gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

来年度、3人いる子供のうち2人がそれぞれ大学、高校受験予定です。(現在高2、中2)

国の教育ローンを使いたいと思っていますがいくつか心配な点があるので教えて下さい。

住宅ローン借り入れ時(3年前)は主人は会社員(年収750万)現在36歳
その後独立し、現在は自営業(個人事業主)
現在の時点で開業2年1か月

国の教育ローン融資希望は今年の秋~冬(入学金として借入れ希望)

会社員の時よりは経費計上などが出来るようになってるため
収入は事実上ダウン

19年度申告は430万程度(売上-経費)
私のパートが年間60万の収入(実父の会社の手伝い)

20年度の計算はまだ終わってないので数字が出せませんが、自宅兼事務所のため、仕事に使用している車の駐車場や物置の場所を経費計上しようと思っているのですが、経費計上すると19年度より収入金額が多少少なくなる可能性あります。

それに加えて 住宅ローンの固定金利がこの3月で終了し
優遇金利(現在1%)だったものが2.5%程度?(店頭金利マイナス0.4%優遇)に上がりそうです。
そのため住宅ローンの返済も上がる見込み
住宅ローンは残り3400万(32年)
月々の支払いは現在103000円
3月からは住宅ローンは3万円くらいのアップ?で135000円を予想

末っ子はこの4月で幼稚園に入園

上の2人が卒業するまでは家計はかなり厳しくなりそうです。

こんな我が家は日本政策金融公庫から教育ローンを受けるのは難しいでしょうか?
主人で申し込みをして、私のパート収入も合算することも出来ますか?

住宅ローンを他社で借換することも検討したのですが、開業して2年と言う事もあり、所得も下がっているため借換は難しいだろうと半分諦めている状態です。
(とりあえず新生銀行から書類は取り寄せています)
現在借りてる銀行に条件変更のお願い(返済期間延長)をして月々の返済額を減らしたほうがいいのか、それともしないほうがいいのかもわからず困っています。

教育ローンと住宅ローン、両方についてどうぞアドバイスお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

#1です。



最初に、
>> 『国の教育ローン』の返済負担率の基準は45%以下だったような記憶があるので
> この件は少し安心しました。
これについては、記憶も定かの話ではありませんし(本当に45%だったのか、別の「45」という基準が記憶に引っ掛かっているだけなのか、確実な話ではないんです)、私が現場を離れてから数年経過していますし、現在も同じとは限りませんので、あまり安心なさらないでください。お願いします。
ウェブサイトを見る限りでも、『国の教育ローン』は、昨年の10月1日に大きく基準を変えていますから、当時と現在とでは「ぜんぜん違う」かもしれません。
(現担当者に尋ねようかと思ったんですが、現在、個人融資は申し込み案件が多く、とても訊ける状態ではないので諦めました。)

それに、#1でも書きましたとおり
> 『国の教育ローン』の審査は、専用の加点方式による審査
でして、
> 『国の教育ローン』の返済負担率の基準は45%以下
というのは、「45%以下ならば借りられる」という意味ではなく、45%を超えると加点審査のポイントが「0点」になるという基準です。
返済負担率が35%を超えていれば、概ね、得られるポイントは限りなく「0点」に近いです。

> 持ち家だったらポイントが高いとか、親の年齢でポイントが付くと聞いたのですがうちの場合はマイナス要因のほうが大きいのでしょうか?
> 11月に借入れするとしたらその時点で居住3年10ヶ月、営業年数は2年11ヶ月となります。
> これはかなりポイントは低い位置になるのでしょうか?
11月に「申し込み」ですよね?
ならばその時点になりますが、「年数」で見て、単位未満切り捨てのはずです。
ですから、居住年数は3年、営業年数は2年になりますね。
「自己持ち家」は、「居住形態」の項目では満点になります。
「年齢」については、「親の」ではなく、「借入申込者の」です(『国の教育ローン』の借入申込者は、「進学者の親」とは限りません)。
ですが、『国の教育ローン』は、義務教育を終了した後の進学が対象になっていますし、借入申込人は、原則として「進学者の親」を想定していますので、「義務教育を終了した後に進学する者の親」として想定される年齢の方が借入申込人であれば、「借入申込人の年齢」の項目でも満点となるでしょう(ですから、例え借入申込人が「進学者の親」であっても、高齢になってから得られたお子さんについての借入申込は不利になることがあるんですよ)。
ですが、2項目で満点を取れても、審査クリアの基準ポイントには遠いですよ。
「所得」が少なく家族が多い場合には、「生活費負担割合」の項目もポイントが低くなりますし。
何項目も1桁ポイントしかないものがあれば、結果的に合計ポイントで不足してきます。
大変失礼ながら、ご質問者さまのお宅は「マイナス要因のほうが大きい」です。

> 私のパート収入を合算する場合は源泉徴収票がありますのでこれを提出すればいいのですね?
『国の教育ローン』は、源泉徴収票で大丈夫だったと記憶しています。
それで不足するようならば、専用の様式を提出していただくことになると思います。

> 借入れしてる銀行の3年固定の店頭金利が2.9%だと聞いたのでとりあえずそのまま3年固定か5年固定にして今からの4年間を乗り切って子供が卒業したら長期に切り替えるのが一番いいのかなと思っています。
2.90%は12月~1月時点の店頭表示金利ですね。
それとも1月に入って、少し金利が下がりましたでしょうか?(1月の住宅ローン金利は、長期・短期とも、12月と比較して下げたところが多いので。)
ご質問者さまのところの「現在の固定金利特約期間が終了」し、再特約を締結するのは3月になるかと思いますが、それより前に「予約」をしておけば、その時点の金利が基準に適用される…ということはありますか?
今年に入りまして、ちょっと「市場金利」が上を向きかけているので、もしかしたら3月には今よりも金利が上昇する可能性も考えられるのではないかと思いまして(3か月予想)。

ライフプランニングの点で「とりあえず向こう4年程度は『金利の低さ重視』」なのでしょうが、やはり、「この景気の悪さ」がこの先3年以上も続いてほしくはないですよね?
景気が回復してしまえば(?)、金利はまた上昇してくるでしょう。
3年固定、5年固定にされると、「次の固定金利特約期間終了時」には金利が上昇したあとになってしまうことが考えられます。
その「金利上昇リスク」が懸念されます。

> このままの返済で完済時は68歳の予定です。
> なので2年延長すれば少しは返済額が変わるかのかな?と思ったのですが甘いでしょうか?
個人事業主なので「定年」というものはないでしょうし、業種によっては生涯現役も可能かと思います。
ですが、返済期間を延ばせば、それだけ払う利息が増えることになりますので「損」をすることになります。
また、金融機関によっては、「リスケジューリング」は「返済方法の見直し」「契約の見直し」と捉え、その情報を『個人信用情報機関』に登録することもあるようです。
『個人信用情報機関』にその登録がされますと、クレジットカードなどについても不都合が生じる場合がありますので、慎重にされた方がよろしいかと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

御礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

今回は「問題先延ばし」になってしまいますがとりあえず3年固定で出来るだけ支払い金額を少なくしてなんとか乗り切って行こうかと思います。

数年後、事業が安定してからローンの組み換えなど検討しようと結論出しました。

リスケしてしまうと今後事業借入れなどしなくてはならなくなった時に不利になるとお聞きしてしないことにしました。

色々とご相談に乗っていただきまして有難うございました。

お礼日時:2009/01/29 17:18

個人融資(住宅ローン、マイカーローン、教育ローン、カードローンetc.)審査経験者です。


&「日本政策金融公庫」が「国民生活金融公庫」だった時代に『国の教育ローン』を担当したことがあります(勤務先が『国の教育ローン』の受託金融機関なので)。

> 国の教育ローン融資希望は今年の秋~冬(入学金として借入れ希望)
平成21年10月~平成22年3月ということですね。
ならば、「平成21年度」中になりますので、審査に利用する「収入」や「所得」は、「平成20年分」のものになります。
入学資金でのお申し込みの場合は、いくら希望をされても入学が「確定」しなければ、融資実行はされません。
また、『国の教育ローン』の融資上限は、1学生あたり200万円ですが「200万円が必要だ」という証明ができないと、200万円借りることはできません。
高校進学では200万円の必要経費の証明は、なかなか難しいと思いますがいかがでしょう。

> 会社員の時よりは経費計上などが出来るようになってるため収入は事実上ダウン
これはちょっと言葉を間違えていらっしゃいます(というか、家計における「収入」と混同されている感があります)。
事業としては「所得」が減るんです。
「収入」から「経費」を差し引くので、減るのは「収入」ではないんです。
そして、会社員の時は「収入」が審査基準に用いられていたけれど、個人事業主の場合は「所得」を審査基準に用いられる…ということですね。

> 19年度申告は430万程度(売上-経費)
所得税の確定申告は「年度」ではなく「年」で行います。
ですから「平成19年分」の確定申告ですね(以下同じ)。
「収支内訳書」の「収入金額-売上原価-経費」の額です。
これが平成19年分は430万円程度だったということだと思います。
そして、平成20年分は経費計上分が多くなるため、平成19年分よりも「所得」が少なくなる可能性がある…ということですね。

> こんな我が家は日本政策金融公庫から教育ローンを受けるのは難しいでしょうか?
「所得の減」と「住宅ローン」がネックになって、「総返済負担率」が高いです。
住宅ローンの細かいことについては後ほどご説明させていただきますが、住宅ローンの毎月の返済額が13.5万円になったと想定して、『国の教育ローン』を2人分、上限の200万円ずつ借りたとすると、年間所得430万円で試算しても、返済負担率が45%を超えてしまうんですよ。
『国の教育ローン』の返済負担率の基準は45%以下だったような記憶があるので、これではちょっと難しいのではないかと思いました。

> 主人で申し込みをして、私のパート収入も合算することも出来ますか?
パート収入を合算することはできます。
『国の教育ローン』の場合は、確定申告をされていなくて公的証明がなくても、専用の用紙を用いて、勤務先に書き込んでもらう形でOKだったと記憶しています。
ただし、収入合算者は「連帯債務者」となっていただくことになっていたのではないかと。
ご質問者さまのパート収入を合わせて、年間所得が500万円になったとすると、返済負担率は42%程度になると思います。
住宅ローンの返済額が、13.5万円ならば「返済負担率」の問題はなんとかなるかもしれません。

ただ、『国の教育ローン』は、「勤続・営業年数」や「現住所における居住年数」なども、審査において大きなウェイトを占めるんですよ。
住宅ローンを借りて3年ということは、現住所における居住年数も3年ということでしょうか?
(借入申込時には)開業して3年程度ですし、居住年数も短いとなると、こちらも厳しいかも…。
『国の教育ローン』の審査は、専用の加点方式による審査で、一定以上の点数がなければNGなんですよ。
合計点数でも厳しくなるような気がするんですが…。

実際の返済に関しては、在学中は「据置期間」(利息のみ支払い、元金の返済は猶予してもらえる)とされればよろしいかと思いますが、まず融資が通るかどうか…。

住宅ローンの件に入ります。

> それに加えて 住宅ローンの固定金利がこの3月で終了し優遇金利(現在1%)だったものが2.5%程度?(店頭金利マイナス0.4%優遇)に上がりそうです。
0.40%の優遇後で2.50%を想定されているということは、店頭表示金利を2.90%で想定されているということで、店頭表示金利が2.90%ということは、変動金利型か固定金利期間が短いものの金利ですね。
優遇が0.40%「しかない」ならば、固定金利期間を長くすれば、適用金利は3.50%になる可能性もある訳です。
優遇幅は、交渉によってはもう少し大きくしてもらえるかもしれませんが、借入当初よりも「属性」としては「マイナス」になっていますから、難しいかもしれません。

> 住宅ローンは残り3400万(32年)
> 月々の支払いは現在103000円
ということは、住宅ローンの当初借り入れは3,650万円といったところでしょうか。
> 3月からは住宅ローンは3万円くらいのアップ?で135000円を予想
135,000円ということは、想定されている適用金利は2.90%。
店頭表示金利3.30%でも3年固定程度ですね。
う~ん…。
これ以上「返済金額」が増えるのは避けたいと思われるのは無理ないことなんですが、固定金利期間3年以下の契約というのは…。
適用金利が3.50%(店頭表示金利3.90%)になれば、4.5万円程度アップの147,000円程度になるんですが。

> 住宅ローンを他社で借換することも検討したのですが、開業して2年と言う事もあり、所得も下がっているため借換は難しいだろうと半分諦めている状態です。
個人事業主ですと、下手をすると「金利優遇」が全く受けられないということもありますしね。

> 現在借りてる銀行に条件変更のお願い(返済期間延長)をして月々の返済額を減らしたほうがいいのか、それともしないほうがいいのかもわからず困っています。
現状でも完済時年齢が70歳だと思いますので、返済期間延長に応じてもらえるかどうか…。
借入時よりも「本人属性」は悪くなっている(会社員→個人事業主、所得減)訳ですし…。
「問題を先延ばしする」ことになってもよければ、「当面の間、返済を猶予してもらう」という相談は「あり」だと思います。
ただし、後日、その分を上乗せして返済しなければなりませんが。

長くなりましたが、「取り敢えず」こんなところです。
私でお答えできる範囲でしたら、ご回答させていただきますので、ご不明な点、さらなる疑問がおありでしたら、補足欄などにお書き込みください。

この回答への補足

詳しく有難うございます。

まず、教育ローンについてですが2人で400万の融資を受けたいのではなく、2人で200万くらい必要かなぁ?と思っています。

>『国の教育ローン』の返済負担率の基準は45%以下だったような記憶があるので

この件は少し安心しました。
もし住宅ローン返済が上がっても2人で200万の借入れだと、この点だけはなんとかクリア出来るって事ですよね?

私のパート収入を合算する場合は源泉徴収票がありますのでこれを提出すればいいのですね?

あとは、、、勤務年数と居住年数ですか・・・
持ち家だったらポイントが高いとか、親の年齢でポイントが付くと聞いたのですがうちの場合はマイナス要因のほうが大きいのでしょうか?
11月に借入れするとしたらその時点で居住3年10ヶ月、営業年数は2年11ヶ月となります。
これはかなりポイントは低い位置になるのでしょうか?

住宅ローンはやっぱり難しいのですね。借入れしてる銀行の3年固定の店頭金利が2.9%だと聞いたのでとりあえずそのまま3年固定か5年固定にして今からの4年間を乗り切って子供が卒業したら長期に切り替えるのが一番いいのかなと思っています。
もちろん借換して金利の安いところで出来たら一番言いのでしょうがそれは難しいかと思うのでがんばるしかなさそうですね。

上の子の大学卒業、真ん中の子の高校卒業(大学進学予定なし)が終わったら楽になるのでそれまでなんとか頑張ろうと思ってはいるのですが・・・
このままの返済で完済時は68歳の予定です。
なので2年延長すれば少しは返済額が変わるかのかな?と思ったのですが甘いでしょうか?

補足日時:2009/01/08 16:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローンと教育ローンについて

息子二人(大学3年、高校3年)の教育ローンの申し込みについてですが
只今住宅ローン本審査申込中で多分借り入れることができる状況です。
しかし後期の授業料の借り入れ大学入学時の借り入れを考えています(秋頃)
ここで心配なのが今まで学費の借り入れは国の教育ローン、信用金庫などで借りていました。
が、新たに大きな住宅ローン(2400万円)の借り入れをした場合教育ローンを借りることは難しくなるのでしょうか?今までは借家で家賃8万でした、今回住宅ローンの返済が始まったとして8万7千円くらいになりそうです、家賃を払うより家の購入を・・と思い今回思い立ったわけですが貯蓄もなく学費はローンに頼るしかありません。夫の年収は480万私は270万です。どちらも正社員で5年は勤務しています。
住宅ローンを借りても教育ローンは借り入れることは可能でしょうか?
なんでもいいですので教えてください、宜しくお願いいたします。
住宅ローンは10日以内に本審査の返答が来て6月から諸手続きに入り7月に着工です。
10月中旬に完成予定で11月末から住宅ローンの返済が始まります。
借り入れ先はJAです。

息子二人(大学3年、高校3年)の教育ローンの申し込みについてですが
只今住宅ローン本審査申込中で多分借り入れることができる状況です。
しかし後期の授業料の借り入れ大学入学時の借り入れを考えています(秋頃)
ここで心配なのが今まで学費の借り入れは国の教育ローン、信用金庫などで借りていました。
が、新たに大きな住宅ローン(2400万円)の借り入れをした場合教育ローンを借りることは難しくなるのでしょうか?今までは借家で家賃8万でした、今回住宅ローンの返済が始まったとして8万7千円く...続きを読む

Aベストアンサー

>新たに大きな住宅ローン(2400万円)の借り入れをした場合教育ローンを借りることは難しくなるのでしょうか?

難しくなりますね。
住宅ローンと自動車ローンだと、双方とも「担保」がありますよね。
ですから、同時にローンを組むことは案外簡単なのです。
が、教育ローンは「無担保」ですよね。
「息子が卒業後は、借金返済まで無給で働きますからカネを貸してくだせぇ」とは、成りません。
一般的には、無担無目的ローンと同じ扱いなのです。

>住宅ローンを借りても教育ローンは借り入れることは可能でしょうか?

収入があれば、何千万円でも借りる事が出来ますよ。
まぁ、今回は質問者さまの金銭的計画が誤っていたのですかね。
金融機関では、毎月の返済額は「手取り月収の3割まで」と考えています。

>住宅ローンは10日以内に本審査の返答が来て6月から諸手続きに入り7月に着工です。

本審査が決まっていないのに、着工が決まっているの?
当然、「銀行融資が不可になった場合は、無条件で契約破棄」条項が契約書に入っていますよね?
時々、「着工したのに本審査に落ちた。どうしましよう?」という質問も多いですからね。
質問者さまの場合、こんな事は無いと思いますが。
素人の私でも、設計図と各見積書・建築予定地資料を基に先ず融資契約を行ないましたからね。
融資が決まってから、大工と正式契約を結び着工しました。

余談ですが・・・。
住宅ローン2400万円の借入は、旦那名義・旦那の収入だけですよね?
もしそうであれば、質問者さま単独で教育ローンを組む事は問題ないと思います。
合算収入での住宅ローン申込だと、厳しいかも知れません。
確実な事は、融資を申し込む金融機関でないと分かりませんがね。

>新たに大きな住宅ローン(2400万円)の借り入れをした場合教育ローンを借りることは難しくなるのでしょうか?

難しくなりますね。
住宅ローンと自動車ローンだと、双方とも「担保」がありますよね。
ですから、同時にローンを組むことは案外簡単なのです。
が、教育ローンは「無担保」ですよね。
「息子が卒業後は、借金返済まで無給で働きますからカネを貸してくだせぇ」とは、成りません。
一般的には、無担無目的ローンと同じ扱いなのです。

>住宅ローンを借りても教育ローンは借り入れることは可能で...続きを読む

Q国の教育ローン受けたいが借金あり。

高校生の息子がいます。
国からの教育ローンを受けたいです。
visaに借金があります。
プロミス等の金融機関にも借金をした場合、教育ローンが降りない可能性が高くなりますか?
参考にさせてください。

Aベストアンサー

他に借金があるからローン審査が通りにくくなるわけではありません。むしろ借金があっても、毎月きちんと返済しているのであれば、そのぶん信用が増すことになり、お金は借りやすくなります。

ただし、安定した収入があり、借り入れを希望する額に対して充分な返済能力があることが前提です。教育ローンの審査が特別厳しいというわけではありません。強いていえば、世情を反映して、今はどんな借り入れでも審査は厳しいです。

なお、もしも生活が苦しくて消費者金融に頼っているのであれば、高い金利のせいでさらに家計が圧迫され、ますます悪循環に陥ります。たとえ返済義務のある奨学金であったとしても、消費者金融よりは金利が低いですから、お子さんの学費は奨学金で賄い、生活面では我慢できることは我慢して、できる限り余計な借金はしないようにしましょう。

Q国の教育ローン審査 必ず勤務先に電話がある?

子どもの大学入学の際に「国の教育ローン」を利用しようと思っていますが、融資審査の際に勤務先へ必ず確認の電話はありますか? 出張で社外に出ていることが多いので心配です。携帯電話にかけてくれるとありがたいのですが、そういったお願いはできるのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>融資審査の際に勤務先へ必ず確認の電話はありますか?

今は、色々会社もうるさいので
健康保険証のコピーを添付して、書面の提出で済ませてくれる場合もあります
個人名での電話には、在籍の有無も返事をしない会社があるので、電話での確認ができないことも多いです
融資の申し込みの際に、伝えれば担当者が知恵を出してくれます

Q国民生活金融公庫の教育ローンについて質問です。知り合いが

国民生活金融公庫の教育ローンについて質問です。知り合いが
教育ローンの審査が通るか不安になっています。その方は家計が困窮していて毎日暮らすのも精一杯です。家族四人暮らしで父親の年収は200万円です。兄弟は3人います。
毎月の公共料金の支払いが苦しいようで延滞してしまった月もあります。
水道代は2ヶ月ほど待ってくれるらしいので、2ヵ月後に払っています。
カードローンや消費者金融などに借金はありません。しかし電化製品のローンはあります。
一番引っかかるのは公共料金です。やはり何回も延滞してしまっていると難しいでしょうか?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
ご丁寧なお礼をありがとうございました。

> 公共料金についてはあまり関係ないと仰る方もいれば一回でも延滞しているとダメという方もいて様々です。
「関係ない」のならば、わざわざ支払いや納付の証拠書類を提出させる必要はないと思いますが?
要らないものを提出させる必要なんてありません(ローン審査で見なければいけない書類、チェックしなければならないポイントなんて、少ない方が、審査する側は「楽」ですから)。
金融機関の一般的なローンでは、そのようなものを提出させないことの方が多いですよ。

…ということです。

なかには、自身の経験から「公共料金の支払いが遅れたことがあったけれど、『国の教育ローン』は借りることができた。」という方もいらっしゃるかもしれませんが、公共料金の支払いが遅れた方の全てが審査に通る訳ではありません。

他の「ポイント」でそのマイナス点をカヴァーして余りあった…ということも考えられると思います。

> そして困窮している人ほど通りやすいと書いてありましたがこれは本当なのでしょうか?
少なくとも私は聞いたことがないですね。
『国の教育ローン』の場合、借入申込者の年収について「下限はないが上限がある」という特徴があります。
対して、民間金融機関の一般的な各種ローン商品では、借入申込者の年収について「上限はないが下限がある」となっています。

民間金融機関の一般的な各種ローン商品では「安定継続した年収がいくら以上ある」ことが融資の条件となっていたりしますが、『国の教育ローン』では「子供が何人ならば世帯の年収計がいくら未満でないと利用していただけません」となっているんです。

要するに『国の教育ローン』は、「年収が多すぎると利用できない」ので、そのことが誤解されて「困窮している人ほど通りやすい」となってしまったのではないでしょうか。

実際には、「『国の教育ローン』も加えた全ての借入に対する年間返済額」を「年収」で割って「返済負担率」を計算し、「返済負担率」が高ければ、他の一般的なローン商品と同様に「返済能力不足」と判断されます。
また、『国の教育ローン』では、年収に対する生活必要資金の負担率も見ますので、家族が多く、年収が少ない場合には、この負担率がどうしても上がってしまい、こちらも「返済能力不足」と判断される材料になります。

一般的に「困窮している人」は、これらの「負担率」が高率になることが多いと考えられます。
「負担率」が高率になればなるほど、「返済能力」が不足していると判断され、審査には通りにくくなります。
ですから、
> 困窮している人ほど通りやすい
ということはありえません。

『国の教育ローン』は、あくまでも「ローン」であって、ボランティアではありません。
返済してもらえることが前提でなければ融資しません。

#2です。
ご丁寧なお礼をありがとうございました。

> 公共料金についてはあまり関係ないと仰る方もいれば一回でも延滞しているとダメという方もいて様々です。
「関係ない」のならば、わざわざ支払いや納付の証拠書類を提出させる必要はないと思いますが?
要らないものを提出させる必要なんてありません(ローン審査で見なければいけない書類、チェックしなければならないポイントなんて、少ない方が、審査する側は「楽」ですから)。
金融機関の一般的なローンでは、そのようなものを提出させないことの方が...続きを読む

Q国の教育ローンの審査 公共料金について

国の教育ローンの審査で、半年分の公共料金の支払いが分かる通帳のコピーを提出するとのことですが、例えば月末支払いが残高不足で翌月月初めの2回目の引き落としで支払われているということがあると、審査に影響するのでしょうか?

Aベストアンサー

以前『国の教育ローン』の審査を担当していたものです。

私が担当していた頃には、「住宅ローンまたは家賃および公共料金(電気、ガス、水道、電話など)の支払いを口座振替している預金通帳」の提示はなかったんですよね。
でも、住宅ローンの返済も家賃の支払いもなく、公共料金もクレジットカード払いになっていると、この通帳って提出のしようがないと思うんですが…。

> 例えば月末支払いが残高不足で翌月月初めの2回目の引き落としで支払われているということがあると、審査に影響するのでしょうか?
影響させないものならば、わざわざ提出させないと思います。
また、「影響しません」とは、誰にも断言できないと思います。
『国の教育ローン』の返済は、昔から「生活資金の中から行うもの」という認識でいますので(国民金融公庫の時代から。だから、生計を一にする者は連帯保証人として認めていないんです。お金の「出所」が一緒になるから)、公共料金という生活に直結した料金の支払いについて認識が甘いというのは、「よくない」と判断されるでしょうね。
実際に審査を担当している人間と名乗って、その人が「関係ありませんよ。」と言ったところで、結果としてご質問者さまが「審査NG」になれば、質問した意味もありませんよね?
ご質問者さまが「審査OK」となっても、それは単に「結果オーライ」だったというだけの話です。

以前『国の教育ローン』の審査を担当していたものです。

私が担当していた頃には、「住宅ローンまたは家賃および公共料金(電気、ガス、水道、電話など)の支払いを口座振替している預金通帳」の提示はなかったんですよね。
でも、住宅ローンの返済も家賃の支払いもなく、公共料金もクレジットカード払いになっていると、この通帳って提出のしようがないと思うんですが…。

> 例えば月末支払いが残高不足で翌月月初めの2回目の引き落としで支払われているということがあると、審査に影響するのでしょうか?...続きを読む

Q自己破産していたら国の教育ローンは無理? 

現在大学4年生です。
普段は奨学金とバイト代で学費を払っているのですが、下宿の更新料や就職活動で出費がかさみ(+バイトもあまり出来なかった)、奨学金のストックと貯金が予想以上に減ってしまったため、前期の学費(約45万)が払えそうもありません。
そこで親に国の教育ローンを申し込んでもらおうとしたところ、父親が6年ほど前に住宅ローンの関係で自己破産していたことを知りました。

信用情報機関の中には5年でブラック情報を抹消するところもあるようなので(全国銀行個人情報センターなど)ダメもとで申し込んでみようと思うのですが、実質10年間はブラック扱いという情報も目にし、とても不安です・・・
自己破産後6年ではやはり厳しいでしょうか?
国民生活金融公庫の支店で相談したところ、「とりあえず申し込んでみてから・・・」というあいまいな答えでした。。

ちなみに父親の現在の年収は400万ほどで、母親のパート収入が100万くらいです。
自己破産後に転職したため勤続年数も短く、家は借家です。

審査が通らなかった場合の資金調達についても何かいい案があれば知恵をお貸しくださいm(_ _)m
祖父母には入学時の授業料を出してもらっており、まだ1/3ほどしか返せていないため、これ以上迷惑掛けたくないです。。

ちなみに後期の学費は、秋に大学から授業料半額分の奨学金がもらえそうなので大丈夫です。

現在大学4年生です。
普段は奨学金とバイト代で学費を払っているのですが、下宿の更新料や就職活動で出費がかさみ(+バイトもあまり出来なかった)、奨学金のストックと貯金が予想以上に減ってしまったため、前期の学費(約45万)が払えそうもありません。
そこで親に国の教育ローンを申し込んでもらおうとしたところ、父親が6年ほど前に住宅ローンの関係で自己破産していたことを知りました。

信用情報機関の中には5年でブラック情報を抹消するところもあるようなので(全国銀行個人情報センターなど)ダメ...続きを読む

Aベストアンサー

国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の審査を担当したことがあります(勤務先が国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の受託金融機関なので)。

6年前に住宅ローンで自己破産ですか…。
もしかしたら、住宅金融公庫のステップ返済を使われていたパターンかも。ステップ返済の所為で住宅ローンが破綻した方が多発しましたから。

延滞の情報ならば、延滞解消や契約終了後5年で情報が消えるのですが、自己破産の情報は5年では消えないんですよ。
ご懸念のとおり、自己破産は官報記載情報なので、決定から10年間、全ての個人信用情報機関にその旨の情報が登録されています。
国民生活金融公庫もその受託金融機関も、『全国銀行個人情報センター』に加盟しています。
申し込みをされるとまず個人信用情報の照会をするのですが、その時点でアウトになります(解りきっていることなのに、なぜ国民生活金融公庫がそのような曖昧な回答をしたのかは不明)。

仮に誰かのミスで個人信用情報をスルーしたとしても、勤続年数の短さと、居住形態で審査の加点が低いです。
また、「住宅ローン関係で自己破産して現在借家住まい」ということは、当然に現在の住宅における『居住年数』も短いということで、この点でも審査の加点が低くなり、トータルして、審査クリアの点数に足りないのではないかと思います。
年収は400万円あれば問題なしになるとは思いますけれど、審査結果の『合計点』が、基準点を超えなければ、国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の融資は受けられないんです。

