日本では地下水を汲み上げ過ぎる地盤沈下が起きますが・・

 油田国で何故原油を汲み上げても 地盤沈下が起きない

ですか?

A 回答 (4件)

その深さが全く違います。


地下水はせいぜい数メートルから10数メートル程度。
その下が空洞に成れば、地下構造により必ずとは言えませんが地表の重みで沈下します。
一方、油田などは地下数千メートルであり、仮にその地下が空洞になったとしても、地表に直接の変化が出る事は希でしょう。
また、くみ上げた原油の代わりに水を送り込むなどの工夫をしているところもあります。
あくまでも原油を効率的にくみ上げるためであって、地盤沈下を心配してではありませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えて頂き有難う御座います。

お礼日時:2009/01/04 15:42

地盤沈下おきてますよ



ま、油井と都市部が離れてるってのがありますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えて頂き有難う御座います。

お礼日時:2009/01/04 15:40

>油田国で何故原油を汲み上げても 地盤沈下が起きない



え???
普通に地盤沈下は起きますよ。

Subsidence
http://www.tulane.edu/~sanelson/geol204/subsiden …

”Oil & Gas”の項目を参照のこと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えて頂き有難う御座います。

お礼日時:2009/01/04 15:41

地盤の沈下が起きても何も影響がないだけです


建物も無ければ農地もありません
砂漠が沈下しても誰も困りません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えて頂き有難う御座います。

お礼日時:2009/01/04 15:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大地震で地盤が沈下したって・・?

今回の大地震で、宮城県などの地盤が75センチも沈下したという報道がありました。この辺は北米プレートの下に太平洋プレートがもぐり込んでいると思うのですが、地震の後だったら宮城県などが乗ってる北米プレートは力が開放されて、かえって地盤は上昇するのではないかと素人は思うのです・・。それとも大地震でまたまた太平洋プレートがズルズルともぐり込んで北米プレートを押し込み緊張が高まったのでしょうか・・?

Aベストアンサー

海溝型逆断層の上盤側の地殻変動は、断層(海溝)に近いところでは隆起、離れると沈降が起こります。
模式的に示した図で言うと
http://sc1.cc.kochi-u.ac.jp/~mako-ok/nankai/jisin/doshite.html
の図がわかりやすいでしょうか。

房総半島館山のあたりや、室戸岬などでは、海溝側に飛び出したように近くなっているので隆起が起こります。反対に高知市のあたりは沈降が起こる場所なので、リアス式海岸や沈降平野が作られます。

海溝軸と海岸線の距離を比べると、関東以西では近く、東北地方では遠くなっています。関東以西では隆起する部分に海岸線があるのに、東北では沈降するところに海岸線があるわけです。

Qメタンハイドレート採掘の結果、地盤沈下

メタンハイドレートを採掘した場合の問題として、「地盤沈下のおそれがある」そうですが、仮に海底の地盤沈下が起こったとして、被害はどういったところにあるのでしょうか?

Aベストアンサー

陸上に直接的な影響はないのではないでしょうか?
考えられそうなのは採掘地周辺にオフショアリグや海底ケーブルなどの構造物がある場合で、これらは地盤沈下により何らかのダメージを受けそうですね。

やはりもっと問題なのは、採掘によりメタンハイドレート自身や海溝斜面が不安定化して、大規模地すべりがは発生したり、ハイドレートの直接海面に放出されるケースでは?

Q石油・ガス掘削による地盤沈下等の可能性

50年以上も世界各地でバンバン石油が採られ続けていますが、大気への影響以外に、地盤沈下等の地盤への影響はないのでしょうか?
掘削地域が人の居住区域から遠いので問題となっていないだけなのでしょうか?

Aベストアンサー

バンバン採掘している所では、埋蔵箇所が大深度のため、空洞が出来てもそれが地表面まで影響しない為です。
地下数十m程度で同じ事をやったらエライ事になりますが、石油だと浅くても数百mはありますからね。

Q地下水面が高いってどういう意味なんでしょうか?読んでいた本に、「地下水

地下水面が高いってどういう意味なんでしょうか?読んでいた本に、「地下水面が高いので、穴から水がしみ出すことはなかった」とありました。素人考えで、地下水面が高い=水脈が地上に近い、つまり穴を掘れば水がしみ出しやすい、といったイメージを浮かべてしまい、かなり混乱しています。
ウィキペディアで地下水面を調べましたが、いまいち高いって意味が分からなかったです。

Aベストアンサー

アレージを言っているのだと思います
通常地下水位は井戸の上端から測ります
大きいほど水面まで遠いのです
小説でしょうか?
だったら作者がよく分からずに書いたのかも知れません
地下水位は高い低いなどと言わずに単に大きさで表します

Q硬い地盤と軟らかい地盤での地震の違い

日本はほぼ都市部は堆積地に発達していて、地盤はとても軟らかいはずです。

それに対して、アメリカの地盤はかなりの部分が火成岩でとても固いようです。

もし地震が同じマグニチュード、同じ震源深さであった場合、どんな違いが日本とアメリカではあるのでしょうか。日本とアメリカというよりも地盤が軟らかい場合と硬い場合の違いはどうかということです。

もっとも、日本の場合も、たとえば関東地方はある程度固い岩盤がおわんのようにあり、そのおわんの中に軟らかい堆積層が入っているようですから、そういった地盤と、アメリカのような基本的にすべてが硬い火成岩からなる地盤での地震波の影響の違いを知りたいと思います。

自分としては、日本のように軟らかい地盤では、地震波は基本的に減衰しやすく、固い岩盤にぶつかって反射し、軟らかい地盤の中でよりひどい揺れを集中的に起こしやすい。アメリカのように固い岩盤では、質の異なる地質が隣り合うことが余りないので地震波の反射はあまりなく、しかし、減衰はしにくいので、基の地震の強さが広い範囲へ直接影響を与えることになる。
揺れの続く時間は反射がある日本のほうが長くなりがちであり、アメリカの場合は震源から放射された地震波が通り過ぎればそれで揺れ自体は収まる、と思うのですが、こういった考えでいいのでしょうか。

日本はほぼ都市部は堆積地に発達していて、地盤はとても軟らかいはずです。

それに対して、アメリカの地盤はかなりの部分が火成岩でとても固いようです。

もし地震が同じマグニチュード、同じ震源深さであった場合、どんな違いが日本とアメリカではあるのでしょうか。日本とアメリカというよりも地盤が軟らかい場合と硬い場合の違いはどうかということです。

もっとも、日本の場合も、たとえば関東地方はある程度固い岩盤がおわんのようにあり、そのおわんの中に軟らかい堆積層が入っているようですから、そう...続きを読む

Aベストアンサー

>これはかみ合っていません。地盤が固いやわらかいと「弱い」は別概念だからです。
???。地盤が弱いとは、ごく普通に、地盤支持力が小さいという意味にとりますが、
弱い地盤ほど軟らかい地盤であり、どこがどう別概念なのかわかりません。(固い地盤かつ弱い地盤とは、いったいどんな地盤?)


>西宮高校の例は、普通の意味のたて揺れも横揺れもなく、相対的に硬い部分にたてられていた
>校舎一階部分が座屈した例であるのは確かなことだと思います。このことについて、そうではな
>いということであれば、つまり、普通の意味でのたて揺れとか横揺れで部分的な座屈が起こった
>と考えられているのでしょうか。
西宮高校の校舎破壊の、別の説明を見つけたので添付します。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003968500
上記から、プレビューを見ればよい。
前回回答に訂正の必要があり、壊れた部分はN値50オーバーの砂礫層の上なので地盤としてモロに固い部類に該当、ですね。
地震のとき軟弱部が沈下・側方流動し、固いほうが取り残された結果、
固いほうの上部構造に無理な力がかかったため壊れた、という説明。
たぶんこれが普通の説明と思われます。(え?縦揺れは必ずしも関係ないんか?)
こちらによれば、軟弱部の杭の大部分は破損しているが固いほうはそうでない
とあるので、那谷さん論文ではここをどう説明するか?
(説明いちおう書いてあるけれど、ものすごく無理筋な説明。)

>、衝撃波について、「衝撃波は、単に媒体の波速より速い速度で伝わる波」とされていますが、
>自分は違う捕らえ方をしています。つまり、振幅がなんらかの原因で非常に大きくなった波ということです。
あなた独自の衝撃波の定義なので返答のしようがありません。
仕方ないので、よくみる衝撃波の定義

まず、衝撃波=粗密波(P波)と考えた場合。
これは簡単。現状の地震加速度は、波のエネルギーが剛体の物体に伝わったときの
加速度を求めている(近似だけど。)なので、旧耐震設計の地震衝撃力と意味が一致。
なお、まともな文献で、固体に関して衝撃波とあれば、たいていコレのことです。

衝撃波=振幅がなんらかの原因で非常に大きくなった波と考えた場合。
軟弱地盤で揺れが大きくなるので、わざわざ衝撃波という意味が不明なのですが....
たとえば、波がどう増幅されるかのメカニズムは
http://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/infolib/user_contents/shinsai/001017.pdf

衝撃波=音源が音速と同じ速度で移動する結果、音源から出る波が重なったと考えた場合。
それは、「媒体の波速より速い速度で伝わる波」と実質的に同じ意味です。
この意味における衝撃波は、気体の場合は起きやすいのですが、
液体の場合起こりにくく、固体の場合はさらに起きる条件が特殊になります。
たとえば、音源が高周波(注:少なくとも数kHz。地震の主成分から大きくずれている。)の場合など。
固体に衝撃波が起きる場合とは、
http://www.engineering-eye.com/rpt/r095_iswi/pdf/201005_1.pdf
に記述があって「ひずみ速度が増えると降伏応力が増える場合」
(この場合に、ひずみが増えると位相速度が増える現象が発生。)
であって、金属ならとにかく、岩や土の場合はひずみが増えると位相速度がガタ減りするため
衝撃波は起きそうにないし、仮に起きてもすぐに減衰(P波に追いつかれる)します。

なお、那谷さん論文の場合、P波のことを言っている様な箇所と媒体の波速が速いという意味で言っているような箇所が入り混じっているので、どうなっているのか理解困難ですが、単発の波が研究対象なので、波の到達の時間差で重なって増幅、ということは無いと思うけど。

>通常の地震波の数十倍とか数百倍、またはそれ以上の大きな振幅を持った地震波を現状の地震計は計測できていないのではと思っています。
振幅が大きい場合、針が振り切れるから(定量的に)計測できない、超長周期の揺れは振幅が大きくても計測できないというのならあります。
ただ、超長周期の揺れの場合、衝撃の対極なので.....

衝撃波が何であるせよ、明白な矛盾点:衝撃波が何であるにせよ、地震計が反応しないまでは仮定を認めるとして、コンクリート柱を壊す類の力なら、コンクリート柱にひずみ計をすえつければ検出できてしまう点。

>これはかみ合っていません。地盤が固いやわらかいと「弱い」は別概念だからです。
???。地盤が弱いとは、ごく普通に、地盤支持力が小さいという意味にとりますが、
弱い地盤ほど軟らかい地盤であり、どこがどう別概念なのかわかりません。(固い地盤かつ弱い地盤とは、いったいどんな地盤?)


>西宮高校の例は、普通の意味のたて揺れも横揺れもなく、相対的に硬い部分にたてられていた
>校舎一階部分が座屈した例であるのは確かなことだと思います。このことについて、そうではな
>いということであれば...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報