「ブロック機能」のリニューアルについて

先日テレビ番組で
「1985年のプラザ合意による急激な円高誘導(1ドル240円台→120円台)がその後のバブル(1987年~)の引き金になったという見方もある」
と司会者が言っていたのですが、急激な円高がバブルの引き金になった理由が経済に疎い私にはわかりませんでした。

もし、経済にお詳しい方でご存知の方がいましたら教えて下さい。

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

プラザ合意後にバブルになった背景に次のような出来事がありました。



<金余り・貸込み・低金利>
貯蓄過剰・適切な運用先の不足・金利低下 →運用圧力 →無理な運用 →行き過ぎた投機
(上記は一般的な構図ですが、日本ではプラザ合意後の円高で日銀が低金利政策を取りました)
<日本のバブル時の貸込みと地価株価高騰>
(貿易黒字、大企業の銀行離れ、金融自由化への危機感があり、そして急激な円高が起きた)
☆ 預貸率が低下する危機感/円高パニックで外債が毒リンゴ化/余資運用難
... → 猛烈な融資拡大
... → 融資はかなり預金に戻る+貿易黒字/所得向上/円増加諸要因等で更に預金が増加
... → 猛烈な融資拡大 <repeat>
☆ 地価上昇 →早い投資ほど大きなゲイン →担保価値up →益々借入可能
... →まだ上がっていない地域へ拡散 →値上り期待の伝播 <repeat>
☆ あの会社は土地を持っている →こんなもんじゃない! →株価上昇 <repeat>
マネーサプライ増加 vs 物価安定 → 「貸込・投機」のポンプで金余りが土地.株に集積した
プラザ合意後の円高で外債運用減少・解約が発生、円高対策等と相まって金余りに拍車がかかった
(信用創造×少数取引が相場形成
... = 元は想像よりずっと少ない金余りが想像を絶する地価総額に繋がった)

・・・・・・・・・・・・

バブル発生にはアニマルスピリットが関わっているとの見方が有力になっています。
バブルの基底には「人の群れ行動により投機がブーム化する」現象(下記abcd)があります。
他の生物と比較すると、これは「情報伝播でプログラムが連鎖的に作動する」群れ行動です。
その波に「金余り・貸込み・低金利」や「超長期的な自信の波」が重なって巨大化しています。

【欠乏・値上りの予想から見ると】
a. 人の投機市場には命令者が存在しない、若しくは命令が弱い
b. 将来の欠乏・値上りを予想させる出来事が生じる
....→ 不安を感じた者が焦燥感を持つ → 他人に話したがる
c. 風評・早い者勝ちの感情が伝播 →
....(人は付加価値を生むが、短期的に追加供給が困難な場合もある)
....(人は貯蓄本能を持ち、将来を予想し、「不確実な将来の収益」にも強く反応する)
....(人は情報伝播速度・個性差を持ち、後から後からブームに乗る者が現れる)
....→ 「将来値上りするから・買えなくなるから」今買う → 「皆が今買うから」今上がる
....→ (暴走は一者の善行では止まらない) → 不安定な価値感 → 投機価格
d. 最後は効率的な配分への力が働く → 無限には発散しない
....事象は常に変化している → 収束もしない
....上がり下がりを繰り返して答えを探し続ける → 振動する

【転売目的から見ると】
a. 人の投機市場には命令者が存在しない、若しくは命令が弱い
b. 錬金術のように見えるもの(特別な餌)が登場する
....発見した者が上気する → 他人に話したがる(成功談・自慢話)
c. 風評伝播 →
....(人は付加価値を生むが、短期的に追加供給が困難な場合もある)
....(人は貯蓄本能を持ち、将来を予想し、「不確実な将来の収益」にも強く反応する)
....(人は情報伝播速度・個性差を持ち、後から後からブームに乗る者が現れる)
....→ 儲け遅れる心配 → ラッシュ → ブーム → 不安定な価値感 → 投機価格
d. 最後は効率的な配分への力が働く → 無限には発散しない
....事象は常に変化している → 収束もしない
....上がり下がりを繰り返して答えを探し続ける → 振動する

