深海魚は水圧にどのように対応して
いるのでしょうか
くじらは、1000m以上もぐることができるそうですが
水圧はどうやって、クリアしているのでしょうか
また、深海のクラゲなどは、一見水圧で押しつぶされ
そうですが、どうやって生息しているのでしょうか
たまに深海魚が釣り上げられて、深海と同様な姿を
保っているのも、不思議な現象です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。


これはそう難しいお話じゃありません。
簡単に言えば、水で満タンの風船やドラム缶ならいくら深く沈めても潰れない・・・って事です。

人間には肺、普通の魚には「浮き袋」という空気の入った袋があります。
これが水圧で潰れてしまう為に深海には潜れないのです。
もしも、この中を水で満たす事が出来れば潰れません。
それでも大丈夫な呼吸方法や、浮き袋(例えば深海のサメは肝臓の油が浮き袋の代わりになって浮いたり沈んだりします)を持っていればいいわけです。

また、深海潜水艇などでは、浮いたり沈んだりを調整するバラストタンクの中に空気ではなくガソリンを入れて浮き沈みを加減してるものもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどですね
ありがとうございます

お礼日時:2008/12/29 19:18

水そのものは圧力で圧縮されることはないので、細胞内や細胞間隙が水で満たされている体の組織は、水圧でつぶされることはありません。



魚類の浮き袋のように、体内に空気を気体の状態で持っている場合は急に浮上すればふくらんでしまいます。人間がアクアラングでボンベを背負って潜水する場合も同じような問題が起きます。浮上は呼吸を続けながら、耳抜きをしながらしなければならないのはそのためです。そうしなければ、肺や鼓膜が破裂してしまいます。
また、急速浮上すると別の問題も起こります。酸素や窒素等の気体分子が血液に溶ける量は圧力に比例します。従って、深い水の中でアクアラングでボンベを使って呼吸している肺の中では酸素や窒素が血液中に地上にいるときよりも遙かに多くとけ込んでいます。この状態で急速に浮上すると血液中に溶けきれなくなった気体が泡となって現れてしまいます。この状態が潜水病で命に関わります。

さて、マッコウクジラは深海から一気に浮上することが出来ますが、なぜ体が破裂したり潜水病になったりしないのでしょう。それは、細胞の呼吸に必要な酸素を気体の状態で肺の中に蓄えていたり、血液中に溶かしていたりしていないからです。我々の筋肉は多くは赤い色をしていますが、これはミオグロビンというタンパク質の色で、血液がヘモグロビンによって運搬してきた酸素を受け取り、結合させておく働きを持っています。クジラは浮上した際に呼吸(潮吹き)を行い、一気に空気中の酸素を体内に取り込みますが、この酸素は全身の筋肉に運ばれ、ミオグロビンに結合します。全身のミオグロビンに酸素が結合してから肺の中は空っぽにして再び深海に潜水します。ミオグロビンに結合した酸素は圧力に影響を受けません。潜水中、マッコウクジラはこの酸素を使って活動しているのです。ご存じのように、クジラの筋肉は真っ赤というよりも黒に近いほどの濃い赤色をしていますが、これは非常に大量のミオグロビンを持っているためです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました
ありがとうございました

お礼日時:2008/12/30 20:48

クジラは知りませんが


クラゲは、ほとんど水でつぶれません
水は水圧をかけてもほとんど、体積は減りません
深海魚でも600メートル以上深い所に居る、赤魚鯛等はすごいですよ
釣りをしていると、大きいのが3匹以上かかると、一キロ以上のおもりを無視して、リールを巻く速度を無視して魚が先に浮いて来ます、これは浮き袋煮空気が入って居るためでいてこれが水圧が少なくなるので、膨らんで口から出たり、肛門から出たりしますよ、目もアコウ対等は目も出目金より出てきますよ
アコウばかりではなく、ゲンゲ≪深海魚です≫等も口から浮き袋が出ます少なくとも金目の住む200~600メートルあたりが醜い格好にならない限度ですね(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました
ありがとうございました

お礼日時:2008/12/30 20:48

あ、一つ回答が落ちてました。

m(__)m
鯨は例外ですね。
空気が入ってる肺があります。
この中に水を入れちゃうわけじゃありません。
鯨の場合は、頑丈な骨と筋肉で水圧に対抗しています。
なので深く潜ると体力を消耗するので、あまり長くはいられません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q深海魚が地球温暖化の影響で浮上してくることってあり

深海魚が地球温暖化の影響で浮上してくることってあり得る話なのでしょうか?

さいきん,漁で深海魚が釣れるようになっていて,それは地球温暖化の性で海温が上昇して,地底の温度も上がっていて深海魚が浮上して来ているという話を聞くのですがこれって本当なのでしょうか?

上昇したら気圧が高くなるわけで深海魚は海底が地球温暖化の性で温まってもそんな浮上してこないと思うんですけどどうなんでしょう?

深海魚が上昇する理由がないですよね。

海面も温くなっているわけですし・・・

私が思うに深海魚が釣れやすくなった理由は地球温暖化ではなく,漁の機械が性能が上がって今までより深いところまでトローリング出来るようになったからだと思うんです。

違うんでしょうか?

なんで海底温度が上昇したら深海魚が浮上してくる必要があるのか教えてください。おかしくないですか?

Aベストアンサー

日本海では,リュウグウノツカイやダイオウイカ等の深海生物が,冬季に浜に打ち上げられたり,定置網に良く入ります。これは,厳冬期に日本海の表層の水温が低下し,深海の水温と同じぐらいになりますと,表層水と深層水が循環します。その循環に乗って深海生物が表層近くにまで浮上し,季節風で海岸に流されるためと考えられています。

元々富山湾には,新海生物が生息しています。深海生物が表層まで上がってくる時期は,上記で説明しました厳冬期と立山の雪解け水が流れ込みます4月です。深海性のホタルイカは,立山連峰の冷たい雪解け水が流れ込む季節に産卵のため浮上します。

Q深海魚ほど油ののった魚が多いの?

この前、「エボ鯛」を食べました。鯛はさっぱりしたイメージがありましたがこのエボ鯛は油がのっていて美味しかったです。
大将に聞くと、深海魚ほどよく海流するので身が引き締まって油がのっている魚が多いとの事です。
ほんとうでしょうか?
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

身が引き締まって油がのっている ← 矛盾していませんか?
筋肉質の肥満体 と同じ意味になりますよ。

回遊魚と深海魚が混同していませんか?

回遊魚…動き回るので脂が消費され身が引き締まっている 
    カツオ、マグロ、サバ、サンマ、イワシ、サケ
    (産卵期には脂が乗っていますが)

深海魚…あまり動かないので脂が蓄積し脂が乗っている 
    アンコウ、タチウオ、ムツ、キンメダイ、スケトウダラ、オヒョウ

これは赤身の馬肉と霜降りの牛肉にも言えることです。

Q深海魚

提灯アンコウなどの深海魚は家の水槽や公園の池などで飼うことはできますか?
深海魚は深海に住んでいるので、水槽内では圧力を加える装置がないと死んでしまうのでしょうか。それと眼は地上の光に耐えうるのでしょうか。
春になると、深海から上がってくるものもあるようですが、圧力を調節できるということですか。
水族館で深海魚を飼っているところがあったら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水深200メートル程度の浅さまでしか、水槽で飼育&展示は出来ません。

アンコウの仲間は、上の範囲に移動しますので稀に展示されます(が、チョウチンアンコウの仲間は展示例ありません)
アンコウの飼育&展示例を紹介:
http://www19.cds.ne.jp/~c-kujira/aquamarine.html
「アクアマリンふくしま」ここは「サンマの飼育成功」の方が話題になり、有名かもしれません。

上記以外では、「クサウオ」の仲間の繁殖記録がある水族館を紹介:
http://www3.nsknet.or.jp/~aquarium/keeper/bikunin.html
「クサウオ」というより「ザクラビニン」の方が有名だそうです、近所の中学生が知っていたので。
どこで知ったか聞いたら(互いに熱帯魚マニアだが):
http://www.dydo.co.jp/figure/top.html
飲料水メーカー「ダイドー」のHP。一時オマケのフィギュアに上記のフィギュアがついてたとの事。

ちなみにダイドーの紹介には理由があります。左上に水深と代表魚(フィギュア製品化の魚)の図があるでしょう?

のとじま水族館の「ビクニン」が約400メートル付近に分布してますが、実際に(他種も含め、季節移動で浅い海に一時的に生息は観測済み。また、個体の特性差も多いと思います。)

一番浅い200メートルの「オウムガイ」は昼夜で水深を自ら移動する性癖&古代生物の部類という事から『一般水槽でも飼育可能です』
熱帯魚店の「パウパウアクアガーデン」に行けば、泳いで?ます。

問題の水深400メートルオーヴァーの深海部の魚に関しては、『残念ながら成功例は現在までありません』(たまに、「オッ、これは!」と思う魚も、訊ねると「浅海捕獲」の個体例です。)

常識的に「400メートルより深い水深の魚飼育」に関しては:
http://www.jamstec.go.jp/jamstec-j/shisetsu/siken.html
海洋技術センターの紹介。高水圧水槽等の紹介がありますが:

「仮に深海水槽を再現(水圧以外面含め)可能・実現化」しても「深海魚を捕獲してから地上の水槽に移動する」という問題が残り、こちらの方が「解決困難」では?

以上、熱帯魚ファンですが、「深海魚」が魚に目覚めたきっかけの自分ですから「飼育成功すれば海外でも絶対行きます」今の所は夢というよりヴァ-チャル水槽:
http://www.nagoyaaqua.or.jp/guide/first/deep_sea/
名古屋港水族館の深海部です。3次元のバーチャル展示ですが、リアルです。
ここらが現在の深海魚飼育&展示の限界のようです。

あと、眼が地上の光に耐えられるか?
「眼が退化してるから問題無い」と答えそうですが、それは机上の論理。
深海魚飼育が実現して、飼育してみなければ「大丈夫とは言えない、実験しなくては眼以外や光のスペクトルの影響など予想外の問題発生も有りえるのでは?」

P.S.保育園で「魚の名前を言いいなさい」という時間に「リュウグウノツカイ」と答えましたが「今でも赤面する記憶」として残ってます(トラウマ?)

では~♪♪♪

水深200メートル程度の浅さまでしか、水槽で飼育&展示は出来ません。

アンコウの仲間は、上の範囲に移動しますので稀に展示されます(が、チョウチンアンコウの仲間は展示例ありません)
アンコウの飼育&展示例を紹介:
http://www19.cds.ne.jp/~c-kujira/aquamarine.html
「アクアマリンふくしま」ここは「サンマの飼育成功」の方が話題になり、有名かもしれません。

上記以外では、「クサウオ」の仲間の繁殖記録がある水族館を紹介:
http://www3.nsknet.or.jp/~aquarium/keeper/bikunin.html
...続きを読む

Q深海魚について

深海魚の種類で、センジュナマコとリュウグウノツカイの映像を探しています。どなたか映像を見た事のある方、情報を教えてください。

Aベストアンサー

映像というとビデオとか動いているものでしょうか?
静止画ならあります。
センジュナマコについてはここにあるはずですが、一般に公開されているかは不明です。
http://www.jamstec.go.jp/dsidb/Dsi/kiki/kiki.html

リュウグウノツカイについてはこのサイトの撮影者の方は持ってますよね。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~tmsafc/ryuuguunotsukai1.htm

センジュナマコ
http://wwwwp.mext.go.jp/kag1989/

リュウグウノツカイ
http://www2u.biglobe.ne.jp/~tmsafc/ryuuguunotsukai1.htm

名古屋港水族館には、深海のコーナーにて、リュウグウノツカイの立体映像が見れますよ。
http://www.nagoyaaqua.or.jp/index.html

参考URL:http://www.nagoyaaqua.or.jp/index.html

Q深海魚と水圧の関係

深海魚は水圧にどのように対応して
いるのでしょうか
くじらは、1000m以上もぐることができるそうですが
水圧はどうやって、クリアしているのでしょうか
また、深海のクラゲなどは、一見水圧で押しつぶされ
そうですが、どうやって生息しているのでしょうか
たまに深海魚が釣り上げられて、深海と同様な姿を
保っているのも、不思議な現象です

Aベストアンサー

こんにちは。
これはそう難しいお話じゃありません。
簡単に言えば、水で満タンの風船やドラム缶ならいくら深く沈めても潰れない・・・って事です。

人間には肺、普通の魚には「浮き袋」という空気の入った袋があります。
これが水圧で潰れてしまう為に深海には潜れないのです。
もしも、この中を水で満たす事が出来れば潰れません。
それでも大丈夫な呼吸方法や、浮き袋(例えば深海のサメは肝臓の油が浮き袋の代わりになって浮いたり沈んだりします)を持っていればいいわけです。

また、深海潜水艇などでは、浮いたり沈んだりを調整するバラストタンクの中に空気ではなくガソリンを入れて浮き沈みを加減してるものもあります。

Qこの深海魚はなんという名前ですか?

知っていたらぜひおしえてください

Aベストアンサー

深海魚じゃないよ!
浅い海というか、ウミウシの仲間では珍しく水中浮遊生活者で・・・
アオミノウミウシ - Google 検索 ( http://images.google.co.jp/images?hl=ja&lr=&safe=off&um=1&sa=1&q=%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%83%9F%E3%82%A6%E3%82%B7&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&aq=f&oq=&start=0 )

【注意】
 自ら撮影した画像でないものを転載する場合、出展を明らかにしないと、著作権侵害になりますよ。自分で撮影したものでも、きちんと撮影者撮影日撮影条件を明示すること。

Q深海魚

子供の頃に買ってもらった「魚図鑑」に載っていた深海魚が、大好きでした。
たまにTVでその神秘的な姿を見てはウットリ(?)していましたが、どうしても
もっと、たっぷりみたくなりました。
せめて写真集でもと、本屋さんをのぞいてもあるのは「熱帯魚」だけでした。
どなたか深海魚について、ビデオでも本でもサイトでも構いません。
情報をお持ちの方、是非教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは
超おすすめのビデオがあります!

深海生物 パイオニアLDC です

潜水艦からの記録ビデオ形式で、色とりどりの深海魚や他の生物が出てきます。なかでも、私が感動したのは、同じ種類の生物なのに(クラゲだったと思います)、合体して、頭の役割をした個体、胴の役割をした個体、尻尾の役割をした個体と連結して生きている深海生物がいることです。あと、発光系の生物がいっぱい出てきます。

もうひとつ特色なのは、色々な場所の海底が出てくることです。生物好きには、たまりません。

深海生物2も出ています。大きなビデオ屋さんには、あります。なければ、注文しましょう(1も販売してます)。下に参考に2だけのせました。

参考URL:http://st9.yahoo.co.jp/digiconeiga/pibw-1069.html

Qぐろいアンコウorぐろい深海魚を教えて下さい!

深海に居るグロいアンコウ類、
またはグロい深海魚を教えて下さい!
できれば、ぬるっとした気持ち悪い感じのグロテスクではなく、
仮に遭遇したら意識が飛んでしまいそうな怖い方のグロテスク(ホウライエソみたいな近づいてはいけない気がする生き物)をお願いします!
実寸は気にしませんが、見た目のインパクトのある生物だと嬉しいです。

ネットで検索をかけて探しているのですが、なかなかイメージにあったものが見つからず、詳しい方の知識をお借りしたく思い、投稿しました。
マニアックなもの、名前のみでも大丈夫です。
また、インパクトがあれば、アンコウ類・他深海魚以外の生物でも構いません。
どうか、宜しくお願い致します!!

Aベストアンサー

他の回答者も挙げていますが,古代サメ「ラブカ」は外せませんね。
その他,ヌタウナギもなかなかいい感じです。
でもね,個人的には有明海のエイリアンこと「ワラスボ」を推したいです。
コレがエイリアンのモデルで間違いないだろう,と思えるインパクトです。
しかもこんなに気持ち悪い生物なのに,食べると美味なのです。

http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%9C&hl=ja&rlz=1R2ADFA_jaJP369&prmd=imvns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=UgN8UIflPIafmQXgkYC4CQ&sqi=2&ved=0CCoQsAQ&biw=1280&bih=584

魚屋で並んでいるのを初めて見た時は「ギョエ~~!!!」と怖れおののいたものです。
九州にお越しの際は是非ご賞味あれ。

Q深海魚って食べれるんですか?

深海魚って食べれるんですか?
また、お店で販売されてるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

色々、身近に有る魚と似たような名前を付けて売られているようです。
あくまでも、底引き網にかかる程度の深海魚ですが。
http://members.ld.infoseek.co.jp/koichika/zukan.htm

Q深海魚の身体は高圧に耐えるのですか?

タイトル通りなのですが,深海魚はバチスカーフのように強烈な水圧に耐えるような構造をどこかに持っているのですか。

Aベストアンサー

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=914383
以前の投稿でこんなのがありました。
ご参考になれば。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報