最新閲覧日:

 
 日本国憲法は、「財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。」として、公共の福祉のために財産権が制限されることがありうると述べている。どのような場合がこれにあてはまると考えられるか。具体例を1つ書きなさい。
 
 という社会の宿題なんですが、さっぱり分かりません。教えてください。

A 回答 (2件)

「社会」の宿題ということでしたので、念の為補足します。



公共の福祉…特定の公共の利益となる事業のため
財産権の制限…必要とされる土地などを任意で取得し得ない場合に、土地所有者などの意思に反しても、強制的に取得

成田空港の用地取得の問題がありますが、これを想像していただければ、
この法律のイメージが湧くと思います。
    • good
    • 0

土地収用法による収用なんてどうでしょうか。


あなたがどのレベルの勉強をされているのかわかりませんが。

土地収用法とは、特定の公共の利益となる事業のために必要とされる土地などを
任意で取得し得ない場合に、土地所有者などの意思に反しても、強制的に取得
することを可能にするものです。
収用に対しては、正当な補償がなれます(憲法第29条3項)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報