私の企業が年に2人募集しています。

そのため今年社内選考に応募しようと考えています。
しかし、駅弁大学卒でGPAは2.9ほどしかありません。

英語は
TOEIC725
iBT49
とおろそかな状態です。
(現在はMBA留学準備用の専門学校に通っています。)

Harvard Business School
MIT SLOAN
Stanford SLOAN
USC IBEAR

の4つを考えていますが、今からするべきことを教えてください。

なお、会社の所属長の推薦状をもらえるようにすでに調整済みです。
GMATは本のみ買ってまだ手がつけれていません。
(先にTOEIC900を目指そうかと)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

GPAも低い事ですし(すみません私と大差ないです)、選考基準がGMATならGMAT中心にやるべきです。

TOEIC900目指してもしょうがないですよ。
同時にTOEFLも勉強したほうがいいと思います。
ご存知のとおり、TOEFLはエッセーとスピーキングがあり、MBA進学するのにこの基礎知識は必要です。
エッセーは実際MBAで書くものは分量がはるかに違いますが基本構造は同じですので、なれるためにもTOEFLの練習はいいと思います。
スピーキングも与えられた課題に論理的に答える練習にもなります。
リーディングの速読の練習も1週間で1冊本読んでエッセーを書けと言われるようなMBAの授業にも役立つ基礎スキルです。
リスニングは、TOEICはビジネス英語ですが、TOEFLはキャンパスの会話とレクチャーですからまあ役に立ちます。

TOEIC725あるならばTOEFLすぐ点数上がりますよ。英語力の強化と進学準備のためにもTOEFLはやっておいたほうがいいです。

でも、プライオリティ1番はGMATですね。量も多いからさっさとやっておくべきですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう御座います。

GMAT優先で勉強することにします。

お礼日時:2009/01/01 20:24

TOEFLが第一優先です。

TOEIC点数は相手校は興味ないでしょうし、前者が上がれば自然に上がります。

社費留学であれば、相手も商売なので受け入れる可能性(コネ)があるのかもしれませんが、今の英語力では入っても授業についていけません。

この回答への補足

TOEFLは入学基準の対象ではありません。
GMATが入学基準の対象になります。

その上で何をするべきかご教示いただければ幸甚です。

補足日時:2009/01/01 19:17
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学の交換留学の条件の1つに「GPAが2.30以上であること」がありました。そこで質問なのです

大学の交換留学の条件の1つに
「GPAが2.30以上であること」
がありました。
そこで質問なのですが、GPA2.30以上とはどれ位大変なんでしょうか?
めちゃくちゃ努力しなくては取れないレベルなのか、出席やレポート・テストをそこそこやれば取れるレベルなのか教えてください。

また、高いGPAを取るためには、フル単ではなく授業を少なめに取って集中して取り組むという方法も有効ですか?

Aベストアンサー

GPAの評価方法は、留学先の国によって、また、同じ国でも、州や学校によっても、評価基準に違いがありますし、学校のレベルによっても、取れるGPAは違って来ると思いますので、「>GPA2.30以上とはどれ位大変なんでしょうか?」と言う質問に答えるのは、難しいのではないかと思います。

唯、アメリカの一般的なGPAの評価でみると、「>GPAが2.30以上であること」というのは、大雑把に言って、「中位(C)」の成績ではないでしょうか。
ハイスクールや大学では、成績評価(A,B,C,D、F)に対して、ポイント(4、3、2、1、0)で、評価して、受講科目の単位数を掛けて、全科目を集計して、全単位数で割った値が、総合GPAと言われるものです。

一流大学や大学院を目指している人の中には、GPAを限りなく、4.0になるように、科目数を必要最低限にしてしている人も居ますから、「>高いGPAを取るためには、フル単ではなく授業を少なめに取って集中して取り組むという方法も有効ですか?」という質問は、「YES」でしょう。

とは言え。。。
交換留学ですと、言葉の問題や異文化に対する馴れ(適応力)の問題等があり、ネーティブの人と同じ授業を受けるのですから、、「>GPAが2.30以上であること」の為には、それなりの勉強が必要でしょう。