・・・・・・・・・・・・

下記URLを参考にしました。

「バブルの原因は何だったのか - 総括 -」
http://www.value-workers.com/design/chick-earthw …
「バブルの原因は何だったのか - 群知能 -」
http://www.value-workers.com/design/chick-swarm- …
「バブルの原因は何だったのか - 投機熱の伝播 -」
http://www.value-workers.com/design/chick-fever- …
「バブルの原因は何だったのか - 投機.価格.価値の遺伝子 -」
http://www.value-workers.com/design/chick-pricev …
「バブルの原因は何だったのか - 新型発生のメカニズム -」
http://www.value-workers.com/design/chick-newtyp …
    • good
    • 0

お金も物も同じく財産と考えてください。


1980年代前半のアメリカは、すごいインフレだった。
インフレって何よ?といえば、物の価値が上がって、お金の価値が無くなること。
10万円の商品が一年後に20万になる。逆に言えば、20万円持っていても一年後には10万円分しかかえない。
そんなアメリカでは、金を持ちたがらない。

ということで、アメリカがやったのは、高金利政策。金を持って(預けておけば)金利がたくさん付くので、物を買わないで金を銀行においておきましょう、お金の方が持っていてお得ですよ!という政策。

アメリカ国内でクローズしていれば、それは円とは縁もゆかりもありません。(これはだじゃれ)
ということで、円の金利がアメリカと比較して低かったので、円を持っているよりドルをもて!ということで、円がドルに交換される、ドルが人気なのでドルが高くなる。円が安くなる。

というのが、1980年代前半の金融状況。

ようやく、アメリカのインフレは収まった。しかし、金を貯めるだけで、金を使って物を作る設備投資がされなくなった。しかもドルに対して円が安いので、(他の通貨もドルに対して安い)海外の物がアメリカに流入されている。これでは、アメリカのもの作りが進まない。

ってことで、アメリカのもの作りでの不景気を今度は退治する必要が出てきた。これがプラザ合意。
円安を円高にしましょうというもの。
で、今度は、今までアメリカに貯まっていたお金が、アメリカから出て行くことになる。目的としては、貯金より設備投資だったのですが、なんせ設備投資しても儲かるのは数年後、だが、円を買えば円が高くなるのが見えているのですから、お金はドンドン日本に来た。
日本にお金が来ても、設備投資でやるより、(あるいは、設備投資して、企業が儲かる、今までの対米債務が半額になるのが見えているので)株価が上がるから、株に突っ込む方がいい。設備投資が始まれば土地が足りなくなるというのが見えてくる。
というので、未来の日本は明るいという予想で、予想に金が突っ込まれた。これがバブル。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速ご回答を頂きましてどうもありがとうございます。

円高がバブルの引き金になった理由の日本国外(米国)の要因が理解できました。

かつて、私はバブルが起きた理由の日本国内の要因として以下のような説明を受けました。

戦後日本の高度成長終了(1975年) → 日本政府が国内の経済競争を制限する政策に大転換(1976年~) → 新しい内需が生まれにくくなり外需中心に転換し外国との貿易摩擦が発生 → 日本の輸出を抑えるためにプラザ合意で円高に(1985年~) → 円高不況&円高不況対策で日銀が金利引き下げ → バブル発生&崩壊 (1987年~91年)→ 平成大不況 → 15年間かけようやく不良債権処理を終えるも内需中心経済に転換しないために再び不況に(2006年~) → 世界金融危機が発生(現在)

つまり、そもそものバブルの原因は、高度成長終了後の1970年代後半から日本政府が日本国内の経済競争を制限してそれまでの内需中心から外需中心経済に大転換したからだと。

しかし、日本は1990年代のバブル崩壊のおかげで現在の世界金融危機を免れたのだから皮肉です。

お礼日時:2009/01/09 06:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング