私はアメリカに今留学していて、今度学校でアメリカの作家についてリサーチペーパーが宿題で、私はアイザック アシモフ(Isaac Asimov)をするのですが、なかなか日本語での資料が集まらないでいます。彼について知っていることがあったら教えてもらえないでしょうか???リサーチペーパーは,作家の履歴とその時その時に歴史的できごとから受けた影響をテーマにしたものです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

再びbupu4uです。

アシモフに関する私の感想なんですが、vitamin-powerさんの仰るように最大の功績は近代SFの確立者ということでしょう。クレメントみたいながちがちのハードSFも良いんですがロボット3原則は社会科学的な思考実験のはしりですね。その意味では後のLe Guinなんかへ道を開いたというか。ところでアシモフって本当に幅の広い人です。何をやっても玄人裸足というか玄人そのもの。本職は確か化学者だったと思いますが、宇宙論あり、シェークスピアありです。私はBlack Widowersが好きなんですけどあそこに出てくる専門家(化学者、暗号専門家、ミステリ作家、数学教師などなど)みんな彼の分身かなとおもってしまいます。全部やったら切が無いくらい。

後、すでに後存知かもしれませんがSFを通史的に扱った本では、Brian Aldissの
Billion year spree,Trillion year spreeがあります。(私は未読ですけど
評判は良い)Amazon.comではout of stock ですが日本語版はまだ買えそうです。
東京創元社「十億年の宴」「一兆年の宴」
以上失礼しました。
    • good
    • 0

回答にはなってないと思いますが、私の印象ということで。


アシモフというと、日本のSF作家の草分けの人々が揃って影響を受けた、「SFの巨星」だというイメージがあります。小松左京だか眉村卓だか筒井康隆だか星新一だか、記憶が定かではありませんが、そのような主旨のエッセイも読んだ記憶があります。
地球外生命体というと怪物だとかタコもどきだとかのイメージが蔓延していた中、岩石(詳しくはケイ素)に生命が宿るという新しい考え方を提起した偉大な作家だという文章が印象に残っています。
その岩石生命体は「シリコニー」と名付けられていて、アシモフというとシリコニーという言葉がすぐに浮かんできます。

一般的な有名な評価としては、ロボット工学三原則ですね。
1、ロボットは人間に危害を加えてはならない。
2、ロボットは人間の命令に従わなければならない。
3、ロボットは1、2、に反しない限り、自己を守らなければならない。   
だったと思いますが。ロボット関係の作品を書く時、この三原則を意識しない作家はいない、とまでいわれるくらい影響力が強かったそうです。

アシモフが監修して創刊された、「アイザックアシモフズSFマガジン」ってのがあるはずですが、日本ではこれの特約誌として「SF宝石」というのがありました。海外のSFを知る為の貴重な情報源でした。「奇想天外」、「SFマガジン」とともに日本のSFファンを熱中させたバイブルの一つであったと思います。
    • good
    • 0

確か「アシモフ自伝」て早川書房から出ていたような記憶が。


でも、今見たら絶版の様です。
日本の図書館なら見つかると思うけど。アメリカではね。
役に立てなくてごめんなさい。
でもファンサイトは結構あるみたいです。
asimovで検索すると日本のサイトもひっかかります。
何か見つかるとよいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Dear.bupu4uさんへ
そうかぁ・・・絶版になってたのかぁ・・・本屋さんに注文しちゃったあたしって一体・・・--;
でも本当後意見ありがとうございます。4月上旬頃日本に帰る予定なので(締め切りは4月27日)なんとか調べてみたいと思います。本当ありがとうございました。
Love,まりもん

お礼日時:2001/03/01 11:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカの作家ベスト5

学校の課題で、アメリカの作家ベスト5を選んでその理由をあげなければならないのですが、文学に明るくなく困っています。どなたか詳しい方、助けてください。

Aベストアンサー

 私なら以下の五人を選びます。
 
・マーガレット・ミッチェル
  主著『風と共に去りぬ』(1936)。大衆文学の金字塔であり、文学史上屈指のヒロイン、スカーレット・オハラを生み出した。
・トマス・ピンチョン
  主著『重力の虹』(1973)。百科事典的知識を駆使した驚異の文学世界。
・ジョン・アーヴィング
  主著『ガープの世界』(1978)。現代アメリカ有数のストーリーテラー。
・カート・ヴォネガット
  主著『猫のゆりかご』。ユーモアSF作家で平和主義者。
・アリス・ウォーカー
  主著『カラーパープル』。人種差別・性差別と戦う闘士。

 この他に一応必ず文学史に出てくるような有名な作家を(下の回答者様が書いた以外で)あげておきますと、

○19世紀
 エドガー・アラン・ポー 『アッシャー家の崩壊』、詩「大鴉」
 ナサニエル・ホーソーン 『緋文字』
 ハーマン・メルヴィル 『白鯨』
 ウォルト・ホイットマン 詩集『草の葉』
 マーク・トウェイン
 超越主義のエマーソンとソロー

○1920年代
 ドロシー・パーカー
 ガートルード・スタイン 

○1930~50年代
 ドス・パソス 『USA』
 テネシー・ウィリアムズ 『欲望という名の電車』
 アーサー・ミラー 『セールスマンの死』
 ユージン・オニール

○60年代以降
 トニ・モリスン 『青い眼がほしい』
 ポール・オースター 『スモーク』
 ジェイ・マキナニー 『ブライト・ライツ・ビッグ・シティ』
 ダグラス・クープランド 『ジェネレーションX』
 ブレット・イーストン=エリス 『レス・ザン・セロ』

 まだまだたくさんいると思いますが…
 この他、ちょっと微妙ですがヨーロッパに住んでいたヘンリー・ジェイムズやエドマンド・ホワイト、亡命してきたナボコフもアメリカ作家と言えるかと思います。

 今から調べるのなら、こういう作家の本を原作にした映画を見たり、短篇や詩を読んだりするのが早く調べられるかと思います。ヘンリー・ジェイムズの作品なんかはたくさん映画になっています。

 
 
    
 
 

 私なら以下の五人を選びます。
 
・マーガレット・ミッチェル
  主著『風と共に去りぬ』(1936)。大衆文学の金字塔であり、文学史上屈指のヒロイン、スカーレット・オハラを生み出した。
・トマス・ピンチョン
  主著『重力の虹』(1973)。百科事典的知識を駆使した驚異の文学世界。
・ジョン・アーヴィング
  主著『ガープの世界』(1978)。現代アメリカ有数のストーリーテラー。
・カート・ヴォネガット
  主著『猫のゆりかご』。ユーモアSF作家で平和主義者。
・アリス・ウォーカー
...続きを読む

Qお好きなアメリカ作家は?(教えて下さい)

19世紀から21世紀にかけての範囲内で、アメリカのお好きな作家をお教え下さいませんか。

今回は、ファンタジ・SFは、一応除外させていただぃます。

作家、作品名に短いコメントをいただければ幸いです。

よろしくお願申し上げます。

Aベストアンサー

イーユン・リー「千年の祈り」
カーレド・ホッセイニ「君のためなら千回でも」
どちらも映画化しました。移民系です。
特にホッセイニは欧米や中国で人気が高いです。
「千の輝く太陽」は原書でも読みました。

ブレット・イーストンエリス、ジェイ・マキナニーもいいですね。

Q青空文庫に在命中の作家の作品はないのですか?

「著作権が切れた文学作品などを無償公開する「青空文庫」に1月1日、同日で著作権保護期間が終了した柳田国男や吉川英治、室生犀星ら12人の作品が公開された。」とのことです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130101-00000004-zdn_n-sci
でも私はかつで大江健三郎の「セヴンティーン第二部政治少年死す」をこの文庫で読んだ記憶があります。記憶間違いですか?

Aベストアンサー

 著作権が切れていれば勝手に収録できるというだけで、著作権者の許可があれば期間が切れる前でも収録できます。通りがいい名前だと片岡義男さんなどが一部の作品を許可しています。

http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1506.html#sakuhin_list_1

 作家一覧リストには大江健三郎さんはないようですので、別のところで勝手にアップされていたか有料版の電子書籍販売サイトだったのでは。たまにお試しセールやってたりしますし。

Q日本でノーベル賞候補になる作家は村上春樹だけ?

日本でノーベル賞候補になるような作家は村上春樹だけなんでしょうか?
ほかにいないんですか?

Aベストアンサー

以下の方々らしいです。

津島佑子、多和田葉子、小川洋子、谷川俊太郎、吉増剛造

https://note.mu/nanaoku/n/n6f4171f774c8

Q作家の宮尾登美子さんの実のお兄様は若くして亡くなったとの事ですが、何歳

作家の宮尾登美子さんの実のお兄様は若くして亡くなったとの事ですが、何歳位でどうしてお亡くなりになられたのかご存知の方がおられたらお教え下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

長兄の岸田光太郎さんが昭和6年、25歳で結核で死去。
宮尾登美子さんが生まれた時点ですでに光太郎さんは離れの部屋で闘病中だったといいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報