植物の世話はあまり得意ではありませんが、最近、真実の木を一回り大きな鉢に植え替えました。これで元気になるだろうと楽しみにしていたのですが、反対に、葉が黄色くなってきてしまいました。前の鉢では殆ど根ばかりの状態だったので、これではかわいそうだと思い、観葉植物用の土を買ってきて、どさっと土を入れてしまいました。根はある程度切り、底には少し小石を置いたのですが・・・・水をやるとしばらくしてから底から出てきます。排水が悪いのがいけなかったのでしょか。どうしたらよいでしょうか。詳しい方教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

観葉植物用の土は、水はけのよい土でしょうから、


そのことについては問題ないと思います。
しかし、寒さに弱い植物を今の季節に植え替えるべきではありません。
必死に寒さに耐えていたところに、
植え替えで一気に体力を失ったのではないでしょうか。
なお、寒いのもだめですが、エアコンの風はもっとだめ。
寒暖の差もだめだし、もう一度植え替えるなんてバカです。
暖かくなるのを待つ以外、することはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。後は待つだけなんて、かわいそうな事をしてしまいました。本当に無知で恥ずかしいです。植え替えに体力が必要だとは知りませんでした。なおエアコンの風はあたらないようにしています。

お礼日時:2001/03/01 10:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドラセナ幸福の木が枯れる?

ドラセナ幸福の木を1年程育てています。鉢には2本植えてありそれぞれ枝が2本つき葉が大きくついている状態です。内大きな方の幹の枝が途中(幹に近いほう)から茶色く変色しついには葉も枯れ枝自体も枯れてしまいました。それは切り取りました。すると今度は残りの枝(鉢の中で一番大きな枝で30cm程延びており葉も大きくついています)も途中から変色し始めたのです。下葉が一枚枯れました。これも同じように枯れてしまうのでしょうか。根腐れを気にして水は与えすぎには気をつけています。鉢の裏側からは根が数本出ている状態です。どなたかいい意見をお願いします。これからも大事に育てていきたいのです。

Aベストアンサー

#3です。回答に対する補足拝見しました。
植え替えの時期は5月から7月頃が適期ですが室内で育てていて生育温度の15℃以上あれば何時でも可能です。
現在傷んでいる箇所(変色している)は切り取りましょう。
そうしないと腐食がどんどん進む恐れがあります。
切り取ったところが太くてそこから細菌が入り込んだりすると腐れ易くなりますので切り口に溶かしたロウを塗っておくと完全です。
元々、ドラセナの幸福の木は大きな木の葉の無い一部分だけを切り取り根付かせたものですから最悪でも活きている部分だけを切り取り挿し木の形で復活させることが出来ます。
その際も頭頂部には前述のロウを塗っておくと安心です。
増やすのは挿し木が一番簡単で形を整えたり仕立て直しの時に切った茎を5cm~10cm位にして肥料分がない清潔な川砂等に挿して湿度を保ちながら日陰で1か月位育てると活着しますので鉢に定植します。
下記サイトにドラセナ一般の育て方がありますのでご参照下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/to_00006g.htm

#3です。回答に対する補足拝見しました。
植え替えの時期は5月から7月頃が適期ですが室内で育てていて生育温度の15℃以上あれば何時でも可能です。
現在傷んでいる箇所(変色している)は切り取りましょう。
そうしないと腐食がどんどん進む恐れがあります。
切り取ったところが太くてそこから細菌が入り込んだりすると腐れ易くなりますので切り口に溶かしたロウを塗っておくと完全です。
元々、ドラセナの幸福の木は大きな木の葉の無い一部分だけを切り取り根付かせたものですから最悪でも活きている部...続きを読む

Q幸福の木の葉先が・・・

新築祝いで、1m50cmくらいの大きい幸福の木をいただいたのですが、葉の先が、茶色く枯れてきはじめています。水は、時々あげていました。枯れた部分だけ、はさみで切ってしまってもいいのでしょうか?それとも、葉の元から切ってしまった方がいいのでしょうか?ほったらかしていていいのでしょうか?せっかく頂いたものですし、幸福の木・・だけに枯らせてしまったら、縁起が悪いですよね。上手な育て方教えて下さい。

Aベストアンサー

葉先が枯れるのは水分が木の隅々や葉先まで行き渡らないためです。
原因は根腐れか根詰まりにより水を十分吸えないか、不規則な水遣りによる水不足などです。
鉢の底から根が沢山出ていたり鉢土の表面に根が一杯見えていて水を遣ってもなかなか浸透しなければ根詰まりですので一回り大きい鉢に植え替えましょう。
水やりも不規則だと植物は弱ります。
幸福の木はコンスタントに雨の降る熱帯アフリカが原産ですので高温期の乾燥には弱いので夏の成長期は表面の土が乾いたら底から流れ出る位たっぷり遣りますが余った水を残しておくと根腐の原因になりますので受け皿の水は捨てましょう。
なお枯れた葉先の部分は鋏で切り取ります。
幸福の木はドラセナ・マッサンゲアーナと言いますが下記サイトをご参照下さい。

参考URL:http://www.yasashi.info/to_00006g.htm, http://www.engeinavi.jp/db/view/link/804.html

Q幸福の木が、あちこち枯れてきてしまいました(涙)(;_;) 。

高さが約50cm位の幸福の木なのですが、あちこち葉先から枯れてきてしまい、1つの芽は完全に枯れて(腐って?)しまいました。
そこの部分はむしり取ったんですが、そこから幹の方まで腐ってしまうのも心配です。
冷房に当たってしまったからなのか、1度だけ冷たい水を上げてしまったからなのか、思い当たる原因はこの2つです。
水をやり過ぎたわけではないとは思うのですが・・・。
全体的には元気の良かった時と比べると、7割位の葉数で、以前よりも黄色身を帯びています。
以前のように元気な幸福の木になるには、どうすれば良いのでしょうか?
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も観葉植物が大好きで、1~20代の頃は幸福の木も置いてましたが
当時は育て方もロクに知りませんでしたので回復はしませんでしたが..
http://www.ohanayasan.com/sodatekta/koufukunoki.html

下記の参考URLも御覧下さい。
その時々の症状に応じた解決策が有るかも知れません。

参考URL:http://community.bloom-s.co.jp/blog/blog.cgi?Tk=55&Key=%8DK%95%9F%82%CC%96%D8

Q咲き終わったチューリップの球根はどうすればいいの?

昨年の秋に鉢に植えたチューリップの球根。先週まで綺麗な花を咲かせていましたが、今週になって花は全て散りました。葉っぱはまだ元気ですが、この後どうしたらいいでしょうか?できればまた同じ球根で来年の春に花を咲かせたいと思っていますが、チューリップの球根というのは上手く保管していれば、毎年綺麗な花を咲かせるのですか?それとも一回花を咲かせた球根はそれで終わりで、そのまま捨てるものですか?もし来年も使えるのであれば、どのように保管したらいいでしょうか?

ガーデニングは全くの初心者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

花がらだけつんでそのまま育てます。
2ヶ月くらいはかかります、肥料はたっぷりあげます。
葉が枯れるまで育てたら水遣りをやめて保管します。
掘り出してもいいしそのままでもいいです。
秋になったら植えますがその時は新しい土に植えます。

Q観葉植物の葉が茶色になってしまいました。

観葉植物の葉が茶色になってきました。4月に購入したドラセナ・コンシンネ(175cm)です。葉の長さは30cmほどですが、半分くらいの葉の先5cmほどが茶色です。以前のような緑をとりもどすにはどうすればよいのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

茶色になった部分は、人間の歯と一緒で、もう、元には戻りません。
全体が茶色や黄色の葉は潔く、取り除きましょう。
葉先だけなら、枯れた部分だけ切り取ってしまいましょう。
(茶色があると見た目が悪い為)
ドンドン新芽が出てきますから、そちらを育てましょう。
他の葉が元気なら、原因は水枯れか根詰まりが考えられます。
葉が黄変してドンドン落ちていく場合は根腐れが考えられます。
土はやわらかく、水やりした水がすぐにしみこんでいきますか?
中々しみこまない場合は根詰まりも考えられます。
かなり大きな木のようですから、ひとまわり大きい鉢に植え替えるといいかもしれません。
冬場は休眠期ですから、水遣りは控えてください。
春に新芽が動いてきたら、肥料をやってください。

Q植え替えしたら枯れそうです

プランターに植えてあったプルーンやサクランボが大きくなってきたので
庭に植え替えようと思い、取り出そうとしたところ密集していたので
根を水で洗い泥をすべて取ってたら植え替えました。
根はほとんど切っていません。

そしたら新芽がだんたん枯れてきました。
このまま枯れてしまうのでしょうか?
水はたっぷりあげてあります。
毎日はあげていません。

水栽培などで根をちっょと出した方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
植え替えは根や葉が眠っている時期に傷つけないようにするのが基本です。
また、細根は傷つきやすく、そこからしか植物は水を吸えません。
細根以外は、細い根も植物体を支える物と考えて下さい。

で、やっちゃった事はしょうがないので
水をほとんど吸えない状態で、枯らさないために
植物は自衛策として、水が蒸散して出ていく葉っぱを落とそうとするわけです。
人間が手伝ってあげるなら
まず、引き抜かない!また根っこが傷つきます!
植え替えて水をかけた後、棒等で根元の中まで土が入るように突きましたか?
もししていないなら、水やりをしたときにまずやってみましょう。
ぼっこり土が下がったら、根っこは土に当たらず乾いているかもしれません。
周囲にちょっと水が溜まるように穴を掘り
ホースでたっぷり水やりして、水が表面を流れず、土中にしみこむようにしてみましょう。
それから、植物体にも水をかけて蒸散を抑えます。
直射日光が当たるのも、蒸散を促進しますから
寒冷紗等をかけて、葉っぱが元気を取り戻すまで様子を見ます。
不必要な枝葉は、蒸散を抑えるため、
このさい切ってしまうのも手ですが、
あまり沢山切るのも植物体にダメージが大きいので御自分で考えて処置してください。
それから、回復するまで肥料はやらない事!!
肥料は、塩分ですから枯れますよ!

回復すると良いですね。
次回から植え替えするときは、ちょっとネットで調べてみましょう。
時期や注意点も掲載されていると思いますよ。

こんにちは
植え替えは根や葉が眠っている時期に傷つけないようにするのが基本です。
また、細根は傷つきやすく、そこからしか植物は水を吸えません。
細根以外は、細い根も植物体を支える物と考えて下さい。

で、やっちゃった事はしょうがないので
水をほとんど吸えない状態で、枯らさないために
植物は自衛策として、水が蒸散して出ていく葉っぱを落とそうとするわけです。
人間が手伝ってあげるなら
まず、引き抜かない!また根っこが傷つきます!
植え替えて水をかけた後、棒等で根元の中まで土が入るように...続きを読む


人気Q&Aランキング