最近は、国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の審査も厳しくなっているようで、以前は、「父が自己破産しているのならば、パート勤めの母(自己破産していない)に借入申込人になってもらって…。」ということが認められていたのですが、現在は「借入申込人はあくまでも世帯の主たる生計の維持者でなければ不可」になっているそうなので、お母さまや祖父母さまに借りてもらう…ということもできません。

他の方法としては、思いつきませんので、#2さんのクレジットカード払いの方法が裏技になるかと思います。

国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の審査を担当したことがあります(勤務先が国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の受託金融機関なので)。

6年前に住宅ローンで自己破産ですか…。
もしかしたら、住宅金融公庫のステップ返済を使われていたパターンかも。ステップ返済の所為で住宅ローンが破綻した方が多発しましたから。

延滞の情報ならば、延滞解消や契約終了後5年で情報が消えるのですが、自己破産の情報は5年では消えないんですよ。
ご懸念のとおり、自己破産は官報記載情報なので、決定から...続きを読む

Q国の教育ローンについて

来春、大学に進学するために100万円を借りたいと思っています。

奨学金の審査は受かっているのですが、受け取れるのが来年の夏になるとのことなので、
その前に支払う入学金と前期分の費用が必要です。

主人は年収240万。私は9月までパートで月7万でしたが、現在は体調を崩して退職しています。
子供は高校3年と中学2年。

東京都内の賃貸の公営住宅に14年住んでいます。


主人名義で消費者金融2社(50万と30万)・カードローン(50万)の借り入れがあります。
すべて今年の6月に借りました。

毎月消費者金融へは各1万3000円、カードローンへは1万円の返済をしてますが、
利息だけ返済している形で元金は減っていません。

主人が会社経営(従業員は主人1人)しているのですが、春に取引先が倒産して
売掛金が入らなくなってしまい、そこから生活が狂ってしまいました。
わずかな貯金をくずしたりして生活していましたが、
どうしても支払いが間に合わなくなり借り入れてしまいました。

結婚して20年、この6月までは公共料金の延滞など1度もしたことがなかったのですが、
ここ数カ月、銀行残高不足で公共料金の引落しができず、支払いが遅れたことがあります。

主人も私も両親が他界しており、お互い1人っ子で兄弟もなく、頼れる親戚もいません。


こんな状態ですが、ローンの審査は通るでしょうか?

来春、大学に進学するために100万円を借りたいと思っています。

奨学金の審査は受かっているのですが、受け取れるのが来年の夏になるとのことなので、
その前に支払う入学金と前期分の費用が必要です。

主人は年収240万。私は9月までパートで月7万でしたが、現在は体調を崩して退職しています。
子供は高校3年と中学2年。

東京都内の賃貸の公営住宅に14年住んでいます。


主人名義で消費者金融2社(50万と30万)・カードローン(50万)の借り入れがあります。
すべて今年の6月に借りまし...続きを読む

Aベストアンサー

ご主人の「収入」が、この役員報酬のみで確定申告もされていないのですよね?
でしたら、「給与所得のみ」ですし、源泉徴収票の「支払金額」欄を見ればOKです。
これは「所得」ではなく「収入」になりますが、「給与所得のみの方」は、この額を見ればOKです。
2,400,000円になっていれば、ご主人の「税込み年収」は2,400,000円になります。

> 11月末に大学へ85万(入学金+前期分)を支払わなければならないのでアセっています・・・。
11月末までですと、これから「国の教育ローン」を申し込むならば、資金実行はギリギリになるかもしれません。
私が担当していたときには、最短3営業日後に資金実行をしたことがありますが、一般的には、お申し込みから1週間から10日ほど必要ですし、今は、ちょうど大学の「入学資金」のお申し込みが増えているころだと思いますので…。
とりあえず、大学には、「国の教育ローン」の申し込み中である旨を伝えた方がよろしいかと思います。民間金融機関の教育ローンの場合は、待っていただけるといことは殆どないようですが、「国の教育ローン」の場合は、「待ってもらえた」という話も耳にしますので。

> 消費者金融とカードローンの完済は今すぐは無理です。
でしたら、「国の教育ローン」の借入申込書には、こちらを記入していただくしかありません。
その状態での審査になります。

> 大学の支払いがあと1ヶ月遅ければ、教育ローンも組まなくても大丈夫だったのですが。
> 今、動いている仕事のお金が年末に100万単位で何件か入るので、その時に完済する予定です。
大学へは相談されたのでしょうか?
まだでしたら、一度相談されてはいかがでしょう。
また、将来の入金予定は、あくまでも「未来」の「予定」です。
住宅ローン等を担当していた時に、「入る予定のお金が入らず、返済できない。」ということはよくありましたし。

公共料金については、一応「2種類以上」ですが、それだけを分けて提出することはできるんでしょうか?
電話とガスだけ、別の銀行の口座から引き落としになっているとか。

> まだ申し込みはしていないのですが、インターネットからよりも直接店舗に行って諸事情を説明すればなんとか事情を考慮していただけるってことはないですか?
「事情の考慮」はないですね。
はっきり申し上げれば、そのような対応をしていれば、キリがありませんので…。(それくらい、事情を訴えたい方は少なくないんです。)
むしろ、民間金融機関の方が「事情の考慮」はしてくれるものだと思います。

> 電車賃かけて行くだけ、ムダ足でしょうか?
実際に「どうなるか」は分かりません。
結果として、「どうなるか」が分かっている訳ではないので、ムダ足になるかどうかは分かりません。
どのような形であれ、融資が受けられればムダ足とは考えないものですが、融資が受けられなければムダ足としか思えませんよね?人間の心情としては、そういうものではないかと…。
お役に立てずに申し訳ありません。

