人気雑誌が読み放題♪

私にとってスキーはレジャーです。
1シーズンに1泊もしくは2泊を3回行けば多い方、
リフトに乗る回数は1日券で元が取れていないかも…
という程度です。
技術レベルは、中級のゲレンデを人にぶつからずに
自分の速度で安全に降りることができる程度です。

ここでみなさんにお伺いしたいのは、
ブーツがきちんと合っていれば、痛みは全く感じないものなのか、
ということです。
ブーツは3年前に購入しましたが、インソールなどに
手は加えていません。
なんとなく足に合っていない気はするのですが、
どこがどう合っていないのか、うまく説明できません。
ひとつ言えるのは、
滑った日の夜、ブーツで締め付けていた部分
(すねやふくらはぎ)が痛みます。
痛みの種類としてはあざのような感じで、
歩いても痛くないのですが触ると痛いのです。
でも肌の色は特に変化がありません。
そしてこの痛みは4~5日続きます。
お風呂で体を洗うときや靴下を履くときくらいなので、
特に生活に支障があるわけではないのですが、
寒い上に痛くなるのがわかっているので、
最近はスキーがあまり好きではなくなってきました。

スキー大好きな主人は「お店で足に合わせてもらおう」と言いますが、
正直、私はスキーに没頭しているわけではないので、
お金をかけることに気が進みません。
またスキーブーツは、足を固定するのが目的の一つだと思うので、
足に合わせたところで、締め付け感はなくならないだろうし、
脱いだ後もどこかしら痛いものだと思うのですがどうでしょうか。
きちんと足に合っているブーツなら、
締め付けも感じず、脱いだ後に痛むことはないのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんは、ぴったり合っている靴なら、しびれる事はあっても、後から痛くなることはありませんよ。

考えられる理由は、(1)すねとふくらはぎが圧迫されるのは、くるぶしやアキレス健の部分がフィットしていない可能性があります。(2)踵が、浮いている靴の履き方をしている可能性があります。靴の履き方、バックルの締め方、順番は微妙です。踵が浮かないでぴったりつく様な履き方があります。(3)靴が大きくて緩く、すねとふくらはぎの部分だけに圧力が集中している様な気がします。緩い場合はインソールを厚めにすると0.5センチ分くらいは調整できますよ。いずれにしても、専門家にフィッティングしてもらうとスキーは快適になります。蛇足ですが、私のスキー靴は、普段のサイズよりも1センチ位小さいですよ。レグザムのアキレスフォームと言う、インナーフォーミングでくるぶしとアキレスの部分に隙間が空かないようにしてもらってます。靴の寿命は保管状況によりますが約3年です。5年以上は、安全のために使わない方が良いかもしれません。
    • good
    • 7

あまりにピッタリ合っているブーツは、長時間履いていると痛いものです。



レース用で、きちんと足に合っているブーツは、
レースの時のほんの10分を滑る為のサイズです。
ほんの10分を最高のタイムで滑る為には、
ピッタリサイズでなければいけませんが、
このピッタリをレジャーで4時間も履いていると痛くて当たり前です。
レジャー重視の場合、ピッタリは諦めて、緩めの靴にします。

「ピッタリでタイム重視だけど長く履いたら足が痛い」にするか、
「緩めにして長時間でも足が痛くない」にするか、
gosyujinさんは、後者の方が良いでしょう。
    • good
    • 0

バックルを締めすぎていませんか?



過度の圧迫に「ずれ」が加わると、いわゆる床ずれのような
状態になり、皮膚の中のほうがダメージを受けます。
私も、子供のお古を履いていたとき、ジュニア用は「すね」の
太さが違うのか、いわゆる弁慶の泣き所あたりに、表皮剥離を
伴う床ずれと同じ傷を作りました。
ブーツを合わせるというと、インソールにばかり目が行きますが、
gosyujinさんの場合は「すね」の部分が合っているのか、チェック
してみると、解決するのではないでしょうか?
    • good
    • 1

もしかするときついのが嫌で少し大きめのブーツを使い,厚手の靴下を履いて足が動かないようにと締め上げていませんか,この場合うっ血しますので後で痛みを感じるかもしれません,また脛やふくらはぎが痛いのは普段使っていない筋肉を使うからではないでしょうか.



娘はインソールを含めても7万円しないベーシックモデルのブーツを使用していますが,インナーを足型にあわせていることもあるでしょうが靴下は薄手のスポーツソックスを使っています,またバックルは締めるというよりシェルが開かないよう軽く閉じるだけです,この状態で踵が浮くとか指先が締め上げられることは無いようです.
滑り方は緩斜面であればカービングで結構飛ばす滑りをしますが2~3日なら腿などは疲れるけど足が痛くなることは無いようです.

せっかく旦那さんが足にあわせてもらったらと言っているのですからきちんとしたショップで調整してもらったらいかがでしょうか.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

うっ血ですか…。もしかしたらこれかもしれません。
普段の靴は23.5cm、スキーブーツは24cmを履いています。
靴下はスキーに最適!とでも言いたげな袋に入っていた、
踵と足裏だけが厚いタイプのものです。

バックルを軽く閉じるだけで踵が浮かないサイズになるように、
インソールを買えばいいのかもしれません。
現状ではバックルは強めに締めています。
もしかすると必要以上に強く締めているのかもしれませんね。
次回スキーに行くときに試してみたいと思います。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/04 15:38

一般の靴もそうですが、朝と夕方ではフィト感が違います、スキー靴は特にそうです、調整したブーツでさえその日でフィト感が違ったり痛みを伴ったりしてきます、時には靴下で調整したりしながら履いています、また、ふくろはぎが痛かったりは想像ですが、普段使っていない筋肉を使っているために起こる筋肉痛の可能性を感じます、足が痛いとか歩きづらいとかでバックルを開放している方も見掛けますが、逆にコントロールがしづらくなったり、変な体重のかけ方で無理な筋力の使い方をしている為に痛む事も有るようです、筋力アップと正しい体重移動で楽に滑ると痛まないかも!



体調などにより上手くスキーに乗れない時やホームを変えて滑ったりするとすねがいたく感じる時も有ります。これはブーツとは関係無いようです。

 私の場合スキーを終えブーツを脱いだ後かすかなしびれが伴いますが、この時の開放感と充実感がたまらなく好きです♪
    • good
    • 1
この回答へのお礼

筋肉痛は、毎回悩まされています(笑)特に太ももが。
いつも、日ごろの運動不足を実感させられ、
今年こそは普段から…と毎年同じことを痛感しています。

でも、ブーツを脱いだ後のすねやふくらはぎの痛みは、
筋肉痛ではありません。
筋肉が動いても痛みは感じません。
皮膚を触ると痛いのです。

調整したブーツでも痛いときがあるとは…

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/04 15:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qふくらはぎが太い人のスキーブーツ

スキーは好きなのですが、ふくらはぎが太くいのでブーツがぶつかってしまい、痛くてたまりません。

レンタル店で貸してくれる(かかとから履く)スキーブーツなら、ふくらはぎにぶつからないので、履けます。また、大人なのですが、足は25cmなので、子供用のスキーブーツも入ります。

初心者なので、ゆっくりと滑るくらいなので、この「レンタル専用のブーツ」か、「子供用ブーツ」に替えたいのですが、それらについておしえてください。おねがいします。

(1)レンタル専用のスキーブーツ(かかとから履く、高さが低いブーツ)を買いたいのですが、どこへ注文したら買えるのでしょうか?

(2)子供用のスキーブーツは大人用のビンディングにはまりません。何か工夫したら、入るでしょうか?
体重80kgだと、子供用のブーツ、ビンディングでは危険でしょうか?

(3)インナーブーツをオーダーメイドできると聞きましたが、自分で(自宅で)作ることはできるでしょか?

Aベストアンサー

以前はふくらはぎの太い人や甲幅の広い人にはダハシュタイン(Dachstein)やコフラック(Koflach)がお勧めだったのですが、ブランド自体が消滅してしまったのか今では情報も拾えないですね。ふくらはぎが太い私も昔のダハをまだ使っていますが、買い換え時を過ぎてしまっているので何を購入しようか現在思案中です。

次にお勧めはノルディカ(NORDICA)かヘッド(Head)ですが、この辺は自分で試した事がないのでご自分で実際にショップで履いて試してみてください。

さて、snowsmouさんのご質問の件ですが、
(1)レンタル用のバックエントリー式のスキーブーツは元々市販されていませんし、足首が固定されるために転倒した際に大きなケガをする可能性があり、あまりお勧めできません。

(2)ビンディングの取り付け位置を変更します。取り付けはショップでやってもらった方が確実です。80kgの体重でしたらビンディングの開放設定値が8.0~10.0位ではないですか? 子供用のビンディングにはない数値だと思いますが、低い数値で設定するとビンディングがすぐに開放されて(ブーツが外れて)しまい、非常に滑りにくくなります。また大人用の製品も標準体重は60kg~70kgを想定しますので、80kgの体重は大人用の製品でも負担が高くなります。

(3)インナーはオーダーメイドで作れます。自分でできるのは作ることではなくてインナーの加工です。主に足のくるぶしや指の付け根の部分をヤスリで削ったりインナーを暖めて形を整えたりしますが、当然の如くやり直しが効かないので失敗したら即、買い替えです。

なお、足首の部分を開放できないスキーブーツは普段から前傾姿勢を強制されるために疲れやすく、ふくらはぎが太いと余計に痛くなります。最近はスキー用のソフトブーツが出ていますので、試してみてはいかがでしょうか。またサロモンではインナーだけで歩けるシェルの柔らかなブーツも出ています。

昔は体温で足の形に合わせて変形するインナーが販売されていましたが、今はもうないようですね。インナーの調整はブーツ専門のプロショップでやってもらった方が確実でいいですよ。

【ロシニョールのソフトスキーブーツ】
 http://www.rossignol.jp/product/boot/lineup.html
【サロモンのインナーだけでも歩けるブーツ】
 http://www.salomon.co.jp/ski/product/products2005/alpine/boots_lineup_elipse.html
【スキーブーツ チューンナップ専門店のHP】
 http://www.alpha-net.ne.jp/users2/eskimore/top.htm
【Head公式HP 初心者用スキーブーツ】
 http://head.com/ski/products.php?region=jp&tag=allmountain_c_series&id=349

以前はふくらはぎの太い人や甲幅の広い人にはダハシュタイン(Dachstein)やコフラック(Koflach)がお勧めだったのですが、ブランド自体が消滅してしまったのか今では情報も拾えないですね。ふくらはぎが太い私も昔のダハをまだ使っていますが、買い換え時を過ぎてしまっているので何を購入しようか現在思案中です。

次にお勧めはノルディカ(NORDICA)かヘッド(Head)ですが、この辺は自分で試した事がないのでご自分で実際にショップで履いて試してみてください。

さて、snowsmouさんのご質問の件ですが...続きを読む

Q【スノボ】ふくらはぎがすぐ痛くなる

今シーズンはじめてスノーボードをしました(22歳♀体重身長は標準くらい)。
まずはゴンドラ乗る前に友人に基礎を教えてもらい(ゴンドラの乗り方、座った状態から立つ、とりあえず軽くすべる練習)、その後すぐ、ゴンドラに乗りました。
上に着いて、とりあえずなんとなく滑ってみると、木の葉はすぐ滑れるようになりました。
が、ものすごくふくらはぎが痛い・・・。
常にエアー椅子をしているような感じなので痛くて続けられず、ふくらはぎがつります。
一回降りるまでに3回くらい足つりました。常に座って休憩しないと持ちません・・。
さらに、半分くらいまで降りた時点で座って立とうとするにも立てません・・(疲れて立てなくなる)。

たった一回すべり降りるだけで相当な筋肉痛。足がガクガクです。。
日ごろの運動不足も原因でしょうが、一回降りるだけでこの状態・・何か他にも原因があるのではないかと思っています。
初心者が陥りやすい、足を痛める原因とは何なのでしょうか。
ご教授おねがいします。

Aベストアンサー

緊張しながら、ずっと木の葉をしてたらそんなものでしょう。初心者なら。
うまくなると、棒立ち状態で木の葉を出来るようになるので疲れませんが、初心者だとそうゆう滑り方が出来ずエアー椅子みたいにしないと板を止めておく事が出来ないので、足が痛くなってしまいます。
初心者の頃は木の葉は疲れるのでやらない方が良いです。足が疲れてしまってちゃんとした曲がる練習が出来なくなってしまいます。
急な斜面には行かず、緩斜面で曲がる練習をしましょう。
木の葉でいくら滑ってもうまくなりません。
どうしても急斜面を通らないとならない場合は、仕方ないので、板を外してソリにして滑った方が良いです。

私の友達で、「緩斜面だと直滑降出来るから曲がる必要ない。急斜面は怖いから木の葉」と言って、直滑降と木の葉ばかりで曲がる練習をしない男がいたんですが、いつまでたっても滑れるようになりませんでした。
直滑降出来るような緩斜面で、曲がる練習をちゃんとする事が重要です。

Qスキーウエアの下に着るもの、初心者への注意!

