が怒っている)についてですが、
なぜJ2札幌が望んでいないのに、この移籍は成立したのですか?

期限付き移籍とは選手の保有権を元のチームが持ったまま
期限をつけて移籍するんですよね?
とすると選手の保有権をチームが持っているにも関わらず
ルール上移籍を拒めないのですか?

単に選手が強く望んだので仕方なく応じたのでしょうか?

Jリーグの公式HPの移籍のトコにも書いてなかったので
よく理解できません。

Aベストアンサー

 期限付き移籍でも、チーム間の条件が折り合わなければ成立しないと思います。
 ただ今回はJ1でプレーを希望する和波選手の意向を考えて、コンサドーレは仕方なく応じたと思います。コンサドーレは和波選手を今季の戦力と考えていたので、体制発表時に背番号も決まっていました。
 元々J1でプレーしたくてコンサドーレに移籍してきた選手なので二年連続のJ2でのプレーはしたくなかったのでしょう。
 問題だったのは、コンサドーレ側に詳しい説明がないままに、和波選手の代理人とヴィッセルが交渉したこと。もちろんルール上は問題ないのですが、体制が決まってスタートするこの時期に主力選手に対してのオファーは道義的にどうかということなんでしょう。でも契約交渉は保留のままでした・・
 でもこんな問題になっているは知らなかったなぁ
 ちなみに和波選手は、2000年オフにベルマーレから完全移籍で獲得しています。

Q期限付き移籍とは

サッカーについて何も知らないのですが、
1)レンタル移籍とは、例えばAチームからBチームへ移籍させて
そのせいで負ける事がになることもあるのに、なぜ移籍させるの?
移籍さえるAチームのメリットはなんですか?

2)選手のメリットは何ですか?

3)仮に年俸が1000万円だとして
Bチームは 1000万円+500万円みたいな プラスアルファを払っているの?それとも 1000万円だけなの?
以上おしえてください

Aベストアンサー

1)有望な若手選手を抱えているが、自チームで出場機会を与えられない場合に、レンタル移籍させることによって、その選手に出場機会を与え、実戦経験をつませることができる。また、余計な年棒を払わなくてすむ。

2)選手としての実力を上げるためには、実際に試合に出場することが大事であり、その機会を得ることができる。

3)基本的には年棒はBチームが負担。


海外リーグでは、元のチームとの試合(ここではAチーム)には出れないような契約としている場合も実際にあります。
将来的に期待している若手を修行させる、というのが主旨なのではないでしょうか。

Qサッカー選手の移籍についての質問。

サッカー選手の移籍についての質問です。
先日名古屋グランパスのダヴィ選手が中東のクラブに移籍しましたが、この時の報道で
「中東のクラブ(名前忘れました)が、名古屋の定めた移籍金の上限7億円を提示し、上限を提示された場合は所属クラブはオファーを断れないという国際ルールがある」
と読みました。
この場合、ダヴィ選手の意思(例えば名古屋に残りたい、とか)は全く尊重されず、移籍するしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
「選手や所属クラブの意思に拘らず、満額移籍金を支払えば他のクラブは指名した選手を強制的に獲得できるのか」
…というご質問でしょうか。

これは報道の解釈を誤解されていらっしゃる様です。

極論ですが、それでは満額移籍金の支払いさえあれば、選手は極端に低い年棒を提示されても拒否権なく、
移籍しなければならなくなってしまいます。

例に挙げられた報道は、「既にダビィ選手が自ら移籍の希望を表明している」ことを前提として、
「名古屋Gは満額の移籍金支払いがあった際には、これを断れない」という内容のものです。

ですので、選手がオファーに乗り気でなければ、
『3.まずカタールのクラブからオファー → ダヴィ「行きたくない」 → 名古屋の意思に拘らず→
カタールが満額(或いはそれ以上)出すかに拘らず → オファー拒否』
…という事になります。

