昔は金本位制だったと思うのですが、日本だと米本位制?・・・

よく、時代劇で金貨とか出てくると思うのですが、
金貨1枚で米何キロ分買えたのでしょうか?

要は、今と昔とで金貨の価値も違うと思うのです。
ただ、江戸時代には日本から金が流出もしていたし、銀の方が価値があったそうなので、
金の価値無かったのでしょうかね?

江戸時代で、金貨1枚=米?キロ=?円 ?はどうなるでしょうか?
金貨の大きさでも違いますが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

小判一枚で、家族4人が1ヶ月生活をしていけるだけの価値がありました。



今の額に換算したら、約25~30万の額になるそうです。
    • good
    • 0

金貨は常に純度が減らされていて、時代を追うごとに悪貨となっていきます。

要するに、金の高騰ですね。金山の産出量が頭打ちになっていたこともあると思います。
確か、一両で10万くらいにはなったともいます。

関西は銀本位制だったようです。

金が本格的に流出したのは幕末の諸外国との条約締結後で、外国商人が日本の通貨制度の欠陥を利用して、大量に金を流出させたことから、大暴騰がおこってしまいました。
    • good
    • 0

 あえて江戸時代の制度を規定すると、金銀本位制だと思います。


 (東[江戸]は、金が貨幣の基準となっていまいしたが、西[大阪]では銀が基準となっていました。)

 本来の本位制だと、中央銀行などが自国の通貨価値を保障するために、自国通貨の交換比率を規定したものです。
 (日本で法整備されたのは、1871年(明治4年)の「新貨条例」で定められました)

 本位制には、異なる国の通貨であっても、金への規定の交換比率が規定されていれば、貨幣価値の比較が可能になるという利点があります。
 (1円=純金1.5グラム 後に 1円=純金750ミリグラム) 

 ちなみに、小判(1両)は、重さの単位である両(37.3グラム)だけ砂金が入っていますという決まりが有ったのですが、時代が経つごとにその量が減っていきます…。よって価値は、時代によって激しく変わります。
 (江戸末期には、貿易決済の為に、海外の金本位制に合わせた小型の小判もできました。[万延小判])

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%9C%AC% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々な情報ありがとうございました。

金に価値があるというのがよくわかりました。
おおよそ1枚、10-30万ということで、逆に考えれば
それだけ価格変動の少ない安定したモノと言うことに納得。

単純ですが、米と小判を交換できた、というのは重要と思いました。

結局は、信頼されるかされないかですね。
金貨の画像を見ても、「欲しい」と思ってしまったし、
アクセサリーとしても人気は女性にもありますよね。

お礼日時:2009/01/01 10:12

江戸ではお金で買える量で表し、


関西では米の量に対し幾らと唱え方が違っていました。

宝永7年(1710年)で
江戸では米一石(100升、寛文9年(1669年)に新京枡に統一され、現在に至る、大体150kg)
春が銀80.6匁(約1両20.6匁)です、
江戸初期では1両が今の約10万円
ですので宝永辺りでは10万円で計算するとして
150kgの米が12~13万円で買えたということです。

慶応1年(1865年)では
米一石が江戸で258匁(4両18匁)
大阪では304匁(5両4匁)
慶応3年(1868年)では
江戸で586匁(9両46匁)
です。
米価換算で計算すると、
慶応年間では1両が4千円くらいになります。

文政年間(1818~1829年)の
上大工(腕の良い大工)の賃金が
1日銀5匁4分(工賃4匁2分、飯米料1匁2分)、
1年354日(現在と年間の日数は違いました)で
盆暮れ正月雨風等で60日を抜かして
年間294日働くとして、
約銀1,588匁(26両28匁)。
1両10万とすれば260万円です。
長屋住まいで親子3人の1年間の場合
このうち米飯が3石5斗4升(大体400kg)で
354匁(6両54匁)
家賃が120匁(2両)
味噌、塩、醤油、薪炭代で
700匁(11両40匁)
道具、家具、衣服で
240匁(6両)
祭祀・仏事、通信代等で
100匁(1両40匁)
大体1514匁が必要で、
余るのが74匁(1両14匁)
子供が二人いるか、何か臨時の出費があれば足りないです。
これでは毎日お父さんが帰りに一杯というわけにはいかなかったようです。
    • good
    • 0

一両=四分=十六朱=四〇〇〇文



原則は一両=一俵ということになっていましたが、実際は変動しました。

江戸時代の商人は、米の需要と供給を予測して事前に買い付けました。その際に行われた取引が先物取引です。現代経済で先物取引は当たり前(石油やら鉱物資源は全て先物取引です)ですが、このシステムを考えたのが堺の商人です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代の江戸での墓は両墓制でしたか?

