青空は波長の短い光が散乱するからだそうですが、
波長の短い電磁波の方が強いエネルギーを持っているのですよね?
なぜ、エネルギーの強い波長の光の方が大気中の微粒子に反射して、
その逆は起こらないのでしょう?
 また、朝夕は赤みがさすのは、突き抜ける大気の層が厚くなるので、
長い波長の光しか届かなくなるからだそうですが、
なぜエネルギーの弱い光である赤の方が遠くまで届くのでしょう?

 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

”電磁波のエネルギー”って”フォトン1個のエネルギー”のことを意味しているのでしょうか。

そうすると、フォトン1個のエネルギーは
E=hv=プランク定数×周波数
ですから、確かに波長の短い方が大きいです。

”電磁波のエネルギー”と”フォトンエネルギー”は混同しやすいのですが、一言に”電磁波のエネルギー”っていうと、波動のエネルギーのことです。すなわち、電場の振幅の自乗に比例します。
物質の光吸収では、バンドギャップに相当する振動数のフォトンが吸収されるので、光子を単位にして考えることが必要になります。
電磁波エネルギーP、周波数vの電磁波中の、フォトンの個数Nは、次式のように求まります。
N=P/E=P/(hv)=[電磁波のエネルギー]/[フォトン1個のエネルギー]
ってなかんじです。
例えば、波長400nmと800nmのレーザー光が両方とも1Wのパワー(電磁波のエネルギー)を持っていたら、フォトンの個数は、800nmの光の方が2倍多くなります。

で、質問では、エネルギーの弱い光(赤側)の方が大気を通り抜けやすいのはなぜか?ということです。今は、光吸収の話はしていませんので、フォトンエネルギーは基本的に関係ないです。ここで重要なのは、あくまで波長です。
ご存じの通り、短波長の電磁波の方が散乱を受けやすいので、やっぱり長波長の光が透過しやすいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有難うございました、下の3行以外の部分は私の頭では難しいのですが、
波長が長い方が、散乱しにくく遠くまで届く…
なるほど、AMラジオとFMラジオの違いと同じですね!

 ところで、「どちて坊や」で申し訳ないのですが、
なぜ、波長が短いと散乱しやすく、長いと散乱しにくいか、
というのは解明されているのでしょうか?

お礼日時:2001/03/02 01:34

下記のサイトに行ってみて下さい。

きっと分かりますよ。

参考URL:http://webclub.kcom.ne.jp/ma/horizon/science/sky …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。とても判りやすかったです。
レイリー散乱!

お礼日時:2001/03/02 01:28

貴方の疑問のマッチしますかどうか。


過去に「夕陽はどうしてあかい」という質問がありました。
下記にリンクします。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=41988
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、物理の項しか過去ログチェックしませんでした。
有難うございました。

お礼日時:2001/03/02 01:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母はケアハウスに入所しております。 入所しているケアハウスは要介護にな

母はケアハウスに入所しております。 入所しているケアハウスは要介護になったら契約が解除になります。母は要支援なのですが、入所後直ぐから状態が悪くなってきており、日によっては殆ど歩く事が出来ない時があります。要介護認定は本人若しくは家族が申請するものですが、状態が悪くなっている事でケアハウスやケアマネージャーから要介護に申請するようにいわれる事があるのでしょうか?

Aベストアンサー

 現在、要支援ということで、(要支援1or2)要支援の期間も定められていると思いますので、更新の時期が近くなったら(2ヶ月前から更新可能)更新していく、というのが一般的ですが、状態が著しく変化していて、明らかに状態が違えば、現在受けている認定と違う状態の訳ですから、変更申請することが大まかな流れだと思います。

 何が原因で(病的疾患なのか、一時的なものなのかなど)ほとんど歩くことが出来なくなったかが不明なので、何とも言えませんが、このままだと、近い将来(更新の時期に更新手続きをしようが、現時点で変更申請をしようが、遅かれ早かれ)は必ず、要介護状態になってくるのではないでしょうか?

