たぶん北川悦吏子さんの本だと思うのですが
あの「ビューティフルライフ」のモデルにもなった
人と出会った事が書かれた本のタイトルが
わかりません。この内容もちょっと自信ないのですが
確かそういうことが書かれた本だと思います。
知ってる方がいれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

多分この本ではないかと…



「車イスとハイヒール」
著編者:北川悦吏子・すぎたちよこ
ISBN:4-04-883652-8

2000年12月25日に角川書店より発売されています。

参考URLに内容が紹介してあります。 

参考URL:http://www.kadokawa.co.jp/book/contents/200012/3 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考URLまで紹介していただいて、早速見てみました。
読みたかった本なので早速書店に探しに行こうとおもいます。

お礼日時:2001/03/01 18:27

北川悦吏子さんの本なら「車椅子とハイヒール」というのが、ドラマのモデルと


いうか協力者とのメールのやりとりをつづった本だったと思います。
他にもドラマのシナリオ以外で何冊か著書があるので、著者名で探すとお探しの
本がわかると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
これですっきりしました。最近ずっと考えてたので。
さっそく書店に行って購入しようと思います。

お礼日時:2001/03/01 18:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの本のタイトルを教えてください(たぶん初期の菊地秀行著)

随分前に読んだものなので、記憶がかなり曖昧です。しかも、もしかしたら複数の作品を混同しているかもしれません。

・ハンサムなサイコダイバーが活躍していたと思う。
・彼がやたら強く悪には絶対負けない。
・それなりにHな描写もある。
・妖魔シリーズの気がする。(かなり自信なし)
・菊地秀行初期の作品だと思う。(著者が違うということも考えられる・・夢枕獏など)

関連ホームページで表紙デザイン等を見ましたが、表紙だけではあまり思い出せません。

Aベストアンサー

こんばんは
>・彼がやたら強く悪には絶対負けない。
以降は菊地秀行にも夢枕獏にも共通すると思うのですが、「サイコダイバー」という点で、夢枕獏の「魔獣狩り」シリーズだと思います。
ずばりサイコダイバーの話なので。
登場人物の中にハンサムなサイコダイバーも出てきます。

Q昔の人が書いた本で涙が止まらない本

昔の人が書いた本で、涙が止まらないような本ありませんか?
今生きている人ではなく、すでにお亡くなりになられている方のものが良いです。
ノンフィクションや、自伝などだと更に良いです。

先日、金子みすずさんの半生をテレビで見て、こういう過去に生きた方々の生きざまを知りたいと思うようになりました。

そのほか、ノインフィクションではなくても、過去の方が書いたもので涙が止まらないような小説があったら教えてください。

Aベストアンサー

「涙が止まらない」というのは人によって感じ方が異なるので、お勧めするのは難しいですが、私が最近読んだものでは最も「涙が止まらなかった」本としてご参考までに。

昔の人ではなく、今も現役の作家さんで小檜山 博さんという方をご存知でしょうか。
この方の書いたエッセイで「人生という旅」という本があります。小檜山さんの貧しかった少年時代から、作家になって苦労した時代などご本人の体験が書かれたもので、私にとっては、それこそ涙無くして読めないエッセイでした。

すでにお持ちかもしれませんが、もしまだお読みになっていないのであればと思い、ご参考までに回答させていただきました。

Q和民の社長「渡邉美樹」さんの本で成功するまでの経緯が書いてある本はありますか?

和民の社長「渡邉美樹」さんの本を読みたいのですが、成功するまでの経緯が書いてある本はありますか?

起業の元手を佐川急便で作ったと聞いてますが、そのエピソードが入ってる本を希望します。

Aベストアンサー

青年社長(上)(下) 高杉良著 角川文庫

Q社会人としての自信と元気を取り戻せるような本

社会人としての自信と元気を取り戻せるような本がありましたら、教えていただけますか。

私は40代半ばのサラリーマンです。
この度、良い会社から内定をいただいたので、転職をします。

しかし、ここ数年、社会人としての自信を少しずつ失っていました。
気持ちが小さくなっていたというか、堂々としていられなくなったというか。。。

この気持ちのまま、新しい会社に入っても、上手くいかないと思うので、
本の力を借りて、自信を取り戻したいなと。

皆様の主観と体験で結構ですので、
そういう本がありましたら、本のタイトルと、
よろしければその理由なども教えていただけますか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「山谷崖っぷち日記」大山史郎
http://www.amazon.co.jp/%E5%B1%B1%E8%B0%B7%E5%B4%96%E3%81%A3%E3%81%B7%E3%81%A1%E6%97%A5%E8%A8%98-%E5%A4%A7%E5%B1%B1-%E5%8F%B2%E6%9C%97/dp/4484002108
これがイチオシです。
選考委員の満場一致で開高健賞を受賞した作品。

著者は端的に言うなら生真面目すぎる人間。
会社組織に必死でなじもうとすればするほど、却って周囲との軋轢を生み出してしまい、その結果、一般の会社人間としては通用しないことを自覚することとなります。
そして、自分は、こういう人間なのだ、と、誰を恨むわけでもなく達観している。
山谷での多様な人物たちとの出会いが興味深く書かれています。
また、そうした中で湧きあがる感覚や自分自身の所作を冷静に見つめながら書かれている作品。
外から見れば、ある意味、悲惨な状況と言えないことはないわけですが、本人は至って冷静で、淡々とした筆致が心地よいほど。
社会で生きていくことの厳しさと同時に、人間の強さを理屈ではなく実感させてくれる作品だと思います。
押し付けがましさや泣き言が一切絡んでいないのも好評価の一因となっているでしょう。

「山谷崖っぷち日記」大山史郎
http://www.amazon.co.jp/%E5%B1%B1%E8%B0%B7%E5%B4%96%E3%81%A3%E3%81%B7%E3%81%A1%E6%97%A5%E8%A8%98-%E5%A4%A7%E5%B1%B1-%E5%8F%B2%E6%9C%97/dp/4484002108
これがイチオシです。
選考委員の満場一致で開高健賞を受賞した作品。

著者は端的に言うなら生真面目すぎる人間。
会社組織に必死でなじもうとすればするほど、却って周囲との軋轢を生み出してしまい、その結果、一般の会社人間としては通用しないことを自覚することとなります。
そして、自分は、こういう人間なのだ、と...続きを読む

Q感動する本、勇気が出る本、前向きのなる本を教えて下さい。

おはようございます。
最近とても大切な人と別れました。人生に対して今は生きる気力がありません。落ち込んで落ち込み抜いたその後に気持ちを前向きにしていきたいと思っています。その時にほんの少しでいいので手助けが欲しいのです。
私は読書が好きなので皆様が出会った素晴らしい本をご紹介して欲しいのですが・・・。
前向きになる勇気の出る本を教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『青空のむこう』- アレックス シアラー・著 / 金原 瑞人・訳

わたしはあなたへ、この本をお薦めします。ほか、シアラーさんのお書きになる本は、どれも最後に、ほんのすこしの勇気と、さわやかな感動を生んでくれます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763002112/249-0498760-4756324


人気Q&Aランキング

おすすめ情報