ドライハーブからエキスを作りたいのですが、抽出方法が分かりません。
オイルではなく、「ハーブの濃縮エキス」が欲しいので、自宅で出来る方法を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 東京製作所という会社が、「エッセンシャルオイル抽出装置」という家庭用小型水蒸気蒸留装置を販売しています。

12万なので、ちょっと勇気はいりますが、おもしろい会社ですよね。正規の使い方ではないですが、水溶液の濃縮装置にもなります。熱湯抽出物を温める側に入れておいて蒸留すれば、残留物のほうは濃縮されます。

 本当は、減圧式のロータリーエバポレーターがあれば簡単なのですが、家庭用のやつは見たことないです。

 ところで、化学の専門家としては、きちんとした設備があり、かつ危険物についての知識が十分にある場合を除いては、家庭での有機溶媒の濃縮には反対です。しろうとには危険です。

 例えば、エタノールは、空気中の蒸気濃度が(部分的にでも)約3%を越えると爆発可能になります。また13度以上の温度であれば液面付近の蒸気濃度が3%を越えるため容易に引火します。ドラフト設備のないところで蒸留装置を使わずに濃縮するのは、無謀の極みです。

 そばで火を使わないのは当然として、電気火花でも爆発する危険性があることを十分に考えてください。

参考URL:http://www.tokyoss.co.jp/
    • good
    • 1

ハーブの濃縮エキスというのがよくわかりませんが。


考えられるのは水蒸気蒸留と溶媒抽出だと思います。
水蒸気蒸留ならば精油とハーブウォーターが取れますが、水蒸気を吹き込んで蒸留するのに装置を組まなければならないので自宅で実施するには非現実的ですね。
もし、仮に私が自宅の台所で実施しなければならないとしたら、コーヒーのエスプレッソメーカーを使うと思います。(水を下段に入れて、コーヒー豆を中段にセットしてコンロで加熱し、水蒸気で抽出するポットみたいな形のもの)コーヒー豆のかわりにハーブの粉砕粉末セットして水蒸気で抽出する。実際の水蒸気蒸留とは違いますが、まねごと程度はできるのではないでしょうか。溶媒抽出はmizusumashiさんが記載されている通りだと思いますが多量のアルコールを飛ばすのは危険だと思いますよ。
    • good
    • 0

ドライハーブなので、うまくいくかわかんないけど。


まず、きれいに洗ったすり鉢で、よーくドライハーブをすりつぶす。その後アルコールにて抽出し、アルコールを鍋などで飛ばす。このとき危ないので気をつけてください。火事になる危険盛大。アルコールの使用量は少なめに。
アルコールは薬局などでうっているエタノールがベストでしょう。お酒でやると不純物が混ざってしまします。
アルコールを飛ばすのもホットプレートなどでじわじわゆっくり飛ばすほうがいいでしょう。換気扇をかけ部屋にアルコール分が充満しないように十分注意すること。
アルコールを使うことは危険なので、事故の責任において行ってください。
前に書かれた、水で抽出し水を飛ばす方法なんかも危険度が低くよい方法ですが、水を飛ばすのに時間がかかるぐらいです。まずすり鉢でヨークつぶしたものを沸騰したお湯で抽出する方法が一番いいかもしれませんね。
以上
    • good
    • 0

 どのくらいの濃縮度が必要なのでしょうか?実験室ならともかく、家庭では濃縮っていうのは結構難しいのではないでしょうか。



 で、単純に抽出するだけなら、熱湯抽出か、蒸留酒での抽出が簡単です。要するに、お茶か漬込み酒ですね。こんなのでは、だめですか?

参考URL:http://www.hcn.zaq.ne.jp/shin/syou1.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水蒸気蒸留の原理

今、大学で物理化学を習っているんですが、
水蒸気蒸留の原理がいまいちよく分かりません。

本には「水に溶けにくく、沸点の高い成分を
100℃以下の温度で水蒸気と共に蒸留する。」
としか書いてないんですが、なんで水と一緒に蒸留すると
100℃以下の温度(もとの成分の
沸点より低い温度)で蒸留することができるんですか?
分かる方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

【ポイントは】
 沸点より低い温度で気化する。

 という一点だけです。
 洗濯物が真冬でも乾くのは、水は沸点いかでも気化するからですね。
 小学校のとき、乾湿球温度計で湿度を測ったとき、湿度が低ければ湿球の温度は下がりましたね。では、なぜ湿度が少ないときに水が良く蒸発するのか?
 それは、その温度の水の蒸気圧と空中湿度(空気中の水の分圧)の差が大きいからでしたね。
 また、風が強いときは良く乾きますよね。それは、衣類の表面に対流している、水で飽和された空気が飛ばされて、常に衣類の表面が乾燥した(湿度の低い)空気にさらされるからですね。このとき、気化によって奪われた温度が新しい空気によって供給されることも重要です。

・・・ここまでの仕組みを、しっかり理解しておくこと・・・そしたら次へ

 では、水で考えていたことを元に
 水を、水と混じりあわない物質 に
 空気を、水蒸気 に
置き換えて考えて見ましょう。

 その物質が気化するためには、周囲の水蒸気がその物質にとって乾燥していることが必要ですね。水蒸気蒸留は別の水蒸気源から、その物質の蒸気が含まれていない新しい水蒸気が次々に供給されます。

・・・これがその物質が気化する原因

 凝縮段階では、水は凝縮して液体に戻りますから、その水蒸気そのものがなくなってしまうわけですから、その物質の気体も気体ではいられなくなります。そのためあわせて凝縮されて液体なり固体に戻る。

 水蒸気蒸留が分からない学生を見ていると、洗濯物が水の沸点より低くても乾くこと。冷凍室の氷がやせていくこと。を知らない。理解していない事がとっても多い。
「水は何度で気化するか?」
 と質問すると、
『100℃で気化する。』
 と思っている学生は、水蒸気蒸留が理解できないようです。あなたは?

【ポイントは】
 沸点より低い温度で気化する。

 という一点だけです。
 洗濯物が真冬でも乾くのは、水は沸点いかでも気化するからですね。
 小学校のとき、乾湿球温度計で湿度を測ったとき、湿度が低ければ湿球の温度は下がりましたね。では、なぜ湿度が少ないときに水が良く蒸発するのか?
 それは、その温度の水の蒸気圧と空中湿度(空気中の水の分圧)の差が大きいからでしたね。
 また、風が強いときは良く乾きますよね。それは、衣類の表面に対流している、水で飽和された空気が飛ばされて、常...続きを読む


人気Q&Aランキング