ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

初めての質問なので文章がわかりにくかったらすいません。今度ガールズバーを立ち上げる事になりオーナーはいるのですが知り合って間もない方なので個人としてはリスクをあまり背をってまでやりたいとは思っていません。新会社を設立するにあたってオーナーは社長やりたくてないようで私に社長をするようにいってきました。リスクを背をいたくないという相談をしたところオーナーが代表取締役会長をやって融資を受ける際は別で保証人を用意するから只の社長であればリスクは無いといわれたのですが本当にそうなんでしょうか?会社設立にたいして印鑑証明を用意するようにいわれたのですが本当に必要かどうかもあわせてお伺いできればと思います。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>只の社長



これは、代表権の無い取締役社長ということでしょうか?
でしたら、会社役員なので、立派な経営者一族とみなされます。
万が一のリスクは覚悟する必要があると思います。(印鑑証明が必要ということは、おそらくそういったことかと。)

仮に、融資の保証人などは、保証代行会社などを使ったと仮定し田として、万が一の顧客とのトラブル時などは、さすがに回避は難しいのでは?あくまで仮定ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2009/01/04 13:43

一度これを読まれておいては?


http://afoafodayo.blog84.fc2.com/blog-entry-522. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。今携帯からなので一度パソコンから確認させて頂きます。

お礼日時:2009/01/03 03:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q主人が雇われ社長をしていますが。。

主人が雇われ社長をしていますが。。
前社長が、何かの罰則をもらい、会社の運営がこのままでは維持する事ができなくなり、代表取締役となりました。
前社長は、オーナー、コンサルとして契約し、会社から、月180万円の報酬をもらっています。
なんの、罰則かも、わからず、取締役交代も、銀行から許可も下りるわけもないので、交代できず、困っています。
実務はコンサルも、しておらず、、会社の数字だけは自分で管理しているようです。
ゆずらないそうです。。
ちなみに、主人の手取り額は38万円。
会社事態は赤字ではありませんが、ボーナスの支給もオーナーが決めており、社員の士気も下がってしまい、
会社の将来が不安です。
どうにか、アドバイスしてくださる方がいたら、幸いです。

Aベストアンサー

内容が良く把握できませんが、前社長が代表でいると不都合な刑事罰か何かを課せられていて、ご主人が雇われ社長(名義貸しみたいに)なっているのですか。また、ご主人が代表取締役の時(今も)に銀行から融資を受けていて、連帯保証人となっているので、銀行から役員変更の許可が下りないという意味なのでしょうか。また、代表取締役を辞めたいのか、会社を辞めたいのか、継続して勤めたいのか、社長としての実権を握って会社を経営したいのか、が分かりませんね。
もうひとつは上記の内容ですと、オーナーはコンサルタントとして月180万の報酬で、ご主人は雇われといえ社長なのに手取り38万がおかしいと思っているのか・・・

1.オーナーがコンサルとして報酬を得ている事は何ら問題はないと思います。実権はオーナー、実態もオーナーが全てを行い、数字も管理していますから呼び名の如何を問わず実際の社長ですよね。
2.銀行の許可を取って役員変更をする事はありません。唯一の理由はご主人が、会社の借入について、連帯保証人となっているケースです。
代表取締役は辞任届を提出する事で辞められますが、連帯保証人は銀行の許可を得ないと辞められません。ご主人が連帯保証人になっていると会社を辞めても連帯保証人の責任は残ります(その金銭消費貸借契約が終了するまで)ので注意して下さい。
3.状況から言って、同族会社であると考えられるので、オーナーから会社の実権を奪う事は不可能です。
よって、ご主人がまだ会社に勤めていたいと思っており、内情や経営状況を心配しているのであれば、オーナーと話し合いを持つしかないでしょうし、会社を辞めたいなら、代表を辞任して退職するしかないと思います。ただこのご時世で辞めるのは勧められませんし・・・
とにかく、雇われ社長で一番やってはならない事は会社の借入の連帯保証人なることです。
出来れば、代表もオーナーの親族になってもらった方がいいでしょう。
質問の趣旨が良くわからないので、回答もこんな形になってしまいました。すいません。

内容が良く把握できませんが、前社長が代表でいると不都合な刑事罰か何かを課せられていて、ご主人が雇われ社長(名義貸しみたいに)なっているのですか。また、ご主人が代表取締役の時(今も)に銀行から融資を受けていて、連帯保証人となっているので、銀行から役員変更の許可が下りないという意味なのでしょうか。また、代表取締役を辞めたいのか、会社を辞めたいのか、継続して勤めたいのか、社長としての実権を握って会社を経営したいのか、が分かりませんね。
もうひとつは上記の内容ですと、オーナーはコンサル...続きを読む

Qこんな社長の年収はいくらですか?

年間の売り上げから従業員の給料や来年に事業をするのに必要な経費を

引いた額が全部社長の取り分ですか?

例えば売り上げが10億くらいの会社の社長や役員は年収いくらになるんですか?

Aベストアンサー

売上が10億円の企業の社長の年収がいくらかというのは、一概に言えないと思います。おっしゃる通り、売上から原価を含む諸経費を差し引いても十分に利益が出るようなら、いくら社長が収入を貰ってもいいと思いますが、それは社長=株主の場合です。つまり正確に言えば、役員報酬は株主総会で大枠が定められるものであり、社長が雇われ社長であれば、当然、それほど収入を得られないと思います。現実的には、私の知っている売上が10億円くらいの企業の社長は、だいたい10百万円くらいですかね。勿論、各企業の諸事情がありますので、売上3~4億円でも10百万円以上貰っている人もいれば、売上20~30億円でも数百万円しか貰っていない人もいます。やっぱり、なかなか回答が難しい問題ですね。

Q代表取締役(雇われ)を辞めさせてもらえません。

現在、雇われ社長をしております。
利益が出てない状況が続いていたり、私の知らないところで契約が巻かれていたりとこの先不安材料が多すぎるため代表取締役の辞任したいと考えております。

私はA社の社員として入社しました。1年半前に事業部を分社化(A社社長の意向)し
B社を設立。その当時の部長が就任したのですが、今年の7月に退社し、後任者として代表取締役をやってくれないかと打診があり、他に適任者がいない状況だったため引き受けました。すでに売り上げはマイナスです。

辞任の意識を伝えたところ、この状況でやめられたら困る。
ここまで掛かった費用や売り上げのマイナス分はどう責任とるつもりだ?
そういう発言をするなら、出るとこ出るし、こっちにだって考えがある。と脅し文句のようにたたみかけてきて辞めさせてもらえません。

現状の問題点が3つあります。
1)オーナーの指示でB社の社員を即日解雇。解雇予告手当や給料を支払っていません。
この状況では代表取締役を辞任出来ないのでしょうか?

2)不正を起こしたり、業務怠慢などはありませんが、どこまで責任追求されるのでしょうか?
ちなみに連帯保証人などにはなっておりません。

3)実質上の経営はオーナーですが、定款の株主は前代表取締役(すでに退社)になっています。※オーナーが出資し株主の名前を前代表取締役にしています。取締役会設置会社ではないのですが、このような場合だと後任者が見つからないまで辞任出来ないのでしょうか?

長文で申し訳ございません。
代表取締役を辞任出来ないだけではなく、雇用側だからという理由で給料も頂けてません。
もちろん、払われない立場なのは承知しているのですが、やめれない、所得もないとい状況をいち早く変えたいと考え、相談させていただきました。

お答えいただけると幸いです。よろしくお願いします。

現在、雇われ社長をしております。
利益が出てない状況が続いていたり、私の知らないところで契約が巻かれていたりとこの先不安材料が多すぎるため代表取締役の辞任したいと考えております。

私はA社の社員として入社しました。1年半前に事業部を分社化(A社社長の意向)し
B社を設立。その当時の部長が就任したのですが、今年の7月に退社し、後任者として代表取締役をやってくれないかと打診があり、他に適任者がいない状況だったため引き受けました。すでに売り上げはマイナスです。

辞任の意識を伝えたところ、...続きを読む

Aベストアンサー

このあたりが参考になると思います。

http://www.ishioroshi.com/btob/kaisetuyakuin_01torishimariyaku_tainin.html

要は、
1.いつでも辞任は出来る。会社に対し、辞任したい旨の意思表示をすれば、辞任の効力が生じる。代表取締役の場合は、取締役会で正式に辞任し後任を決めるか、他の取締役全員に辞任意志が了知されれば良い。

2.しかし辞任が会社にとって不利な時期だと、損害賠償請求を受ける可能性がある。また辞任によって、取締役の最低人数を欠く場合、辞任した取締役が、新たに選任された取締役が就職するまでの間、取締役としての権利義務を有する。

3.第三者に対する責任において、取締役の退任登記が必要となる。登記してもらえない場合は訴訟をおこすか、問題となりそうな第三者に辞任の事実を伝えておく。

といったことのようです。

今後のトラブルに備え、自分は「名ばかり社長」であり、実質的な経営権はオーナーが握っていたという事実が証明できるよう準備しておくことが必要です。
メモでも日記でも良いので、オーナーの発言と日時が分かるものを用意しておくと、いざという時役に立つかも知れません。

このあたりが参考になると思います。

http://www.ishioroshi.com/btob/kaisetuyakuin_01torishimariyaku_tainin.html

要は、
1.いつでも辞任は出来る。会社に対し、辞任したい旨の意思表示をすれば、辞任の効力が生じる。代表取締役の場合は、取締役会で正式に辞任し後任を決めるか、他の取締役全員に辞任意志が了知されれば良い。

2.しかし辞任が会社にとって不利な時期だと、損害賠償請求を受ける可能性がある。また辞任によって、取締役の最低人数を欠く場合、辞任した取締役が、新たに選任された取締役...続きを読む


人気Q&Aランキング