ご主人の「収入」が、この役員報酬のみで確定申告もされていないのですよね?
でしたら、「給与所得のみ」ですし、源泉徴収票の「支払金額」欄を見ればOKです。
これは「所得」ではなく「収入」になりますが、「給与所得のみの方」は、この額を見ればOKです。
2,400,000円になっていれば、ご主人の「税込み年収」は2,400,000円になります。

> 11月末に大学へ85万(入学金+前期分)を支払わなければならないのでアセっています・・・。
11月末までですと、これから「国の教育ローン」を申し込むならば...続きを読む

Q国の教育ローン

日本政策金融公庫というところで国の教育ローンというのがあるのを知りました。
娘が私立の高校に入ることになったので借り入れたいのですが、ここの審査は厳しいのでしょうか?
現在、銀行系のカードローンなどで合計60万ほどの借金があります。
銀行からは多重債務者扱いされて借りれない状況です。

それと県の奨学金も借りたいのですが合わせて借り入れるのは無理でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1・3です。

> いくらなんでも年収180万円未満てことはないので多重債務者ではなく信用情報が悪いんでしょうか?
総量規制の関係から、無担保ローンについては、「自社で50万円まで」、「他社の分も合わせて年収の3分の1まで」になるように、規制をかけつつありますので、60万円のお借り入れで「多重債務者扱い」にされるということは、年収180万円未満ということになってしまいます。

ですが、
> いくらなんでも年収180万円未満てことはない
ということでしたら、信用情報を開示して確認されていない以上、「信用情報がよくない」という可能性は否定しきれないんですよ。

私の経験では、お客さまが忘れていらっしゃった「事実」もありました。
また、クレジットカードのご利用の場合で、お給料日と口座振替日の関係から、毎月のように口座振替日には残高不足になっていて、カード会社から連絡を受けては支払いをしていらっしゃった方が、途中から返済状況にネガティブ情報が登録された方もいらっしゃいましたし…。(残高不足で口座振替ができなくても、カード会社から連絡を受けてすぐに払っていれば問題ないと思っていらっしゃったそうです。)

また、ご質問文が
> 銀行系のカードローンなどで合計60万ほど
と、「など」とか「ほど」という言葉が使われているので、ローン残高は60万円としてもカードローンの「極度額」はいくらかとか、「極度額近くを常に借りている、返しては借りての繰り返し」という利用状況ではないかとか、複数の先から借りているのではないかとかいったことも、銀行のローン審査で影響したのではないかとも思いまして。

> 返済が遅れたというのは心当たりあるんですけど、それも10年以上前の話なんですが、そういうのは一生ついてまわるものなんですか?
「自社情報」としてならば、「一生」の可能性も否定できません。
今回、ローン申込みを謝絶されたのが、10年以上前に返済が遅れた心当たりがあるのと同じ金融機関や同じ系統に属する金融機関であれば、その10年以上前の返済の遅れが影響したのかもしれません。
もしくは、その返済が遅れたことがある「契約」について、「最近利用をしていないけれど、実はまだ契約を解除していない」ということですと、10年以上前の情報が、『個人信用情報機関』に更新されないまま残っているということも考えられなくもありませんが…。

> 申し込んでみなければ分からないのならば申し込むだけ申し込んでみます。
そうしてみてください。
どのようなローンにしても、「申し込んでみなければ分からない」ものですから。
銀行等の受託金融機関を通すよりも、日本政策金融公庫に直接申し込んだ方がいいかもしれませんね。

あと、カードローンは、極度貸しであり、目的を問わないフリーローンでもありますから、「便利」かもしれませんが、どうしても目的別ローンと比較して金利が高めです。
できれば、今後は、資金使途にあわせた「目的別ローン」を利用されるように心がけられるとよろしいかと思います。
カードローンを利用されている方は、どうしても「生活資金の遣り繰りができない」とか「収入と支出のバランスを制御できない」とか「収入に見合った生活ができていない」とみなされがちになってしまいますので…。(各ご家庭によって事情は異なるのですが、ローン審査はスコアリング的な部分もありますので、どうしても画一的に見ることになってしまうんですよ。)

#1・3です。

> いくらなんでも年収180万円未満てことはないので多重債務者ではなく信用情報が悪いんでしょうか?
総量規制の関係から、無担保ローンについては、「自社で50万円まで」、「他社の分も合わせて年収の3分の1まで」になるように、規制をかけつつありますので、60万円のお借り入れで「多重債務者扱い」にされるということは、年収180万円未満ということになってしまいます。

ですが、
> いくらなんでも年収180万円未満てことはない
ということでしたら、信用情報を開示して確認されていな...続きを読む

Q年収1千万を超えるのに教育ローンを断られました

家族年収が1100万円ある夫婦です。この度農協に大学資金を借りるために教育ローンの申請をしましたがおりませんでした。
貯金はあまりありませんが、住宅ローンは残高が2,000万円です。
断られた原因は何が考えられるのでしょうか。
一度だけ入金を忘れてしまい、(ボーナス時)催促の電話があったことがあります。これで信用をおとしたのでしょうか。農協には住宅ローンしか組んでおらず、給与とか公共料金の引落しもありません。
他の金融機関で申し込みをし直そうかとおもいますが、銀行と農協とでも保証協会は同じなのでしょうか。同じでしたらまた同じ結果になる可能性が。
急いでおります。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

教育資金ローンで、世帯年収に「上限」が設定されていて、それを超えている世帯では利用できない…というのは、「日本政策金融公庫の『国の教育ローン』」のことだと思います。
農協(JA)でも『国の教育ローン』は扱っていると思います。
世帯年収が1,100万円ですと、『国の教育ローン』は利用できないと思います。

でも、今回申し込まれたのは、『国の教育ローン』ではなく、JAのプロパー教育ローンなのですよね?

住宅ローンもJAからのお借り入れなのでしょうか?
> 農協には住宅ローンしか組んでおらず、給与とか公共料金の引落しもありません。
JAに限らず、給与振込や公共料金の引き落としは、住宅ローンにおいて「融資条件」や「金利優遇条件」であることも多いので、されていないというのは珍しいですね。
まさか、給与振込や公共料金の引き落としがされていないから、教育ローンの審査でNGになった…ということはないとは思いますが…。

> 一度だけ入金を忘れてしまい、(ボーナス時)催促の電話があったことがあります。これで信用をおとしたのでしょうか。
「約定日に約定どおりに返済する」ことが「当たり前」なので、例え一度であっても、信用を落とすのには充分な要因となります。
「たかが一度くらい」「たかが数日程度」という考えは甘いです。

> 他の金融機関で申し込みをし直そうかとおもいますが、銀行と農協とでも保証協会は同じなのでしょうか。同じでしたらまた同じ結果になる可能性が。
保証協会?
保証会社とか保証機関のことでしょうか?
個人の教育ローンで、保証協会保証を利用するのは珍しいことなので。

これは、銀行やJAが指定するところを利用するので、一緒なのかどうかは分かりません。
でも、商品概要とかウェブサイトに「どの保証会社・保証機関」を利用するか…ということは記載されていると思います。
そうでなくても、申し込みの際に訊ねれば教えてもらえると思います。

教育ローンがNGとなった原因が「保証会社が保証できないと言われたから」であって、同じ保証会社を利用するのであれば、「結果は同じ」になる可能性はあります。

もちろん、銀行でもJAでも保証会社でも、それぞれが加盟している『個人信用情報機関』に申込者の情報を照会しますから、「信用」に関する情報の出所の1つは同じところになりますから、「結果は同じ」になる可能性があります。

> 農協からは私で申請しなおしたらと言われましたのでやってみます。
JAがそう言ったのならばそれでいいのかもしれませんが…。
ローンの種類によっては、原則「その世帯の主たる生計の維持者」でなければNGということもあるんですよ。
全くの個人的なお借り入れならばいいのですが、「家族に関するもの」の場合、「その世帯の主たる生計の維持者」でなければならないこともあるんです。『国の教育ローン』の原則もそうですし。
「その世帯の主たる生計の維持者」が借入申込人にならない場合は、「どうしてそうしないのか」がとっても気になるんです。
それがネックにならなければいいのですが…。

教育資金ローンで、世帯年収に「上限」が設定されていて、それを超えている世帯では利用できない…というのは、「日本政策金融公庫の『国の教育ローン』」のことだと思います。
農協(JA)でも『国の教育ローン』は扱っていると思います。
世帯年収が1,100万円ですと、『国の教育ローン』は利用できないと思います。

でも、今回申し込まれたのは、『国の教育ローン』ではなく、JAのプロパー教育ローンなのですよね?

住宅ローンもJAからのお借り入れなのでしょうか?
> 農協には住宅ローンしか組んでおらず...続きを読む

Q利率の低い教育ローンを教えて下さい。

利率の低い教育ローンを教えて下さい。

貯金が足りないので300万円を
教育ローンで補いたいのですが

調べた中では、日本政策金融公庫の
利率2.65%が一番低いのです
(平成22年2月15日現在)

返済期間 5年で
保証料は 78,105円払います



他にもっと利率が低い教育ローンがあれば
教えていだけたらと思います。

ちなみに年収は480万円ぐらいで妻は120万円ぐらいです。

Aベストアンサー

日本政策金融公庫の『国の教育ローン』の利率は、本日(平成22年8月2日)現在、年利2.75%です。

> 他にもっと利率が低い教育ローンがあれば教えていだけたらと思います。
私が調べた範囲では、金利がもっと低いものはあることはありました。
地方公共団体が実施している教育ローンで、年利1.70%(固定金利型)です。
http://lgportal.city.kakegawa.shizuoka.jp/sigoto/kinnrouhukusi/kyouikukasituke.html
ご質問者さまがお住まいの地方公共団体にこういったものはありませんか?

また、利用者が医師に限定されている大阪府医師信用組合の教育ローンも、年利1.775%(変動金利型。要不動産担保)でした。

多くの人が広く使えるという意味で、一番低いのは『国の教育ローン』でした。

少し前には、信販会社か保険会社の関係で、3.00%程度の金利のものを見かけたのですが、どちらの会社だったか忘れてしまいました。

ただし、民間金融機関等の教育ローンは、変動金利型の商品が多いんですよ。
そちらもやはり変動金利型でした。
ですが、『国の教育ローン』は固定金利型です。
利率だけではなく、「金利パターン」にも注意してみてください。

> 貯金が足りないので300万円を教育ローンで補いたい
民間金融機関の教育ローン商品では、「カードローンタイプ」のものがあったり、必要額の証明が必要なかったりします。

対して、『国の教育ローン』で借りることができるのは、「この先1年以内に必要な額」で、しかも「必要額の証明書類」の提出が必要だったりします。
『国の教育ローン』の場合、「大学の4年間で必要な額を、入学時にまとめて借りておこう」ということができないんですよ。

そういった「利便性」と「金利」を比較してみて、ご自身の「目的」にあったものを探されるとよろしいかと思います。
ですが、金利面だけの話で、多くの人が使える「教育ローン」限定のお話ならば、『国の教育ローン』が1番低いと思います。

> 返済期間 5年で
> 保証料は 78,105円払います
ということは、据置期間なし、ボーナス返済なし…のパターンですね。

『国の教育ローン』で、教育資金融資保証基金の保証をご利用の場合、保証料を別途支払う必要はありません。
融資額から保証料が差し引かれて資金実行しますので。
ですから、「300万円借りたい」と思って、借入希望額を300万円として申し込まれても、お手元に300万円は入りませんので。

日本政策金融公庫の『国の教育ローン』の利率は、本日(平成22年8月2日)現在、年利2.75%です。

> 他にもっと利率が低い教育ローンがあれば教えていだけたらと思います。
私が調べた範囲では、金利がもっと低いものはあることはありました。
地方公共団体が実施している教育ローンで、年利1.70%(固定金利型)です。
http://lgportal.city.kakegawa.shizuoka.jp/sigoto/kinnrouhukusi/kyouikukasituke.html
ご質問者さまがお住まいの地方公共団体にこういったものはありませんか?

また、利用者が医師に...続きを読む


人気Q&Aランキング