まぁ現実には、
『4.まず他のクラブからオファー → 選手「行きたくない」 → 所属クラブ「(いい話だ。売って金にしちまえ。)
ウチにいてももうずっと干すだけだよ」→ 選手「…行きます」→ 所属クラブ「ウチの貴重な戦力だ。満額でないと譲れないな」
→ 他クラブ「じゃあ満額出します」 → 移籍成立』
…なんてことは沢山あるのでしょうけど。
それもクラブの経営手腕のひとつ、ということで。

ご参考までに。

こんばんは。
「選手や所属クラブの意思に拘らず、満額移籍金を支払えば他のクラブは指名した選手を強制的に獲得できるのか」
…というご質問でしょうか。

これは報道の解釈を誤解されていらっしゃる様です。

極論ですが、それでは満額移籍金の支払いさえあれば、選手は極端に低い年棒を提示されても拒否権なく、
移籍しなければならなくなってしまいます。

例に挙げられた報道は、「既にダビィ選手が自ら移籍の希望を表明している」ことを前提として、
「名古屋Gは満額の移籍金支払いがあった際には...続きを読む

Qドイツへ移籍する日本人選手

ドイツへ移籍する日本人選手が増えている。
日本人選手が海外へ行って活躍するのは喜ばしい事であり、こういう選手がもっと増えないと世界のトップ国と対等に戦えないだろう。
それにしても、なぜこんなにドイツが多いのか?

Aベストアンサー

こんにちは。

近年長谷部、稲本、高原らがドイツでまずまずのプレーを見せていました。この時点で日本人の力はドイツで浸透していきました。

そこで昨シーズン香川がリーグ最高峰の活躍を見せました。そして日本人の株が一気に上がりました。一種のバブル状態です。

そして同時に移籍した内田、後から入ってきた岡崎も好プレーを見せた為日本人選手は完全に戦力として計算できる、信頼できるものとして認知されるようになりました。

しかしそれ以上に大きいのは移籍金に対する対価です。日本人選手は戦力として計算でき、かつ移籍金がそれに対して非常に安いのです。安く取れて実力もあって活躍してくれる。

香川選手がドイツで有名になったのは活躍度もそうなのですがそれに対する移籍金の安さでした。

欧州ではクラブが契約などで選手の実力に対する違約金(移籍金)をしっかり設けて選手を保護しています。南米では既にビジネスになりサッカーとは関係ない投資家が選手の保有権を購入し売買するなど問題になっています。

つまり実力のある選手を取るためには高額なお金がかかるのです。しかし日本人の場合それがない。安く良い選手が取れる。

どちらにも言える事はしっかりとした移籍システムが確立されていることです。選手を売りクラブの財源にしてまた選手をとり、売りこうして利益を出していく。

しかしJリーグは歴史が浅く契約、移籍システムが未成熟なのです。その為不当な、国外のクラブから見れば割安でお得な価格で実力のある選手が取れる。

ドイツで日本人選手の力が評価されていてそれでいて安いためドイツへの移籍が多いのです。

ドイツで日本人が活躍できた、実力が評価された、この点については色々な考察があるため一言ではいえませんが欧州で日本人に対して実力の面で最も評価してくれているのはドイツです。

他の国でも日本人選手の実力が評価されるようになれば移籍金の安さで注目されドイツ以外への国への移籍も増えるでしょう。現在オランダでも似たような現象が起きていてオランダへの移籍も多いです。

まとめるとドイツへの移籍が多いのは移籍金が安い、それに対しての活躍度の対価でオトクだからです。

こんにちは。

近年長谷部、稲本、高原らがドイツでまずまずのプレーを見せていました。この時点で日本人の力はドイツで浸透していきました。

そこで昨シーズン香川がリーグ最高峰の活躍を見せました。そして日本人の株が一気に上がりました。一種のバブル状態です。

そして同時に移籍した内田、後から入ってきた岡崎も好プレーを見せた為日本人選手は完全に戦力として計算できる、信頼できるものとして認知されるようになりました。

しかしそれ以上に大きいのは移籍金に対する対価です。日本人選手は戦力とし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報