人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

 「青年期の自己の発達と人格形成」というタイトルでレポートを出すよう
指示されたのですが、それ以上の説明が全くなく、どのように書いたら
いいのか困っています。字数も2400文字程度とあまり多くありません。

 なにか良い参考文献やご意見等がありましたら、ご紹介いただけますと幸いです。

 どうぞ宜しくお願いいたします。

A 回答 (2件)

NHK高校講座の倫理という番組を聞いてください。


http://www.nhk.or.jp/kokokoza/
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/radio/r2_rinri/ind …
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/radio/r2_syakai/in …
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/radio/r2_music/ind …
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/katei/index1.html
「青年期の自己の発達と人格形成」のレポートを完成させて、大切に保存しておいてください。最近、大学時代の友人が、自分の卒論を読んで感動していました。
動物的身体能力のピークは20代前半です。でも、適切に鍛錬すれば、40代、50代、60代でも7割くらい維持できるのではないでしょうか?
精神的能力には、限界はありませんが、数学は30代くらいでピークがくるとかこないとか。「自己の発達」と「人格形成」に、大いにお励みください。
もうすこし、具体的にと聞かれれば、「おーい、竜馬」「日露戦争物語」「花の慶次・・・雲のかなたに」「龍(ロン)」を読んでください。
コミックですみません。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/kokokoza/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無事にレポートを提出できました。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/01/10 08:33

何とも、堅苦しい御題目ですが興味深く、捕らえ様では意外と楽しく書けるのでは?^-^ 


一概には言えませんが自己の発達、人格形成、何れも問われている事は一緒なのでは無いでしょうか?青年期という所がミソだと思うのですが。少年期から青年期にかけての大きな興味の対象の違いは他者ではないでしょうか?少年期は自分の欲求と極、小さなコミニティの中の生活における他者(家族、友達)との関わりですが青年期を迎えると、もっと広がりますよね。好むと好まざると関わらず多くの大人達と関わり始めます。この関わり合いが人格形成に与える大きな影響の一つではないでしょうか。私自信、振り返ると、出会った人達の個性によって大きく自身の人格形成を為したように思われます。
社会人になると、あいつは体育会系だとか文科系だとか理数系だとか分類される機会も少なくありません。人格に大きく影響を与えるのはどんな人と出会ったなのかだと私は考えます。それによって、格好がイイ!の価値基準や物事の判断基準まで大きく変わります。これは、決してコピーになると言っているのでもありません。出会いはPC的に言い換えれば入力です、様々な入力を得てそれまでの自身の命がそれを人格という形で出力するとも考えられるのでは無いでしょうか?
さて、レポートと言うことですが;;具体的には・・;。
身近な友人や家族を観察してみてはどうでしょうか?
それを分類、考察してみるのです。
例えば、部活に情熱を燃やしている友人とバイトに時間を費やしている友人。。それぞれがそれぞれの大人達に関わっています。それによって
どんな性格を持ち合わせ、どんな人望を持ち、どんな将来を見ているのなど考察してみるのです。
このレポートが導き出そうとしているのは明快な論文ではなく、自分の中に人格者と讃える人があるのか?目指す者があるのか?と聞いているようにも私には聞こえます。力不足で申し訳ありませんがどうぞ、頑張ってレポート完了させてください^-^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無事にレポートを提出できました。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/01/10 08:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人格形成するにあたって、一番大切な時期(年齢)はいつなのでしょうか?

人格形成するにあたって、一番大切な時期(年齢)はいつなのでしょうか?

私は、中学不登校、高校中退をし、学生生活の楽しさを知りません。
学校に行かなくなってから10年以上経っても、後悔・罪悪感が消えることがなく、ずっと苦しみが続いています。

友人も一人もおらず、誰にも悩みを相談できる人もいません。うつ症状や自殺願望もあります。
うわべたけの話ならなんとか出来ますが、会う回数が増えるにつれ、過去の自分を知られるのが怖くなり、心を閉ざしてしまいます。

学校に行かなかったことで私の心は歪んでしまったのだと思います。
どんなに頑張ろうとしても心が変わらない。過去も変わらない。
死ぬまでこの辛い気持ちは同じなんだと思います。

私が回答してもらいたいのは、人生の中で最も大事だと思われる時期(年齢)とその理由を教えて頂きたいです。

拙い文章ですみませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。23・21の娘を持つ母親です。
よく、三つ子の魂百まで…っていいますよね。あれは、嘘じゃないと思います。躾は小さいからじゃなく、小さくてもわかるように説明してしてきました。幼稚園や小学生の頃はほとんど、叱る事もなく、毎日学校が楽しくて仕方ないというように高校まで行きましたし、勉強しなさいとも言った事はありませんが、なりたい目標があるならそこそこの成績が必要になるから自分の事だからと言ってました。小さい時は、仕事は続けていましたが、何をするにも身体が資本なんで、食べる物に好き嫌いがないようにして来たのと、いつも、大好きよ!って、抱きしめていました。
これが、すべてじゃないですが今は、二人とも普通に社会人です。
誰か、あなたの事心から愛してくれる人周りに居ませんか?愛情貰うと心は落ち着き安心できるのでは?

Q大学のレポート課題で困っています。

大学のレポート課題で、「発達課題とその克服の道すじ」についてレポートするように言われました。実際に自分の経験でもいいということなのですが、どういった事を書けばいいのか分からず困っています。教えてください。

Aベストアンサー

 
  以下の参考URLの質問に対するわたしの回答のなかで、非常に簡単ですが、エリクソン理論というものがあり、それは、「青年期の発達課題」を「自我同一性の確立」としており、青年期における「自我同一性の確立」とは、どういうことなのか、非常に簡単ですが、記しています。これを読まれて、青年期心理学の「発達課題」とは何かを理解してください。それが分かっていないと、「発達課題とその克服の道すじ」などと言っても、何も書けないでしょう。
 
  ここで簡単に、整理すると、発達課題は:
 
  1)自我同一性……大人へと成長する身体と心の調和・調整の課題。
  2)性的自己同一性……特に、第二次性徴が明白になり、異性を意識し始めた時、自分の性同一性の確立の問題が発達課題となる。
  3)社会的自己同一性……社会のなかで、自分はどういう位置にあるのか、社会の一員としての自分は何であるのか、「役割」の確認における同一性課題。
 
  こういうものがあるのです。ですから、こう言った意味での課題について、貴方自身が、どうやって、例えば、男として(または女として)自覚し、自信を持つに至ったかの過程の話でよいですし、理論的にモデルを考えてもよいのです。
 
  あるいは、社会的な自己同一性なら、社会人となり、自分で働き生計を立てねばならない、就職もし、結婚もし、家庭を築かねばならない、こういう将来のことを考え、色々悩んで、自分としては、こういうことでよい、これは、自分なりにああいうことでよいと、一応考え、判断し、将来について、人生の設計を朧ながらも立てた……という過程の話でもよいのです。これが、青年期の発達課題の達成問題なのですから。
 
  「克服」とは、課題をいかに達成したかです。理論的モデルを自分で考え、自分にはできないが、こうすることで、人生設計を立てる人もいる、も回答になるでしょう。段階に分けて、「課題の存在、課題の自覚、課題との取り組み、模索、試行、失敗、再挑戦、課題の一応の解決」などと、ステップにすれば「道筋」にもなります。
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=191527

 
  以下の参考URLの質問に対するわたしの回答のなかで、非常に簡単ですが、エリクソン理論というものがあり、それは、「青年期の発達課題」を「自我同一性の確立」としており、青年期における「自我同一性の確立」とは、どういうことなのか、非常に簡単ですが、記しています。これを読まれて、青年期心理学の「発達課題」とは何かを理解してください。それが分かっていないと、「発達課題とその克服の道すじ」などと言っても、何も書けないでしょう。
 
  ここで簡単に、整理すると、発達課題は:
...続きを読む

Q性格形成、人格形成は親からの影響が大きいのでしょうか?

性格形成、人格形成は親からの影響が大きいのでしょうか?

Aベストアンサー

 職業柄、多くの乳幼児や親をみていますが、生育環境(大人の性格や状況)が大半を決める、というのはほぼ正しいと思います。

 育てた者(多くは親ですが、現在ですと両親はフルタイム勤務をし、祖父母や保育士がメインにその子の世話をしている場合も多いので『育てた者』と致しますね)がどういう性格か、どういう方針か、何を身を持って教えたか。・・本当に大切だと思います。

 ただ、「生まれ持った性格が絶対ある。」・・子供を持つ母親たちが口を揃えて言います、何代も前の母親も、そして現在の母親も。そして現在自分も母親ですが、やっぱり同感ですね。「そうとしか考えられない」性格の子がたまに存在します。

 人生は体験の積み重ねです。毎日何かしらの経験をします。そしてそれをどう受け止めるか。受け止める方のアンテナが「何を」「どう」受け止めるか。これは性格次第です。
 例えば、石につまづいて転んで血が出たとします。「転ぶと痛いんだな」と思う人、「この石どこから来たんだろう?誰か置いたのか?」と思う人、「ぼんやりしてたから転んだんだ。気をつけなくちゃ」と思う人、色々ですよね。『物事のとらえ方』を最初に学ぶのは0歳~1歳くらいから始まります。そしてこの間に育児をした者の影響が大きいと個人的にはいつも感じています。

もし、自身が大きくなって「子供の性格は親の影響」だと思えるようになったなら、更にその先の「その親を育てた『親』」について、考える必要が出て来るはずです。全てはそうやって連鎖されて来ています。戦争などの時代の背景からくる影響も大きく見えて来ます。まだまだ日本は戦争が終わっていないと実感している(育児中の)者は多いです。

話がそれましたが、やはり親の影響は大きいといえると思います。基本的に。

 職業柄、多くの乳幼児や親をみていますが、生育環境(大人の性格や状況)が大半を決める、というのはほぼ正しいと思います。

 育てた者(多くは親ですが、現在ですと両親はフルタイム勤務をし、祖父母や保育士がメインにその子の世話をしている場合も多いので『育てた者』と致しますね)がどういう性格か、どういう方針か、何を身を持って教えたか。・・本当に大切だと思います。

 ただ、「生まれ持った性格が絶対ある。」・・子供を持つ母親たちが口を揃えて言います、何代も前の母親も、そして現在の...続きを読む


人気Q&Aランキング