[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!2つの割引で月額基本料が【永年1,300円/月割引】

こんにちは。芸大の大学院を受験する者です。
入試課題の一つである西洋音楽史(弦楽・管打楽器を中心とする音楽史)
ですが、どのような本、参考書を使って勉強すればよいか
おすすめのものがあれば教えてください。

また出題傾向、勉強方法などもあわせて教えていただけたら嬉しいです。

現在私は門場直美の「西洋音楽史概説」を読んでいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あなたの先輩にあたるものです。


辛口ですが・・・。
学部生ならまだしも院を受けるというのに、自分で参考書も見つけられないのでは、今後どうやって勉強をしていくのですか?
ここで書き込みが出来ているということは少なくともネットを利用することは出来ているわけですね。
で、あれば、国内だけはなく海外のサイトなども活用して、資料を集めればいいのではないですか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
自分でも色々探しましたし、知人にも相談しています。
その上で何か少しでも良い情報が得られればと思い投稿しました。
一応、私は門場直美やグラウト/パリスカの本などを読んでいますが、
それが適切がどうか、もしくは他に良い本があるか
教えていただきたいです。

お礼日時:2009/01/10 13:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西洋音楽歴史などのお勧めの本を教えて下さい。(少々専門的なものを希望です!)

ピアノ教育を勉強しています。今、同時に西洋音楽史も
今現在よりも詳しく頭に取り入れたいと思っています。
数冊、家にもあるのですが難しい言葉と言ったら良いのか、
表現しずらいのですが
これはよく理解できる!、またリピートして読みたいような本ではありません。
読み終わっても一体何だったのだろうという感じで
忘れてしまうのです。
図書館でも数冊、読んで見ましたが今ひとつでした。

単に私が馬鹿なだけなんですが。

西洋音楽史の性質上、分かりやすく一般的に書かれているものが
ないというのも何気なくは理解できるのですが。

少しは知識があるので本当の一般的な漫画チックなものではまた困るんです。

ピアノ教育の方は気に入った本などがあるのですが
西洋音楽史、又は楽式についてなどの本でお勧めの本がありましたら
発行元、タイトル、著者名、価格を教えて頂けると嬉しいです。

(尚、この部分は削除されてしまうかもしれませんが2002.1.11の質問で
ヨーロッパ音楽・・・について解答されていたalien55さんの回答は
とても素晴らしく感銘を受けました。とても理解しやすい
文章で頭に染み込みました。こういう文章体系のものがあると
とても嬉しいのですが・・・)

宜しくお願いします。

ピアノ教育を勉強しています。今、同時に西洋音楽史も
今現在よりも詳しく頭に取り入れたいと思っています。
数冊、家にもあるのですが難しい言葉と言ったら良いのか、
表現しずらいのですが
これはよく理解できる!、またリピートして読みたいような本ではありません。
読み終わっても一体何だったのだろうという感じで
忘れてしまうのです。
図書館でも数冊、読んで見ましたが今ひとつでした。

単に私が馬鹿なだけなんですが。

西洋音楽史の性質上、分かりやすく一般的に書かれているものが
ない...続きを読む

Aベストアンサー

音大の学生です。
私は寺西春雄著 「音楽史のすすめ」 音楽之友者(音楽選書)出版 がお勧めです。とても分かりやすく書かれてあって、読みやすいので、私は何度も何度も読みました。私の愛読書の一つです。音楽を社会との係わりの中から捉えた名著だと私は思っています。この本を読むと、音楽は常に社会と結びついていたんだということがよく分かります。まずは、この本を読んで基礎的なことをしっかりと学べば、少し難しい本を読んでも「あっ、これはあのことだ・・・」とだんだんと分かってくるのではないかと思います。
その他の本だと、グラウト/パリスカ著 「新 西洋音楽史 上、下」 音楽之友社出版がよろしいかと思いますが、ただ単に歴史的事実が述べられてあるだけなので調べたりするには最適な本、ということになります。基本的に「西洋音楽史」とタイトルが書かれてあるものは、歴史的事実や事柄ずらっと書かれてあるだけで、人の考え方とか、その当時音楽はどのような立場にあって、どういう存在だったかということまで触れられていないんです。だからただ読んでいるだけではおもしろくないんですよね、うーん。
本を選ぶ時は、中をチラッと見てみて、考え方とか、意見が書かれてありそうな本を読むのが、とても勉強になっておもしろいと思います。
また、西洋音楽史といっても範囲がとても広く、いろいろな角度から捉えられています。例えば、音楽文化史、音楽社会史、音楽精神史、演奏習慣史、音楽理論史、記譜法の歴史、オペラ、宗教音楽・・・などなどで、これを全部まとめて西洋音楽史といっているんですよ。そういうジャンル別に分かれた本はけっこう興味深いです。
楽式の本はちょっと・・・、みんな難しい本ばっかりなので、すいません。
私は楽理科のものなのですが全然自身なしですので、参考程度にお願いします。それでは。

音大の学生です。
私は寺西春雄著 「音楽史のすすめ」 音楽之友者(音楽選書)出版 がお勧めです。とても分かりやすく書かれてあって、読みやすいので、私は何度も何度も読みました。私の愛読書の一つです。音楽を社会との係わりの中から捉えた名著だと私は思っています。この本を読むと、音楽は常に社会と結びついていたんだということがよく分かります。まずは、この本を読んで基礎的なことをしっかりと学べば、少し難しい本を読んでも「あっ、これはあのことだ・・・」とだんだんと分かってくるのではない...続きを読む

Qやっぱり音楽を学びたい☆勉強法教えてください。

社会人5年目です。
親の理解(学費や就職)が得られず、趣味だと割り切って音楽を続けてきました。
しかし、どうしても諦め切れません。

今は某音楽大学の音楽教室でフルートのレッスンを受けていますが、やはり音楽理論を知らないことでつまづいてしまいます。
独学で楽典等勉強はしますが、限界を感じています。
大学を探していますが、夜間・通信の音楽科はないようです。
お勧めの勉強法や学び方がありましたら、教えてください。
可能であれば、仕事に音楽を組み込んでいけたらなと考えています。
もちろん、就職はとても厳しいですが・・。

Aベストアンサー

NO3です。

NO4~5さんとのやり取りを拝見させていただきました。また、私へのご返事もとても、胸に来るものがありました。

「たとえ小さな楽団でも入ることが第一歩で夢」

素敵ですね。こうした本音が聞きたかった。

「現在の仕事を辞めてもやりたいのですが、その後の生活費・資金をどうすればいいのかわかりません。」

私も、同じような経験を経てきました。これは個人的意見ですが、どうしてもやりたいのであれば、私なら借金してもやります。そして、それを後で必ず返すめどまでを考えて行動します。

「両親の協力・理解も難しいです。」
あなたのフルートへの一途な思いとそこへ向かう努力とそして結果を示していけば、きっとわかってくれると思います。
なぜ、こんなことまで言えるか。私も同じようなことを経ているからです。ご両親はちゃんと見ているはずです。あなたがほんとはどこまでやる気があるのかを。

「楽譜やフルートケースを見るだけで涙が溢れて、本当に辛かったです。それでも、またフルートを再開しました。やはり私にはなくてはならない存在なのです。」

これが一番です。ぐっと伝わってきました。あなたの強烈な思いが。
私の同期で、音大4年の時、当時の日本の最高のコンクールで優勝した男性がいます。そして、同じときにフルートで受けて1次で落ちた友もいます。その落ちた彼が言ってました。「優勝した彼は、全く音色が違うんだよな。それに、自分との大きな違いは、とてつもない量の密度の濃い練習・練習・練習、だからなんだろうな」と。
確かに、私が聴いても出てくる音は素晴らしかったです。普段は物静かな人でした。でも演奏では一変したんです。
NO4さんのアドバイスにも、とても貴重な内容がありますね。ここも大事な点です。

最後に。
あなたが納得した人生を歩まれることを切に願います。そして、今後、自分で決めたことをやっていく中で失敗や苦いことがたくさん出てくるでしょう。そんなときは「自分で選んだ道。これでいいんだ」と心に言い聞かせ、辛抱強く、わが道を邁進してください。ここでは互いの情報は知り得ませんので残念ですが、応援していますよ。

NO3です。

NO4~5さんとのやり取りを拝見させていただきました。また、私へのご返事もとても、胸に来るものがありました。

「たとえ小さな楽団でも入ることが第一歩で夢」

素敵ですね。こうした本音が聞きたかった。

「現在の仕事を辞めてもやりたいのですが、その後の生活費・資金をどうすればいいのかわかりません。」

私も、同じような経験を経てきました。これは個人的意見ですが、どうしてもやりたいのであれば、私なら借金してもやります。そして、それを後で必ず返すめどまでを考え...続きを読む

Q東京芸術大学ってそんなに凄いんですか?

中学校の美術の教師が東京芸術大学芸術学部美術学科卒業でした。授業中「俺は東大よりも難しい大学を出てる」とよく自慢していました。中学生の時はその意味が分かりませんでしたが、大学受験の時、その意味は分かりました。ただその先生のことは本当に嫌いでした。そんな凄い大学出てても所詮は中学校教師。何が凄いのか分かりません。東京芸術大学でた人はどんなところで働くんでしょう?官僚になるわけでもなく、大手企業に行くわけでもなく・・・。いったい何をしてるんでしょうか?

Aベストアンサー

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり、極めて優秀な芸術家を輩出する大学なわけですが、そもそも芸術家は芸術を生み出す人なわけで、お金を生み出す人ではないので、お金儲けにはつながらないのです。

「難しい大学を出る=安定した生活を送る」という理論に基づいて考えれば、芸大は「難しい大学」ということには確かにならないかもしれません。でも大学は本来、学問をするところです。そして東京芸大が、人の心や感覚をゆさぶるような優れた芸術を生み出すための優秀な教育を施してくれるのは事実です。東京大学法学部を出ても優秀な芸術家にはなれませんが、東京芸大を出れば優秀な芸術家になれる可能性が極めて高いのです。そして、あくまでも芸術家として優秀なだけであって、優秀な教師を育てる大学ではありませんので、中学教師として劣っていたとしても、まったく不思議ではありません。

ちなみに、私の中学時代の美術の先生は、当時、現役の東京芸大院生でしたが、実践的なことと芸術的なことの両方を楽しく学べる工夫をしてくださった、人としてもすばらしい愉快な先生で私は大好きでした。今は東京芸大以外の芸術系の大学などで教えながら、たまに展覧会を開いておられるようで、作風は変わりましたが、当時と同じジャンルの芸術を生み続けておられるようです。

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q音大教授レベルのピアノ1レッスン料の相場は?

今、高2の姪が音大を受けたいといってるようで、今習ってるピアノの個人の先生に言ったところ、受けたい大学の先生に個人的にもレッスン受けてると、色々違うんだというようなことを言われたようで、親のほうもそれならと思ってるようですが、レッスン料は個人の先生も分からないとの事。

音大レベルによっても色々でしょうが、それぞれご存知の範囲での相場を教えて下さい。あまり、直接先生には聞かないのが、なんか慣習のような…?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

音大を受ける場合は、大学の教授に習うのと、そうでないのとでは、本人の気持ちの問題や、実力が大きく変わってくると思うので、ぜひ、教授のレッスンを受けてみて下さい。

レッスン料は先生によって様々です。
わたしは最初、ピアノはわりと有名な先生だったので1時間半くらいのワンレッスンで2万5000円でした。

でも次に就いたピアノの先生のレッスン料は、1時間1万円で見てくれました。でも1時間ではレッスンはもちろん終わらないので、2時間みてもらって、2万円をお渡ししていました。

最後についた先生は、わりと有名な先生だったのですが、レッスン料は1時間8000円で見れくれて、2時間で16000円でした。

ちなみに、ソルフェージュのレッスンになると、だいたいワンレッスン12000円が相場だと思います。

このようにして先生によって様々ですが、ピアノのレッスンの場合は、2万円が普通のような気がします。
その覚悟でいれば大丈夫だと思いますよ☆

わたしは受験のとき、2週間に1回のペースで大学の教授についていたので、レッスン代だけでけっこうかかって大変でした。しかも、ソルフェージュも大学のソルフェージュの先生に個人レッスンでついていたので、しかもこれは1週間に1度のペースで通っていたので、けっこうな額を親に負担させてしまいましたね。

わたしは楽理科だったので、楽理の先生のレッスンも受けていて、だいたい、1年間で全てのレッスン料を計算すると150万くらいにはなっていたと思います。

でも家はお金持ちではなく普通のサラリーマンの家庭で、それでもなんとかなって、音大にも受かって卒業して、今はさらに上に進んでいるので、お金がどうこうよりも、本人のやる気と意志を支え応援してあげることが大切なことですよね。

そうすると子供は親にとても感謝し、いつの日か、立派な親孝行をするようになると思いますよ☆

音大を受ける場合は、大学の教授に習うのと、そうでないのとでは、本人の気持ちの問題や、実力が大きく変わってくると思うので、ぜひ、教授のレッスンを受けてみて下さい。

レッスン料は先生によって様々です。
わたしは最初、ピアノはわりと有名な先生だったので1時間半くらいのワンレッスンで2万5000円でした。

でも次に就いたピアノの先生のレッスン料は、1時間1万円で見てくれました。でも1時間ではレッスンはもちろん終わらないので、2時間みてもらって、2万円をお渡ししていました。

最後についた...続きを読む


人気Q&Aランキング