江戸の長屋はずいぶん狭かったようで、
それだけ土地が足りなかったのだと思います。
江戸では、両墓制だったのでしょうか?
「捨墓」と「参り墓」があったのでしょうか。
又、火葬はしてましたか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

両墓制かどうかは知りません。

荒川区の荒川ふるさと文化館に参考となる展示があります。
江戸では火葬と土葬の両方があったようです。
安政年間のコレラ(ころり)流行のとき、火葬場に次々と運ばれてきて、焼き待ちの棺おけが並んでいる絵が展示されていました。
火葬場と各寺院が経営している火葬寺と呼ばれていました。コレラ菌を殺すために火葬したとのことです。
現代と同じく大都市江戸も墓不足でした。土葬は場所もとるし、墓穴を掘るのも大変なので、火葬も増えてきたようです。

参考URL:http://www.city.arakawa.tokyo.jp/a002/d05200001.html

Q江戸時代の「白銀百枚」はどれくらいの価値ですか?

江戸時代中期の古文書で、「白銀百枚」もらったというものがありました。
白銀百枚とは何でしょうか?
白は美称でしょうか?
銀は丁銀のことですか?
小判になおすとどれくらいになりますか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。
文化年間に草間伊助の書いた「三貨図彙」に家康は43匁の銀大判をつくり、儀礼的な贈答に用いたとあります。
これが江戸時代の白銀1枚の初めです。   それ以前にも白銀1枚の語はありますが詳細は不明。
これは江戸初期の話で、中期まで続いたかは問題です。
明和以降は長方形の定額銀貨が出回り、綺麗に「包み銀」として贈答用にも使えました。
丁銀を43匁になるよう端を切り揃えたとの本もあり、江戸中期はこの可能性が大です。
丁銀には43匁以上のものもあります。(たとえば200g)

43匁の数字は慶長大判が44匁であるのに合わせました。   金大判は強度を保つため、金の含有率が低く、銀の含有率の高い銀大判は少し軽くしたのでしょうか。

Q江戸時代は、金貨・銀貨・銭貨の3種類が併用して流通しており、幕府は、なぜ、3者を一本化しなかったので

江戸時代は、金貨・銀貨・銭貨の3種類が併用して流通していたのですね。円・ドル・ユーロが、国内で使われていたようなものです。短期間には、相互の勘算レ―トが決められたようですが。
質問は、なぜ、幕府は3者を一本化しなかったのですか?
(私は、次のように思っています。1.江戸では主に金貨が、大阪では主に銀貨が流通しており、統合が容易でなかった。2.上級の武士は金貨を、庶民は銭貨を使うように、階級・職種・物により、使う貨幣が異なっていたので、一本化する必要が薄かった、などを考えていますが、なぜ統合しなかったのでしょうか?)

Aベストアンサー

「江戸時代 どうして三貨を統一しなかったのか」で

検索すると回答が出てきますよ。

数年前も、同じ質問が出されています。

Q【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったか

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越しの銭は持たなかったとうう説は間違いとわかる。

大金が回ってくる仕組みを火事が多いので大金を持たなかったという江戸っ子の説は矛盾に気付く。

2つ目の仮説。銀行はなかった。けれども頼母子講という少額を積み立てて大金を引き出す銀行みたいな仕組みがあったのでこれも嘘の仮説だと分かる。

最後の仮説の江戸っ子は貧乏だったという説。

江戸時代に流通していた通貨は金貨、銀貨、銭貨の3種類。

銭貨の価値は現在の価値で50円程度。

江戸時代の江戸っ子の日当が50円程度だった?