友達に誘われて、高校の修学旅行以来ぶりに10年ちかくぶりに無謀にもスキーに行くことになりました。
高校生の時は、ウエアの下は学校指定のジャージを着ましたが、今回はそうはいかないので何をきたらいいのか教えて下さい。
あと板とかブーツとかウエア、手袋はレンタルしたのですが、帽子やゴーグルは必要なのですか?身につけなくても大丈夫ですか?
あと土曜の夜から夜行バスでスキー場にいって、日曜日の朝から滑って帰ります。持っていったほうが良いもの、これがあったら便利など、荷物はこんなものにいらたらいいよなど、ほんのささいなことでもかまいません。教えてください!ホントに分からないことだらけなのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転んだときに雪が入って来るのを防ぐため、足首部分に堅いものが付いているものを避けるのは、ブーツを履いたときに足に食い込んで痛くなるのを防ぐ意味があります。

また、スキー場の標高や場所・天候によって寒さが変わるので、寒いなと思ったら、少し厚めのものを用意すると良いと思います。

続いて、バスの中ですが、夜行バスは次のような状態です。
1.暖房は効いているが、頭が暑く、足下は寒い。また、窓際が寒い。
2.あまりリクライニングしないシートの場合が多い。
3.カーテンをしても対向車のヘッドライトは結構気になる。
4.長い間座るので腰が痛い。
5.イスで寝るので、慣れていないと寝付けない、眠りが浅い。

これらを解消するのに、
1.ジャンパー(ウェアでも良い)等を車内に持ち込んで、膝掛けにする。
2.首を固定する空気枕等を用意する。
3.アイマスクを用意する。
4.途中のドライブインやサービスエリアで止まったとき、目が覚めていれば、一度降りて軽く腰を伸ばしておく。
5.寝酒を用意する。ただし、量を多く飲む人はビールではトイレが近くなって迷惑を掛けるので、日本酒の方がベター。でも飲み過ぎに注意。(笑)
あと、途中で目が覚めたときのために、ヘッドホンステレオなどがあると完璧でしょう。
あると便利な小物は、日焼け止め、使い捨てカメラ、使い捨てカイロ、帽子が脱落するのを防ぐクリップ、煙草を吸う方は携帯灰皿とターボライターがあげられます。

これだけのものを全て用意するのは大変なので、自分が必要だと思うものを選択してください。

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転...続きを読む

Qスキーブーツのうまい履き方

今シーズンからスキーブーツを新調しました。シリアスモデルを購入したのと私の足が幅広なこともあって、結構タイトな状態で履いています。だから、いつも履いた後1時間ぐらいは足が強くしびれます。その時間帯を我慢すると大抵症状はマシになるので、最初からある程度楽になる方法がないかと考えています。例えば、足をマッサージして血行を良くしてからブーツを履くとか、前日から足を冷やしてむくまないようにするとか…。そんなノウハウを持っておられる方がおられましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プロショップで26.5cmでよいと言うのは足型、甲周りの寸法を確認したうえでしょうからブーツとしては適正なのだろうと思います、ただしレース志向のブーツはインナーの厚みも薄いですしカスタムインソールの出来不出来でかなり感じが異なります。

ブーツを履くとき、第一、第二バックルおよび第四バックルは軽く閉じ締め上げない、第三バックルは足が前へずれない様確りとめる。
パワーベルトは軽くとめるだけにして締め上げない。

私の場合はこれでも長めのリフトで足掛けが無いと上に着くまでに痺れることがありますが1~2本軽く滑ったあとまだ痺れるようなら一旦ブーツを脱いで締めなおし様子を見ながら遊びがなくなるよう徐々に締めていくと、その後は1日中はいていても平気です。

ちなみに私の場合普段履きの靴は25cm EEEですがスキーブーツは24.5cm(24~24.5シェル)を履いています、

Qスキーで右足の内側くるぶしが痛みます。

最近、スキーで右足の内側くるぶしが痛みます。以前はなかったのですが、最近ショートターンの練習をし始めて、痛みが出てきました。滑り方、ブーツ、インナー、パッド、バンドエイド(笑)など何にか解決方法がありましたら、是非教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

スキーブーツによる足の痛みは、なかなかに辛いモノがあります。
滑り方によるモノもあれば、体調による足のむくみや、太ったからとか、体重増が原因もありますね。

さて、1番良い対策は、ブーツのシェル(アウター)の加工です。
やってくれる専門店がありますので、地域で探すといいでしょう。値段は、購入した店でしたら、安くすむかもしれませんが、量販店では無理でしょう。

20年前にラングのブーツを買ったときに、どうしてもハードに滑ると痛くなる部分があって、お店で外出ししてもらいました。昔のラングは足に馴染むまでに、いろいろ加工や工夫が一葉でしたから。

パッドが売っています。私はスノボのブーツ用に、買ったインナーパッドを持っています。
靴下の上から、マジックテープで装着する、ゲル状のパッドが入ったものです。

とにかく、安い順番に試していくといいでしょう。

Q4月上旬でも雪質いいゲレンデと安い宿

4月の上旬(4日~8日の間)にボードに行こうと思っています。4月上旬でも比較的雪質がよく、初心者も上級者も楽しめるゲレンデをWEBなどで調べて検討したところ、
  かぐら・奥只見丸山・ASAMA2000
に絞られました。しかしこの3つは行ったことがないので、どこに行こうか決めかねています。もしこの中で、ここがいいよ というのをご存知の方がいらっしゃったらぜひ教えてください!
また、この3つよりもこっちの方がいいよ という方もいらっしゃったらぜひ教えてください!
出発地は東京で、車で行きます。
おすすめの際、考慮していただきたい条件としては、
・4月上旬でも雪質がいい(初心者がいるので、アイスバーンやこぶが多いと楽しめないと思うから)
・初心者用コースも上級者用コースもある
です。
重ねてお願いしてしまって申し訳ないのですが、1泊2日で行く予定なので、おすすめされるゲレンデの近くに安いホテルがあれば教えてください。
ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

4月以降の春スキーで雪質を第一優先に考えるのであれば、次のことを考慮する必要があります。
  (1)標高が高い。
  (2)緯度が高い。
  (3)北斜面である。
(2)を考えると東北以北になるため、条件として外しがちですが、けっこう重要です。1泊2日であれば
会津、蔵王ぐらいまでなら対象になるのではないでしょうか。
あげられた、スキー場ですが、まず奥只見丸山は、春スキーでオープンということで積雪量はすごい
のですが、やはり新潟の雪だからでしょうか、雪質はそれほどでもなく重いです。それでも上部は
まあまあです。
私も4月に行きましたが、周りはまだ雪に埋もれていて、それがすごいと感じました。

 かぐらは近いので春スキーでも何度も行っていますが、4月にいると晴天率も上がって気持ちが
いいです。ただ雪質は、春スキーで動く最上部のリフトのところ以外は、あまりよくなく、雪面も荒れ
ていて初級者にはまったく向いていません。

 ASAMA2000は、(1)の標高は高いのですが晴天率が非常に高いため、下部はシャーベット状態
になります。但し、このスキー場はコンパクトなので、非常に整地がゆきとどいて、滑りやすく、初級者
・中級者には向いています。

 私が上記3つのスキー場よりいいと感じるのは、(2)の緯度は高くありませんが、志賀高原の熊の湯
&横手山です。宿も熊の湯の温泉ホテルは、どこもそこそこ良いかと思います。

 (1)~(3)を満たしていて、1泊2日で行けて、雪質、コースアレンジが良くてオールラウンドに気持ち
よく滑れるところというと、私なら蔵王に行きますが、友人は裏磐梯猫魔スキー場をあげました。
私も3月末と4月上旬に2回行ったことがありますが、とにもかくにも北斜面ということもあり、雪質は
この時期でも非常にいいです。新潟の雪質とは違います。関東近辺では丸沼高原も標高が高く、
北斜面ですが積雪量、雪質ともに猫魔よりかなり劣ります。
コース取りも初級者から上級者までオールラウンドで滑れます。
確かに行ったことがないのでしたら、奥只見丸山なんかよりお勧めです。ちょっと遠いのが難点です
が、私はいずれも1泊2日で行きました。そこで泊まった「裏磐梯猫魔ホテル」は温泉がすばらしく、
なかなか良かったです。
 

4月以降の春スキーで雪質を第一優先に考えるのであれば、次のことを考慮する必要があります。
  (1)標高が高い。
  (2)緯度が高い。
  (3)北斜面である。
(2)を考えると東北以北になるため、条件として外しがちですが、けっこう重要です。1泊2日であれば
会津、蔵王ぐらいまでなら対象になるのではないでしょうか。
あげられた、スキー場ですが、まず奥只見丸山は、春スキーでオープンということで積雪量はすごい
のですが、やはり新潟の雪だからでしょうか、雪質はそれほどでもなく重いです。それでも上部...続きを読む

Qスキーウェアとスノボウェアって違うの?

今度、初めてスノボをするのですが、スキーウェアとスノボウェアはやっぱり違うのでしょうか?
どのように違うか教えてください。
また、スキーウェアでスノボをすることは無理でしょうか?
知っている方いましたら、ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして、mako1216さん。
僕は、スキー用品店で5年ほどバイトをしていたものです。
まず、スキーウェアーとボードウェアーの違いについてですが、
簡単に言いますと、ウェアーの厚みが違います。
スキーに比べて、ボードはケツパットや服などを中に着込むため
ウェアーは薄めの生地です。(少しゆとりがある作りです)
あと、ズボンの大きな違いは、肩ベルトあるなしです。
あと、NO5の回答に書かれているようにスキーウェアにはエッジでパンツの裾を切らないように ガードがついているのですが、ボードウェアには
このガードがついていないものもあります。ということ。
このようなことがあげられますが、スキーウェアーでボードができないことはありません。防水スプレーを尻のあたりを防水加工しておきましょう。
しかし、ウェアーより手袋の方が大きな違いがあります。
ボードのウェアーは、二重構造(中にフリースの手袋)のものが多いです。
(金具を閉めたり、靴紐を縛ったりしやすくするため)
あと、ボードの手袋は手の甲や手首と言ったところにプレートが入っているものもあります。あと生地が皮製品ではなくビニール製品になります。
(これは、スキーと違い、ボードは雪面に手をついてすべるため、手首の保護や手袋の湿りを減らすためです)
ですので、スキーウェアーでボードをするときは、中にパットをはめて
手袋はボード用を使用したほうが良いとおもわれます。

はじめまして、mako1216さん。
僕は、スキー用品店で5年ほどバイトをしていたものです。
まず、スキーウェアーとボードウェアーの違いについてですが、
簡単に言いますと、ウェアーの厚みが違います。
スキーに比べて、ボードはケツパットや服などを中に着込むため
ウェアーは薄めの生地です。(少しゆとりがある作りです)
あと、ズボンの大きな違いは、肩ベルトあるなしです。
あと、NO5の回答に書かれているようにスキーウェアにはエッジでパンツの裾を切らないように ガードがついているのですが、...続きを読む

Qカービングと普通スキーの違いとは?

カービングスキーと、普通スキーは何が違うのでしょうか?それによって、滑りももどのように変わってくるのでしょうか?

また、カービングターンとは何でしょうか?

わからないことだらけですが、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターンを一般スキーヤーにも可能にしたマテリアル(スキー板など)です。ちなみに、カービングターンとは、「横ズレの極力少ないターン」のことで、スキー板はエッジングを弱くした状態でターンしようとすると、ずれやすくなり、逆にエッジングを強くすればするほど(脚の傾きを大きくすればするほど)、スキー板はずれにくくなり、サイドカーブに近いターン弧となります。ですから、カービングターンをしてくるスキーヤーは倒れてしまうんじゃないかと思うくらい、身体(体軸)を傾けて滑ってきます(決して、内倒とは異なります)。 カービング自体が、マテリアルも技術理論も年々進化しており、現在では、ターンの分類として、「トップコントロール」、「テールコントロール」それらを組み合わせた「トップアンドテールコントロール」、「テールアンドトップコントロール」となり、横ズレを伴う「スキッディングターン」とは大別されています。 また、全日本スキー連盟(SAJ)の市野企画委員長は、カービングターンを「私は、カービングターンとは、内向、内傾、内スキー始動ということを言っています。」とおっしゃっています(参考URL参照)。 最近は、マテリアル(カービングスキー板)自体が進化しており、初心者でもレールターンを行うことによって、掘って滑るcarvingターンは簡単なものとなってきました。ただし、それを真の意味でカービングターンに仕上げるには、SAJの市野企画委員長がおっしゃるとおり落下運動を回転運動に変えてやる、スキーヤーの運動(内向、内傾、内スキー始動)が不可欠となってきます。それがスキー技術そのもので、そこがスキーのおもしろみでもあります。 具体的には、ターンの局面のうち、切り換え期においてスキーヤーは上体の内向を行い、次のターン始動期では内スキー始動(これにより、カービング板の幅広のトップが雪面をいち早く捉えてくれます)を行い、舵とり期に内傾を強め、先に述べた板のエッジを立てエッジングを強め横ズレしないカービングターンを雪面に描きます。そして、次の切り換え期に移るという運動を繰り返してターンしていきます。これは、大回り(ロングターン)でも小回り(ショートターン)でも基本的な部分は変わりません。

