昔は金本位制だったと思うのですが、日本だと米本位制?・・・

よく、時代劇で金貨とか出てくると思うのですが、
金貨1枚で米何キロ分買えたのでしょうか?

要は、今と昔とで金貨の価値も違うと思うのです。
ただ、江戸時代には日本から金が流出もしていたし、銀の方が価値があったそうなので、
金の価値無かったのでしょうかね?

江戸時代で、金貨1枚=米?キロ=?円 ?はどうなるでしょうか?
金貨の大きさでも違いますが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

小判一枚で、家族4人が1ヶ月生活をしていけるだけの価値がありました。



今の額に換算したら、約25~30万の額になるそうです。
    • good
    • 0

金貨は常に純度が減らされていて、時代を追うごとに悪貨となっていきます。

要するに、金の高騰ですね。金山の産出量が頭打ちになっていたこともあると思います。
確か、一両で10万くらいにはなったともいます。

関西は銀本位制だったようです。

金が本格的に流出したのは幕末の諸外国との条約締結後で、外国商人が日本の通貨制度の欠陥を利用して、大量に金を流出させたことから、大暴騰がおこってしまいました。
    • good
    • 0

 あえて江戸時代の制度を規定すると、金銀本位制だと思います。


 (東[江戸]は、金が貨幣の基準となっていまいしたが、西[大阪]では銀が基準となっていました。)

 本来の本位制だと、中央銀行などが自国の通貨価値を保障するために、自国通貨の交換比率を規定したものです。
 (日本で法整備されたのは、1871年(明治4年)の「新貨条例」で定められました)

 本位制には、異なる国の通貨であっても、金への規定の交換比率が規定されていれば、貨幣価値の比較が可能になるという利点があります。
 (1円=純金1.5グラム 後に 1円=純金750ミリグラム) 

 ちなみに、小判(1両)は、重さの単位である両(37.3グラム)だけ砂金が入っていますという決まりが有ったのですが、時代が経つごとにその量が減っていきます…。よって価値は、時代によって激しく変わります。
 (江戸末期には、貿易決済の為に、海外の金本位制に合わせた小型の小判もできました。[万延小判])

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%9C%AC% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々な情報ありがとうございました。

金に価値があるというのがよくわかりました。
おおよそ1枚、10-30万ということで、逆に考えれば
それだけ価格変動の少ない安定したモノと言うことに納得。

単純ですが、米と小判を交換できた、というのは重要と思いました。

結局は、信頼されるかされないかですね。
金貨の画像を見ても、「欲しい」と思ってしまったし、
アクセサリーとしても人気は女性にもありますよね。

お礼日時:2009/01/01 10:12

江戸ではお金で買える量で表し、


関西では米の量に対し幾らと唱え方が違っていました。

宝永7年(1710年)で
江戸では米一石(100升、寛文9年(1669年)に新京枡に統一され、現在に至る、大体150kg)
春が銀80.6匁(約1両20.6匁)です、
江戸初期では1両が今の約10万円
ですので宝永辺りでは10万円で計算するとして
150kgの米が12~13万円で買えたということです。

慶応1年(1865年)では
米一石が江戸で258匁(4両18匁)
大阪では304匁(5両4匁)
慶応3年(1868年)では
江戸で586匁(9両46匁)
です。
米価換算で計算すると、
慶応年間では1両が4千円くらいになります。

文政年間(1818~1829年)の
上大工(腕の良い大工)の賃金が
1日銀5匁4分(工賃4匁2分、飯米料1匁2分)、
1年354日(現在と年間の日数は違いました)で
盆暮れ正月雨風等で60日を抜かして
年間294日働くとして、
約銀1,588匁(26両28匁)。
1両10万とすれば260万円です。
長屋住まいで親子3人の1年間の場合
このうち米飯が3石5斗4升(大体400kg)で
354匁(6両54匁)
家賃が120匁(2両)
味噌、塩、醤油、薪炭代で
700匁(11両40匁)
道具、家具、衣服で
240匁(6両)
祭祀・仏事、通信代等で
100匁(1両40匁)
大体1514匁が必要で、
余るのが74匁(1両14匁)
子供が二人いるか、何か臨時の出費があれば足りないです。
これでは毎日お父さんが帰りに一杯というわけにはいかなかったようです。
    • good
    • 0

一両=四分=十六朱=四〇〇〇文



原則は一両=一俵ということになっていましたが、実際は変動しました。

江戸時代の商人は、米の需要と供給を予測して事前に買い付けました。その際に行われた取引が先物取引です。現代経済で先物取引は当たり前(石油やら鉱物資源は全て先物取引です)ですが、このシステムを考えたのが堺の商人です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金貨の売却に関して

金貨の売却に関してなのですが、

一枚ずつ、ビニールの袋に入った状態のものと、
紙のケースに入ったものがあります。
この2種類は、購入した会社が違い、
紙のケース入りが田中貴金属、袋入りのは、別の会社なのですが、
これは、売却時の価格に影響はあるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

材質は何であれ密閉されているかどうかが一番重要です
開封してしまうと価値が下がりますし
さわると目減りする部分もありますので触らないで下さいね

Q江戸時代、なぜ大坂は銀本位制だった?

 つい先ほどまでは何も考えずに江戸時代、江戸の経済は金本位制
大坂の経済は銀本位制と頭に入れていました。

 でも疑問が湧きました。

 当時、大坂は日本一の経済都市です。世界に先駆けて信用取引や
先物取引を始めた所。とすると江戸よりも商取引の規模も大きく自然、
銀よりも価値の高い金を貨幣の中心にしようと動きがなかったのでしょう?
先ほどテレビ番組の「銀二貫」で主人公たちが二貫の銀を重そうに持って
いる。もし金貨(大判・小判)なら少ない量で同じ価値を表したはずですよね
(すみません計算が苦手で)。

 経済規模が大きくなるほど価値の高い金属を貨幣としついに
金属を離れた信用で紙幣が、さらにPCなどの電子信号で取引
されるのが流れのはず。

 と書きながらふと仮説が浮かびました。

 江戸は将軍と大名中心の都市、ですからお金のやりとりは
今で言う政府の公的な財源なので動く高も大きくまた立派な
金貨(大判・小判)を必要とした。もちろん庶民にとっては滅多に
拝めないお金に違いないけれど。対して大坂は公的な存在はほぼ
皆無でお金のやりとりは日常の商取引でお金のやりとりは銀貨の
方が使いやすかった。のではないか?

 長くなってすみません。この件についてどなたかご教示くだされば
感謝です。もちろん僕のような勝手な私見をのべていただくのも
大歓迎です。宜しくお願いします。

 つい先ほどまでは何も考えずに江戸時代、江戸の経済は金本位制
大坂の経済は銀本位制と頭に入れていました。

 でも疑問が湧きました。

 当時、大坂は日本一の経済都市です。世界に先駆けて信用取引や
先物取引を始めた所。とすると江戸よりも商取引の規模も大きく自然、
銀よりも価値の高い金を貨幣の中心にしようと動きがなかったのでしょう?
先ほどテレビ番組の「銀二貫」で主人公たちが二貫の銀を重そうに持って
いる。もし金貨(大判・小判)なら少ない量で同じ価値を表したはずですよね
(すみません計算...続きを読む

Aベストアンサー

関西は銀関東は金というのは、江戸時代以前の交易が大きく影響しています。
歴史上交易によって財力を蓄えたので有名なのは平清盛です。
当時の最大の輸入品は生糸と貨幣でした。
生糸が日本の主要輸出品になるのは明治以降です。
貨幣は国産のものもありましたが長い間中国の貨幣が国内では主要通貨として流通していました。
この生糸や貨幣の輸入決済に使われていたのが銀でした。

黄金の国ジパングと言われていましたが、銀が圧倒的な産出量を誇っていました。
一方世界的には、南米の銀鉱山が開発されるまでは、銀も金同様に産出量が極めて限られた貴金属でした。
日本人がもたらす銀は世界中から受け入れられて歓迎されていました。
室町時代から戦国時代にかけて、諸大名や博多や堺の豪商が盛んに中国および東南アジアとの交易に従事していました。
やがて火縄銃がもたらされると、それに使う火薬(黒色火薬)の主要成分である硝石は全量輸入品でした。
戦国大名はこぞって硝石を求めました。
これを堺商人が牛耳っていました。
戦国大名も硝石の代金として銀を支払いました。
以上のように銀は、国際交易に使われるために、秤量通貨として流通していました。
戦国時代んが終わって、江戸の街ができるまでの通貨は、銀が主体で国内外で通用する国際通貨でした。

これに対して家康は小判を貨幣として流通させるようにしました。
おそらく貨幣を支配することで経済を支配することを目論んだのでしょう。
金銀の交換比率も定め、計量通貨として流通させました。
新興の将軍家が関東でいかに頑張っても、銀決済に馴染んだ関西以西の商人の間には広がりませんでした。
結局、幕府は金決済と銀決済の両建てで明治を迎えました。

この小判と銀や銭との交換で莫大な利益をあげたのが両替商でした。
両替商は大名貸と称する藩の財政支援を行っていましたから、借金だらけの大名も幕府も両替商の利益の源泉を脅かす通貨の統合には一切手を付けませんでした。

全国共通の通貨は銭でした。
小判は主として、年貢米の決済など公的な決済と豪商同士の大口取引に使用されました。
江戸時代の公文書の金額の記載はあくまでも「両」が基本です。

以上がざっとした説明です、何か疑問がありましたら補足をお願いします。



蛇足
金貨としての小判の品位は江戸時代を通じて低下していきますが、計量通貨であったことから品位に関わらず1両は1両で通用しました。
小判と銀や銭との交換比率はあくまでも流通量に基づいた市中相場で決められていました。
幕府は銭の相場が上がると度々銭の無償配布という手段で相場を冷却させました。
それによって銀の相場も下がりました。
現在のドル買いドル売りみたいなことをやっていました。

国際交易が極めて限定されていたことから、金銀の交換比率は世界相場とはかけ離れたものとなっていました。
幕末に下田へ出入りしていたアメリカ人がこれに目を付けて秤量通貨としての国際相場での交換を幕府に強要して莫大な利益を懐にしました。

関西は銀関東は金というのは、江戸時代以前の交易が大きく影響しています。
歴史上交易によって財力を蓄えたので有名なのは平清盛です。
当時の最大の輸入品は生糸と貨幣でした。
生糸が日本の主要輸出品になるのは明治以降です。
貨幣は国産のものもありましたが長い間中国の貨幣が国内では主要通貨として流通していました。
この生糸や貨幣の輸入決済に使われていたのが銀でした。

黄金の国ジパングと言われていましたが、銀が圧倒的な産出量を誇っていました。
一方世界的には、南米の銀鉱山が開発されるまで...続きを読む

Qクルーガーランド金貨の値段の相場を教えて下さい

クルーガーランド金貨の相場を教えて下さい
某百貨店に勤める友人から、金貨を買わないかと誘われました。
友人は色々な古美術品等が好きでコレクターです。

私は全くのど素人なんですが、南アフリカの金貨(1/2オンス)だそうで、
今は金貨としての価値ではなく、地金として?だそうです。
ネックレスに加工してくれるというのでお願いしました。
彼も一緒に1枚買います。

金の相場は日々変わるとのことですが、
加工代とチェーン代含めて、11万円と提示されました。
最初聞いていたより、少し高くなりました。
チェーンは結構いいものを使っています。(金です)
彼は絶対、損はないから、と言います。

ネットなどでもっと安く売られているのは彼も知っています。

彼の信頼する業者さんからなので信頼できると思うのですが、
この価格は百貨店に出入りする業者さんなら妥当なものでしょうか?
どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えて下さい。

Aベストアンサー

コインを地金として計算する際は、その時の買い取り相場を基準にします。

本日ですと、22金なので ¥3,587×15.55グラム=¥53,805

数年前は25000円程度、今後どのように変動するかはわかりませんが、
ここ数年で金価格が上昇したので、もともと持っていた人々にとっては「売り時」として売られ、中古のコインが豊富に余っているのが現状です。

金のチェーンが何グラムあるか書かれていませんので、計算のしようもありませんが、
18金の新品チェーンが約18グラム以上ついていれば「そこそこ」だと思えますし、
それ以下だったら「高い」、15グラム以下だったら「問題外のボッタクリ」だと思います。

信頼できるかどうかは、質問者さんにしかわからないでしょうが、
同じ11万という値段なら、チェーンの好みやデザイン料の問題だけで、百貨店よりもっと安く(もちろん正規の刻印のあるもの)買える所はいくらでもあると思います。

Q江戸時代の江戸での墓は両墓制でしたか?

江戸の長屋はずいぶん狭かったようで、
それだけ土地が足りなかったのだと思います。
江戸では、両墓制だったのでしょうか?
「捨墓」と「参り墓」があったのでしょうか。
又、火葬はしてましたか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

両墓制かどうかは知りません。

荒川区の荒川ふるさと文化館に参考となる展示があります。
江戸では火葬と土葬の両方があったようです。
安政年間のコレラ(ころり)流行のとき、火葬場に次々と運ばれてきて、焼き待ちの棺おけが並んでいる絵が展示されていました。
火葬場と各寺院が経営している火葬寺と呼ばれていました。コレラ菌を殺すために火葬したとのことです。
現代と同じく大都市江戸も墓不足でした。土葬は場所もとるし、墓穴を掘るのも大変なので、火葬も増えてきたようです。

参考URL:http://www.city.arakawa.tokyo.jp/a002/d05200001.html

Q金貨購入をインターネットでできるのでしょうか?

いつも楽しく拝見させていただいております。

教えていただきたいのですが、ハイパーインフレに備えて金貨を購入したいと
思っています。

ネットで好きな時に( できれば夜 )純金積み立ての 「 スポット買い 」のように購入したいのですが
できるところは(純金積み立ての契約をしないで)ありますでしょうか?

他に、金貨購入について、アドバイスがありましたら、是非是非お教えください。

よよしくお願いします。 m(__)m

Aベストアンサー

田中貴金属
三菱マテリアル
が、純金積み立てをしながらだと比較的安い

三井物産
スポット専用でも出来る。
ただ、一元管理なので会社の資本の一部としてお金が管理されます。
その点だけ納得できれば非常に有利。
これは純金売買のみで、金貨はこの限りでは無いです。

金貨だと、田中貴金属が一番いいかな

Q【歴史】江戸時代の大工さんの日当が現在の貨幣価値で日当1万8000円ぐらいだったそうです。で、1

【歴史】江戸時代の大工さんの日当が現在の貨幣価値で日当1万8000円ぐらいだったそうです。

で、1両小判が現在の貨幣価値で10万円くらいだったということは、江戸時代は庶民も1両小判を普通に持っていたと考えても良いってことですか?

庶民でも1両小判(10万円相当)を持ってたか教えてください。

1両小判が10万円なら、大判小判は1両小判の10倍の100万円ですか?

Aベストアンサー

江戸時代の庶民は貯金をしません。どんなに貯金しても、火事が起こったら無一文になるからです。
 貯金するにしても小銭の穴に糸を通して、百枚位を束ねていたのでしょう。
ですから庶民が1両なんて金を持っていることはほとんど無いだろうと思います。大工の日当ですがそれは棟梁の話だと思います。その中から弟子にいくらかの日当を払うのでそんなには多くはないだろうと思います。

Q20フラン金貨

19世紀末ころ、世界の主要国は金本位制を採用している国が多かったようです。
その中で、ラテン通貨同盟というのがありましたよね。フランスやベルギースイスが
加盟していたようですが、当時これらの国々には、同じ20フラン金貨というのがあって、
その金貨は90%の品位で、6.4516グラムの重さがあったようです。

そこで、当時この通貨同盟に加盟していた以外の国々で、この20フラン金貨と同じ、
90%の品位で、6.4516グラムの重さがあった金貨を知りたいのです。
それは何所の国の額面幾らの金貨でしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは珍しい所でお目にかかりましたね。
ラテン通貨同盟は、フランス、イタリア、ベルギー、スイスの4カ国により結成され、その後に
加わったのはギリシャだけです。先の方の紹介されたブログの内容には一部間違いがありますが、
それは今回のご質問では無いので省き、20フラン金貨と同じ品位900で6.4516グラムの金貨ですが、
次ぎの物があります。1860年代~1920年代に製造。
・フランス:20フラン
・ベルギー:20フラン
・スイス:20フラン
・イタリア:20リレ(サルジニア含む)
・ギリシャ:20ドラクマイ
・オーストリア:8フローリン
・ハンガリー:8フォリント
・スペイン:20ペセタ
・ブルガリア:20レヴァ
・セルビア:20ディナール
・ユーゴスラヴィア:20ディナール
・サンマリノ:20リレ
・ルーマニア:20レイ
・リヒテンシュタイン:20フランケン
・モナコ:20フラン
・ポーランド:20ズロチ
・教皇領(ヴァチカン):20リレ
・チュニジア:20フラン
・デンマーク領西インド:4ダレル
・ヴェネズエラ:20ボリバル
等です。ユーゴ系のモンテネグロの20ペルペラは20フラン金貨より重く等価ではありません。

ラテン通貨同盟加盟国のベルギーは全ての銀貨の品位を引き下げて補助貨幣にすることを
提言しましたがフランスの反対で5フラン銀貨だけは本位貨幣として残すことになり、実質的に
複本位制度でした。5フラン銀貨は重さ25グラム品位900です。また1870年代にアメリカでも
1フラン銀貨と同じ品位900で5グラムの20セント銀貨が鋳造されましたがなじみませんでした。
その時20フラン金貨に相当する4ドル金貨(ステラ)が試作されましたが、これは20フラン金貨より
重さが重かったようです。実際に4ドル金貨が鋳造されたのはデンマーク領西インドだけです。

金銀比価が固定できなくなりだんだん複本位制は維持できなくなりましたが、国際貿易で
一体25ドルが何フランなのかというような計算がすぐに出来ないっから、共通の金貨を作ろうという
発送が出来、それをフランスは20フラン金貨で統一しようと企んだわけです。
しかし、当然ながら当時最強国のイギリスはこれに反対し、それならソブリン金貨をと、言い出したのです。
このソブリン金貨は917の品位で、7.9881グラムあります。英国や英連邦で広く使われたほか、
コロンビア(5ペソ)、ペルー(1リブラ)、サウジアラビア(1ギニア)、ダンチヒ(25グルデン)などが
ソブリン金貨と同じ仕様で貿易用に鋳造されました。南アフリカの2ランド金貨も同じです。

このように貿易用に同じ金貨を使うと言うのは昔から行われており、デュカットとよばれる3.49グラムの
金貨は、長期に渡って貿易用の代表金貨で、今でもコレクション用に発行している国があります。

こんばんは珍しい所でお目にかかりましたね。
ラテン通貨同盟は、フランス、イタリア、ベルギー、スイスの4カ国により結成され、その後に
加わったのはギリシャだけです。先の方の紹介されたブログの内容には一部間違いがありますが、
それは今回のご質問では無いので省き、20フラン金貨と同じ品位900で6.4516グラムの金貨ですが、
次ぎの物があります。1860年代~1920年代に製造。
・フランス:20フラン
・ベルギー:20フラン
・スイス:20フラン
・イタリア:20リレ(サルジニア含む)
・ギリシャ:20ドラクマイ...続きを読む

Q江戸時代は、金貨・銀貨・銭貨の3種類が併用して流通しており、幕府は、なぜ、3者を一本化しなかったので

江戸時代は、金貨・銀貨・銭貨の3種類が併用して流通していたのですね。円・ドル・ユーロが、国内で使われていたようなものです。短期間には、相互の勘算レ―トが決められたようですが。
質問は、なぜ、幕府は3者を一本化しなかったのですか?
(私は、次のように思っています。1.江戸では主に金貨が、大阪では主に銀貨が流通しており、統合が容易でなかった。2.上級の武士は金貨を、庶民は銭貨を使うように、階級・職種・物により、使う貨幣が異なっていたので、一本化する必要が薄かった、などを考えていますが、なぜ統合しなかったのでしょうか?)

Aベストアンサー

「江戸時代 どうして三貨を統一しなかったのか」で

検索すると回答が出てきますよ。

数年前も、同じ質問が出されています。

Q10万円金貨コインの売却

昔、おじいちゃんに貰った10万円金貨のコインを持っています。
金が高く売れ今が売り頃でしょうか。それとも、コインでも、ただの
金の塊としてしか査定してもらえないのでしょうか?

Aベストアンサー

天皇陛下在位60周年記念の10万円金貨は発行枚数が110万枚と多いので記念コインとしての価値はほぼゼロのようです。売るときは外装の封印ビニールを破っていなければお近くの銀行で万札10枚と交換して貰えるでしょう。
ビニールを破ってしまった場合にはお近くの日銀に問い合わせる必要があるかもしれません。
とにかく素材は24kですが、グラム数が20グラムと少なく金の塊として売った場合には額面を割る事が確定しています。
グラム単価が5000円を超えて初めて額面を上回る事になります。
ちなみに発効時の金相場が1グラム1900円なので完全なボッタクリ商売です。(4万円程度を10万円で売った訳ですからね)当時の政府日銀が昭和天皇をダシにしてインチキ商売をやったようにも思えますね。
と言う事で封印ビニールを破っていなければお近くの銀行で両替
破ってしまっている場合には日銀に電話で問い合わせてからと言う事になると思います。
コインショップや金買い取り店に持って行くのは損でしょう。

Q【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったか

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越しの銭は持たなかったとうう説は間違いとわかる。

大金が回ってくる仕組みを火事が多いので大金を持たなかったという江戸っ子の説は矛盾に気付く。

2つ目の仮説。銀行はなかった。けれども頼母子講という少額を積み立てて大金を引き出す銀行みたいな仕組みがあったのでこれも嘘の仮説だと分かる。

最後の仮説の江戸っ子は貧乏だったという説。

江戸時代に流通していた通貨は金貨、銀貨、銭貨の3種類。

銭貨の価値は現在の価値で50円程度。

江戸時代の江戸っ子の日当が50円程度だった?

金貨の価値が20万円程度だった。

江戸時代の大工に月収は2万円。2万円/30日で日当で666円。

1日銭貨を13枚。

当時の大工は高給取りだったとすると一般庶民のブルーワーカーは大工がホワイトカラー職で現代の月収50万円職に値すると一般庶民のブルーワーカーの月収は25万円として6枚。

で、1日6枚で飯が3食で銭貨3枚が余る。で、相互会に毎日銭貨3枚を預けると月で99枚。1枚50円で5000円。

金貨が20万円なので月5000円で12人で相互会を組んでいるので年1回月収が6万円のときがある。

年1回大金を掴んでも6万円なら江戸っ子は20万円の価値がある金貨を一生見ることがなかったのかも知れない。

ということは、江戸っ子は宵越しの銭は持たないの話には続きがあって、(けど江戸っ子は銭貨を大金の銀貨に変えて貯金していた)。要するに1番価値がない銭貨を持たないで銀行(相互会)に預けて大金にするという仕組みが江戸にはあったので当時の人は江戸の仕組みを珍しく思い、「江戸には銀行という仕組みがある」ということを「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」と表現したのが真相ですかね。

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越し...続きを読む

Aベストアンサー

すごいですねえ。
いろいろ計算して、ここまで考えると、おもしろいですね。

私は、ただ、単に、
物に執着して、がつがつ貯めこむのは粋じゃない。
きっぷ(気風)がいいことが美徳、という考えが江戸では一般的だったから、
(本当にもらったら、もらっただけ使ってしまう人ばかりでなくても)
そういう気質だと、おもしろがって、または、自慢気に、言っていたのではないかと思いました。
開き直ったスローガンみたいな(笑)。
で、そういう風潮ができたのは、
やはり、長屋に住んでいるような、大部分の人が、
ぎりぎりの生活で、贅沢はできない状況だったからでしょう。

ところで、たのもし講、私が小さい頃、母がやっていましたよ。近所のおばちゃんたちと。
なつかしい言葉です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報