源頼朝と平清盛の性格を教えてください!また2人の共通点と相違点も教えてください。それとどちらの人物に軍配をあげますか?できれば、その基準と事実、その理由を教えてください。お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>源頼朝と平清盛の性格を教えてください!また2人の共通点と相違点も教えてください。

それとどちらの人物に軍配をあげますか?できれば、その基準と事実、その理由を教えてください。お願いします

共通点
学説もいろいろありますが、武家政権の創設者である事。
中央軍事貴族、武家の棟梁の出身。

相違点
清盛=平家物語の記述で大いに損をしているようですが、とても思い遣りのある人物であったようです。冬の寒い日には宿直の者を自分と一緒に寝せてやり、朝早く自分だけが起きたときにはそっと抜け出し、宿直者を遅くまで寝せてやったりしたそうです。松殿関白に乱暴した殿下乗合事件も平家物語では清盛の命令のようになっていますが、本来は重盛の命令で、清盛は批判的であったそうです。
頼朝=非常に猜疑心が強く、多くの人間がその猜疑心により殺されています。また、責任転嫁の癖があって、清水冠者義高を自分の命令で殺させたにもかかわらず、娘の大姫や北条政子に抗議されると、実行者のせいにして殺したりしています。
どちらかというと清盛のほうが仕えやすい上司のように思います。

参考まで。
    • good
    • 0

人情としては、平清盛ですが…。

私は神戸出身なので、中学生時代から、源平特に平氏の史跡を見て回りましたから。神戸市民には平氏贔屓が多いし、そもそも、今の神戸市の元を築いたのは平清盛ですから(ただし、狭い地名としては、「神戸」ではなく、隣の「兵庫」ですが)。

しかし、客観的に見れば、源頼朝に軍配を上げざるを得ません。両者とも武士ですが、平清盛は武士を捨て、公家の枠組みの中で政権を握ったのに対し、源頼朝は独自の武家政権を樹立したのですから。しかも、「源氏の貴公子」でもないのですね。流人という最低の身分から這い上がったのです。

なお、源義経に対して、私は辛い評価しか与えることはできません。彼は、政治家としての能力に著しく欠けます。兄頼朝に疎まれた理由が全く分からないまま死んだのでしょう。後白河法皇から官位を授かって喜んでいたことは、独自政権を樹立しようとしていた頼朝の怒りを買うのは当然です。さらに、安徳天皇を入水させたのは、取り返しのつかない不手際です。彼は滅ぶべくして滅んだと思います。
    • good
    • 0

人物としては、頼朝・義経の兄弟タッグで、はじめて、清盛と張り合えると思います。


ちょうど、上手い具合にお互いのないものを持っていたので、仲良くやれば、よかったんです。
機構として滅びたものは、後世、その要因は、推し量れますが、人物評としては、源氏の貴公子たちのことを伝える記録は、読み物に走りすぎたり、時代が後すぎたりで、客観性に欠けます。
(ざっくり読んで、おもしろかったですけど)
ゆくゆく、自分に仇を成す可能性がありながら、敵将の子の命を奪わなかった清盛・・・懐が深いです。
    • good
    • 0

平清盛についてはかなりよく分かっており、明確なビジョンに基いて日本をその方向を持って行こうとした立派な武士で、一方では情誼に厚い人物だったようです。

これに対して頼朝はどんな人物だったかを書かれた記録が殆どないので、史実から推定するよりないのですが、たぶんよく言えば慎重な性格、悪く言えば猜疑心の塊のような人物だったのではないでしょうか。それも頼朝自身は兵力を持っていたわけでも何でもなく、北条時政の庇護を受けたお飾りでしかなかったのではないかと思われるので、その史実も頼朝の意志が反映されていたのかどうかが甚だ怪しいと思われます。
従ってその評価となると、紛れもなく自力で地位を築いた清盛に軍配が上がるのは当然の事だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもし平清盛が源頼朝と源義経を処刑していたらその後の展開はどうなりますか?

もし平清盛が源頼朝と源義経を処刑していたらその後の展開はどうなりますか?

Aベストアンサー

源氏の生き残りは 誰かを統領にして戦うでしょう
隠れている源氏はいくらでも居る
平家は必ず 滅ぼされたでしょう
言い切れる理由に
平家に有能な人が居なかったと言う事と
復習は怖い と言う事です
 
注目したい事は 世界史等からも
この時代から 日本だけでなく
世界規模で戦争の時代に入った
と言う事 

其の発端が 日本は僧侶(保元の乱)
西洋は教会(十字軍)なんですね
ここにも注目

聖職者の堕落が戦争の発端

QNHKで平清盛をみて質問が一つあります。 平清盛や

NHKで平清盛をみて質問が一つあります。 平清盛や佐藤義清など多くの人が出家していますが、 なぜ多いのですか?

Aベストアンサー

おいらは 変わりました宣言として出家が一般的だったから。

現代であれば、転職するとか、大学に入り直すとか退職するとか、いろいろありましたが、当時は出家以外に方法がなかった。

佐藤義清の場合は、まぁ個人的に家を捨てということです
清盛の場合、息子の重盛の動向を見る必要がある
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8D%E7%9B%9B
1166 後の高倉天皇の立太子と、重盛の妻が乳母に成る重盛が乳父に
同年12月には東宮大夫
1167年2月権大納言
1167年5月 重盛に対して東山・東海・山陽・南海道の山賊・海賊追討宣旨 そして清盛の太政大臣退任
1168年 清盛出家

平家の棟梁は次、重盛で決まりました宣言となります。

Q平清盛・源義経・菅原道真などは、なぜ苗字?のあとに「の」が付くのでしょうか?

タイトル通りです。
なぜ彼らには「の」が付き、徳川家康や織田信長には「の」が付かないのでしょうか?

Aベストアンサー

「名字」と「氏・姓(本姓)」の違いだそうです。

氏・姓は「賜姓」と言って、天皇(朝廷)から姓を賜ります。ですから正式な名乗りではこの姓を名乗り、~のとなります。昔の皇族が臣籍降下する場合などは、源や平姓を賜って、皇族と縁を切る訳です。

一方、こうして全国に散って行きますと、次第に姓だけでは家を区別出来なくなります。そういう時には姓だけでなく名字を名乗り、「木曽(に住んでる)次郎(と呼ばれている)旭将軍(という役職の)源の義仲」と名乗ったりする訳です。

ご質問のうち、徳川家康は源氏の支流、得川の系図にくっついているので「源姓」。つまり「徳川内大臣源朝臣家康」で織田信長は元々忌部で藤原姓から平姓になったので「織田弾正忠平朝臣信長」となる訳です。
※本来は賜姓なので秀吉の様なケースを除いて普通は姓は変えられない事になっています。ただし、戦国時代では家系図の偽造は頻繁に行なわれ、自らを名門であるかの様に名乗るケースが多くあった様です。

Q日本で、担がれた人物は、関東の武士に担がれた、源頼朝・郷土の若者に担がれた、西郷隆盛でしょうか?

司馬遼太郎を読んで触発されました。
一部省略しますが、
“韓は、劉邦という現在の江蘇省の農家のうまれの人物をかつぐことによって興された。”
という部分です。
かつぐというところが、気になりました。
日本で、担がれた人物は誰だろう、と考え、次の二人を思いつきました。
1.源頼朝;北條氏などの関東の武士に担がれて、蜂起した。
2.西郷隆盛;郷土の若者に担がれて、西南戦争に乗った。
質問は、①二人は、担がれたに該当しますか?
②他に該当する人物は何方ですか?

Aベストアンサー

秀頼に関しては、担がれた悲劇。他の織田や今川の関係者たちは、欲を捨てたゆえに、生涯をちゃんと終えることができました。

徳川家康に関しては、信長失脚あたりまで。それ以後は新規召抱えの家臣が増えて、御輿の役割は急激に減ってます。

幕末の薩摩藩では、土佐の個々が脱藩して活動の限界を反面教師にして、藩主を御輿に担ぐ方向に進んでいます。当の藩主が不慮の死を遂げて、次の藩主にも接近という形は、節操がないようにも見える。

Q1月29日放送の「平清盛」を見られた方に質問です

昨夜(1月29日)、京阪電車のテレビカーで「平清盛」を見ていました。
車内でのことで、何度か電波がとぎれたりしてよくわからなかったので教えて下さい。

番組の中で、三十三間堂とおぼしき建物が登場しましたよね?
(CGだと思われます。)
堂内には多数の千手観音が安置されていたと思います。
(目が悪くて千手観音かどうかよくわかりませんでしたが)
そのあと、ふたりの男性が弓を射るシーンにかわりました。
(ひとりは平清盛?)

三十三間堂ウィキペディアには次のように書いてあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%8D%81% …

この地には、もともと後白河上皇が離宮として建てた法住寺殿があった。その広大な法住寺殿の一画に建てられたのが蓮華王院本堂、今に言う三十三間堂である。

上皇が平清盛に建立の資材協力を命じて旧暦の長寛2年12月17日(西暦1165年1月30日)に完成したという。
(上記より引用)

平清盛が生まれたのは1118年なので、後白河上皇が命じて平清盛が47歳のときに完成したということだと思います。


1月29日放送の平清盛はまだ47歳ではないように思いました。
三十三間堂は存在していなかったのではないかと思います。

江戸時代には三十三間堂で盛んに通し矢が行われたそうで、現在も1月に通し矢が行われています。
三十三間堂の映像ののち、弓を射るシーンになっているので、弓を射るシーンにつなげるために、三十三間堂を映しだしたのかな、とも思います。


質問(1)
1月29日の放送で映し出されたお堂は三十三間堂ですか?
また、どういったシチュエーションで三十三間堂が映し出されたのですか。
未来予測?
それとも通し矢が有名なお堂なので、弓をひくシーンにつなげるためでしょうか。

質問(2)1月29日に放送されたのは、西暦は何年のことでしょうか。

※仮に時代考証がまちがっていたとしても、ドラマのことですのでどうこう言うつもりはありません。
ただなぜ三十三間堂が出てきたのか、気になりました。
(よくドラマの筋がわからなかったので)

よろしくお願いします。

昨夜(1月29日)、京阪電車のテレビカーで「平清盛」を見ていました。
車内でのことで、何度か電波がとぎれたりしてよくわからなかったので教えて下さい。

番組の中で、三十三間堂とおぼしき建物が登場しましたよね?
(CGだと思われます。)
堂内には多数の千手観音が安置されていたと思います。
(目が悪くて千手観音かどうかよくわかりませんでしたが)
そのあと、ふたりの男性が弓を射るシーンにかわりました。
(ひとりは平清盛?)

三十三間堂ウィキペディアには次のように書いてあります。

http://ja....続きを読む

Aベストアンサー

録画しているので
見なおしてみた

1)お寺に関しては No1の通り
弓矢は、清盛と家盛兄弟

家盛の生年が
保安4年(1123年)頃?
大治2年(1127年)?※平治物語による。
なので、この時 9歳か5歳 ずいぶん筋肉のついた子供です

映像は千手観音
たぶん三十三間堂でロケをしているんじゃないかな。できたばっかりなのに古びているし。


※あんな豪壮なお寺を寄進できる大金持ちの忠盛の息子の服が貧乏臭いというは、言わない約束です


人気Q&Aランキング

おすすめ情報