参考URL:http://www.saj-edu.ne.jp/edu2003/saj-demo/saj-demo-riron.html

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターン...続きを読む

Qスキー用品の初級用と中級・上級用は何が違うのですか?

昨日久々にスキーに行ってきました。(15年ぶり)
楽しかったので、スキー板、ビンディング、ブーツ、ストック等を買おうと考えています。(昨日はレンタルしました)

いまネットでスキー用品を検索しているのですが、初級用と中級・上級用では値段が全然違う気がします。

私は雪国育ちでもうかなり滑れるのですが、安く済ますに越したことはないなあと考えています。

この値段の違いは具体的にどの部分がどう違うのか、スキー用品の価格差の根拠について知りたいと思います。

お詳しい方、ぜひご教授のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

30年スキーをやっている一般エキスパートスキーヤーです。(^-^;
15年振りということはもう一昔前以上ですね。
当時のスキーの性能とは歴然の差があると思います。
それに伴いスキー技術もだいぶ変化しています。
カービングのスキーは以前よりターンの導入がしやすくなっていますし、
昔は美とされていた両足をピッタリ着けてすべることが
今はおかしくさえあります(小回り以外で)。

板、ビンディング、ブーツ、ストックどれに重点を置くかということですが、
じっくり選ばなければならないのはブーツだと思います。
人それぞれ足の形はまったく違うので、合わない靴を履いた時、痛みが出たら
スキーどころではなくなります。
しかし、お金をかければいいというものでもなく、
上級者用の値段の高いモデルはほとんどがシェルが固く、
また、インナーもタイトに出来ています。
これはレーサーやエキスパートの優れた筋力を最大限に板に伝えるために
出来ていますので、初中級者がこれを履いたらまず膝がうまく曲げられず、
難儀すると思います。また、長い時間スキーを楽しみたいのであれば
快適性を重視したモデルもありますのでショップでよく相談されるのが一番かと思います。
特殊な足の形をしている場合や、ピッタリとしたフィット感を得たい場合は
フォーミングといって自分の足の形のインナーを作る場合もあります。
これが一番高価になると思います。

板も同様で、上級者用は一般的に硬くねじれにも強くなっています。
上級者やレーサーはほとんど氷のようなハードなバーンでも板をずらさずに
切って滑る必要があるためそのようになっていると思います。
逆に初級者用の板などではそのようにすべるのは困難な時があります。

ビンディングは高いものは中のバネが強く出来ていて、開放値も高くなっています。
同じメーカーの初級者用の開放値10と、上級者用の開放値10に設定した場合
何年か使っていると初級者用は早くだめになります。

ストックのみ初級上級に関係なく高価なものはカーボンなどのよい素材を使ったものが多く
握りやすく、振りやすいということが多いです。
特別すべりには関係ないもののようですが、
お金をかけて損をしないのならストックということでしょうか。

一般的に高価=硬い=重いが成り立つと思いますので、体重にもよりますが、
自分の技量に合わせた用具を選ぶのが、一番上達への近道また、快適だと思います。

30年スキーをやっている一般エキスパートスキーヤーです。(^-^;
15年振りということはもう一昔前以上ですね。
当時のスキーの性能とは歴然の差があると思います。
それに伴いスキー技術もだいぶ変化しています。
カービングのスキーは以前よりターンの導入がしやすくなっていますし、
昔は美とされていた両足をピッタリ着けてすべることが
今はおかしくさえあります(小回り以外で)。

板、ビンディング、ブーツ、ストックどれに重点を置くかということですが、
じっくり選ばなければならないのはブーツだ...続きを読む

Q水ぶくれの処置

スキー靴がこすれて足首に水ぶくれができたんですけど、放っておくのが一番ですか?

Aベストアンサー

放っておくのがいいですね.

下記URLも参照下さい.

参考URL:http://www.wound-treatment.jp/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング