40年程前の五味康祐さんの新聞小説の題名が知りたいのですが。
新聞は河北新聞(東北の新聞)です。内容は果心居士に妖術(?)をかけられた娘を武芸者たちが助けると言う話です。その武芸者達の顔ぶれがすごいのです,上泉伊勢守 塚原ト伝 宮本無二斎 吉岡憲法 林崎甚助等12人(もしかして8人)が登場しますし、妖術も少しいやらしく子供心にもドキドキしたのを覚えています。もし今でもそれを読むことが可能かどうかも教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

自信はありませんが、


この新聞小説は【風流使者】(昭和33年)だと思いますが
手元の資料では、単行本になった記録もありません。
1985年に【五味康祐全集】が出ていますので、
おそらくそれに、入っているでしょうね。
しかし、この全集も大手の書店に在庫はありませんので、
古書を扱っている書店でお探しになる以外にはありませんね。
同じ連載でも昭和31年から週刊新潮で連載された【柳生武芸帖】は
今でも入手可能ですね。
また、昭和31年の読売新聞連載の【二人の武蔵】も入手可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
ご指摘の風流使者を検索しましたが内容が違っていました。
新聞小説の作品を調べるのはなかなか難しいですね。

お礼日時:2003/02/04 23:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q麻雀って結局は早上がりが勝率がよくなるのではないか?

高校から大学にかけてよく麻雀をやりました。それから何十年も経ったのですが、最近時間ができてまたやり始めました。
1週間に1度ぐらい友人とします。
それ以外ではパソコンのゲームでしてます。
昔は阿佐田哲也や五味康祐をよんで麻雀ってえらく難しいもののように思ったのですが、最近の感じでは次のような結論に達しつつあります。
「麻雀は結局できるだけ泣かないようにしてとにかく早く
リーチをかける。」
リーチをかければツモもあるし裏ドラもあるしえらくとくのようにおもうのです。
こう思ったのですが皆様はどうお考えになりますか?
それとも私の相手が弱すぎるための結論でしょうか?

Aベストアンサー

うまい人同士の麻雀はリーチをかけない、ダマで狙う、が基本かと思います。
なのでリーチを掛けて敵がロン牌を捨ててくれるのは、「私の相手が弱すぎるため」かも知れません。

泣きに関しては、一泣きテンパイが理想です。ただ、あくまで理想です。

麻雀はダマであっても振ってはいけません。あとははんちゃんで2回くらい上がることを目安にすれば負けることはありません。勝ちを狙わない(勝負を少なくする)と素人相手なら本当に勝てるゲームなので私も○年やっていません。

Q宮本武蔵

大河ドラマに影響されて、吉川英治の宮本武蔵を読んでいますが、意味がわからない単語が結構でてきて(御詮議、もくさなど)ちょっと苦戦してます。内容自体はさくさく読めて好きなんですけど。こういった時代物の小説にでてくる単語の意味やついでにいうと人物関係がわかるホームページなんかを教えていただけたらと思い質問しました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず、言葉の方だけ。
gooの国語辞典がある程度利用できると思います。
「御詮議」は「御・詮議」だと思うので、「詮議」で検索すると意味がわかると思います。
あと、もしかしたらですが、「もくさ」は「もぐさ」では? 「もぐさ」でしたらやはり国語辞典でわかります。

http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-top.cgi

せんぎ 【詮議】
もぐさ 【艾】

#人物関係は、いま出版されている武蔵本の方がわかりやすいかも・・・

Q死亡事故を起こした作家Gとはだれ?

武田泰淳の妻・百合子さんの作品「富士日記」を読んでいます。
昭和40年7月27日の日記に「一昨日、交通事故で2人を
ひき殺した作家G。」という記述があります。
この作家Gとはだれなんでしょうか?

Aベストアンサー

五味康祐です。
事件当時は誰でも知っていた有名な話なのに、それ以降の世代の人にはほとんど知られていない話のひとつ。

参考URL:http://www.geocities.jp/showahistory/history05/topics40b.html

Q柳生石舟斎が斬った花

こんにちは。

宮本武蔵の小説で、柳生石舟斎が切った花の茎の切り口に武蔵が感銘を受ける、というエピソードがありますが、それは何の花だったのでしょうか?

わかる方おられましたらどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらの記述や「宮本武蔵 柳生石舟斎 切り口」でネット検索した結果では『芍薬』らしいです。

 http://www.kasugano.com/kankou/yagyu/
 http://www.nhk.or.jp/kumamoto/musashi/role.html

参考URL:http://www.kasugano.com/kankou/yagyu/, http://www.nhk.or.jp/kumamoto/musashi/role.html

Q「この文庫本が凄い2007!」のランキング

「この文庫本が凄い2007!」を探しているんですが
見つかりません。
予約は本屋でしたのですが、先にランキングだけ
知りたいのですが教えてくれませんか?

