『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

はじめまして、趣味で体を鍛えています。

体重65kgで、バーベルベンチプレスを
2年ほど続けていますが、MAX80kgからなかなか伸びなく困っています。(一度MAX90kgいきましたが、体重を7kgほど落としたので、MAXも減りました。)

そこで最近ジムでダンベルベンチプレスをやっている人をみかけました。話ができたのですが、なんとなく胸に効きやすいからだそうです。ちなみにその人の体脂肪は4%らしいです。しかも趣味でです(^^;)

私も、バーベルベンチプレスだと最初のころは胸に強烈な筋肉痛があったのですが、最近だと3日くらいで胸の筋肉痛がとれてしまう程度で、先に三頭が疲れてしまいそれ以上あがらなくなってしまうという感じです。

いろいろ調べてみると、ボディビルダーの方はダンベルベンチを好んでやっているようです。やはり可動域が大きいので、まんべんなく胸を鍛えやすいということからなのかと推測しています。

私の目的は、ボディビル的な体を目指しておりますので、筋肥大が目的です。もちろんバーベルベンチプレス100kgを目指していますので、全身パワーも欲しいですが、筋肥大すれば自然とパワーも上がってくるのではないかと思っております。

そこで、みなさまにお聞きしたいのですが、
ダンベルベンチプレスとバーベルベンチプレスはどちらがお勧めでしょうか?

さまざまな意見がお聞きしたいと思っております。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (23件中1~10件)

そこをご覧になって、フォーム部分に思い当たるふしは無いというわけですね。



いただいた情報を整理してみます
・肩は強い
・三頭が先にへたる
・ベンチではネガ重視

単純にこのまま先に進むことだけ考えるのなら
・上まで上げ過ぎない
(協働筋の関与はボトムで三角筋、トップで三頭が強くなります)
・両手、指一本分ずつ手幅を広げる
・ネガは負荷が抜け無い程度でコントロールする
(もしネガ重視で10レップ行った場合、もっとも効果的であると思われる
セット30~35秒内の設定を超えます。どんなRMもこの秒数を超えない範囲
でレップスピードをコントロールすべきだと思います)
・下ろし位置は乳首より下にはしない
で10RMは変わるはずです
10RMが上がれば当然筋肉は肥大します。

それと断定するようで申し訳けないですが、5RMでのネガ重視は基本から
はずれてます。
(瞬間話を変えますが下記の#4
http://kikitai.teacup.com/qa4579485.html
神経、その他の回復に筋線維の修復が追いつかないです)
低RMのセットはあくまで全体の連動性と瞬発力の底上げに特化していく
のがよろしいのでは?と思われます。

ですが先に述べたやり方は根本的な解決方法ではないです。
使用重量と過去のスポーツ歴を考えると三頭が弱いとかその辺の話ではない気がします。
フォーム、手幅、軌道そして「グリップ」に問題がないのなら
筋力と筋持久力のバランスが取れてないということが考えられます。
(特に三頭です)

解決策の一つとして腕を分割して(しなくてもいいですが)三頭種目で
15~20RMを設定し短インターバル、パンプ重視のセット組みを行うと
いうのが考えられます。

種目のなれによる停滞で別種目を採用した場合の効果はその種目本来の効果を
底上げします。
いわば薬の投与のようなものなのでいつかは慣れがきて効かなくなること
が考えられます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

>それと断定するようで申し訳けないですが、5RMでのネガ重視は基本から
はずれてます。

これはたしかにそうですね。考え直してみます。

>低RMのセットはあくまで全体の連動性と瞬発力の底上げに特化していく
のがよろしいのでは?と思われます。

たしかに。パワーリフティング的なトレーニング法ですね。
ちょっとストリクト意識しすぎなのかもしれません。

>(特に三頭です)
私も最近そう思いはじめまして、
三頭筋をベンチの後とかではなく、腕の日をつくり、
肩、三頭を鍛える日をつくっています。今日ちょうどその日でした。

メニューとしては、
スミスのバックプレス、ダンベルサイドレイズ、
その後ナローベンチ50kg×10を2セット、
重量をおとして1セット、その後、
プレスダウン3セットを15回ほどの多回数でやりました。

おっしゃるように最初のナローは三頭のバルクアップを目的としていて、最後のプレスダウンはパンプアップを目的として、疲労を高めることが目的です。

ダンベルベンチの件なのですが、月曜日に家のダンベルで30kgを上げていたので、今日ジムで30kgがきちんとあがるかやってみると、
思いのほかあがりまして、まだ筋肉痛が残っていますが、
ちゃんと完全回復する次の月曜日には、30kgを6~8回程度上がるのではないかと思っております。

とりあえずダンベルが今は性に合っているようなので、これを10回1セットできるようにして、それでもうちょっと伸びそうなら、10回3セットできるようにしてきます。その後、バーベルベンチに戻り、どんな感じか試してみます。

話は変わりますが、教えていただいたURLのサイトはいいですね。
参考になる話がたくさんあります。またゆっくりと拝見したいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/15 23:02

この先は本題とははずれていきますが


とりあえず、採用されるのはダンベルでもいいと思います。
自分で考えて工夫してみる、というのがウエイトではもっとも大事なことで
面白いところでもあります。マイナスになることはありません。
ですが、そのあたりでのベンチの停滞はどこか基本をはずしている可能性
が否めません。ここは具体的に解明しておかないと次の停滞が乗り切れなかったり
故障の可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらのサイトは始めて知りました。

