マンガでよめる痔のこと・薬のこと

ゼブラフィッシュの心臓の発生についての論文を読んでいて、hpfという単位に出くわしました。
周辺の原文および分かる範囲の私なりの訳(間違いあるかもです)を載せると

Two additional smaller compartments are the sinus venosus (SV) and the bulbus arteriosus (BA).
(ゼブラフィッシュの心臓の一心房一心室構造に対して)
付加的な小さな区画は静脈洞と動脈球である。

By 36 hpf the looping of the zebrafish heart is completed and each compartment displays a distinct contractile pulsing.
ゼブラフィッシュの心臓は36hpfでループし終え、各々の区画がはっきりと収縮する。

By 5 dpf, the zebrafish heart is essentially in the adult teleost configuration.
5dpfで、ゼブラフィッシュの心臓は成体の硬骨魚にみられる基本的な構造をとる。

2回使われているので誤字ではないと思いますが、見たことない単位で検索してもピンと来るものがなかったので質問させていただきます。ご回答よろしくお願いします。

ちなみに読んでいるのは
P.-P. Zheng et al., Biochem. Biophys. Res. Commun. 378 (2009) 37–40
Caldesmon is essential for cardiac morphogenesis and function: In vivo study using a zebrafish model
です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 他にhpfをどう使うかは知りませんが、ゼブラフィッシュの発生で出てきたらhours postfertilizationですね。

Fertilizationはここでは受精の意味で、日本語で受精後うん時間です。
 普通略号は許可されているもの以外論文に記載してあるはずですが(BBRCいい加減なんですね)、ご参考までに略号がちゃんと書いてある論文をあげておきます。
http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.f …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
URLを挙げてくださった論文も確認いたしました。やはり受精後○日or時間 なのですね。

原著論文に触れるという点ではBBRCは分量が少なくてよい、と言われたんですが、まさかこんな落とし穴があるとは…汗

お礼日時:2009/01/04 13:56

pfの部分はpost-fertilized(培養/増殖した)という意味です。


頭文字のdはday、hはhourを意味します。培養した時間を表している
訳です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

培養してからの時間&日数だったわけですね。分かりました。
素早く分かりやすいご回答ありがとうございます<(_ _)>

お礼日時:2009/01/03 14:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qmock細胞とは?

細胞株を使った研究論文でmockという細胞がよく書かれています.どのような細胞のことを指すのでしょうか?

いくつかの論文を見て,何か対象の処理を行っていない細胞のことを意味するか,あるいか親株(継代前の細胞)を意味するかとは感じました.

細胞について素人同然ですが,宜しくご教授願います.

Aベストアンサー

組織培養でmock cell(モック細胞)と言う場合、通常は目的とする遺伝子を含まないベクターのみでトランスフェクションを行った細胞を指します。

parental wild-type(親株)とともに、transfectant(形質移入株)に対する比較対照として用いられます。

"mock"は、「本当の被験体に良く似ている偽物」という意味です。

Qvehicleとcontrol

かなり初歩的な質問ですみません。
論文によく載っているvehicleとcontrolの違いは一体何なのでしょうか。
教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

論文そのものを参照していないので多分ですが・・・

ある処置、たとえば薬を投与してその効果を見る際には必ず薬を投与しない群を用意して、薬を投与した群と比較しなければなりません。この時薬を投与しない群がcontrol群です。
しかし、薬を投与するという手順そのもの、あるいは薬を溶かしている溶媒(オリーブ油などがよく使われます)が結果に影響する可能性を考える場合、薬を溶かしていない同じ溶媒を同じ手順で投与してcontrol群としなければなりません。この溶媒にあたるのがvehicleで、おそらく溶剤のみを投与した群をvehicle群と論文上で定義しているのではないでしょうか。従ってcontrol群の一種と考えることができます。

Q臨床検査結果の単位について

 肝機能検査等でU/lやIU/lという単位を使うことが多いと思いますが
UとIUにはなにか違いがあるのでしょうか。
実際にはUでもIUでも検査結果の数値を変換して表示する必要もないのですが、SI単位でもなく、良くわかりません。
できましたらIU/lとU/lを使い分けているという方、それをどうして使い分ける必要があるのか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

UとIUの違いは、国際単位として評価されているかどうかではないかと
思います。

GOTやGPT、アミラーゼなどの酵素活性では、測定方法が少し違うだけで出てくる数値がかわってしまうので、万国共通の測定法を定義してある場合にIUが使われるはずです。

ですから、標準法でない測定法を使った場合は、IUではなく、Uの単位になります。

QcDNAのクローニングについて

抗体Aと結合するタンパク質をコードする遺伝子(cDNA)をクローニングする方法を教えてください。

実はこれはある問題で、「PCR、アミノ酸配列、プライマー、精製、データベース」の用語を用いて説明するように書いてあるのですが、インターネットで「cDNAクローニング」といれて検索しても、詳しく中身が書いていなくて、よく分かりません。

自分なりに考えてみると、「タンパク質を精製して、そこからcDNAを抽出し、それをプライマーを用いてPCRで増幅させ、塩基配列を調べて、・・・。」
問題に答えているのか、合っているか分からないですし、行き詰まってしまいます。
タンパク質を精製する方法や、タンパク質からcDNAを抽出する方法があるのかも分かりません。

長々と書いてしまいましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

cDNAって何だかご存知ですか?cDNAというのは、細胞内のmRNAを逆転写酵素(reverse transcriptase)をもちいて、その相補的なDNAを作ったときのそのDNA鎖のことです。通常の転写はDNA→RNAの順ですが、この場合はRNA→DNAなので「逆」転写なわけです。「相補的」にあたるcomplementaryの頭文字をとってcDNAというのです。

さて、具体的な方法ですが、細胞内からmRNAを抽出・精製してきます。この段階ではまだいろいろなタンパク質をコードしているmRNAが混ざっています。抗体Aをコードする遺伝子の塩基配列を、データベースを使って調べます。そして、その塩基配列からプライマーを作成して、逆転写酵素に、目的のDNAだけを作らせます。次に、別のプライマーを入れてPCRにかければ、そのDNAのみがどんどん複製されて、目的の遺伝子がクローニングされます。

Qnull mutantって?

null mutantとは、どういう変異体のことですか?
遺伝子自体がない変異体ですか?それとも、あるけれども、挿入など、遺伝子中になにがしかの変異が生じて、機能しなくなった遺伝子を持っている変異体のことですか?
どういう変異体をnull mutantというのかわかりません。
教えてください。

それとも、その遺伝子がふつうは生物中にいくつもあるはずなのに、ひとつもないこと・・・・?

Aベストアンサー

下記URLは参考になりますでしょうか…

遺伝学概論
http://www.fides.dti.ne.jp/~fuyamak/genetics/index.html
第4章  眞核生物の遺伝子とその発現
http://www.fides.dti.ne.jp/~fuyamak/genetics/chap4.html
4-2 対立遺伝子間の相互作用
アモルフ(amorph): 
 突然変異遺伝子が形質発現効果を示さない。機能喪失突然変異(loss-of-function mutationまたはnull mutation) ともいう。酵素タンパクをコードする遺伝子の場合、野生型対立遺伝子に対して劣性であることが多い。しかし、遺伝子産物を大量に必要とする遺伝子の場合は優性になることもある。

(例)ショウジョウバエのMinute突然変異
 ショウジョウバエでは、Minuteと総称される数10種類の優性突然変異が知られている。いずれもヘテロ接合個体の剛毛が短くなり、発育が遅延するといった表現を示す。ホモ接合は生存不能なので、Minute突然変異は同時に劣性致死でもある。Minute突然変異はMinute 遺伝子の欠失が原因であることがわかっている。遺伝子そのものが欠けているので、当然のことながらアモルフである。実は、これらの遺伝子座はいずれもリボソームタンパクをコードしていることがわかっている。リボソームタンパクはどの細胞でも大量に必要とされることから、遺伝子が半量ではタンパク量が不足するため、剛毛の形成や発育速度に影響するのである。

参考URL:http://www.fides.dti.ne.jp/~fuyamak/genetics/chap4.html

下記URLは参考になりますでしょうか…

遺伝学概論
http://www.fides.dti.ne.jp/~fuyamak/genetics/index.html
第4章  眞核生物の遺伝子とその発現
http://www.fides.dti.ne.jp/~fuyamak/genetics/chap4.html
4-2 対立遺伝子間の相互作用
アモルフ(amorph): 
 突然変異遺伝子が形質発現効果を示さない。機能喪失突然変異(loss-of-function mutationまたはnull mutation) ともいう。酵素タンパクをコードする遺伝子の場合、野生型対立遺伝子に対して劣性であることが多い。しかし、遺伝子産物を...続きを読む

Q単位について Eqとは?

単位のなかで、4mEq/Lとあったんですが、Eqってなんですか?読み方も教えてください!

Aベストアンサー

こんばんは。

Eqですが読みは「イクイバレント」と読み、当量を示します
通常mEq/L「ミリ-イクイバレント・パー・リットル」と読み1/1000当量を示します

以下は教科書の抜粋です

mEqとは何か。

 食塩(NaCl)のような電解質は水に溶解したときには、Na(+イオン)とCl(-イオン)が同じ重量で反応するのではなく、同じ当量(エクイバレント)で反応する。
イオンには原子量があり、原子価がある。
Naの原子量は23、原子価は1価、Clは原子量35.5で原子価は1価であって、食塩は23gのNa(+イオン)と35.5gのCl(-イオン)が結合して58.5gの食塩(NaCl)が出来るのである。
g当量で表すには体内では量が少なくすぎるので1,000分の1の単位、すなわちmg当量(mEq)で表すのが一般的で、最も適した量がミリエクイバレント/リッタ-(mEq/l)である、すなわち、この値は1リッタ-中の溶質のmg数を原子量で割って、これに原子価を掛けたものである。

お役に立ちましたか?

Q電気泳動のスメアバンド

DNAを電気泳動をしたときに、バンドが一本ではなく、スメアになることがあると思います。スメアバンドは様々なサイズのDNAが存在するために、見かけ上スメアになると思っていたのですが、ほんとうのサイズより遥かに大きなサイズと思われるところまで、スメアなバンドが広がっていたりします。また、スメアなバンドをゲルから回収して再精製して泳動してみると、違ったサイズにでたりすることもあります。
スメアバンドの起こる原因やスメアバンドの正体、また、なにかスメアバンドについての情報など、ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

エチジウムブロマイドは二本鎖の核酸において塩基間にもぐりこむように結合します。そのため、2本鎖のRNA・DNAが染色されます。そのほかにはゴミとかとも結合したりしますがスメア状にはならず、ぽつぽつとした点状に光ります。
PCRにはdNTP・プライマー・テンプレート(DNAとRNA)・DNAポリメラーゼ・bufferが含まれており、反応後になると上記の残留物に加えて増幅産物が含まれるようになります。
この中での二本鎖の核酸成分は増幅産物・テンプレートDNA・テンプレート中のRNAが二本鎖を形成したもの、プライマー同士が反応したプライマーダマーです。RNAやプライマーダマーは一般的に低分子領域にスメアとして現れます。また、PCR反応液にテンプレートを入れすぎるとこれもまた電気泳動上に現れます。サンプルの状態によってはスメア状に出ることもあります。
それと私がキットといっているのはまさにそのフィルターのことです。おそらく、断片化するのは物理的な影響によるものと思いますが、詳しくは販売している会社に問い合わせてください。いろいろと製品ごとの特性がありそうですから。それと製品によって生成できるサイズが異なりますのでそちらは説明書を読んでください。私はキアゲン派でしたがそんなに大きなサイズのものは生成できなかったと思いますよ。

エチジウムブロマイドは二本鎖の核酸において塩基間にもぐりこむように結合します。そのため、2本鎖のRNA・DNAが染色されます。そのほかにはゴミとかとも結合したりしますがスメア状にはならず、ぽつぽつとした点状に光ります。
PCRにはdNTP・プライマー・テンプレート(DNAとRNA)・DNAポリメラーゼ・bufferが含まれており、反応後になると上記の残留物に加えて増幅産物が含まれるようになります。
この中での二本鎖の核酸成分は増幅産物・テンプレートDNA・テンプレート中のRNAが二本鎖を形成したもの、プライ...続きを読む

Q電気泳動、定電流がいいのか定電圧がいいのかどっちでもいいのか?

よく話題になるのですがSDS-PAGEを行う際、定電流派と定電圧派がいますよね?議論はするんですけど結論が出なくて困っています。どなたか理解している方教えてください。

Aベストアンサー

定電圧設定:発生する電流は徐々に低下する。熱発生も抑えられる。再現性が得やすい。泳動時間が長い。

定電流設定:電圧が徐々に上昇する。発熱量が増加する。再現性が難しい。泳動時間が短い。場合によってはゲル板が割れることもある。

結果に関して:
定電圧: 高分子側の移動が早い。低分子側の移動が遅い。
定電流: 上記の逆。

 どちらも、一長一短で、使用する泳動槽、扱うタンパク質によって、これらを使い分けるのが賢明かと思います。

(参考:電気泳動なるほQ&A 大藤道衛 編 羊土社)

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Qクエン酸緩衝液の理論計算

0.1Mクエン酸ナトリウム緩衝液(pH 4.0)を作っています。

クエン酸一水和物とクエン酸三ナトリウム二水和物使って、理論値を求めたいのですが、Henderson-Hasselbalch式への当てはめ方がわかりません。ちなみにクエン酸のpKa=3.13、4.76、6.40です。

どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

pH4 の緩衝液を作るのだから,クエン酸についてはpKa2 が重要.あとは,まあ,とりあえずはどうでもよい.
ということは,Henderson-Hasselbalch 式の Ca とはクエン酸1Na であり,Cb とはクエン酸2Na である.
#4 の計算をそのまま流用すると,クエン酸1Na 85 mmol/L にクエン酸2Naが15 mmol/L となればよいことになる.
これと同じ組成になるようにクエン酸とクエン酸3Naを配合すればよい.
この場合の Na+ 濃度は 85+2×15=115 mmol/L で,これが 3Na塩から供給される必要があるから,3Na塩は 38mmol/L,残りをクエン酸にすればいいのでこっちは62 mmol/L ってところか.
#4 より 3Na塩が増える分 pH が高くなるはずだから,まあもっともらしいのでは?


人気Q&Aランキング