Aベストアンサー

とりあえず10位まで~

1.太陽の塔 森見登美彦
2.団十郎切腹事件 戸板康二
3.ワイルド・ソウル 垣根涼介
4.アラビアの夜の種族 古川日出男
5,崖の館 佐々木丸美
6.マルドゥック・ヴェロシティ 沖方丁
7.猟犬探偵 稲美一良
8.シンセミア 阿部和重
9.水滸伝 北方謙三
10.奇偶 山口雅也

かなりマニアックですね。

Q朝日新聞に連載された小説のタイトル

6,7年前になりますか、朝日新聞の連載小説で、
故風間完氏が挿絵を担当された小説のタイトルを知りたいのですが、
ご存知の方いらっしゃらないでしょうか。
仕事に行き詰った女優が沖縄に行って、海で、小さなボートで遭難しかける話だったと思います。
タイトルも、確か沖縄ならではの言葉だったような。(←うろ覚えです)
確か、作家の方が病気で途中で連載が中止になったと思います。

Aベストアンサー

私は読んでいませんでしたが、こちらでしょうか?

http://216.239.57.104/search?ie=EUC-JP&lr=lang_ja&hl=ja&q=cache%3A729WHFa-p_wJ%3Ahttp%3A//www5b.biglobe.ne.jp/~WHOYOU/sabani.htm++%B9%E2%B6%B6%BC%A3+%B5%F9%B2%D0

Qすでに1度切っている牌を食いとって確定する責任払い

私は既に發と中を副露しているとします。
手牌には白の対子があります。この白が刻子となれば、大三元が確定しますが、私はすでに白を1枚切ってしまっているとします。

白が出たときにはフリテンルールでロンはできませんが、ポンならできますよね。

このポンによって大三元が確定しますが、このとき役満確定のポンを許した人の責任払いは発生するのでしょうか?

上の状態がちょうど先日発生してしまい、
「フリテンのポンなんだから責任払いは発生しない」(友人は既に切っている牌を食いとるときも「フリテン」と呼びます。正確には違うこともわかった上でです。)という意見と、
「責任払いは発生する」という意見で2:2で真っ二つに分かれてしまいました。

結局確定された大三元は和了られず、この問題は処理せずに終わったのですが、一般的にはどのようにルール設定されているのでしょうか?

Aベストアンサー

五味康祐か誰かはっきりしないが、その麻雀戦記にこういうのがありました。
白発をさらして手の内に中をアンコでもっていた。
待ちは1,4の両面待ちで大三元。
現在オーラスで断トツのトップとは大きな開きがあって大三元をつもってもひっくり返せなかった。そこへトップが「あ~、引いちゃったよ」と中を引いたそぶりを見せた。
そこで当人はわざと手の中からアンコの中を切った。
安心してトップは中を切ったのでそれをポンした。
トップは顔面蒼白。
大三元の最後のポンをさせたのでつもった場合は一人払いとなる。
その後、両面待ちの牌をつもってトップだった相手に一人払いをさせ逆転したという逸話を読んだことがあります。
すなわち自分が捨てた牌をポンできます。

Q神戸新聞 「3年B組リョウタ先生」

去年、神戸新聞の夕刊で連載されていた、石田衣良さんの「3年B組リョウタ先生」をご存知の方いらっしゃいますか?
とても楽しみに毎日読んでいたのですが、突然終わってしまったように思います。
私が読んだのは学校の裏庭(?)に家を建てることが決まり、先生や生徒がその場所に集まって、リョウタ先生がみんなの様子を見てコメントをするという感じでした。
確かにひと段落という感じがしないでもないですが、あまりスッキリしません。
連載が終わったのか、休止なのか教えてください。

Aベストアンサー

 え?あれで終わったんじゃないですか?(’-’)?
 終わる少し前に、●月●日に終了して●日から次の連載小説が始まるっていう告知もありましたよ。(さすがに日にちは忘れましたが)
 何か気になる点でもありましたか?
 個人的にはリョウタのクラスが結局何位になったのかがはっきりしなかったのが心残りですが。

Q切ない時代小説を教えてください

読中読後、なんだか切なくてしんみりするような、
そういう気持ちになれる時代小説があれば、教えてください。

藤沢周平さんの「蝉しぐれ」や「橋ものがたり」のような作品が大好きです。

Aベストアンサー

こんにちは。

乙川優三郎さんは、如何でしょう。私はこの方の時代小説が切なくて好きです。
よく作風が藤沢周平さんに似ていると書評されています。
デビュー作の「霧の橋」を読まれ気に入られれば他の作品も合うと思います。


後、藤沢ファンには子供っぽいとは思いますが・・・
畠中恵さんの「しゃばけ」シリーズや「まんまこと」シリーズも楽しく時に切なくとても面白いですよ。


藤沢周平さんとは作風が全く違いますが、女性の方でしたら・・・
宇江佐真理「髪結い伊三次」シリーズや高田郁「みをつくし料理張」シリーズ、そして宮部みゆきさんの時代小説もお勧めです。

Q日経新聞にエッセイを書いていた女性作家

何日前か…あるいは何週間前かの日経新聞朝刊に、
エッセイを書いていた女性作家を探しています。
(たぶん一ヶ月は経っていないと思います。)

掲載されたページは、一番最後のページの私の履歴書の横のあたりです。
内容は、日常生活での自分の珍妙なくせ(?)についてと
それをめぐるご自分の母・妹とのやりとりです。
確か女性の作家さんで、歳は35歳前後とあったと思います。

そのエッセイがとてもおもしろかったので、
本を買って読んでみよう…と思いつつ、お名前を控えておくのを忘れてしまいました。(新聞も処分してしまいました!)

こんなあいまいな記憶で自分でも大変もどかしいのですが、
となたか覚えている方がいらっしゃいましたら、
是非お名前を教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

確かこの間芥川賞をとった女性だったと思うのです。。

調べたら「大道 珠貴氏」とありましたが、、うーん自信がない。。

本当に自信がないけど、書いちゃいます。ごめんなさい。

私もあの文章おもしろかったんで本読みたいと思っていたのに

記憶の彼方・・。情けないです。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/hochi/news/jan/o20030116_30.htm


人気Q&Aランキング