GPAの評価方法は、留学先の国によって、また、同じ国でも、州や学校によっても、評価基準に違いがありますし、学校のレベルによっても、取れるGPAは違って来ると思いますので、「>GPA2.30以上とはどれ位大変なんでしょうか?」と言う質問に答えるのは、難しいのではないかと思います。

唯、アメリカの一般的なGPAの評価でみると、「>GPAが2.30以上であること」というのは、大雑把に言って、「中位(C)」の成績ではないでしょうか。
ハイスクールや大学では、成績評価(A,B,C,D、F)に対して...続きを読む

Q米国(オハイオ検討)大学院(文系)の入学選考基準等

ピンからキリまであるでしょうが、下位の方の大学でも良いので、オハイオ州(近辺含む)にある州立大学大学院に入るためには、どのような選考基準または難易度をクリアしなければならないのでしょうか。具体的にお願い致します。
(TOEFLで要求されるスコアなど。また、語学力以外でも何か審査されるのでしょうか。) 因みに、私はずっと日本在住で、これから某私立大学文学部英語系統に通う者です。まだ先の話ですが、私にとっては重要な話なので質問させて頂きました。(交際しているオハイオの米国人女性と結婚する目標があり、現地就職を希望している為) 大学院での専攻は、経営学(MBA)か言語学などを検討しております。(ただ言語学は実用的では無さそうなので民間の世界で活かせるかちょっと疑問) どうぞ宜しくお願い致します。
補足:知恵袋で回答頂いた際、日本人で下位の大学のMBAのみや言語学専攻では就職が厳しいみたいなことを言われました。何故米国(下位の州立)のMBAだけでは通用しないのでしょうか。米国のMBA取得後に更に米国公認会計士の資格を取得せよという意味ですよね?(知恵袋での回答者に向けた補足質問と同じ)ただし、私には米国の大学院(修士)に一度通うだけでも経済的に精一杯です。因みに、中上位の大学ならMBAが通用しますよね。それから、詰まる所、米国大学院(修士)で英語関係を専攻した後には、米国(おそらくオハイオ含む近辺)において民間の世界(公務員含む)で働くのは難しいということでしょうか。また、代替策(専攻について)は何かないでしょうか。おそらく、法学は現地で学位取得しても日本人ということで少なからず不利でしょうが…(彼女が法学部なのでこの話題をふりました。)

ピンからキリまであるでしょうが、下位の方の大学でも良いので、オハイオ州(近辺含む)にある州立大学大学院に入るためには、どのような選考基準または難易度をクリアしなければならないのでしょうか。具体的にお願い致します。
(TOEFLで要求されるスコアなど。また、語学力以外でも何か審査されるのでしょうか。) 因みに、私はずっと日本在住で、これから某私立大学文学部英語系統に通う者です。まだ先の話ですが、私にとっては重要な話なので質問させて頂きました。(交際しているオハイオの米国人女性と結婚...続きを読む

Aベストアンサー

オハイオと言えばオハイ・オステート・コロンバスです。(私はカレッジ・スポーツのファンなのです。)

以下、フィシャー。カレッジのMBAプログラムの卒業生(アルムナイ)のウェブサイトです。日本人の方が二人いますが、どちらも日本で就職をなさっているようです。

http://fisher.osu.edu/ftmba/index.php?page=Alumni

こちらには、だいたいのMBAプログラムのアドミッション・プロセスの流れが書いてあります。MGATなるテストを受けるようですね。

https://fisher.osu.edu/blogs/ftmba-admissions/tag/graduate-management-admission-test/

こちらが、MBAプログラムの総合ウェブサイトです。

http://www.osu.edu/search/index.php

こちらは貴方のおっしゃっている”中上位の”大学です。ウォールストリートの投資会社は無理のようですが、一般の会社のマーケティング・ファイナンシァル・プラニングあたりに就職が決まるようですね。

コロンバス・キャンパスのフィシャー・カレッジが難しそうでしたら、州内にいくつか分校がありますから、そこを見てみましょう。

最後に、このランクのアメリカの修士課程では、本人の適正がものを言います。ご自分が本当に学んでみたいカレッジに進学しないと、いくら勉強しても卒業できないない可能性が大きいです。

