人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

書き込み失礼させていただきます。

じつは私の妻の父親(80歳になります)が自動車運転中に事故を起こしました。
内容は、ガソリンスタンドから一般道に出て、そこからバックして、後ろから前進して来た車にぶつかったというものです。
相手の車の人は軽症(ムチウチのようです)で通院しており、父は脳内出血で開頭手術を受け、現在は一般病棟に移りましたが、まだ口が聞けない状況です。

ここで問題になるだろうと思われますのは、父の脳内出血が、事故前に起こっていたのか事故の衝撃でおこったのかということです。
というのも、事故時の状況が、本来はバックをせずそのまま自車も前進して、車線の流れに乗るべきところがバックを選んだということで、おかしな行動として目撃者に語られているからです。

自身も怪我を負いましたが、相手に怪我をさせているのですから、通常は人身事故による免許停止等が避けられないと思われます。
しかしながらもし、事故前にすでに脳内出血を起こしていて、その影響で心神喪失状態となっての事故の場合は、ケースにもよるでしょうが事故加害者の責任は問われないとも聞きました。

もう一つ、こちらの方が重要な問題なのですが、そのようにすでに脳内出血を起こしていて、正しい判断能力のない状態、いわゆる心神喪失状態にて起こした事故は、
自賠責保険や任意保険にて保障されている条件、すなわち対人無制限や車両保険の適用に対して、なんらかの制限やあるいは保険の適用の対象外になる等の判断をされることがあるのかという問題です。

整理しますと、
(1)心神喪失状態にあったとした場合の事故も、そうでない状態の時と同等の免許の停止等の罰則を受けるのか。

(2)すでに脳内出血を起こし心神喪失状態にあったとする場合、その為に起こした自動車事故に対して、自賠責保険、任意保険は適用されるのか。
・・・この2つが私の知りたいことなのです。

自動車保険に詳しい方、どうかお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

事故前に疾病が先行することで保険の免責云々が問われる可能性があるのは傷害保険です。

もし内科的な病気である脳出血が原因で交通事故になった場合、約款の内容しだいでは傷害保険金は支払いできないということになります(自賠責との関係については、こうしたケースでの実際の運用がわからないため、保留します)。

また、刑事処分に関する質問についてですが、脳出血による心神喪失というのが理解できません。心神喪失というのは精神機能の障害のことであって、是非善悪を弁別できないか、または弁別できてもそれによって行動することができない状態のことです。本件は心神喪失ではなくて、意識喪失のことだと思われるので、刑事処分を問われないとかの問題とは無関係です。

なお、回答者の中に最高裁判例 H19.10.19を引用されている方がいますが、その判例は「疾病免責条項」が存在しない事例での判断であり、それを示さないで保険会社に支払責任があるなどと一般化してしまうのは間違いです。「疾病免責条項」が存在しないのだから、疾病先行の事実の有無に関係なく保険会社に支払責任を認めたのは極めて当然のことなのです。

問題は「疾病免責条項」が存在するケースです。この場合は、外来の事故と受傷との関係を保険請求者側で立証すれば足り、事故の原因が疾病によるものであることを保険会社側で立証した場合に保険会社が免責されるという構造になっています。
    • good
    • 1

1→検察の判断によりますのでなんともいえません。

ただ、常識的には通常の運転状況であればバックしてくるとは後者も考えられない運転操作 結果的には業務上過失傷害となりますが、お咎めあるかどうかは微妙ですね。
あったとしても軽微なものでしょう。

2→相手に対する賠償補償は問題なく補償されます。車両保険も機能 補償されると思います。
    • good
    • 0

追記です。


相手の自賠責保険が使えるかどうかも微妙な点もありますが、
自賠法の趣旨に照らし、使えるようにも思いますが、脳内出血が
事故の前か後かでも大きく判断が分かれるところですので、
相手の自賠責保険会社経由で調査事務所の事前判断を仰ぐしか
ないでしょうね。

なお、人身傷害に関しては先に記載した通りですが、これらの
原因を例示と見るか、列挙と見るかで判断は異なってきます。
「・・・などで正常な運転ができない」の「など」が問題となる
でしょう。
これも保険会社の判断を仰ぐしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答下さりありがとうございます。
自身の不注意でおこした事故ですので、法的な罰則はしかたがないこととですが、
己が身に重大な障害を負った上に、保障もされないのではあまりのことだと思い投稿させて頂きました。
参考になります。ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/09 23:46

微妙な問題ですので最終的には保険会社の判断になります。



(1)賠償条項にはそのようなケースを免責とする規定はありません。

(2)車両条項・人身傷害条項では
「覚せい剤、麻薬などで正常な運転ができないおそれがある
状態で被保険自動車を運転していた場合」を支払対象外としています。

(3)搭乗者傷害保険では「すでに存在していた身体の障害または
疾病の影響」による事故は制限的な支払条項があります。

以上から、賠償関係は支払われると思いますが、その他は問題が
あるように思います。

ただ、搭乗者傷害保険に関しては最高裁の判例があり、これに基づく
保険会社の判断によるしかないでしょうね

(最高裁判例 H19.10.19)
*人身傷害補償特約で心臓発作で運転を誤り池に転落死亡した
場合の保険会社の支払責任を認め原判決を破棄差し戻し(判例)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q100対0の物損事故なのですが

このあいだ駐車場から出るために待っていたところを後ろから追突されました、車は問題なく動きますが後ろがかなりヘコんで目立ちます。
警察を呼んで処理してもらったのですが、警官からあなたは止まっていたからこの場合は100対0でしょうと言われました。

加害者はその場では私が悪いので物損ですので修理代は出しますと言っていましたが修理の見積もりを作って加害者に伝えたら、ちゃんとヘコんだ部分だけの修理費なのにそんなのは高すぎる払えないと言い出して、物損だから保険は使いたくないのでへコんでいても車自体は動くし示談金(修理費よりかなり安い金額)でどうだと言われましたが私はかなり目立つへコみなので修理費を出してもらいたいので拒否しましたが加害者は一歩も譲らず保険を使う気もないようです。さらにちゃんとヘコんだ部分だけの見積もりなのにこの程度でこの金額取るなんて良いことないぞ、もっと下げろ。などと言ってきます。

ここまま加害者と話し合っても進展しそうにないのですが、加害者に変わって相手の保険会社に私が直接修理費を請求することができるでしょうか?
それと私の保険会社も私は被害者で過失はありませんが、伝えれば動いてくれるのでしょうか?

事故は初めてでわからないことがいろいろあります。よろしくお願いします。

このあいだ駐車場から出るために待っていたところを後ろから追突されました、車は問題なく動きますが後ろがかなりヘコんで目立ちます。
警察を呼んで処理してもらったのですが、警官からあなたは止まっていたからこの場合は100対0でしょうと言われました。

加害者はその場では私が悪いので物損ですので修理代は出しますと言っていましたが修理の見積もりを作って加害者に伝えたら、ちゃんとヘコんだ部分だけの修理費なのにそんなのは高すぎる払えないと言い出して、物損だから保険は使いたくないのでへコ...続きを読む

Aベストアンサー

当事者でどのように合意されてもそれは自由ですが、まず原則を押さえましょう。

>警官からあなたは止まっていたからこの場合は100対0でしょうと言われました。
損害賠償に関する問題は民事上の問題です。警察は「民事不介入」が大原則です。警察側からどのような発言があっても、それは野次馬の発言と同じと理解してください。

>示談金(修理費よりかなり安い金額)でどうだと言われました・・・
示談金って?というのが正直な感想です。物の損害賠償は時価を限度にした修理費用相当額です。ですから修理費用を相手側に請求するのは正当な権利です。また相手側はその賠償請求に応じる義務があります。修理額が世間一般に認められる範囲であれば、話におかしな点はありません。

>加害者に変わって相手の保険会社に私が直接修理費を請求することができるでしょうか?
相手の保険会社がわかれば、直接請求することはできます。しかし保険会社は契約者の同意なしで保険を使うことができないので、あまりいい方法とは思えません。

>被害者で過失はありませんが、伝えれば動いてくれるのでしょうか?
まず原則は無理です。違法行為になります。しかし方法がないわけではありません。
ひとつは「車両保険」も契約していてそれを使う場合です。損害額の認定は自分側の保険会社でしてくれます。そこでその損害額を自分の保険で支払ってもらいます。支払いを受けると同時に傾斜九社山河保有する相手側えの損害賠償請求権を保険会社に譲渡することになります。後は保険会社がその権利の範囲内で相手からの回収を試みることになります。ただ保険を使ったことになるので、次年度以降のノンフリート等級に影響があります。
もうひとつは「弁護士費用」等の特約がある場合です。この場合は保険会社が動くのではなく、弁護士が介入し相手からの回収を試みるということになります。特約の内容にもよりますが、保険会社は費用を負担するのみで基本的にはノータッチです。注意しなければいけないのは「弁護士介入=支払いがされる」ということにはならないということです。

当事者でどのように合意されてもそれは自由ですが、まず原則を押さえましょう。

>警官からあなたは止まっていたからこの場合は100対0でしょうと言われました。
損害賠償に関する問題は民事上の問題です。警察は「民事不介入」が大原則です。警察側からどのような発言があっても、それは野次馬の発言と同じと理解してください。

>示談金(修理費よりかなり安い金額)でどうだと言われました・・・
示談金って?というのが正直な感想です。物の損害賠償は時価を限度にした修理費用相当額です。ですか...続きを読む

Q車両時価額の決まり方を教えてください!

先日、追突されてしまい全損でした。
私の過失は0とのことで、相手の保険会社は認めています。
車両を同じ年式、同じグレードを購入しようとしていますが
検索すると220万円+諸費用なのですが、
時価額以上は出せない!の一点張りで非常に困っています。
時価額は158万円とのことでした。
私は、車両保険に入っており、全損の場合、200万円まで出ます。
この金額は、時価額から算出されたと聞いております。

そこで、教えてください。
時価額はどうやって出しているのでしょうか?
車両保険の時価額と異なるのはなぜでしょう?
また、被害者の方々は、この条件でみな泣き寝入りしているんでしょうか?

Aベストアンサー

時価額とは、同じ形式、年式、グレード、同等の状態の車の再取得できる価格になります。

保険会社は買い取り価格の方を提示してくるのが一般的です(金額が安いですからね。)が、車の価値は再取得の方の価格になりますので、出来るだけ多くの中古車情報誌などより、同じ程度の車の販売価格の例を集めだし、その金額で主張していく事になります。

また、その他として認められる経費の部分は、事故車の廃車手数料があります。
新たに購入する車の、重量税、自動車税、自賠責保険は、認められません。
(これは古い車を廃車すれば還付がある為です。)
認められる経費は、車庫証明取得費用、自動車の登録費用になります。

これらを分からずに中途半端に要求すると、保険貸会社は、
「払う必要は一切ない(物が含まれている)」などと括弧の中は言わずに拒否してきたりします。


示談とは相手が納得した状態です。
納得してくれさえくれれば良い、と保険会社は考えていますので、上のように、言葉をうまくごまかしながら支払いを減らそうと頑張って来ます。
これらはきちんと賠償請求できる範囲を把握して請求していくと、逃げ道がなくなる為に(嘘は言えませんから)合意に近づいていく事になります。

請求できる範囲の理解と、請求金額の理解を良く行って、正しい損害賠償をして貰うようにがんばってください。

時価額とは、同じ形式、年式、グレード、同等の状態の車の再取得できる価格になります。

保険会社は買い取り価格の方を提示してくるのが一般的です(金額が安いですからね。)が、車の価値は再取得の方の価格になりますので、出来るだけ多くの中古車情報誌などより、同じ程度の車の販売価格の例を集めだし、その金額で主張していく事になります。

また、その他として認められる経費の部分は、事故車の廃車手数料があります。
新たに購入する車の、重量税、自動車税、自賠責保険は、認められません。
(これは...続きを読む

Q鬱など精神疾患があると自動車保険は出ない?

鬱と強迫性障害の潔癖症を患っており障害厚生年金3級を受給しておりますが、
幸い基本的に車の運転する際に支障をきたす事は無く普通に運転しております。

ですが話によると事故を起こした時に精神疾患だと発覚すると一切の保険がおりないと聞きました。
これは事実なのでしょうか?どの自動車保険会社でも同じで精神疾患には保険はおりないのでしょうか?

地方在住の為車は必須であり、今後バイトなり仕事なりをするにも手放せません。
ですが万が一のことを考えると保険がきかないのは凄く不安になります…
どなたか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

>話によると事故を起こした時に精神疾患だと発覚すると一切の保険がおりないと聞きました。これは事実なのでしょうか?

ウソです。保険約款にはそのような文言、規定はありません。
精神疾患による正常な運転ができないなら、基本的に免許交付すること自体に問題があります。
少なくとも対人・対物賠償については心配されることはありません。なにしろ無免許でも賠償補償はしますからね。


人気Q&Aランキング