金貨の価値が20万円程度だった。

江戸時代の大工に月収は2万円。2万円/30日で日当で666円。

1日銭貨を13枚。

当時の大工は高給取りだったとすると一般庶民のブルーワーカーは大工がホワイトカラー職で現代の月収50万円職に値すると一般庶民のブルーワーカーの月収は25万円として6枚。

で、1日6枚で飯が3食で銭貨3枚が余る。で、相互会に毎日銭貨3枚を預けると月で99枚。1枚50円で5000円。

金貨が20万円なので月5000円で12人で相互会を組んでいるので年1回月収が6万円のときがある。

年1回大金を掴んでも6万円なら江戸っ子は20万円の価値がある金貨を一生見ることがなかったのかも知れない。

ということは、江戸っ子は宵越しの銭は持たないの話には続きがあって、(けど江戸っ子は銭貨を大金の銀貨に変えて貯金していた)。要するに1番価値がない銭貨を持たないで銀行(相互会)に預けて大金にするという仕組みが江戸にはあったので当時の人は江戸の仕組みを珍しく思い、「江戸には銀行という仕組みがある」ということを「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」と表現したのが真相ですかね。

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越し...続きを読む

Aベストアンサー

すごいですねえ。
いろいろ計算して、ここまで考えると、おもしろいですね。

私は、ただ、単に、
物に執着して、がつがつ貯めこむのは粋じゃない。
きっぷ(気風)がいいことが美徳、という考えが江戸では一般的だったから、
(本当にもらったら、もらっただけ使ってしまう人ばかりでなくても)
そういう気質だと、おもしろがって、または、自慢気に、言っていたのではないかと思いました。
開き直ったスローガンみたいな(笑)。
で、そういう風潮ができたのは、
やはり、長屋に住んでいるような、大部分の人が、
ぎりぎりの生活で、贅沢はできない状況だったからでしょう。

ところで、たのもし講、私が小さい頃、母がやっていましたよ。近所のおばちゃんたちと。
なつかしい言葉です。

Q江戸時代の米の消費について

 江戸時代の農民は、全体の8割程度だったといいます。その農民は、あまり米が食べられなかったといいますが、もしそうなると、農民が生産した米を残りの2割の人口で消費していたんでしょうか。江戸時代の米は、貨幣としての役割もあったといいますが、何れは消費しないといけないはずです。そのへんが、どうも納得いかないので、どなたかお分かりになるかがいらっしゃれば、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

 
>それは、「江戸末期になるまで、農民は貨幣などとは無縁」だったということです。

わたしは、そんなに詳しい訳ではないのですが、先の書き方が悪かったように思えます。農民は「自給自足」を目指していたというか、貨幣経済に巻き込まれると、破滅する危険性があったので、できれば避けていたということで、あまり、貨幣経済との関係を強調しない方がよいと思ったのです。

江戸幕府当初の経済システムは、米本位制とも云えるシステムで、質実剛健・自給自足が原則となっていました。しかし、文化の展開や都市部の繁栄、都市人口の増大や生活の豊かさの志向が、自給自足ではなく、「広い意味の贅沢品」の消費を促進させ、商業の繁栄が進展して、幕府当初の経済システムは破綻します。

織田信長は商品経済を活性化し、同じ頃に堺商人は海外貿易を行い、経済的に日本は、貨幣経済、商業繁栄国家としての道を進みかけていたのですが、豊臣秀吉はカトリックの思想的根拠を知り、日本がキリスト教化することは危険であると判断し、キリスト教禁令を出します。

徳川家康は、海外交易にも熱心で、色々と利益もあげたのですが、自己の天下となり、幕府を開くとなると、徳川家の支配安定のため、農業中心の自給自足経済でなければ、幕府は破綻することを予見していました。

江戸幕府成立まで、日本は海外に開かれ、積極的に、使節をローマに派遣したり、ポルトガル人、オランダ人が仲介利益を上げていた、中国等との交易でも、みずから直接に交易する方向に進んでいたのが、江戸幕府成立により、一挙に、状況が変化します。

イエズス会本部に送られた報告書のなかで、日本派遣の宣教師が、日本が短期間のあいだに、こうも急速に変化するとは信じられない、というような言葉があるそうですが、さもありなんです。西欧人を除くと、世界でもっとも優れた民族が日本人だなどと、褒めていたのですから。

江戸幕府は時代に逆行しようとした訳で、鎖国を敷き、日本国内でも、藩と藩のあいだで境界を作り、箱根の関所を設け、藩自身にも国内鎖国することを求め、商人階級の活動や力を押さえようとしました。

しかし、家康から100年後の五代将軍綱吉の治世になると、「元禄文化」が成立し、江戸、大阪、京都などの大都市を中心に、奢侈品や贅沢品を大量に消費し、戦国の世が去った太平のなかで、商人の活動が著しくなり、大都市庶民レベルでも、生活の豊かさの幅が大きくなりました。

貨幣経済は、戦国時代から、農民のあいだで、ある程度基礎があり、一向一揆や島原の乱のような宗教内乱では、農民が武器を購入していたということもあります。

幕府当初の経済システムは、無理に強制したものですが、このシステムは100年後の元禄文化で、矛盾が出てきて、更にその半世紀後の八代将軍吉宗の時代になると、諸藩の統治者も武士階級も、ほとんどが経済的破綻し、江戸幕府の経済システムは破綻します。

藩の自給自足制が機能すれば、こういうことにならないのですが、参勤交代制を敷き、江戸詰の各藩の武士が多くあり、藩主とその側近も定期的に江戸と国許を往復させる制度は、大名の力を削ぐに効果がありましたが、参勤交代の道中費用を、街道沿いの商人にばら撒くことになり、また、江戸文化を知った武士も藩主も、或る意味で「広義の贅沢さ・生活の豊かさ」に慣れ、商人から様様な物品を購入しないでは、生活に満足ができないような状態になったのです。

江戸文化は、武士が江戸と国許をある程度定期的往復する結果、全国の藩にも伝えられることになり、江戸や京や大阪の事件や流行などが、時間的に幾らか遅れても、結果的に全国の隅々まで伝わってしまうということになります。

天災や藩の治世の悪さから国を捨てた農民は、途中で餓死することもあったでしょうが、江戸などの大都市に集まり、何々無宿であるとか、また江戸では必要とされた労働力の供給源ともなりえたのです。

武士が商人と取引するには、米を貨幣または物品に交換するしかないのですが、年貢昧を米商人に売って貨幣を得て、それによって、諸般の物品購入に当てるようになります。自給自足で、準物々交換で必要な物品(例えば、山国の藩なら、塩とか干魚などは輸入しなければなりません)を入手していれば,貨幣は必要ないのですが、日本の社会は、そういう段階ではなかったので、江戸幕府開設において、時代を逆行させようとしても、参勤交代などの制度自体から、当初のシステムが崩れてくることになったのです。

吉宗は「米将軍」などと呼ばれましたが、紀州藩主の時代、倹約を励行させ、みずからその範を示し、絹の衣類などは身につけないようにし、また新田開発に力を入れ、紀州藩の特産の換金商品作物・工芸品などを農家が作ることを奨励し、出費を押さえ、貨幣収入を増やすという方法で、赤字であった紀州藩の財政を立て直して名君の噂が高かったのです。

紀州だけでなく、全国の藩で、換金作物・換金工芸品・藩の特産物の生産を、藩庁みずから推奨し、一応、藩がこれらの換金商品を買い上げることになっていましたが、直接商人に売った方が利益は高い訳で、農民と商人のあいだの直接取引きもあったはずで、例えば、紀伊国屋文左衛門などは、紀州特産の温州蜜柑を農民から購入し、江戸へと迅速に配送することで、巨大な利益を得た商人の代表です。

将軍となった吉宗は、商人の力を押さえ、奢侈品を禁止し、江戸城に倹約の方針を持ち込み、尚武の気風を回復して、武士を支配者として、禁欲的・質実剛健なものへと鍛え直すことなどを試み、また、合理的政策を施行しようと、色々と工夫し、「改革」を実行に移しましたが、紀州藩財政建て直しそのものが、換金商品の生産による利益を藩財政収入とした訳で、半分貨幣経済を利用しつつ、あとの半分で商人や貨幣経済を否定して、自給自足を回復というのは矛盾している訳です。

その結果、吉宗の改革は失敗に終わります。吉宗の改革失敗の後で、江戸城の紀州藩勢力の支持で老中に昇った田沼意次は、貨幣経済を否定しても否定しがたいのが社会の現状だと把握し(田沼が、名家出身でも、大名出身でもなく、成り上がりであったので、新しい発想が可能だったのですし、田沼なら、という期待も商人や庶民にはあったと言えるのです)、逆に、貨幣経済を利用して、幕府財政を立て直し、幕府の経済システムも立て直そうという構想で政策を実行に移します。

しかし、商人の地位を妥当に評価する田沼の政策や方針は、武士の特権性を意識する武士団や、反紀州勢力の江戸城武士団や譜代大名などから反発を招きます。田沼は志半ばで失脚し、その後を受けて、英邁と噂された白川藩主が老中首座となり、「改革」を行いますが、見事に失敗します。

以上、長々と書いて来ましたが、こういう経過を見ると、農民が貨幣経済と無縁であったなどということはありえないことになります。藩内財政に行き詰まった藩庁は、幕府の許可を得て、「藩札」を発行しますが、この事実だけでも、貨幣経済は、江戸、京、大阪などの大都市だけでなく、地方に確実に広まっていたことが分かります。

貨幣経済の浸透というのは、どの水準の話かという問題になります。江戸中期には、藩も武士も大商人に借金して首が回らないという状況でした。吉宗が藩主となった紀州藩も、借金でどうしようもない状態だったので、吉宗の藩政改革で、借金をすべて返し、逆に、備蓄金を持つまでになったのです。

江戸中期には、農村の次男三男などは、江戸などに出て,自分の未来を開くことを考え、実行しました。大都市の商店では、地方の農民の子女を見習として多く、雇い入れました。また「茶を飲む女は離別せよ」などと江戸幕府は言っていましたが、茶を飲むどころでなく、平均クラスの農民で、そう頻繁でなくとも、どぶろく以外に、清酒などを飲む機会も結構あったのです。江戸中期以降は、伊勢参りなども盛んになり、旅をするに、どうしても金子が必要ですから、農民も貨幣を手に入れていたことになります。

しかし、あくまで農家の「自給自足」という原則はあったということです。二宮尊徳の農村立て直しでも、目標とするのは、借金の解消と、「自給自足」の確立です。この場合、自給自足のなかに貨幣経済が入って来るのはどうしようもないことです。疲弊した村は、少女などの人を売り、商人から借金して、身動きがつかなくなるのです。それは、紀州藩の陥った状態と同じだとも云えます。

尊徳は、村の状態を綿密に調査・計算し(商人的計算です)、立て直し不能と計算で出た村は、幾ら依頼を受けても立て直しを引きうけませんでした。尊徳が立て直しを引き受けた村は、尊徳の指導に従う限り、計算的には、必ず立て直る村だったのです。

しかし、尊徳の発想は、「立て直し」であり、村を「元に戻す」ということです。これは、村の「自給自足」の回復という意味になります。自給自足と云っても、別の土地から入手しないと、その土地にはない不可欠物品もある訳で、最低限の交換、貨幣経済は認めても、それには限度があるというのが尊徳の発想です。

貨幣経済は、江戸中期には、農村にすでに浸透しており、元禄文化の時代にすでにそうだったかも知れませんが、それでも、「自給自足」の原則はあったということです。農家の自給自足の考えは、明治・大正でも残っています。この原則に懐疑が出て来たのが、江戸末期ではないかという意味で、江戸末期ということを考えたのですが、確かに、江戸時代を通じて、農村に貨幣経済が浸透していなかったということは妥当ではないと思います。
 

 
>それは、「江戸末期になるまで、農民は貨幣などとは無縁」だったということです。

わたしは、そんなに詳しい訳ではないのですが、先の書き方が悪かったように思えます。農民は「自給自足」を目指していたというか、貨幣経済に巻き込まれると、破滅する危険性があったので、できれば避けていたということで、あまり、貨幣経済との関係を強調しない方がよいと思ったのです。

江戸幕府当初の経済システムは、米本位制とも云えるシステムで、質実剛健・自給自足が原則となっていました。しかし、文化の展...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報