Gooの方も何名かいらっしゃるようですね。

一読しましたが、知っている知識の再確認といったところでした。
ただやはりいろいろな考え方があるのだなと思いました。

ストリクトの方が効くやパーシャルでも効くなど堂々巡りな感じで、
結局その人に効く方法が一番よいという結論を得ました。

このような感想ですが、いかがでしょうか?
ちなみに本日はかなり遅くなりますので、しばらく回答ができませんので、ご了承ください。

お礼日時:2009/01/15 11:29

どうも不愉快な思いさせてしまったようで申し訳ございませんでした。



#13,#19,#20,#21様
擁護の書き込みとお気遣い誠にありがとうございます。

差し支えなければ、少し本題とはずれるのですが気になったところを
補足いただけないでしょうか?

fureburubuさんはダンベルで30kg×6のセットが組めてます。
それまでバーベル中心でこられた方だとバランス的にはベンチプレスの
メインセットは70~80kgでは無いか?というところです。
バーベルでの10RMはどのくらいなのですか?

データが少なくて断言は出来ませんが、(アーチ、腹圧、足の踏ん張りも
当然疑いはありますが)グリップで小指側が浅いといったことは無いでしょうか?
    • good
    • 5
この回答へのお礼

>それまでバーベル中心でこられた方だとバランス的にはベンチプレスの
メインセットは70~80kgでは無いか?というところです。
バーベルでの10RMはどのくらいなのですか?

ベンチプレスのセットなのですが、
最近のバーベルでのベンチプレスですと、
1月5日にやったやつですと、
60kg×6(ウォームアップ)
70kg×5(メイン)
70kg×6(パーシャルです)
60kg×5(限界まで)
55kg×7(限界まで)

今のところこのような感じです。
1セットに対し8~10回やるときもありますが、
一番最近のだとこのような感じです。

アーチは腰やお尻はべたっとつけていて、浮かしません。
最後にきつくなってきてお尻があがって挙げた回数は上には入れておりません。腹圧はどうでしょうか。たぶん大丈夫だとは思うのですが。。。
足の踏ん張りはあまり踏ん張るとお尻が上がってしまうので、ほどほどといったところです。

ただバーベルベンチは下ろすときゆっくりと効かせて、グッと挙げるという感じですので、もっと速くやれば回数及び重量はあがると思います。ただ今はフォームをと思い、あえてゆっくりやっています。

ちなみにダンベルはスピードを気にせず、何が何でも30kg×6回上げてやる!と思ってやったので、挙げられたかもしれまんせ。ただこれが逆に集中力が高まり、筋肉を使いきれた要因かもしれません。このときブリッジは組まず、足はベンチにからませていたので、純粋に胸と腕、肩の力だけで挙げていたと思います。そのせいか、バーベルベンチではあまりなかった、三角筋前部に疲れが残っている感じです。

ダンベルの方が重いものを挙げられた要因として、自分で考えられるのは、私はもともと肩の筋肉はある程度ついていて、骨格的にも肩幅が広いです。おそらく成長期に水泳をやっていたのと、逆立ちをして腕立て伏せをするのが好きだったというのもあると思います。高校生のときの柔道かもしれませんが。。。

このような感じで、ダンベルベンチプレスでは、バーベルではつかえていなかった、三角筋前部が有効に使えたので、効率よくあがったのかなと思っています。もちろん胸も使えてのことです。

このようなところですが、思い当たる節はありますでしょうか?

お礼日時:2009/01/15 10:39

質問者の中で以前はバーベル主体で高重量でトレーニングしていて、肩の故障からダンベル主体でトレーニングを行なってますがバーベルを行なってた時より大胸筋は発達したという事を言われてます。



バーベルでトレーニングしてた時に重量に拘り充分に胸に刺激があまり加わらなかったとも言えますが、ダンベルで行なう事により大胸筋に刺激が加わったとも言えます。

バーベルにしろダンベルにしろ重さに拘らず大胸筋から負荷を逃がさず充分に胸に刺激を加える事により筋肉は発達すると思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

私が肩の故障でしょうか?どこかでいいましたでしょうか?

>バーベルにしろダンベルにしろ重さに拘らず大胸筋から負荷を逃がさず充分に胸に刺激を加える事により筋肉は発達すると思います。

たしかにそれはどうだと思います。
結局は胸に負荷をかけられればいい話ですもんね。

お礼日時:2009/01/15 08:49

#3です。


私が
>トータルバランス重視なら断然ダンベルだと思います。
なんて書き込んでしまった事も、少なからずこうなってしまった原因ではないかと思い反省しております。

私の筋トレ目的は、何でも出来る万能タイプといったところですので、使える筋肉が目標で、そういう意味ではダンベルの方が良いかなと思い回答をしました。
なので、やはり効率とか重量目的ならバーベルに分があることは理解しているつもりなのですが、ダンベルだってやり方によっては大丈夫だし、バーベルより効果的なこともあるので、一概には言えないのでは?と言う意味で回答したつもりです。
質問者様もそのあたりのニュアンスは、多分ご理解いただけたのではないでしょうか?

で、当然私などより上の方には「根っこは別にある」と思われることも意見として当然だと思います。

ただ、議論の内容自体は「脂肪燃焼には有酸素か無酸素か?」みたいな低レベルの話ではないと思いますし、回答されてる方は筋トレが好きな方がほとんど?でしょうから、もう少し楽しくできたらお互い気持ちがいいとは思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>なんて書き込んでしまった事も、少なからずこうなってしまった原因ではないかと思い反省しております。

いえいえあまり関係はないと私は思っています。
個々の意見ですから、問題は問題のある回答者にあります。

>私の筋トレ目的は、何でも出来る万能タイプといったところですので、使える筋肉が目標で、そういう意味ではダンベルの方が良いかなと思い回答をしました。

万能とのことで、私もこれには賛成です。スポーツ選手の中でも特にアームレスリングの選手はダンベルを好んでやると効きました。

手首が自由になるから、自然な形で力を発揮できるそうです。
たしかに私もそう思いました。一直線のバーを胸の前で上下させるというのは、人間の骨格から考えて、やりやすいとはいいがたいですね。

>質問者様もそのあたりのニュアンスは、多分ご理解いただけたのではないでしょうか?

はい大丈夫です。理解しております。

>で、当然私などより上の方には「根っこは別にある」と思われることも意見として当然だと思います。

おそらく上でもないような気がします。上とか下とかではなく、結局どう考えているかだけの話なので、意見が食い違うこともあるでしょう。ただ自分の意見を押し通す頭の固い発言は避けた方がいいと思います。特に身体のことは難しいですから。。。

>ただ、議論の内容自体は「脂肪燃焼には有酸素か無酸素か?」みたいな低レベルの話ではないと思いますし、回答されてる方は筋トレが好きな方がほとんど?でしょうから、もう少し楽しくできたらお互い気持ちがいいとは思います

たしかにそうですよねww
私も楽しくお話できればいいのですがね。例えば、先輩と後輩のように。それが、なぜだか自分の考えが100%と合っていると思い込んでしまう人がいて、しかも威圧的に発言なさる方がいます。そんな人現実にいたら人が寄り付かないでしょう。よっぽどすごければ別ですが。

お礼日時:2009/01/15 08:56

#16様への回答を読んでですが・・



三頭が先にへばってしまうのなら、プレスの後に大胸筋に刺激を与えられるフライを入れれば良い、と言ったのは、私です。
で、お願いなのですが、次回のトレーニングで肩甲骨が開いている・・という事ならば、フライを入れたら、肩を怪我する可能性があります。
その時には直に止めてください。
フォームに自信が無いのでしたら、まずはフォームの見直しが先です。

それと、あまりなので、一言だけ・・・
質問者様。
トレーニングや減量に関して、長期間、栄養やトレーニング内容に関するアドバイスを長期に渡ってし続けてくださる回答者様と、質問者からの疑問に対し、自分が分からないと無視して逃げ出したり、自分の回答に対するアンチテーゼや批判的な回答を見ると、ヒステリックに全否定するだけの自称経験者と言う回答者と、どちらが質問者様にとって、ありがたい存在でしょう?

その辺り、過去回答などをよくご覧になると、分かると思います・・・
どんなに良い回答が付いていても、選ぶ事が出来るのも、その回答に対して疑問点を聞くことが出来るのも、質問者様だけです。
どうか、良い回答者にたどり着かれますように。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

おそらく肩甲骨はフライではひらかないと思います。
前に押し上げると開いてくるのではないかなと思っています。
フライの時は軽い重量で、全可動域胸にゆっくりと効かすということを考えておりますので、フォームを気をつけることができているのかもしれせん。

ベンチプレスはいつも必死です(^^;)
本当は必死なときも正しいフォームでできるべきなんでしょうが、、、。


トレーニングや減量に関して、長期間、栄養やトレーニング内容に関するアドバイスを長期に渡ってし続けてくださる回答者様と、質問者からの疑問に対し、自分が分からないと無視して逃げ出したり、自分の回答に対するアンチテーゼや批判的な回答を見ると、ヒステリックに全否定するだけの自称経験者と言う回答者と、どちらが質問者様にとって、ありがたい存在でしょう?

ちなみに私は前者だと思います。
質問者回答者ともに柔軟な思考を持って考えなければ、
間違っている知識に飲まれてしまいますよね。
うまく見極めてよい回答者に辿り着きたいと思います。

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/01/14 22:22

追記。


もしかしたら高圧的な質問者さんより筋肉の量は下かもしれません。

誤りです。
もしかしたら高圧的な回答をする人は質問者さんより筋肉の量は下かもしれません。
    • good
    • 1

質問者が疑問視されるように身体にそれ程筋肉が付いてないのにも拘らず、知識ばかりが優先していかにもボディビルダー気取りあるいはそれに近い筋肉を付けてるかのごときの上から目線で回答してる人も多く見受けられます。


もしかしたら高圧的な質問者さんより筋肉の量は下かもしれません。
或いは経験がそれ程ないのかもしれません。


トレーニング理論は本で勉強すれば知識として残ります、後は実践です。
自分でトレーニングをする過程で試行錯誤しながらバーベルとダンベルのトレーニングする上での違いとか理解されてくると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そうですね。顔が見えないネット上なので、致し方無い分、やはり礼儀は必要になってきますよね。

知識と実践のお話ですが、
私もそんな気が最近しています。

結局どのトレーニング本をみても書いていることはほぼ同じで、
一般的にとか基本的にという表現になってしまいますよね。

人によって骨格も違えば、どこに筋肉がついているのかも違いますから、個人個人でフォームからなにから変わってきます。

もちろん私の場合でも、もしかしたらバーベルベンチでは効きにくい体なのかもしれまえんし、フォームが悪いのかもしれません。
ですので、とりあえずいい方をとってダンベルベンチをやってみます。それで大胸筋が意識できるようになり、バーベルに戻ったときにできるようになっているかもしれまえんし、やっぱりできないままかもしれません。

ただ、どちらにしろ大胸筋が発達すればいいだけの話なので、実践の中で自分にあった方法をみつけていきたいと思います!

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/01/14 20:50

> ダンベルベンチプレスとバーベルベンチプレスは


> どちらがお勧めでしょうか?
バーベルベンチ。理由はやってる人が多くて
リアルやネットでみる自分以外のトレーニーの記録と
自分のトレ記録見比べて参考にしやすい。

ダンベルベンチは目的によって同じ重量でセット組んでる人でも
結構差があるし1RMは計れない。
(1RM重量はスタートポジションに持っていけない)



それとNo.15さん宛のお礼見てて
肩甲骨の寄せというか、上手く胸を張れてない気がします。
最後の1発粘って挙げるとき肩すくめてませんか?
なんとなくそんな気がする程度で確信はありませんが…
    • good
    • 1
この回答へのお礼

バーベルベンチですか。
たしかにおっしゃるようなメリットはありそうです。

ダンベルベンチは1RMはかれないというのもごもっともですね。
腰をゆわしてしまいそうです。

肩甲骨の寄せですか。
最初はできててもじょじょに広がっているかもしれません。
今一度気をつけてみたいと思います。
肩のすくめですが、自分ではわかりません(^^;)

次のときに確認してみたいと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/14 19:08

こんにちは。

アドバイスをしても伝わらないだろうな~という理由であまり投稿をしない者です。最大の理由は文章を書くのが面倒だからなんですが。

某回答者さんがこのカテゴリで、一般のジムでちゃんとトレーニングできているのは、男性では50人に一人、女性では100人に一人いるかいないか、といった旨の発言をしているのを読んだことがあるのですが、私もそのように思っています。

バーベルもダンベルもちゃんとやればどちらも筋肥大に良い種目です。問題は、どちらが良いかということではなく、ちゃんとしたフォームが作れていないことです。

> 先に三頭が疲れてしまいそれ以上あがらなくなってしまうという感じです。

三頭筋の負荷は脇・肘の開き具合によって変わります。脇を開くと三頭筋の負荷が減ります。ボディビルダーが胸のトレーニングをしている動画をいろいろ探してみて下さい。皆脇を開いてベンチプレスを行っているはずです。

> いろいろ調べてみると、ボディビルダーの方はダンベルベンチを好んでやっているようです。やはり可動域が大きいので、まんべんなく胸を鍛えやすいということからなのかと推測しています。

ボディビルダーがバーベルを避けるとすれば、それは怪我の危険性がある、というのが大きな理由だと思います。正しくボディビル的なフォームでバーベルベンチを行うと、大胸筋断裂を引き起こしやすいポジションで胸がストレッチされてしまい、高重量では胸を痛める危険性があります。

文字の情報だけではフォームを理解するのは難しいと思います。動画なども含めいろいろ調べてフォームを見直してみるのが良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>某回答者さんがこのカテゴリで、一般のジムでちゃんとトレーニングできているのは、男性では50人に一人、女性では100人に一人いるかいないか、といった旨の発言をしているのを読んだことがあるのですが、私もそのように思っています。

50人1人いうと、かなり少ないですね。かなりレベルの高いお話と感じました。

>三頭筋の負荷は脇・肘の開き具合によって変わります。脇を開くと三頭筋の負荷が減ります。ボディビルダーが胸のトレーニングをしている動画をいろいろ探してみて下さい。皆脇を開いてベンチプレスを行っているはずです。

ちょうどパワーリフティング入門を読んでいて、同じようなことが書いてありました。私は腕を開きぎみでやっているのですが、それでも三頭筋が疲れてしまいます。おそらくきっちり胸にバーがつくまでおろしているからだと思います。パーシャルでやれば胸に効いてくるとは思うのですが。
ベンチの後にフライあたりをやってみようと思います。

>ボディビルダーがバーベルを避けるとすれば、それは怪我の危険性がある、というのが大きな理由だと思います。正しくボディビル的なフォームでバーベルベンチを行うと、大胸筋断裂を引き起こしやすいポジションで胸がストレッチされてしまい、高重量では胸を痛める危険性があります。

筋断裂とはすさまじい話ですね。ケガの危険性と考えるとダンベルの方がより筋肉が力を発生させやすい方向に自然になるから怪我をしにくいということなのでしょうね。
と考えると、やはりダンベルの方が筋肥大には適しているといえそうですね。