ということは、ケアハウスの退所が現実としてあり得ることなので、”他者から申請するように言われる、言われない”ではなく、今から、今後の方向についてどうしていくか、という部分を考えていかなければないないと思われますよ。

Q当たった光の波長より短い波長の・・・

よろしくお願いします。

物質に光(電磁波)が当たったとき、当たった光の波長よりも短い波長の光を返してくる現象ってありましたっけ?

Aベストアンサー

 SHG等の非線形光学効果以外だと、ラマンのアンチストークス成分も、消滅するフォノンのエネルギーの分だけ波長が短くなりますね。

Qケアハウスについて

ケアハウスの介護業務について、教えていただけないでしょうか?

来月から働くことになりました。

介護福祉士の資格を持っていますが、デイサービスの実務経験のみで、施設勤務は初めてです。
ケアハウスのご利用者は『自立されたご利用者…』とおおまかに括られていたのですが、実際はどの程度の介護を要する方がいらっしゃるのでしょうか?

日勤夜勤の一日の流れ、体力面・精神面での負担、他施設とのメリット、デメリット、人間関係など、何でもかまいません。

ケアハウスについて、ご教示頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ☆
来月からケアハウスで働くということですが・・・
私も今、ケアハウスで働いています☆(1年8ヵ月)

確かに自立されたご利用者様・・・とありますよね・・・
でもやはり老化には逆らえないのか・・
入居当初は自立されている方でもレベルダウンしてきて
介護が必要になってきます。

でもそのまで全部に介助が必要な方はおられませんよ?
もしおられたとしても、ケアマネが次の施設を探していると思いますし、見つかるまでおられるってこともありますが・・・

各利用者様によっては入浴のサービスに入ったり、掃除のサービス
、排泄のサービスに入ったりしますけど・・・
でもその時間はその利用者様と 1対1 で向き合えるので
その利用者様のことは理解できるので良いとおもいます☆

体力はそのまでいらないと思いますし。。。
精神面としては・・・もし何かあったときはどうしようとは
いう不安にはなりますね。。。時に夜勤は1人なのでその時に
何かあったらと・・・あと苦手、嫌いな利用者様のサービスにも
入らないといけないことがキツイです。。。

私たちのとこのケアハウスの人間関係はいいですよ☆
やっぱり仕事が続く、続かないは人間関係が関係してきますし・・

日勤、夜勤の流れは施設によって違うのでなんともいえませんけど
ケアハウスで働くとけっこう楽しいです☆

なんか回答にもなってないかもしれませんが。。。
こんなとこで失礼します☆
仕事、頑張ってください☆
22歳の私にもできているので大丈夫だと思います♪

こんばんわ☆
来月からケアハウスで働くということですが・・・
私も今、ケアハウスで働いています☆(1年8ヵ月)

確かに自立されたご利用者様・・・とありますよね・・・
でもやはり老化には逆らえないのか・・
入居当初は自立されている方でもレベルダウンしてきて
介護が必要になってきます。

でもそのまで全部に介助が必要な方はおられませんよ?
もしおられたとしても、ケアマネが次の施設を探していると思いますし、見つかるまでおられるってこともありますが・・・

各利用者様によっては入浴...続きを読む

Qレイリー散乱・散乱した太陽光が目に届く過程

 空が青い理由がレイリー散乱だということを知りました。太陽光が大気中で散乱され、波長の短いものほど散乱されやすいので青色となって空は見えるというものでした。

 「人間の目に見える」ということは、見えているものから光が出ている、又は反射された光が目に入ってきてそこで初めて見えるそうです。散乱するということは、文字通り散らばるということですがそれならば人間の目に入らない光が出てきてしまい、むしろ波長の長い赤色の光がより目に入り赤い空として見えるのでは?と思ったのです。

 また上の疑問と矛盾しますが、昼間の太陽を直接みると太陽は白いですよね。あれは青の光ががたくさん散乱された光を見ているということでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

なるほど。素朴な疑問ですよね。いい質問だと思います。


>>>
散乱するということは、文字通り散らばるということですがそれならば人間の目に入らない光が出てきてしまい、むしろ波長の長い赤色の光がより目に入り赤い空として見えるのでは?と思ったのです。

仮に、青い光が散乱ではなく吸収されるのであれば、真っ昼間の空でも赤くなります。
しかし、散乱ですので、そうはなりません。

              ◎ ←太陽



ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ



              ●  ←人間
              大

・太陽から点Aに届いた青い光は、点Aで様々な方向に散乱され、その一部が人間に向かってきます。ですから、人間には点Aが青色に見えます。
・太陽から点Bに届いた青い光は、点Bで様々な方向に散乱され、その一部が人間に向かってきます。ですから、人間には点Bが青色に見えます。
・太陽から点Cに届いた青い光は、点Cで様々な方向に散乱され、その一部が人間に向かってきます。ですから、人間には点Cが青色に見えます。
・・・・・・・
・太陽から点Zに届いた青い光は、点Zで様々な方向に散乱され、その一部が人間に向かってきます。ですから、人間には点Zが青色に見えます。

というわけで、昼の空は全体的に青く見えるのでした。



>>>
また上の疑問と矛盾しますが、昼間の太陽を直接みると太陽は白いですよね。あれは青の光ががたくさん散乱された光を見ているということでしょうか?

太陽に真っ直ぐの経路(上の図ではMとかNの辺り)についての話になりますね。
点Mや点Nでも青い光は散乱され、色々な方向へ向かいます。
よって、太陽に真っ直ぐな経路だけを考えると、元々の太陽光から青い光を引き算した光・色が、太陽の色になります。
つまり、太陽の光は散乱によって、元の白色よりは黄ばんだ色になっているんです。

こんばんは。

なるほど。素朴な疑問ですよね。いい質問だと思います。


>>>
散乱するということは、文字通り散らばるということですがそれならば人間の目に入らない光が出てきてしまい、むしろ波長の長い赤色の光がより目に入り赤い空として見えるのでは?と思ったのです。

仮に、青い光が散乱ではなく吸収されるのであれば、真っ昼間の空でも赤くなります。
しかし、散乱ですので、そうはなりません。

              ◎ ←太陽



ABCDEFGHIJKLMNOPQRST...続きを読む

Qケアハウスと他の老人ホームとのちがい。

授業で老人ホームについて学びました。
授業で「ケアハウスと他の老人ホームはどこが違うのか?」という問いかけがあったのですが、私はわかりませんでした。
ケアハウス独特のものというのは何なのでしょうか?
他の老人ホームと比較して、居住環境への対応を重視しているということでしょうか?車いすでの移動が可能な構造であるということでしょうか?
簡単にでいいので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

ケアハウスは、自立して生活できることを目指した、高齢者向けマンションのようなもので、部屋の掃除や洗濯、身のまわりのことは自分でします。
住居・食事・入浴がサービスの柱で、生活介護が必要に成ったら、自治体のホームヘルプサービスやデーサービスを受けることになります。
又、ケアハウスの建物や設備は、車椅子でも生活できるような構造になっています。

老人ホームとは、排泄・食事・入浴など日常生活に支障があり、常に介護が必要で、在宅ではこれらの援助を受けることが困難な高齢者が利用する特別養護老人ホームと、経済的に理由から、自宅では生活が困難な人が入所する養護老人ホーム等があります。

QX線より波長の短い光

自分の知る限り最も波長の短い光はX線ですが、
さらに波長の短い光はどのような性質を持つのでしょうか?

どこまで行っても単に波長の短い光なのでしょうか?

別に困ってませんが、ふと気になりました。

Aベストアンサー

X線より波長の短い光はまとめてガンマ線と呼ばれていますが、エネルギーで区分して Mevガンマ線、Gevガンマ線、Tevガンマ線などと呼ばれています。
超高エネルギーガンマ線と呼ぶこともあります。
エネルギーの高いガンマ線は波としての性質よりも粒子としての性質が明らかになります。

Tevガンマ線となると人為的に発生させるのは困難なので、宇宙から到達する宇宙線の観測が主な研究対象となります。
http://www.cta-observatory.jp/overview.html
http://www.kek.jp/ja/NewsRoom/Highlights/20111201170000/

ウランの核分裂で発生するガンマ線のエネルギーは7Mev 前後です。
次世代の加速器として検討されているILCは250Gevのビームを発生させる予定です。

Q「ケアハウス」と「特定施設入居者生活介護施設」の違いに関して

「ケアハウス」と「特定施設入居者生活介護施設」の違いに関して
教えて頂きたいと思い、投稿をさせて頂きました。

ご利用者様から徴収出来る入居費用ですが、
「ケアハウス」は軽費老人ホームになるので、月毎の入居費用を徴収し
「特定施設入居者生活介護施設」は介護保健で1日毎の所定の介護報酬を
算定し、徴収出来るという解釈で宜しいでしょうか?

また特定施設入居者生活介護施設における要支援の介護報酬が
包括ではなく、一日単位で設定されています。
あくまで、特定施設入居者生活介護は一日単位で算定可能という

事になりますか?

それからケアハウスは一般型と介護型に分かれ
そのうち介護型が「特定入居者生活介護施設」になるという
解釈で宜しいのでしょうか?

いまいち明確な定義の分かれ目がわかりません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

はっきりとした答えではないので、ご参考程度に。

ケアハウスを含めた軽費老人ホームは、老人福祉法では「無料又は低額な料金で、老人を入所させ、食事の提供その他日常生活上必要な便宜を供与することを目的とする施設」となっているので、介護サービスを提供することを目的とした施設ではありません(実質的な問題は別として)。

したがってケアハウスに介護サービスの必要な方がいた場合は、介護保険を使って外部の介護サービスを利用するか、「指定特定施設入居者生活介護」、「指定介護予防特定施設入居者生活介護」、または「指定地域密着型特定施設入居者生活介護」の各指定を受けて施設側がサービスを提供することになります。

というような考えだったような気がします。

Q光の屈折率について(波長が長い短いで・・・)

色彩検定3級の勉強を始めました。
疑問があるので質問します。
屈折率は、波長が長い光ほど小さく、波長が短くなるに従って大きくなるとテキストにあります。
なぜ、波長が長い光が屈折率が小さいのですか?大きい感じがします。
波長が短くなると屈折率が大きくなるのもなぜですか?これも小さい感じがします。
理科が苦手な私に分かりやすく教えてください。
さっぱり分からないのでなかなか覚えられません。しっかり理解したいです。

Aベストアンサー

> 屈折率は、波長が長い光ほど小さく、波長が短くなるに従って大きくなるとテキストにあります。

これはいつも正しいわけではありません。こういう場合が多いというだけです。
色彩検定のレベルでは、理屈は無しにこう覚えられた方がいいのでは。

色彩なので、目に見える光の範囲で透明な材料の屈折率を問題にするのだと思います。
そういう材料は紫外域(波長が目に見える光より短い)で共鳴吸収があり、屈折率が大きくなります。

その結果、紫外域に近くて波長の短い紫で屈折率が大きく、波長がから離れた赤で屈折率が小さくなります。

#2の先生が、
「波長が長い(周波数が低い)ほど、ガラスの結晶構造の影響が少なく、逆の場合は影響が大きいためです。結晶構造とは、原子の繋がり、構造が密な程進行速度が遅くなるためです。密度が高いと電子の影響が大きくなり、そのため速度が低下することになります。」
と書いていらっしゃいますが、きっと難しい理論を噛み砕いての説明だと思います。
噛み砕かれ過ぎてて、私にはなんのことを書かれているのかまったくわかりません。

これをそのまま読むと、光が当たった部分だけ、電子が寄ってきて密度が上がり、屈折率が上がるようにも読めます。
一部の誘電体ではそういうことも起こるようですが、一般的でないです。

> 屈折率は、波長が長い光ほど小さく、波長が短くなるに従って大きくなるとテキストにあります。

これはいつも正しいわけではありません。こういう場合が多いというだけです。
色彩検定のレベルでは、理屈は無しにこう覚えられた方がいいのでは。

色彩なので、目に見える光の範囲で透明な材料の屈折率を問題にするのだと思います。
そういう材料は紫外域(波長が目に見える光より短い)で共鳴吸収があり、屈折率が大きくなります。

その結果、紫外域に近くて波長の短い紫で屈折率が大きく、波長がから離れた赤...続きを読む

Q遠隔地のケアハウスに居住する母の介護サービス

87歳の母が他県のケアハウスに入居しました
市内の施設が満杯で、資金的な面もあって
やむなく、他県になりました
住民票は、私のとことに置いたままにしています

要支援1ですが、デイケアサービスを受けたいと思います
この場合、介護保険証の住所が他市なので、役所で住所
変更の手続きをとらなければ、デイケアサービスは受けられないと
ケアハウス側に言われました
もっともなことだと思います

しかし、このためには、住民票をケアハウス内に移す必要が
生じるのでは?と、危惧しています
と、申しますのは、母の年齢から、他界するのも近く、住民票を移せば
火葬場は、必然的に他県でということになり、葬儀も他県でということ
になりそうです

葬儀だけは、自宅、若しくは、町内の葬儀社で、と思っています
また、お寺の納骨堂の関係もあり、対処に苦慮しています

遠隔地証という手段も聞きましたが、年齢とともに、介護度が進み
要介護とかになれば、その認定等に、その他県でのケアマネージャー
のお世話にならざる得ず、やはり、ケアハウス内に住民票を移さざるを
得ないのか、とも思っています
とりあえず、遠隔地証で様子をみるべきか。。。??
どのような手続きをとれば、私の場合、ベターな策でしょうか?

87歳の母が他県のケアハウスに入居しました
市内の施設が満杯で、資金的な面もあって
やむなく、他県になりました
住民票は、私のとことに置いたままにしています

要支援1ですが、デイケアサービスを受けたいと思います
この場合、介護保険証の住所が他市なので、役所で住所
変更の手続きをとらなければ、デイケアサービスは受けられないと
ケアハウス側に言われました
もっともなことだと思います

しかし、このためには、住民票をケアハウス内に移す必要が
生じるのでは?と、危惧しています
と、申しますの...続きを読む

Aベストアンサー

大きな誤解です!ケアハウスの職員さん自体が、普段介護保険制度に携わる機会が少ないがための誤った認識となるのでしょう。

病気で掛かる健康保険が住所地以外では使えません、住所地以外の病院にはかかれません、といっているのと同じことです。違いますよね?

要支援の方が介護サービス(厳密には介護予防サービス)としてデイサービスを利用するには、介護予防支援業務として地域の「地域包括支援センター」がご本人の状況を把握し、必要とされるサービスを計画する「介護予防計画書」を作り、サービス利用に向けての相談や説明、サービス利用開始後も適切にサービスが利用され提供されているかを確認し続ける一連の「介護予防支援業務」を行いますが(言い換えると、この担当するセンターとの契約や届け出が必要となります)、この「地域包括支援センター」は市町村内に地域ごとに複数ある場合には担当地域を割り振って対応している場合が多く、お母様の場合、その担当すべくセンターを決める際に基本は住所地域で割り振るので、本来は住所地であるあなたのお住まいの地域のセンターが担当することとなります。

が、日々の相談や説明、訪問など、あなたの地域の包括支援センターが他県であるお母様の元に通い受け持つのは無理ですよね?
この場合、届け出、住民票がどこであれ、ご本人の居住する地域の包括支援センターがそれを担当するだけです。
いちぶ、例外として、本来は「要支援」の方ではなく「要介護」のかとの支援業務に就くケアマネージャーが、包括支援センターより「業務委託」として担当することも認められてはいますが。

住所が何か特殊な取り扱いを受けるとすればこの点だけです。
利用するサービス(デイサービス)については、北海道や沖縄に住所のあるお年寄りが東京にいてそこのデイサービスを利用すること自体は何の問題もありません。

あえていうならば、そのデイサービスを利用中にお母様が具合が悪くなられ、あるいはケガをされ救急車であれ病院を受診しなければならない、あるいは即入院、手術をしなければならないといった場合に、その説明や意思確認、合意を得るためのご家族など身元引受人を利用開始前の契約時に定め、署名・押印を求められます。

この身元引受人を、単に書面上の届けという「形」ではなく、実際に誰が動き対応してくれるかが求められます。
デイサービスでは判断も責任持てませんし、開いてである病院も他人であるデイサービスの職員相手に入院、手術の了解など受け付けてくれませんモンね?

この点は利用につながり事前の契約や説明の際に、そのデイサービスセンターとよく話し合い、合意しておくことをお勧めします。

以上から、介護サービスを受けることfだけに関していえば住民票を移す必要はありません。

があ、別な視点として若い方であろうが介護サービスを受ける受けないにかかわらず、「戸籍法」だったか「一定期間、その地に居住する場合、もしくは居住すると見込まれる場合には、住所地をの変更の届け出を行わねばならない」といった制約が別にあることをご承知ください。
税金や選挙権など、実情に即した対応・取り扱いを受ける権利を保障するためです。

大きな誤解です!ケアハウスの職員さん自体が、普段介護保険制度に携わる機会が少ないがための誤った認識となるのでしょう。

病気で掛かる健康保険が住所地以外では使えません、住所地以外の病院にはかかれません、といっているのと同じことです。違いますよね?

要支援の方が介護サービス(厳密には介護予防サービス)としてデイサービスを利用するには、介護予防支援業務として地域の「地域包括支援センター」がご本人の状況を把握し、必要とされるサービスを計画する「介護予防計画書」を作り、サービス利用...続きを読む

Q光の波長が短いと、なぜ人の目には見えなくなるんですか?

光の波長が短いと、なぜ人の目には見えなくなるんですか?中学一年生に分かる程度にお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして

難しい質問ですね。

人間の目に見える範囲の波長の光を「可視光」と呼び、
可視光より波長の長い「赤外線」や可視光より波長の短い「紫外線」
は人間の目には見えません。

可視光は太陽の光の中で一番「明るい」領域になりますので、
その光を利用するように人間が進化したとくらいしか言えません。
http://d.hatena.ne.jp/kkyamasita/20070423
http://grizz.blog60.fc2.com/blog-entry-644.html


しかし、おなじ地球上で進化した生物でも「可視光」の範囲は同じではありません。
ハチは紫外線を見ることができますし、
ヘビは赤外線を見るための器官をもっています。
http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/uvir/hana_uv.html
http://www.kyo-nano.jp/memo/no111.htm
http://ameblo.jp/oldworld/entry-10005416049.html
http://perenty.air-nifty.com/reptiles_cage/2004/01/post_19.html

はじめまして

難しい質問ですね。

人間の目に見える範囲の波長の光を「可視光」と呼び、
可視光より波長の長い「赤外線」や可視光より波長の短い「紫外線」
は人間の目には見えません。

可視光は太陽の光の中で一番「明るい」領域になりますので、
その光を利用するように人間が進化したとくらいしか言えません。
http://d.hatena.ne.jp/kkyamasita/20070423
http://grizz.blog60.fc2.com/blog-entry-644.html


しかし、おなじ地球上で進化した生物でも「可視光」の範囲は同じではありません。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報