LinguisticsとBusiness Administrationでは180度方向が違っています。MBAを目指していた、アメリカ人の姪はどうしても統計学が出来なくて、確か、教育学に変更して、高校の先生をしております。

お送りしたウェブサイトをご覧になって、Admission Officeにイーメイルを送って、MBAのプログラムに申し込む必要条項をしっかりと確かめてみてください。果たして、英文科のBAで資格があるかどうか、聞いて見られるといいと思います。日本人で、Linguisticsをお取りになるなら、日本語を教えるようになるでしょう。大学で在学中にアシスタントとして働けますので、経済的な助けになります。

お友達がLaw Schoolにいらっしゃるなら、聞いてご覧になるといいと思います。Law Schoolは入学してからが大変ですので、覚悟してください。

オハイオと言えばオハイ・オステート・コロンバスです。(私はカレッジ・スポーツのファンなのです。)

以下、フィシャー。カレッジのMBAプログラムの卒業生(アルムナイ)のウェブサイトです。日本人の方が二人いますが、どちらも日本で就職をなさっているようです。

http://fisher.osu.edu/ftmba/index.php?page=Alumni

こちらには、だいたいのMBAプログラムのアドミッション・プロセスの流れが書いてあります。MGATなるテストを受けるようですね。

https://fisher.osu.edu/blogs/ftmba-admissions/t...続きを読む

QMBA留学 GPA計算について

数年後にMBA留学を考えている現在大学4年生です。
MBA留学におけるGPAの計算について伺いたいと思います。

私の大学では成績のランクがABCDEとあり、A(優)B(良)C(可)D(不可)となっているのですが、GPAを求める際には「D(不可)」も計算に入れるのでしょうか?

最近学校が発行する英文の成績証明書を見たのですが、「D(不可)」の表記がなく、修得した単位のみの成績しか掲載されていなかったので疑問に思いました。

今の状態では「D(不可)」を含むのと含まないので差がかなり開くので、今のうちに知りたいです。

もしかしたら在学中に受け取る成績証明書と卒業後に受け取る成績証明書は異なったりするのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ビジネススクール留学経験者です。

成績をGPAに換算する方法は大学によって異なるので、ご在籍されている大学の事務局に確認なさったほうがよろしいかと思います。

一般的には、下記のとおりです。

・成績証明に修得した単位のみの成績が記載されている場合、不可はGPAの計算に入れない。

・在学中に記載されていない不可の科目が卒業後に受け取る成績証明には記載されている、ということは無い。

なお、ビジネススクールにもよりますが、選考にあたってGPAの点数はそんなに重要なファクターではありません(ヨーロッパでは3.3以上とか3.5以上とかを求める学校がたまにありますが)。

ご参考になれば幸いです。
では。

参考URL:http://www.fulbright.jp/j4/t1-college12.html

Q 米MBAを取れば世界の企業で働けるのでしょうか?

 世界の企業(イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ギリシャ、エジプト、トルコ、ロシア...etc)を転職しながら働くためにはどうすればよいでしょうか?僕が考えたのは、世界のどこに行っても通用する資格を取るという事で、具体的には米MBAを取得すればよいのではないかと思っているのですが他にどんな方法、資格があるでしょうか?ちなみに今は19歳の浪人生ですが本当に世界で働いてみたく、将来について毎日真剣に悩んでいます。どうすればよいのかご指導、何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.4の質問への回答です。

>TOFULが一番重要に見えるのですが

TOFUL→TOEFLです。
TOEFLは必要不可欠ですが、「一番重要」ではありません。TOEFLはあくまでも外国人のためのacademic englishの能力テストで、授業についていく手段が備わっているかどうかを見るものです。足きりに使われる程度ですから要求される点数(最低でも250)は絶対必要ですが、たとえ満点(300点)を取っていても、それだけではもちろん入学は許可されません。
試験で言えば、MBAに必要なのはGMATのほうでしょう。

>1、日本の大学に入り、TOFULで高得点をとり教授に推薦状を書いてもらえば大丈夫か。

もっとMBAについて基本を学んでください。
出願に必要なのは、エッセイ(キャリア実績を含む)>大学の成績 >教授・上司の推薦状>GMAT>TOEFLです。それらを総合的に判断して合否が決まります。
(一応重要な順に並べましたが、異論があるかもしれません。経験者の方のフォローがあれば。)

>そしてTOFUL等で高得点と取ればよいのであってビジネススクールに入るためにはまだ専門的な知識は必要ないのか。

何度もいいますがTOEFLは必要条件で十分条件ではありません。専門的な知識というのがビジネスの知識という意味でしたら、必要だと思います。たとえばミクロ・マクロ経済やアカウンティング(いずれもビジネス学部では必須) などは最低学部時代に勉強している必要があります。できれば学部もビジネス系がのぞましく、また職務経験は必要条件ではありませんが十分条件(ないとかなりきつい)です。

>2、この場合(1の場合)、高校の時の成績、大学での成績、出身大学のレベル(夜間も含めて)は関係あるのか。

一流のMBAに入学するためには大学の成績(GPA)は重要でしょう。最低でも3.5以上は必要です。中堅レベルでも一般にGPA3.3はないと厳しいようです。高校の成績までは必要ないのでは?出身大学のレベルよりも、どの学部でどのような専攻をし、大学内でトップグループに入っているほうが有利です。また、キャリアがないのであれば大学在学中から社会的にどのような活動をしたか(インターンや個人的に商売を経験したとか)が必要なのでは?

>3、大学は編入したほうがより有利になるか。(それは確かに自分にかかってくると思うのですが、語学学校へ行ったり宿題だったりと日本の大学のほうが逆にTOFUL対策できるような気がします。しかしリスニング力が非常につくというメリットも。TOFUL対策が十分できる学校ならばよいのですがなかなか日本にいたのではどういう校風の学校かわかりませんよね。つまりリスニング力を磨くため編入したはいいが、逆にTOFULの勉強(リスニング力を除く)や論文がおろそかになってしまうリスクがあるわけです。)

「アメリカの大学に」編入、という意味でしょうか?この質問では、とにかくTOEFLにこだわっていらっしゃるようですが、1でお答えしたように、TOEFLはビジネスとは何の関係もありません、単なる英語力です。また、アメリカの大学に行くのは決してTOEFLのスコアアップ対策のために行くものでもありません。というより、もともとTOEFLがなければ学部にすら入学できません。学部でアメリカの大学に編入するメリットは、英語でビジネスの基礎を学べるという点です。それは有利になるかもしれません。

>4、またこの場合、高校の時の成績、大学での成績、出身大学のレベル(夜間も含めて)は関係あるのか。

アメリカの大学に編入する場合に重要なのは 大学での成績(学年によっては高校の成績も)>エッセイ>推薦状(必要ない大学もある)>TOEFL(場合によってはSATも)です。大学のレベルは重要ではありませんが、ある程度のGPAは必要です。


★最後に、個人的意見ですが、まだ高校を卒業したばかりで大学教育も受けていないので、「世界を渡り歩きたい」という壮大な言葉でしか夢を表現できないのは仕方ないかなと思います。

しかし、社会経験がない人がなぜ不利かというと、1の答えで書いたようなMBA入学に最も重要な「エッセイ」に書くべきものがないからです。抽象的な具体的体験のない知識では、合格を勝ち取るようなエッセイはかけないでしょう。「世界を渡り歩くビジネスマンになりたい」・・・ではエッセイの点数0点ですよ?

夢は夢で、現実には具体的な積み重ねが必要です。まずは(「一番重要」ではなくて「最低必要」な)TOEFLの勉強をしてはいかがですか?大学院に入るための250以上という点は、かなりがんばらないと取れません。そして大学(日米どちらでも) でビジネス分野の勉強に力を入れて、トップの成績を狙う。在学中も社会活動を積極的にやる。GMAT対策の勉強をする、できれば卒業後に資金稼ぎも含めビジネスの修行を積めるような企業に勤めて実体験を積む・・・・・・・MBAに出願するのはその後で十分だと思います。

日本の企業の中には、MBAへの社費留学制度がある会社もたくさんあります。私の身内も(日本の)大学卒業後5年目に社費留学でケロッグ・スクールでMBAをとりました。MBA学生の平均年齢は30歳前後ではないでしょうか。あせる必要はありません。これから十年計画で、自分の夢に具体性をつけてください。まずは、大学学部での勉強がんばってください。

また、こちらも参考になるURLを載せておきます。

参考URL:http://www.business-paradigm.com/mba_top.html

No.4の質問への回答です。

>TOFULが一番重要に見えるのですが

TOFUL→TOEFLです。
TOEFLは必要不可欠ですが、「一番重要」ではありません。TOEFLはあくまでも外国人のためのacademic englishの能力テストで、授業についていく手段が備わっているかどうかを見るものです。足きりに使われる程度ですから要求される点数(最低でも250)は絶対必要ですが、たとえ満点(300点)を取っていても、それだけではもちろん入学は許可されません。
試験で言えば、MBAに必要なのはGMATのほうでしょう。

>1、日...続きを読む

QGPAの評価基準と留学について

自分の大学では成績が優良可ではなくSABC(4321)で評価されています。90点以上でSになると思うのですが、この大学では約20%~30%の人しかSを取ることができないとある先生から聞きました。実際これは他大学の場合どうなのでしょうか?以上のことが本当だと考えると90点以上の人でも相対制度になっていてSを取ることができない人も出るということになります。これは優良可の旧制度と比べるとかなり不公平にも感じるのですがいかかでしょうか・・・。
またアメリカの有名大学院の留学にはGPAが3・5以上ないといけないというのは本当でしょうか?自分の場合卒業して就職してからMBAかMPAを考えています。就職してブランクが空いてもGPAは重視されるのですか?ちなみに現在自分のGPAは基準地に達していません。よろしければ参考URLもお願いします。

Aベストアンサー

私が現在通っている大学でもGPAは採用されていて、ABCDF(FはFailのFとも言われる)で評価されます。旧制度に比べて不公平というのはあるかもしれませんが、それを考えていても何も始まりません。何も変わらないですよね。今できることをやってGPAを上げる努力をすべきだと思います。

アメリカの有名大学院へは確かに高いGPAは要求されると思います。UCLAにいる友達で、ロースクールをめざしている友達がいますが、GPAは4.0がミニマムで、さらに入学試験(名前は忘れましたが)の結果で決まるそうです。ただ、留学生にとってやはりやっかいなのは、TOEFLとGMATまたはGREだと思います。TOEFLは確実に600点(250点)は必要でしょうし、MBAならGMATでの高い得点が必要です。このGMATやGREがTOEFLと比べものにならないくらい厄介だという話です。今から勉強しておくことをお勧めしておきます。

アメリカの大学院は一度大学を出て3年ほど職歴を経験した人を好むといわれています。逆にストレートではなかなか入れないということでしょう。一旦就職しても院を受験するときは大学のGPAは必ず必要です。

私が現在通っている大学でもGPAは採用されていて、ABCDF(FはFailのFとも言われる)で評価されます。旧制度に比べて不公平というのはあるかもしれませんが、それを考えていても何も始まりません。何も変わらないですよね。今できることをやってGPAを上げる努力をすべきだと思います。

アメリカの有名大学院へは確かに高いGPAは要求されると思います。UCLAにいる友達で、ロースクールをめざしている友達がいますが、GPAは4.0がミニマムで、さらに入学試験(名前は忘れましたが)の結果で...続きを読む

Qアメリカ大学院MBAの出願期間

MBAに出願しようと考えています。出願期間が11/1~11/30、6/1~6/30、8/1~8/31となっていると学校の開始時期が異なるということになるのでしょうか。もしくは1次選考軍、2次選考軍、3次選考軍というように(企業の就職試験のように)、選考を数回にわけて行っているだけで、学業開始のタイミングは一斉スタートということでしょうか。

Aベストアンサー

>MBAプログラムに設定された複数の出願締め切りを理解する

これには、2つのパターンがあります:

1)異なるセメスターに入学するために出願締め切りが複数ある場合(例えば、1月入学のための秋締め切り、9月入学のための冬締め切り、など)
2)同時期に入学するが、出願締め切りが複数ある場合(例えば、11月、1月、3月の締め切りがあっても全て秋入学、など)

学校ごとに異なりますので、質問者さんの投稿からだけでは、この2つのパターンのうちのどちらなのかというのを判断しかねます。正確に判断するためには学校のHPで確認する必要がありますが、あくまで私の推測としては、これだけ出願締め切りが離れていますので、パターン1)なのではないかと思います。

Q日本の高校からアメリカの大学へ留学をしたいのですが、Weighted GPAとClass Rankについて教えてください。

現在高校三年生で、来年秋からのアメリカ大学留学を考えている者です。
TOEFLやSATに関しては問題なさそうなのですが、成績証明書について分からないところがあるので教えていただけないでしょうか?
高校は進学校で日本で言う評定平均は4.7、GPAだと3.5程度です。

------------------------------------------------
 Weighted GPAについて

 日本の高校数学のレベルはアメリカの物と随分違っていると思います。アメリカの高校で大学レベルの内容を学ぶAPクラスを取れば、Weighted GPAとして5段階評価になると書いてあったのですが、日本の高校にそれは当てはまらないのでしょうか?「認定制度の面からみれば日本の高校はUn-weightedでしかないので、4段階で記入し、あとは調査書に特記するぐらいしかない」と聞いたのですが、

(1)まず根本的な話として、日本の高校数学の単元内容は特記できるレベルなのでしょうか?
もしそうなのであれば、
(2)日本の高校数学 [IA、IIB、IIIC] のうち、どこからが対象となるのでしょうか?科目はすべて履修しています。
------------------------------------------------
 Class Rank(学年順位)について

(3)Class Rankとは、
1:3年もしくは4年間のGPAによるトータルでの学年順位
2:学期(年度?)ごとに算出される学年順位の最新のもの
3:高校が上記のような基準で自由に判断してよい
これらのうち、どれを意味するのでしょうか?また、いずれの場合においても学校側の署名さえあれば評価基準等の記載は必要ないのでしょうか?
------------------------------------------------
 調査書のフォーマットについて

(4)各高校で調査書のフォーマットが異なると思いますが、最低限、各学年ごとの各科目の評定(つまり5段階評価を4段階に直したもの)とそれらの修得単位が書いてあれば、評点(0~100点まで)は記入しなくていいのでしょうか?
 また、
(5)大学の定める必修科目以外の評定(体育、情報、家庭科など)の記載は自由なのでしょうか?
(6)中学校の調査書は添えたほうがいいのでしょうか?
------------------------------------------------
質問が多くなってしまいましたが、「自分はこうした」という情報でも良いので、一つでも答えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

現在高校三年生で、来年秋からのアメリカ大学留学を考えている者です。
TOEFLやSATに関しては問題なさそうなのですが、成績証明書について分からないところがあるので教えていただけないでしょうか?
高校は進学校で日本で言う評定平均は4.7、GPAだと3.5程度です。

------------------------------------------------
 Weighted GPAについて

 日本の高校数学のレベルはアメリカの物と随分違っていると思います。アメリカの高校で大学レベルの内容を学ぶAPクラスを取れば、Weighted GPAとして5段階評価...続きを読む

Aベストアンサー

良く研究されてますね。感心しました。
まず数学のAPについてですが、日本の科目と内容が重なりそうなものは
微分積分です。私は数学のIIICがそれに相当するのかどうか判りませんが、この科目が微積をカバーしているなら、これがAP-
Calculusに相当すると思います。したがって、この件を備考としてGPAの記載に付帯しておけばどうでしょうか?

このWeighted GPAの計算は各大学ごとにその基準が違いますし、日本の数IIIをどう認定するかも大学によって、異なると思います。

Class Rankingは入学申請の直前の学期の順位です。したがってアメリカですと、Junior(3年)後期の時の順位となります。しかし、この順位を出さない高校もありますので、もし順位が学校で出ていなければ、その旨を記載すればよいと思います。この順位はGPAから算出されることもあり、5位が10人いたりすることがあります。また、学校によっては、Unweighted GPAで順位を決めるところもありますので、順位がかならずしも学力の順番ではないこともあります。この学年順位ではTop10%というのが、一つの基準となっています。

調査書というのは、いわゆる成績表のことでしょうか。もしそうだとしたら、カリフォルニアの公立高校の成績表では履修科目すべてとそれぞれの科目の成績(ABCDF)が記されています。ここにはそんぞれの科目についての成績から割り出されたGPAも記載されていますが点数は記載されていません。この成績表を見て、大学はそれぞれ独自の方法でWeighted GPAを算出します。したがって、必須、選択にかかわらず履修した科目すべてについての情報の提出が必要だと思います。

大学の定める必須履修科目というのは、これだけは最低履修しなければ、
入学資格はありませんということです。難関の大学であるほど、この必須科目の数をこえた履修をしている受験生が多くなります。

中学で、もしも高校レベルのクラスをとったのであれば、別ですが、日本の場合には、それはないでしょうから、普通はそこからの成績は必要はないと思います。

一応、子供の受験の時を思い出しながら、お答えしましたが、やはりそれぞれの大学では独自の条件もあるでしょうから、その大学のHPのAdmissionで確認されることをお勧めします。

良く研究されてますね。感心しました。
まず数学のAPについてですが、日本の科目と内容が重なりそうなものは
微分積分です。私は数学のIIICがそれに相当するのかどうか判りませんが、この科目が微積をカバーしているなら、これがAP-
Calculusに相当すると思います。したがって、この件を備考としてGPAの記載に付帯しておけばどうでしょうか?

このWeighted GPAの計算は各大学ごとにその基準が違いますし、日本の数IIIをどう認定するかも大学によって、異なると思います...続きを読む

Qアメリカの大学院への入学

できたら留学経験おありの方でお願いします。

今現在コミュニティカレッジに通っている者なのですが、4年制大への編入、さらに大学院進学まで考えています。

そこで質問なのですが、院に入るときに、

(1)4大までの自分のメジャーを変えてもよいのか?
(2)そこまでレベルの高くない(GPAが稼ぎやすい)4大でいい成績を収めて、専門性の高い院に進むことができるのでしょうか? 例えば、 カリフォルニアのCSUの4大からUCバークレーの大学院など。
(3)4大を出た後に一端働いてから(例えば10年後とかでも)院に入ることはできますか?

質問が3つになってしまってすみません。どれか1つでもいいんで教えていただけるのがあったらお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

1) 院入学時にメジャーを変えるときは、院の学部が要求するRequirementの単位を取得していることが条件です。これは、Admissionのサイトに書いてあります。
日本で英文科を出た友人は、語学学校の後に美術史の院に進学しようとして、大学時に美術史関連の必要単位を履修していないと蹴られました。しかし、同じ英文科卒で、教育学の院へ問題なく入学できた友人もおります。
先に行きたい大学の必要単位を調べ、4大で全て満たしておくことが大切です。

2) レベルの高い院への入学選考は、GPAの点数、GREの点数、推薦状、大学時の活動(クラブ活動、コンテスト入選、ボランティアなど)などを総合して判断されます。ただし、学校によって基準は異なります。
私が入学した院では、GPAと推薦状が重視され、GREは参考程度で人並みの点数さえあればいいとのことでした。
中堅大学からハーバードのLaw Schoolへ入学できたアメリカ人の友人は、GPAとLSATの高得点が決め手だったと言ってます。

3) アメリカの院はいくつになっても入学が可能です。MBAなど、学部によっては、入学選考に社会経験も加味されます。リタイア後のシニアから大学卒業したての22歳までバラエティに富んでますよ。

院目指して、がんばってくださいね。

こんにちは。

1) 院入学時にメジャーを変えるときは、院の学部が要求するRequirementの単位を取得していることが条件です。これは、Admissionのサイトに書いてあります。
日本で英文科を出た友人は、語学学校の後に美術史の院に進学しようとして、大学時に美術史関連の必要単位を履修していないと蹴られました。しかし、同じ英文科卒で、教育学の院へ問題なく入学できた友人もおります。
先に行きたい大学の必要単位を調べ、4大で全て満たしておくことが大切です。

2) レベルの高い院への入学選考は、G...続きを読む

Q大学留学に向けて GPAか教科のバランスか…

私は今高2で、アメリカのリベラルアーツ大学に進学することを目標にしていますが、GPAがいま一つなのが心懸かりです。
GPAがぱっとしない大きな要因は数学の成績が悪いことです。
私の高校では、3年次の授業が半分以上選択科目です。
数学の授業をとらないことも可能です。
ここで数学の授業をとらず、GPAを高くするか、
多少苦手でもバランスよく学習したという記録を残すために、数学の授業をとるか…。
リベラルアーツに出願する予定なので、GPAの数字だけを見られるということはないと思っています。また現在の志望校にはそのような条件はないのですが、欲が出て上の方を狙いたくなったとき、数学は何年間履修していなければ…という可能性もあるかな、と思っています。

大学の入学審査官はどちらに高い評価をすると思われますか?どちらがよりよい選択だと思われますか?
皆さまのお考えをお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

アメリカの大学入学説明会に出席すると、易しい科目を履修しての高いGPAか、難しい科目を履修してのやや低めのGPAか、どちらが大学入学に有利かという質問がよくあります。私が数回出席した説明会の中での入学審査担当者の説明によると、より難しい科目にチャレンジしてBの成績の生徒を、易しい科目をとってAの成績の生徒より高く評価するというのが統一した見解でした。ただ、私見ですが、このチャレンジの結果の成績がC=3ではまずいとは感じます。

したがって、数3Bで5段階評価の4が取れる自信があるのであれば、この履修をお勧めしますが、それ以下の成績が予想されるのであればほかの科目をとられたほうが良いと、私は思います。

私の子供は、リベラルアーツカレッジの学生ですが、ここの場合には、受験生のほとんど全てが日本の数3Bレベルの数学(Calclus BC)を高校でおえています。大学が公表している、入学要件としての高校の履修科目は必要最低線のものですから、実際に受験する高校生はそれを上回るレベルあるいは数の科目を履修していると思われたほうがいいと思います。

たしかに、リベラルアーツカレッジの入学審査はほかにくらべて「全人審査」の傾向が強いのですが、それもSAT,GPA,学年順位といった大学が要求する学力の最低要件のクリアした後でのことです。その要件をクリアしたうえで、ほかの才能、能力、資質などで大学社会の必要に寄与できるものがあるかどうかの審査となります。したがって、入学できたら、自分がその大学社会にどう貢献できるのかという視点で自己評価を一度されてみることもお勧めします。たぶん、それはエッセイを書く際に役に立つと思います。

留学生の場合には、TOEFLもそうですが、英語でのSATといった厚い壁もあります。ご健闘を。

アメリカの大学入学説明会に出席すると、易しい科目を履修しての高いGPAか、難しい科目を履修してのやや低めのGPAか、どちらが大学入学に有利かという質問がよくあります。私が数回出席した説明会の中での入学審査担当者の説明によると、より難しい科目にチャレンジしてBの成績の生徒を、易しい科目をとってAの成績の生徒より高く評価するというのが統一した見解でした。ただ、私見ですが、このチャレンジの結果の成績がC=3ではまずいとは感じます。

したがって、数3Bで5段階評価の4が取れる自信があるの...続きを読む

QOxford/Cambridge大学院入学条件

現在、イギリスのとある大学の哲学科に籍を置くもので、タイトルの大学の修士課程に進学を考えています。書類などの事務的な条件は把握しておりますが、具体的な成績の条件や留学生枠の難易度など、もしどなたか詳しくご存知でしたら、ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

イギリスの大学で学位を取得するという前提での回答になります。一般的に成績はいわゆる First Class (70点以上)あるいは Upper Second Class のなかでも平均成績が67から69点の間が入学条件になることが多いです。67点以下だとかなり厳しいです。でも学科によっても違うので個別に調べてください。点数同様に重要なのが、現在の大学にいる教授からの推薦状(2通ないし3通)です。またカレッジも選ばなければいけません。有名なカレッジほど競争率が高いです。学部生と比べると、院生にとっては学部・学科のほうが重要ですが、それでも学生寮や図書館の蔵書数などの点で差があるので、充分に考えてください。留学生枠というのはありませんが、現在の財政状況から海外生(oversees)は高い授業料を払うので、どちらかというと歓迎されますが、イギリスの学生と同等の入学資格が求められます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報