ベンチプレスのフォームは自分でも自信がないですし、今の周りの環境も変えれそうにないので、自分のやりやすいダンベルベンチでしばらくやってみようと思います。これはかなり胸に効きます。

お礼日時:2009/01/14 14:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 筋断裂(肉離れ)<外傷>の症状や原因・診断と治療方法

    筋断裂(肉離れ)とはどんな外傷か  スポーツなどで筋肉に急に強い収縮力がはたらいた時、自分の筋力に耐えきれなくなって筋組織が断裂することがあります。この病態を筋断裂といいますが、通称、肉離れと呼ばれています。  大腿屈筋(だいたいくっきん)(太ももの裏側の筋肉)、大腿直筋(ちょくきん)(太ももの前側の筋肉)、大腿内転筋(ないてんきん)(太ももの内側の筋肉)など大腿部の筋と腓腹筋(ひふくきん)(ふくらはぎ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサイドレイズ 6kgは 肩が弱すぎですか?

週2回ほどウエイトトレーニングをしています。

サイドレイズなのですが、
6kgのダンベルを使っていますが、1セットで8回も上げれません。
5回くらいが限度です。

170cmの男ですが、
これだと肩周りが弱すぎでしょうか。

Aベストアンサー

まあ、余り自慢できる重量ではありませんが、もう少し、更に、重量を落として、15回の反復が可能な重量を数セットやりましょう。サイドレイズは肩関節だけの単関節運動と考えるべきで、こういうのは、一発テストとか、低回数負荷をやってはいけないことになっています。単関節運動をたった5回反復可能な重量では筋腱を損傷します。

ですので、複関節運動になるショルダープレスに変えるというのも一法です。こちらなら、5回でもOKです。

それにね、大切なポイントは、下半身の大筋群への刺激を省略していては、ホルモンスイッチが入らないということ。腕を太くしようとしてアームカールだけやっても、全く効果が現れないのと一緒。

上半身にしても、肩(三角筋)より先に、大胸筋と広背筋の強化を要する。

Q毎日鍛えても良い筋肉・悪い筋肉はどれ?

20代、男性です。今年に入ってから、ほぼ毎日ジムに通っています。
脂肪燃焼目的で有酸素運動90分→筋トレ60分で回っています。
本格的に筋トレをはじめてから、まだ日が浅いです。
毎日筋トレをしていると、さすがに辛く、また効果が薄れるという事を知りました。
しかし、「腹筋などは毎日鍛えても(筋トレしても)良い。」という意見を聞きました。
毎日鍛えても良い筋肉、良くない筋肉画あるようでしたら、
腹筋以外の部位を教えてください。
宜しく願いします。

Aベストアンサー

下腿部(ふくらはぎ)および腹筋、前腕は毎日鍛えても大丈夫とされています。

そのほかは、腕の筋肉である上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩の筋肉である僧帽筋、三角筋、菱形筋などは1日おき。

大胸筋(胸)、大腿四頭筋・ハムストリング(脚)、広背筋(背中)2日おき。

脊柱起立筋(背中の下部)は3日おき程度が目安です。

ただし、回復力は個人差が大きいので、あくまで「目安」です。腹筋なども人によっては1日おきのほうがいい場合があります。
トレーニングの間隔を変えながら、記録をこまめにつけ、自分にとって最適の間隔を見つけてください。

それと、先に有酸素運動をやると、筋トレの主エネルギーである糖質が不足してしまいますので、十分トレーニングできない可能性があります。
自分の体重を利用した腕立て伏せなどの筋トレ程度ならいいのですが、マシンやダンベルなどを使った本格的なものなら、先にやったほうが効果的です。

ハードなトレーニングをするなら大きな筋肉は週1回しか鍛えない人も珍しくありません。
休むことも、大切なトレーニングです。筋肉痛があるときや気が乗らないときのトレーニングは避けましょう。ケガやストレスになり、挫折のもとです。

休む時は休み、やるときはやる、と言った具合にメリハリをつけて、長く続けることを第一目標にするようにしましょう。

下腿部(ふくらはぎ)および腹筋、前腕は毎日鍛えても大丈夫とされています。

そのほかは、腕の筋肉である上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩の筋肉である僧帽筋、三角筋、菱形筋などは1日おき。

大胸筋(胸)、大腿四頭筋・ハムストリング(脚)、広背筋(背中)2日おき。

脊柱起立筋(背中の下部)は3日おき程度が目安です。

ただし、回復力は個人差が大きいので、あくまで「目安」です。腹筋なども人によっては1日おきのほうがいい場合があります。
トレーニングの間隔を変えながら、記録をこまめに...続きを読む

Qベンチプレス・スクワット・デッドリフトの最低ラインを教えて下さい。

趣味でウエイトトレーニングをしているのですが、
よくベンチプレスは体重の1.5倍上げれたら強いといわれるというようなことを耳にします。

これを基準に私はトレーニング目標をたてていて、
現在体重が65kg程なのですが、将来的に70kgまでで
ベンチプレス100kgを持ち上げることが目標です。

そこで、他のスクワット、デッドリフトにも
体重の何倍というような”暗黙の基準”は存在するのでしょうか?

このようなことをお聞きしてもなんの意味もないと思われるかもしれませんが、私にとっては励みになりますので、
もしご存知でしたら教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

追記

面白いサイトがありました。

http://www.geocities.jp/higaoh/rank_danihantei.htm

PS:前回の投稿で、コージーキューブさんを批判の意図は無かったんだけど、まさか悪意の批判と誤解されてないよな~。
不安。

Qデッドリフトで腰をやってしまいました・・・

はじめて投稿させて頂きます。nqk39781と申します。

本格的な筋トレ暦は3ヶ月
身長177cm 体重 74.5 体脂肪17前後 29歳 男性で
す。

平時は背中のトレーニングは
フロントラットプルダウン(順手のワイドグリップ 62kg*12レップのドロップセット ウェイトダウンは2回)
で行っているのですが、
先日、BIG3の最大を計ってみようと数度しか経験のないデッドリフトを行ったのですが(フォームは知識としてはありますが、実際に加重時に行えたかは微妙です)

有酸素による全身ウォーム→バーベルを使った動的ウォーム(合わせてフォームの確認)後、

80数レップ(軽く感じゲイン)→100で二発(まだいけそうゲイン)→120(なんとか一発)

とやった直後、腰に痛みを感じ現在に至ります。(当日はその後のトレ全てこなしました)

レントゲンで骨に異常はなく、整体師はしばらく休めとのことでした。
それでお聞きしたいのですが・・・

この際やはり腰に負担が掛かる種目だけではなく、筋トレ全般を取りやめた方がいいのでしょうか?

また今後日常において特に気をつける点などはありますか?

スポーツにおける腰の怪我は経験がなく勝手がわからないのです。



経験者、有識者の方の御意見をお待ちしております。

返信は明日の夜行わせていただきますね。
それではよろしくお願いします。

はじめて投稿させて頂きます。nqk39781と申します。

本格的な筋トレ暦は3ヶ月
身長177cm 体重 74.5 体脂肪17前後 29歳 男性で
す。

平時は背中のトレーニングは
フロントラットプルダウン(順手のワイドグリップ 62kg*12レップのドロップセット ウェイトダウンは2回)
で行っているのですが、
先日、BIG3の最大を計ってみようと数度しか経験のないデッドリフトを行ったのですが(フォームは知識としてはありますが、実際に加重時に行えたかは微妙です)

有酸素に...続きを読む

Aベストアンサー

45歳おとこのこです。
まず、整体師には相談しないこと、これ基本
もっとひどいことになる可能性あり。

>>筋トレ全般を取りやめた方がいいのでしょうか?

やめなさい
もっとひどいことになります。

腰は甘く見ちゃだめです。
私もう10年以上デッドはやらないし
フルスクワットも加重落としたものしかやらんです
フルスクワットとデッドをメニューからはずし
ベンチのMAX挑戦もしないため
最終的なBIG3MAXの合計が何年も前の500寸前で止まったままです。
でも別にそれでいいと思います。
趣味だし、体がでかくなればいいんですから

>>また今後日常において特に気をつける点などはありますか?

しばらく腹圧帯することになりますが、あんまりしてると腹筋が
落ちます。日常生活でも常に腹圧を意識して行動してください。


ちなみにデッドは底引きですか?
腹圧のかけかた解りますか?

(といいながら腰が痛くて歩けないのにディップスだけやってたこと
あります)

Q筋トレ後の射精・・・

筋トレ後に射精をするのは良いのか悪いのか・・・。

「筋トレ後に射精することは、せっかくのたんぱく質を放出することになるので良くない」
(断言はしていませんでしたが・・・)

みたいな記事が某雑誌に書いてあり、気になったので質問いたします。

筋トレ後(オールアウト後と某雑誌には書いてありました)に無性に性欲が増すのでどうすればいいですか?

というような場合の対処方法について書かれていたのですが、筋トレ後に射精をすることによってせっかくのたんぱく質を放出してしまうのはダメなのですか?

筋トレ後の夜は夜の営みは禁止なのですか、筋トレをする人の間では?

「精神的には筋トレ後に性欲が増すのは良いことだとも書いてあり、精神的にはすなおに性欲を発散させるのが良い。」

的なことも書いてありました。
では、筋トレ後はどっちが良いのでしょうか?
筋肉を作る為には筋トレ日は禁欲ですか?

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴7年。

●この手の話し好きなので、仲間に入れてください。

私は、セックスも良いトレーニングと思ってしまう、バカおやじです。

「ここをこんなふうに、こう力を入れれば、ここに効くな。」などと、嫁さんそっちのけで最中に雑念入りまくりです。

トレーニングして体力が有り余っていますので、2時間はこんな事をしていても大丈夫ですが、しらけてきてしまいますので適当にフィニュシュします。

●こんな感じの翌日は、腹筋に筋肉痛が出ますので、良いトレしたと思ってしまいます。

カロリーとしては相当消費しているのではないでしょうか。

射精1回分のセックスカロリー消費は、800m走と同じと聞いたことがあります。

■嫁さんには、また、彼女には申し訳ないですが、トレとして組み入れるのも「あり」かなと思います。

※そう考えると、射精で失ったタンパク質も無駄ではなく思えてきます。

●ここへの相談は、セックスレス夫婦の相談など多いですが、セックスをしたくない奥さんにしては、私なぞ迷惑千万なのでしょう。

●以前、回答した物です。

<筋肉をつけるためには、射精を控えるべきでしょうか?>
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3511324.html

40代。男性。ウエイトトレーニング歴7年。

●この手の話し好きなので、仲間に入れてください。

私は、セックスも良いトレーニングと思ってしまう、バカおやじです。

「ここをこんなふうに、こう力を入れれば、ここに効くな。」などと、嫁さんそっちのけで最中に雑念入りまくりです。

トレーニングして体力が有り余っていますので、2時間はこんな事をしていても大丈夫ですが、しらけてきてしまいますので適当にフィニュシュします。

●こんな感じの翌日は、腹筋に筋肉痛が出ますので、良いトレし...続きを読む

Qバーベルシャフト 160cmと180cmの違い

バーベル購入を考えています。(もちろん、バーベル用ベンチも購入する予定です。)
しかし、シャフトの長さが160cmの物と180cmの物があります。
160cmと180cmの違いは何でしょう?また、160cmと180cmのシャフトではどちらがどれくらいの身長に合うのでしょう?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

ちゃんとやり続ける見通しがあるのなら、220cm、20kg(止め具含む)の「オリンピックシャフト」が良い。結局、最終的に、パワーラックなどが用意できてしまうと、オリンピックシャフトが必要になる。スミスマシンなら、オリンピックしか使えない。クイック系のエクササイズの際も、グリップが動かない(回転しない)ので随分と違う。それに、短くて軽い(10kg以下)ということは、ラック(またはベンチ台やスクワット台)に乗せたシャフトにウエイトを付けようという時、反対側にズラしておいてシャフトの傾き(落下)を防止するという操作もできないので、ちょっと危ないことになる。

そんなこんなで、たぶん、貴方には、ダンベルが良いのだと思う。

私は、還暦を越えるまで、宅トレ者として、オリンピックシャフトを使って、100kgを超える高負荷ウエイとやってきて、いま、32.5kg×2個のダンベルが一番のお友達。ケトルベル12kg、16kg、20kg、24kgもやるので、次に32kgが欲しいのだが、これ以上のケトルベル購入を自らに断念させる為、ダンベルをひとつ32.5kgに設定(固定)した次第。

高負荷トレをやってきて、ケトルベルに出会い、そして、ワンハンドの「スナッチ」にハマった経験から、最小限の筋トレ用具は何かを考え続けて、いま、ダンベルひとつ(二つセットではない)で良いのではないかと思っている。ダンベルひとつでスナッチもジャークもできるので、ケトルベルである必要も無い。

ともあれ、32.5kgひとつで、フルボトムスクワット(フロントスクワット、ゴブレット式スクワット、ザーチャー式スクワットでも可)、ワンハンドロウ(背中)、ワンハンドプレス(胸)をやる。両手持ちの「ダンベルベンチプレス」だとスタートポジションまでが大変だが、ワンハンドのフロアプレスならば、まず、空いた手を使って両手でスタートポジションに運べる。更に、もうひとつ32.5kgがあるので、それを、それぞれ両手に持つとデッドリフトができる。で、これで、トータル65kg。

32.5kgが二つで65kg。これは、米俵一俵の重さであって、昔は、これを担げば一人前と言われたのだという。

32.5kgというのは、3okg×2セットを購入して、一番外側の1.25kgプレートを2.5kgに付け替えただけ。

極めて個人的な状況説明ですが、参考にしてください。32.5kgというのは一定の筋を維持するのに個々が必要と感じる重量。20kgでも一向に構わない。

ちゃんとやり続ける見通しがあるのなら、220cm、20kg(止め具含む)の「オリンピックシャフト」が良い。結局、最終的に、パワーラックなどが用意できてしまうと、オリンピックシャフトが必要になる。スミスマシンなら、オリンピックしか使えない。クイック系のエクササイズの際も、グリップが動かない(回転しない)ので随分と違う。それに、短くて軽い(10kg以下)ということは、ラック(またはベンチ台やスクワット台)に乗せたシャフトにウエイトを付けようという時、反対側にズラしておいてシャフトの傾き(落下)を防止...続きを読む

Qボディービルダーは普通のバーベルベンチプレスをあまりしない?

趣味でウエイトトレーニングをしているひよっこトレーニーですが、
最近ボディビルダーのトレーニング内容に興味を持ち始めました。

私は現在特にスポーツをやっているというわけでもないので、
完全なボディビル目的でトレーニングをしています。

ボディビルダーのサイトなどをたくさん見てみると、
フラットベンチでのバーベルベンチプレスをやっている人があまりいないことに気づきました。

多いのは、インクラインベンチプレスやダンベルベンチプレスをメインに持ってきていて、その他フライやペッグなどの補助種目といった形でした。

なぜフラットでのバーベルベンチをあまりやらないのでしょうか?

三頭に先に効いてしまうからとかでしょうか?

もしご存知でしたら教えて頂けますと幸いです。

Aベストアンサー

絞るの綴りはsqueezeです。。。

QデッドリフトVSベントオーバーローでどちらがよいと思われますか?

最近、メニューのデッドリフトをベントオーバーローに変更しようと思っています。

デッドリフトは、主動筋である起立筋でバシバシ効きますね。
ただ腰を痛めてしまう方も多い種目ですし、
スクワットでも起立筋をつかうので、
腰の負担が高くなってしまいます。

ベントオーバーローは、デッドリフトほどこう重量は扱えませんが、
広背筋をはじめとして、起立筋、大円筋など、
こちらも背中全体に効かせることができます。

こう考えた場合、デッドリフトとベントオーバーローは
どちらを行うのがよいのでしょうか?

私としては、腰の負担や、メニューへの入れやすさを考えて
ベントオーバーローがいいのではないかと考えています。

みなさまはいかがでしょうか?

Aベストアンサー

確かにスクワットにしろベントローにしろ、脊柱起立筋に対する負荷は相当なもんだと思います。
トレーニーの中には、あまり脊柱起立筋に負担をかけたくないばかりにデッドリフトはしない人も多いんじゃないでしょうかね。
ただ、あなたの場合、ご自分でベントローやバーベルスクワットやデッドリフトの際に最も負担がかかる部位を自分の正しい感覚で割り出し、自分の正しい感覚で疲労と回復のサイクルを割り出すべきだと思います。
デッドリフトやったけど三日で疲れが取れたと思うならスクワットやればいいし、だめならもっと休んでいいんです。
このような問題は他人が聞いてどうこう言えるもんじゃありません。一応の目安はあるんでしょうけど、ご自分の感覚をもっと鋭敏にして「これ以上やったら危ない、これくらいならまだ大丈夫」だという感覚に基づいてメニューを決めればよいと思います。他人のアドバイスはあくまでも「他人のアドバイス」なんです。あなた自身で検証することが必要です。

Qパワーベルトは必要ですか?

ゴールドジムで筋トレしていますが、結構みなさんパワーベルトをしています。
腰を痛めないためだと思いますが、僕も使おうか迷っています。
8000円位するんで高いのです。

スクワットとかをしなければ必要ないということでしょうか?

Aベストアンサー

ネットで探せばもっと安いのはたくさんあります。

腰を曲げないようにフォームを矯正するような、「添え木」みたいな効果は無いです。腰を痛めないようにというよりも、ギュッと締めつけることで腹圧を上げ、体幹の筋力を十分に発揮する補助目的で使います。腹に力を入れやすくなる結果として、腰やその他の関節に無理な負担がいかなくなり、結果的に故障も減るのだと思います。スクワットだけでなく、腹に力を入れる種目全般、例えばベンチプレスでも、上げられる重量も増えると思います。

私はパワーベルトを締めてみたおかげで腹圧を意識するのを覚えたので、買ってよかったと思っています。力を入れるとギュッとキツくなるので、腹に力がしっかり入ってるのがわかります。
しかし逆の場合もあるようで、いつもパワーベルト頼みになるとベルト無しでは腹に力を入れるのを意識できなかったり、高重量を上げるのが怖くなってしまう場合もあるらしいです。だから時々ベルト無しでやっています。

>スクワットとかをしなければ必要ないということでしょうか?

大きなお世話かもしれませんが、スクワットをしないというのはあり得ない選択だと思いますよ。シェイプアップ、健康維持、運動能力の向上、目的は人それぞれだと思いますが、なんであれスクワットは最も効果の高い種目なので、外すのは勿体ない。何をサボったとしてもスクワットかデッドリフトは練習して、定期的にやることをお勧めします。

自ずと、いつかベルトも使うようになるとは思います。

ネットで探せばもっと安いのはたくさんあります。

腰を曲げないようにフォームを矯正するような、「添え木」みたいな効果は無いです。腰を痛めないようにというよりも、ギュッと締めつけることで腹圧を上げ、体幹の筋力を十分に発揮する補助目的で使います。腹に力を入れやすくなる結果として、腰やその他の関節に無理な負担がいかなくなり、結果的に故障も減るのだと思います。スクワットだけでなく、腹に力を入れる種目全般、例えばベンチプレスでも、上げられる重量も増えると思います。

私はパワーベル...続きを読む

Q筋肉量を1kg増やすにはどれくらいの期間必要?

最近、あまりにもこの手の話題が多いので気になって「あえて」質問させて頂きます。

筋肉の量を1kg増やすにはどれくらいのトレーニングが必要なのでしょうか?
またどれくらいの期間が必要なんでしょうか?

週3,4回程度の有酸素運動を1か月ぐらいで筋肉が1kgも増えるなんてあるんでしょうか?
また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )

仮に増えたとしても生半可なトレーニングじゃ1か月で1kg増量なんて無理な気がしますが????

Aベストアンサー

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
※1年で12kgは無理でw

筋肉の水分含有量は75%~80%です。
脱水症状気味の有無、パンプアップの有無で変化しちゃいます
ヒトの体は50%が筋肉とも言われています。
つまり60kgの50%の30kg中の変動分5%程度
1.5kgは筋繊維の変化がなくとも「筋肉量の変化」がある

日ごろから運動してないなどスタート時の条件を細工すれば
2時間もあれば1kgふやせるんじゃねwwwww(草生やしておく)


なお一般的になっている体組成計の数値でしたら
複数の周波数の信号を体に送って通電状態から類推している機械ですので
トイレいったり蒸しタオルで足の裏拭いたり
水飲んだり 塩分取りすぎてむくんでたり
風呂入ってくるとか
数字はあるていどコントロールできるかと。
(説明書には風呂上りにとかNGって書いてある)

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング