タイトルのとおりですが、会社によっていろいろな考え方があるでしょうから、正解も不正解もありません。
実は自分の会社の給与体系の見直しを検討中のため、各社の実態を知りたいんです。
人事系の仕事をしている方、ご自分の会社の就業規則(給与規程)に詳しい方、ぜひ実例を教えてください。
よろしくお願いします。

1.配偶者の家族手当はいくらですか?

2.扶養対象でない配偶者にも家族手当を支給していますか?

3.子供の家族手当はいくらですか?

4.家族手当を支給する子供の人数または年齢には制限がありますか?

5.特定扶養親族の対象年齢でも学生でない(フリーター等)子供に家族手当は支給していますか?

6.父母、祖父母などの扶養家族がいる場合、家族手当の支給対象人数に含めていますか?

最後に、できれば会社の規模として社員数を教えていただけると、比較がしやすいので助かります。

わかるところだけでもいいので、たくさんの回答をお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

家族手当は企業によって制度が無かったり支給額も違うみたいですね。


家族手当については、下記のようなサイトが参考になるかもしれませんね。

【家族手当ってどんな手当?|エンジャパンの転職大辞典|エン転職】
https://employment.en-japan.com/tenshoku-daijite …

A 回答 (6件)

こんばんは。

現在事業所の総務課に勤務している者です。
私の勤務先の場合をお話しますね。

1.配偶者の家族手当はいくらですか?
月8000円です。

2.扶養対象でない配偶者にも家族手当を支給していますか?
支給していません。
基準は税法上の被扶養者になれるかどうか(=年収103万円未満かどうか)です。

3.子供の家族手当はいくらですか?
月3000円です。

4.家族手当を支給する子供の人数または年齢には制限がありますか?
人数制限はありませんが、年齢は18歳までと決められています。
特に在学証明書のようなものは求めていませんが、5の質問にある「フリーター」状態のお子さんの場合は、月収を聞き、かなり稼いでいるようなら、支給は止めます。

5.特定扶養親族の対象年齢でも学生でない(フリーター等)子供に家族手当は支給していますか?
18歳未満で、税法上の被扶養者であれば支給しています。

6.父母、祖父母などの扶養家族がいる場合、家族手当の支給対象人数に含めていますか?
税法上の被扶養者である場合に限り、一人1000円支給しています。
例えば、被扶養者奥様のご両親とお住まいの場合は月2000円です。

最後に、できれば会社の規模として社員数を教えていただけると、比較がしやすいので助かります。
約60人です。

以上、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 29
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
すごく明確な基準だと思います。
参考になりました。

お礼日時:2003/02/03 17:39

すみません、#5です。


言い忘れましたが、手当てがあった時代にも、
配偶者1500円、子供一人1500円
ととても小額でした。
だから廃止になってもあまり問題にならなかったんですね。それにしても皆さんたくさん、もらってらっしゃるんですね・・・
    • good
    • 18

1、廃止になりました


2、しません
3、廃止になりました
4、手当てそのものがありません
5、していません
6、ありません
7、70名程度

昨年度に、「男が家庭を支える時代でなくなった」という、一方的な(わけのわからない)理由で、一切なくなりました。
一応こういう会社もある、ということです。
    • good
    • 15

1、20000円



2、5000円(扶養に入ってる場合は、1と2の合計25000円)

3、子どもがいないのでわかりませんが、たぶん4,5000円

地方の会社です。500名位です。
    • good
    • 23

公務員と近いですが・・・



1.配偶者の家族手当はいくらですか?
 16,000円

2.扶養対象でない配偶者にも家族手当を支給していますか?
 支給していない。あくまでも社会保険上の扶養者であることが条件です。

3.子供の家族手当はいくらですか?
 配偶者以外の扶養家族のうち2人までは各1人につき6,000円それ以上もしくは配 偶者、子供以外の扶養家族については1人につき3,000円
 ただし、子供の場合満16歳の年度初から満22歳の年度末までの子供1人につき、  5,000円を加算する。

4.家族手当を支給する子供の人数または年齢には制限がありますか?
 上記3の回答により人数に制限はなし、ただし子供の場合満22歳の3月末で支給終 了 。

5.特定扶養親族の対象年齢でも学生でない(フリーター等)子供に家族手当は支給していますか?
 重度心身障害者等には支給します。

6.父母、祖父母などの扶養家族がいる場合、家族手当の支給対象人数に含めていますか?
 満60歳以上の父母及び祖父母には社会保険上の扶養者であることが条件で、上記3 の回答にあてはめる。

最後に、会社の規模は240人くらいの私立の学校です。
    • good
    • 20
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
特定扶養の対象年齢で加算があるんですね~。
すごく現実的な感じを受けました。

お礼日時:2003/02/03 17:41

参考までに。


1.配偶者の手当て
あくまでも健保上扶養になっている方が対象です。
2万円

2.
ありません

3.子供
これは、配偶者以外に一人だけ、
1万5千円
親でも、子でも同様、
最初1人目です。それ以降5000円です。

子供の年齢制限。
18歳の3月です。

5.支給しません。

基本的には健康保険が対象で支給します。
ただし、子に関してはフリーターなどは、健保には入れても、年齢制限で、支給していません。
    • good
    • 22
この回答へのお礼

さっそくありがとうございます。
すごく明確な基準だと思いました。
やはり健保加入とある程度はリンクさせた方がやりやすいですよね。
それと、問5を支給しないということは、高校生年代の子供については在学確認をしなければならないということになりますが、毎年何回かは在学証明書とかの提出を求めているのでしょうか?
今後にご回答いただける方もこの辺にも触れていただけると嬉しいです。

お礼日時:2003/02/03 16:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養家族の収入が103万円を超えた場合、家族手当は支給されますか?

私はパート勤めで、夫がサラリーマンです。
私は夫の扶養になっているので、夫の職場から、家族手当を月に2万円もらっています。配偶者が扶養家族の場合、一律で2万円もらえる会社です。
私の収入は、去年は103万円以内だったので、所得税も扶養になっておりましたが、今年は130万円以内ほどになりそうです。130万円以内だと、年金・社保の扶養にはなれるかと思いますが、この場合、

(1) 所得税が扶養から外れた場合、家族手当の支給が停止することはあるのでしょうか。

(2) そのとき、夫の職場に手続きが必要ですか?

(3) 夫の会社から支給されている家族手当を返還する必要が出てきたりするのでしょうか?

(4) また企業によって、家族手当の支給されるべき妻の収入限度額は違かったりするのでしょうか?

以上です。夫の職場に聞くことができれば一番早いのですが、あまり話しやすい環境ではないらしくて…。ご回答頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 まず前提なのですが、家族手当や扶養手当の受給は法律に定められた権利ではありません。つまり、そういう手当てを作るかどうかは勤務先の決めることですから、その支給条件も勤務先が決めることになります。また、そういった手当がない会社もあります。

 以上から、

(1) 所得税が扶養から外れた場合、家族手当の支給が停止することはあるのでしょうか。

・勤務先の規定によるとしか言えないです。
 ちなみに、私の勤務先は社会保険の扶養家族に認定されていると支給対象になりますから、年収130万円以内の親族ですと支給対象になります。

(2) そのとき、夫の職場に手続きが必要ですか?

・申告制になっているはずですから、届けが必要であると思われます。
 例えば、転居されれば通勤に要する費用が変わると思いますが、届け出ないと会社では転居の事実は分かりませんから、通勤手当の変更がしてもらえません。それと同じ考え方です。

(3) 夫の会社から支給されている家族手当を返還する必要が出てきたりするのでしょうか?

・勿論、規定で支給対象でなくなったにもかかわらず支給を受けておられれば、返還を求められることはありえます。というか、返還を求められると思います。

(4) また企業によって、家族手当の支給されるべき妻の収入限度額は違かったりするのでしょうか?

・上記のとおり、そういう手当をもうけるかどうか自体が任意ですから、支給条件も任意で決められます。ですから、収入限度額はばらばらです。

○まとめ

・結局は、勤務先に聞いていただくしかないということになります。
 もし聞きにくいのでしたら、会社の就業規則などに決めてあるはずですから、ご主人に自分で調べてもらわれるしかないです。

○おまけ

・私の勤務先には、住居手当があるのですが、世帯主でないと支給されなかったものが、持ち家であれば支給されることに変更されたことがあります。任意の手当とは、そういうものです。
 
・勿論、時間外勤務手当のように、労働基準法で決められている手当は、支給額の計算方法はどこの会社でも一律です。

 こんにちは。

 まず前提なのですが、家族手当や扶養手当の受給は法律に定められた権利ではありません。つまり、そういう手当てを作るかどうかは勤務先の決めることですから、その支給条件も勤務先が決めることになります。また、そういった手当がない会社もあります。

 以上から、

(1) 所得税が扶養から外れた場合、家族手当の支給が停止することはあるのでしょうか。

・勤務先の規定によるとしか言えないです。
 ちなみに、私の勤務先は社会保険の扶養家族に認定されていると支給対象になりま...続きを読む

Qパート収入が103万を超えそうです。主婦で旦那の扶養になってます。

パート収入が103万を超えそうです。主婦で旦那の扶養になってます。
今年になり、シフトが激減すると言われたので、もうひとつ仕事を見つけてみましたが、思っていたよりもあんまり収入が減ることなく、このままでいくと103万を超えて、おそらく110万くらいになりそうです。一応、職場には超えそうなので、シフト調整をお願いしていますが、あんまり無理も言えません。
103万を超えると、扶養控除の問題、市民税などもかかわると言われて、困ってしまっています。
市民税ってどのくらいくるのでしょうか?旦那の税金もかなり増えるのでしょうか?
わかりやすく説明していただけるとうれしいです。お願いします。

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。

103万円を超えると確かに貴方やご主人の所得税や住民税は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
なので、130万円ぎりぎりで健康保険の扶養からはずれなければ、働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。

ただ、貴方のご主人の会社で「家族手当、扶養手当」が支給されている場合、103万円もしくは130万円を超えると支給されなくなるということがあります。
これは、会社の規定なのでご主人の会社に聞かないとわかりません。
もし、103万円を超えると支給されなくなるなら、その額によっては103万円以下に抑えるという選択もあるでしょうね。

>103万を超えると、扶養控除の問題、市民税などもかかわると言われて、困ってしまっています。
市民税ってどのくらいくるのでしょうか?
110万円だとした場合で基礎控除以外の控除がないとした場合
住民税は「均等割」と「所得割」の2つの課税です。
均等割 4000円(市町村によってはこれより数百円高いこともあります)
所得割 120000円×10%=12000円
計16000円です。
なお、103万円でも所得税はかからなくても、住民税(均等割4000円、所得割5000円)はかかります。

>旦那の税金もかなり増えるのでしょうか?
ご主人の所得により所得税の税率変わるので何とも言えませんが、普通の所得なら税率5%か10%でしょう。
所得税 70000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×5%=3500円 もしくは
    70000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×10%=7000円
住民税 20000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×10%(所得に関係なく)=2000円
計5500円もしくは9000円増えるだけです。

7万円収入が増えますので、税金の増額分引いても手取り収入はプラスです。

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は...続きを読む

Q妻の収入が月108、333円を超え扶養家族の認定取り消しといわれました

妻の収入が月108、333円を超え扶養家族の認定取り消しといわれました。
妻が今年から仕事を2カ所で始め、4月から7月の4ヶ月間月108,000円を超えたので、共済組合から、扶養家族の認定を取り消すといわれました。年間130万を超えるといけないのはわかっていたので、2つの仕事のうちの一つは8月にはやめて、年間トータルで120万円くらいになるように調整して考えていました。また再認定はしてもらえるようですが、4月から7月はさかのぼって認定取り消しで、医療費や扶養手当を返金せよということです。これはしかたのないことなのでしょうか。あくまでも年間の収入で考えていたので、どうも納得いきませんが、そういう規定になっているといわれました。こういう件に詳しい方のご意見をお待ちしています。

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養については所得税と健康保険との二つの面があり、この二つがごっちゃになり誤解が多いようです。
所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。
しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。
「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。
これは非常にわかりにくい定義なのです。
まずこれは所得税のように1月から12月の1年間ということではありません、具体的に言うと月単位で考えてください、その月の給与に12(向こう1年ですから12ヶ月ということです)を掛けて130万円を超えるか否かということです。
例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。
そしてその状態が続けばその間は扶養のままです。
しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。
つまり過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません、あくまでもその月にどれくらい収入があったかということであり、それが続く見込みであるということです。
別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。
すると20万円×6(6ヶ月)=120万円になります。
するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。
1月に20万の給与をもらえば20万円×12(今後向こう1年で12ヶ月)=240万円と計算して、1月については今後向こう1年間の見込みは240万円となり扶養になれません。
そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。
そして7月になると無職で無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます。
もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。
するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。
1月は140万円×12=1680万円の見込みですから扶養になれませんが、2月は無職無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます、過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません。
さて以上のことが一般的な解釈です。
ただし繰り返しますが究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
そして健保組合だけでなく、共済組合にも扶養の規定が同じようなところがあるということです。

>年間130万を超えるといけないのはわかっていたので、2つの仕事のうちの一つは8月にはやめて、年間トータルで120万円くらいになるように調整して考えていました。

前述のように一般的に多くの健保組合や共済組合では年間と言うサイクルでは考えていません。
ですから年間トータルと言うことではありません。

>また再認定はしてもらえるようですが、4月から7月はさかのぼって認定取り消しで、医療費や扶養手当を返金せよということです。これはしかたのないことなのでしょうか。

そうですあくまでもその月の月額が約108330円を超えていればその時点で扶養を外れることになり、それ以降は当然扶養ではないのでその間の医療費で共済組合が負担した7割分(自己負担が3割だから)は共済組合は請求することになるのはやむを得ません。

>あくまでも年間の収入で考えていたので、どうも納得いきませんが、そういう規定になっているといわれました。

その共済組合はそのような規定なので、致し方ありません。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養について...続きを読む

Q家族手当の扶養の基準は社会保険?所得税?

タイトルの通りです。 所得税の103万の基準で給与の家族(扶養)手当を出すところが多そうですが、年収
100万前後の人は、12月になってやっとはっきりする配偶者も多いと思います。そうなると過去12ヶ月分手当を支給したり支給を戻したり、となってしまうような気がします。一般的にはどのようなやり方が普通なのでしょうか。約130万の社会保険(保険証から外れたら手当てもなくす)基準だと不都合はありますか。

Aベストアンサー

このあたりは会社によって基準が異なるところですね。

扶養手当を出すにあたって、所得税上の扶養控除を基準とし、扶養となる方の収入の月額が8万5千円を超えなければ扶養として入る会社が多いようです。(103万円÷12ヵ月=858,333円のため)
ただ、税務上の扶養控除は1月から12月までの収入が103万円未満である場合に該当するため、年の途中から上記の金額になったとしても扶養控除を受けられるとは限りませんので、扶養手当が支給されるかどうかも分かりません。

これに対し、社会保険上の扶養については、扶養に入れる時点からの年間収入が130万円未満までとなっていますので、事実上の扶養としてはこちらの方が当てはまるのではないでしょうか。

>約130万の社会保険(保険証から外れたら手当てもなくす)基準だと不都合はありますか。

家族手当をもらう側としてはとくに不都合はないでしょう。
家族手当を支払う側としては、基準が大きくなってしまうため、家族手当を支払う人数が多くなることが考えられます。(会社の負担増)

Q主婦のパート、103万以下か130万以下どちらが得ですか!!?

主婦のパート、103万以下か130万以下どちらが得ですか!!?
7月からパートを始めることになりました。

会社の要望通りに働くと、年収120万位になると思われます。
しかし103万を超えているので所得税と住民税がかかり、
さらに夫の税金もあがりますよね?

夫の年収は400万位。
私が年収120万稼ぐことによって
実際どのくらいの金額をプラスで払わないといけないのでしょうか?
お金と労力を考えればやはり103万以下にするのがいいのかな…。

ちなみに103万以内なら0円ですよね?

そしてこの場合「配偶者特別控除」が適用になりますよね?
これがあるから103以上でも130以内ならお得ってことになるのでしょうか?

すみませんがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ポイントは次の3点だと思います。

1.税金だけを考えれば収入の絶対金額が増えて得になる
2.夫が会社からの妻へ対する手当をもらっているとそれがなくなり影響が大きい
3.妻が夫の社会保険の扶養に入っていて、健康保険及び年金の保険料がタダの場合、自らがパート先で社会保険に加入するようになってしまうと、その保険料の負担の影響が大きい

1について言うと。
純粋に税のみで考えれば、損ということはないですね。
つまり収入が103万以下の場合は税金が掛からないので、1万円収入が増えれば1万円が家計に入るわけです。
でも103万を超えると妻の自身の税金や、夫の配偶者控除がなくなったり配偶者特別控除が減ることによって、1万円収入が増えても1万円が家計に入るというわけではないということです。
妻の収入が増えるに連れて1万円収入が増えても、家計に入る金額は9千円になったり8千円になったりという具合に減ってしまうということです。
そういう意味で損だということで、決して働くと収入自体が減るという意味で損ということではありません。
ですから単純に損得というならば、実際には働けば働くほど収入の絶対的金額は増えるから得だということになります。

妻の収入が103万をオーバーして120万になったらどうなるか。
所得税の場合は夫の配偶者控除の38万が配偶者特別控除の21万に減ってしまいます。
この差額の17万が夫の給与にどのように反映するかというと、所得税は課税所得によって税率が変わりますが、一般的なサラリーマンとして税率10%とすると

170000×10%=17000・・・夫の今年の所得税増

ということで17000円所得税が増えます。
一方来年の住民税(住民税は今年の所得に対して来年課税される)の場合は夫の配偶者控除の33万が配偶者特別控除の21万に減ってしまいます。
この差額の12万が夫の給与にどのように反映するかというと、住民税は税率が一律10%なので

120000×10%=12000・・・夫の来年の住民税増

ということで12000円来年の住民税が増えます。
つまり妻の収入が103万から120万に増えれば、夫の今年の所得税と来年の住民税との合計で

17000+12000=29000・・・夫の今年の所得税と来年の住民税を合わせた増額

ということで29000円増える訳です。
妻は収入が103万から120万へ17万増えるのですから、所得税は5%なので

170000×5%=8500・・・妻の今年の所得税増

ということで8500円所得税が増えます。
一方住民税は一律10%なので

170000×10%=17000・・・妻の来年の住民税増

ということで17000円来年の住民税が増えます。
つまり妻の収入が103万から120万に増えれば、妻の今年の所得税と来年の住民税との合計で

8500+17000=25500・・・妻の今年の所得税と来年の住民税を合わせた増額

ということで25500円増える訳です。
ということで二人合わせると

29000+25500=54500

今年の所得税と来年の住民税で54500円増えるわけです。
しかし収入は17万増えているので

170000-54500=115500

ということで確かに夫の税金は増えていますし妻も課税されるということで税金は増えますが、収入はそれ以上増えているので差し引きでは115500円増えているということで、家計全体の絶対的金額は増えるから損ということはないということです。
これが例えば70万から77万に7万増えたのだったら、夫の控除金額も変わらずに妻の税金もゼロのままなので、増えた70000はそのままそっくり家計に入りますが、103万から120万に17万増えると115500と7割弱程度に減ってしまうということです。
でもマイナスになるわけではないので損にはならないということです。

2について言うと。
手当はそもそも法律で決まっているものではないので、その会社の規定によります、ですからどういう規定になっているかを会社に確かめなければ確実なことはわかりません。
ですが例えば妻の収入が夫が配偶者控除を受けられる103万以下という規定であるならばその手当はなくなるでしょうし、場合によっては1月まで遡って返却させる会社もあるので、そうなるとやはり影響は大きいでしょうね。

3について言うと。
たとえパートでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

<字数制限により続く>

ポイントは次の3点だと思います。

1.税金だけを考えれば収入の絶対金額が増えて得になる
2.夫が会社からの妻へ対する手当をもらっているとそれがなくなり影響が大きい
3.妻が夫の社会保険の扶養に入っていて、健康保険及び年金の保険料がタダの場合、自らがパート先で社会保険に加入するようになってしまうと、その保険料の負担の影響が大きい

1について言うと。
純粋に税のみで考えれば、損ということはないですね。
つまり収入が103万以下の場合は税金が掛からないので、1万円収入が増えれば1万...続きを読む

Q手取り21万 家族3人 やりくり教えてください 貯金がしたい

大人2人 9か月の赤ちゃん1人の3人家族です
旦那の給料は平均して21万ほどです。賞与は年2回合計40万です。
毎月赤字です。貯金をきりくずしています。泣
今後を考えなんとか貯金をしたいのですが・・・

保険料は信頼できる会社で昔からの知り合いの方にプランを立ててもらいました。
余分な保険はかけていませんが、やはり掛け金をすくなくするべきなのでしょうか?

車は軽とミニバンです。車検や車税がある月は大幅にマイナスになります。
田舎なので車は2台ないととても生活できません。

酒、たばこなどの嗜好品一切なしです。

21万あればできるはずだと思うのですがなかなか、、、
やりくり上手な方教えていただきたいです。


食費     30000
生活雑貨   5000
家賃     44000 
車保険    4000
ガソリン   8000  2台分です
光熱費    15000
携帯     17000
通信費    5000  パソコン・NHK
旦那こずかい 20000
妻こずかい  0~5000
美容     4000
子供費用   10000  習い事 おむつなど
外食・レジャー20000
保険     41500

大人2人 9か月の赤ちゃん1人の3人家族です
旦那の給料は平均して21万ほどです。賞与は年2回合計40万です。
毎月赤字です。貯金をきりくずしています。泣
今後を考えなんとか貯金をしたいのですが・・・

保険料は信頼できる会社で昔からの知り合いの方にプランを立ててもらいました。
余分な保険はかけていませんが、やはり掛け金をすくなくするべきなのでしょうか?

車は軽とミニバンです。車検や車税がある月は大幅にマイナスになります。
田舎なので車は2台ないととても生活できません。
...続きを読む

Aベストアンサー

思わず二回計算してしまったが、予算の段階で収入を上回っているじゃないか!
これじゃ、破綻に向けてまっしぐらだね!^ω^b

まずは、携帯が高すぎ。
どんなプランに入っているのか知らないけど、スマホ2台使いでも3000円/月以上削れるはず。
つーか、ガラケーに替えたらいいんじゃないかな?うん、替えよう。
1万円以上の削減になるはず。

ミニバン。車種は分からないけど、これってせめて「中古」の軽に替えられないかな?うん、替えよう。
ガソリン代、車両税、車検代、タイヤ代、オイル交換代等々、さまざまな経費が浮くはず。

美容月4000円って、なにかな?
破綻が目に見えている状況で、美容もあったもんじゃないと思うが、男のおいらには理解しがたいが、、許す!

外食レジャーが多すぎ!!
子供のことを考えればレジャーの費用を削るのはかわいそう、、って、まだ9ヶ月やないかい!!!
純粋に両親の遊び金かい!!!!!
1万円以上削減することをオススメする。

保険は妙に高いけど、学資保険が高いのかな?
もし、両親の保険がメインだとすれば、見直しした方がいいかも。

保険って商品は、契約者が損するような設計になっているので、損得の話はしないが、本当に自分達の人生設計に合っているものなのか、再考の余地があるんじゃないかな?
見直した結果、共済保険(数千円/月。還付金あり)でよかったとか、こんなにデカい保障は不要だったとか、結構ありますよ??

社会保険に加入している会社員本人なら、入院費用が、実はほぼ0円負担って知ってますかい??
(場合によるけど。詳しくは会社の担当者にでも聞いてくれたまえ。)
もちろん、入院中も家族の生活があるから、貯金が潤沢に無い限り、無保険って分けには行かないけどね。

入院中の出費をすべて保険でカバーしようなんて考えると、保障が膨らんで、結果保険料がとんでもない金額に!!!
しかも、保険料の割りにほとんど使っていない!!!!!ってのがほとんどの方です。
(医療・生命保険を使わないってことは、病気とかしてないってことだからいいことなんですが)
備えも大事ですが、なんでも適正ってもんがあるからね。

あとは、旦那さんの収入を増やすことと、貴女も働ける環境になったら働けるようにしておくことが大切ですね^^

思わず二回計算してしまったが、予算の段階で収入を上回っているじゃないか!
これじゃ、破綻に向けてまっしぐらだね!^ω^b

まずは、携帯が高すぎ。
どんなプランに入っているのか知らないけど、スマホ2台使いでも3000円/月以上削れるはず。
つーか、ガラケーに替えたらいいんじゃないかな?うん、替えよう。
1万円以上の削減になるはず。

ミニバン。車種は分からないけど、これってせめて「中古」の軽に替えられないかな?うん、替えよう。
ガソリン代、車両税、車検代、タイヤ代、オイル交換代等...続きを読む

Q家族手当がある場合の働き方について

9月からパートで働くことになった主婦です。
パート先から「ご主人の会社の扶養の範囲を確認し、103万円以内で働くか、130万円以内で働くか決めてほしい」と言われました。

現在夫(20代)の会社から、家族手当が出ています。
私(妻)の分として月額1万1千円、子供の分として3千5百円です。
私の年収が103万円を超えると、私の分の家族手当が出なくなるそうです。
子供がまだ1歳なので扶養内で働く予定なのですが、家計の面を考え少しでも多く働きたいと思い、103万円以内ではなく130万円以内で働こうと思っていたのですが、家族手当が出ないことを考えると130万円まで働くメリットはあまりないかもしれないと思いました。
夫の年収によって税率なども変わると思いますので正確な数字を出すのは難しいと思いますが、私の場合103万円以内で働き、家族手当も出るようにするのと、家族手当は出なくなるが130万円以内で働くのでは、どちらが収入が増えそうでしょうか。

またパート先に「年内はあと数ヶ月しかないので、時間数などを気にしないで働けるね」と言われたのですが、気にしないで働いても本当に大丈夫なのでしょうか。
社員の方の4分の3を超える日数や時間を超えて働くと、社会保険を自分で別に加入しなければならなくなるいう話を聞きますし、夫の年末調整の時期になりますと、来年の収入見込みのようなものを書く欄がありそこに記入する時に何か困ることが出てくることになるのではないかと思いまして。

初歩的な質問で申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。

9月からパートで働くことになった主婦です。
パート先から「ご主人の会社の扶養の範囲を確認し、103万円以内で働くか、130万円以内で働くか決めてほしい」と言われました。

現在夫(20代)の会社から、家族手当が出ています。
私(妻)の分として月額1万1千円、子供の分として3千5百円です。
私の年収が103万円を超えると、私の分の家族手当が出なくなるそうです。
子供がまだ1歳なので扶養内で働く予定なのですが、家計の面を考え少しでも多く働きたいと思い、103万円以内ではなく130万円以内で働こうと思って...続きを読む

Aベストアンサー

No1の方とNo2の方で回答が違ってしますが、No1の方は家族手当を二重に計算されているようです。130万は103万と比較すると確かに130万の方が多いのですが、その差は6~7万円です。27万円分働いても実質6~7万円分にしかなりません。その間は時給4分の1で働くようなものです。お子様がまだ小さいようですので、103万のほうがよろしいのではないかと思います。

尚、交通費が別途支給されている場合、130万円には交通費も含まれますのでご注意下さい。その場合、その差はもっと小さくなります。

Q会社の家族手当と住宅手当を妻がもらうことについて(とっても悩んでいます)

ここ数年、ずっと悩んでいてモヤモヤしています。
どなたか
どんなアドバイスでも結構ですので
よろしくお願いします。

状況としましては、
夫の年収は500万。
妻(私)の年収は250万です。
どちらも会社員で、正社員です。
夫の会社は、家族手当も住宅手当も2000円くらいです。
一方、私の会社は、家族手当も住宅手当も2万くらいです。

それで、私の会社の申請基準を調べてみました。
『配偶者または子を有する世帯主に支給する』ということが
社則に記載されていました。
実際、現在の世帯主は夫になっています。
(世帯主は、申請する気になったら私に変更するつもりです)

子供もいて、扶養(税制上というのでしょうか・・・、
年末調整のときにも子供の扶養は夫です)は夫です。


会社に
現在の状況を説明し、申請できるのか聞いてみました。
すると、回答が

『確かに就業規則では、家族手当・住宅手当は 「配偶者または子を有する世帯主」に支給することになっています。

世帯主とは、主としてその世帯の生計を維持している者、ということですから少なくともご主人より収入が多いこと、したがって子供さんが税務上の扶養家族になっていることなどが客観的な判断となります。

手続きとしては、世帯主が判る住民票を提出していただき、子供さんを扶養家族にしていただく必要があります。』

という回答を得ました。
読む限り、私としては、
支給されるかどうかの判断ができかねました。

私が望むのは、
(1)子供の扶養は夫のままでいい
(2)手当ては、配偶者手当と住宅手当だけでいいので
子供に関する手当てまでは望んでいない

という感じです。
一方、悩んでいる点は、
(1)現在、私は時短勤務(子供が小さい為)をしており、
収入が他の方よりも少ないですが、
休んだりして、会社に迷惑かけることも多く、
その上、手当てまでもらうなんてあつかましいなぁと思う。
(2)会社が不景気で、少しでも人件費を減らしたいと思ってるのを知っている。
(3)(2)の状況とはいえ、ある程度の規模の大きさの会社(一部上場)なので、私に月4万増えたところでたいしたことないのかもしれない
(4)他にも同じ状況の女性もいるのに
私だけそのようなことをしてるとわかったら
立場が辛くなるかもしれない
(5)逆に、独身女性にしたら
本当に面白くないだろうし、多くの人がどう思うかが気になる
(6)主人の収入が200万近く下がり、住宅ローンが厳しい

こんな感じです。
賛否両論といいますか、
たくさんの方の意見を聞かせてもらえたらと思います。

数年も悩んで実際、申請をせずにいますので
このままこの状況が続くかもしれませんが
その場合、ある程度自分で納得したいと思い、投稿しました。

ここ数年、ずっと悩んでいてモヤモヤしています。
どなたか
どんなアドバイスでも結構ですので
よろしくお願いします。

状況としましては、
夫の年収は500万。
妻(私)の年収は250万です。
どちらも会社員で、正社員です。
夫の会社は、家族手当も住宅手当も2000円くらいです。
一方、私の会社は、家族手当も住宅手当も2万くらいです。

それで、私の会社の申請基準を調べてみました。
『配偶者または子を有する世帯主に支給する』ということが
社則に記載されていました。
実際、現在の世帯主は...続きを読む

Aベストアンサー

#4です。

 結論としては、会社の規定はクリアしているという事なんですか?担当者の説明は別という事なんですよね?

 お悩みの2,3に関しては前述した通り、こういう世の中ですから当然関係なくはないと思います。ただ、これに関しても質問者様が大きな会社だからいいか、と思えばそれまでです。
 他の1,4,5に関してはもう質問者様自身の考えとしかいいようがありません。周りの人にわかったらどう思われるかという事なら、それは間違いなくよく思われないでしょう。「あの人の仕事をカバーしているのに、今度は金かよ」とかね。
 しかし貴方が言わなければ周りには分からないかなとも思います。大きな会社という事は人事と職場とは随分離れているんですよね?同じビルや所在地なら、どこからともなく噂が流れることもありえますけど。

 お悩みは、結局の所「お金は欲しいけど、がめついとか、悪く思われたくない。そして自分の倫理観」という事ですよね。

 私は相場をやってますので、そういう考えで見てしまいますが、話が周囲に漏れて仕事がやりにくくなるリスクとその手当が貰えるリターンどちらかを取るかという話だと思うんですよね、単純に言えば。あとは貴方にそういう事を気にしない「厚かましさ」があれば問題ないんでしょうけど、ここで質問をしている以上、そうでもないようですし(笑)

 最後に私ならどうするか、という事を書いておきます。申請しません。質問者様も感じていらっしゃるでしょうが、質問者様がしようとしている事は、本来の会社の主旨とは違うんじゃないんでしょうか。それが会社の担当者さんからのお答えにも出ているように思います。いわば「法の抜け穴」「法の不備」ですね。
 子育てに関して、会社からの協力も得ているわけです、早めに帰るとか。なのに法の抜け穴を利用してさらにお金を得るのはどうかと思います。ただ、これはあくまで私の考えです。そういう不備を利用するのも、質問者様の倫理観が許せばいいんじゃないですか。

#4です。

 結論としては、会社の規定はクリアしているという事なんですか?担当者の説明は別という事なんですよね?

 お悩みの2,3に関しては前述した通り、こういう世の中ですから当然関係なくはないと思います。ただ、これに関しても質問者様が大きな会社だからいいか、と思えばそれまでです。
 他の1,4,5に関してはもう質問者様自身の考えとしかいいようがありません。周りの人にわかったらどう思われるかという事なら、それは間違いなくよく思われないでしょう。「あの人の仕事をカバーし...続きを読む

Q扶養の内で働くパートの住民税は??

夫の扶養内で働くパート勤務です(5年目)。
今年初めて私・妻個人宛に住民税の支払い納付書が届きました。
夫も会社で天引きされています。

昨年の私の収入は98万円。パートをはじめてからは最高額ではありますが、103万円を超えないと住民税も発生しない・・・という認識があったので戸惑っています。
ちなみに、社会保険の支払い(雇用保険)は昨年度約6100円です。

払う対象なのでしょうか??

Aベストアンサー

40過ぎの会社員です。

住民税の場合、非課税枠は103万円ではありません。
所得割と均等割でも非課税額が違うという非常に分かりにくい設定になっています。
一般論で言うと、下のサイトが分かりやすいです。http://www.zeirishiblog.com/zeihon/item_11453.html
お住まいの市町村のHPで、住民税を検索してみられると、市町村によっては分かりやすい表があったりもします。
98万だと、市町村によっては住民税がかかることもありえます。

もう一つの可能性は、市町村の誤りですね。
支払納付書には、計算のための内訳が書かれていないでしょうか?
非常にレアケースだそうですが、会社側からの給与報告が誤っていて、市町村からの住民税決定が間違っていたというケースを知っています。
一度、内訳をご確認なさる事をお勧めします。

いずれにしても放置されると、払う意思がないんだ、脱税だと受け取られて、余計なお金まで催促されます。
お住まいの市町村へ、第一期の締め切りまでに、ご相談なさる方がいいですね。

Q結婚後の色々な『手当て』について教えてください

公務員で29歳の私と一般企業のサラリーマンで26歳の彼、今結婚の話をしています。でも、結婚後の彼氏の会社での手当て(住居手当や、結婚手当て等)と、私の手当ての問題で困っています。良い解決策はありませんか?

私は、公務員で今年で社会人7年目の29歳、彼氏は26歳で今年で社会人2年目のサラリーマンです。
付き合って9ヶ月目で、結婚の話もしています。ただ、少しやっかいな問題が出てきました。彼氏の会社では、結婚したら家賃補助が月で最大7万円、結婚手当てが月で1万円。さらに新居の敷金・礼金もだしてもらえるようです。しかし、その条件として結婚相手の年収が本人よりも低いこと。らしいんです。昨年度末の源泉徴収を見ると、私の方が50万円ぐらい上回っていました。なので、今年度末には、彼氏の方が上回って欲しいんです。二人で、今年の1月、2月のお給料を見ても、私の方が上で、このままいくと、今年度末も私のほうが年収が上回ってしまいそうなんです。私の方は、手当ては、家賃補助は出ますが2万7千円までだと聞いたこともありますし、もし産休、育休をとったりしたらその間は補助はでません。彼氏は、今年度末の源泉徴収の時には、私よりも上回るために、残業をしてがんばるといっていますが、残業をマックスがんばって、やっと私の月収と同じぐらいなんです。さらに、ボーナスもおそらく私の方が上なので、かなり厳しい状況です。将来的なことを考えて長い目で見ると、彼氏の方の手当てをもらったほうが良いと思いますが、このままだと私の方が世帯主にならざるを得ない状況です。ちなみに、彼氏の会社の方では、結婚した時点での所得の金額でその手当てがもらえるか、もらえないかが決まるとのこと。途中で、彼氏の所得が上回ったとしても、その時点から手当てをもらえるのは無理だそうです。なので、もし将来私に子どもができて、仕事を続けるの厳しい状況になる可能性もあり、やはり、彼氏が世帯主の方が良いと思っています。彼氏も彼氏の方の手当てが貰える形を望んでいます。かといって、私ももうすぐ30歳なので、彼氏の給料が上がると見込んで、2年も3年も待つのは少しつらいです。何か、良い方法はありませんか?私の給料を何とか減らすしか方法はないんでしょうか?だとしても、どうやって?もし良い方法があれば教えてください。よろしくお願いします。

公務員で29歳の私と一般企業のサラリーマンで26歳の彼、今結婚の話をしています。でも、結婚後の彼氏の会社での手当て(住居手当や、結婚手当て等)と、私の手当ての問題で困っています。良い解決策はありませんか?

私は、公務員で今年で社会人7年目の29歳、彼氏は26歳で今年で社会人2年目のサラリーマンです。
付き合って9ヶ月目で、結婚の話もしています。ただ、少しやっかいな問題が出てきました。彼氏の会社では、結婚したら家賃補助が月で最大7万円、結婚手当てが月で1万円。さらに新居の敷金・礼金もだし...続きを読む

Aベストアンサー

彼の会社の福利厚生はなんだか時代遅れですね・・・いずれなくなるかもよ?

私の会社は1990年代半ばくらいまで、家族手当なるものがあり、妻がいるといくら、子どもが一人でいくら、二人だといくらと数万ずつあったのですね。
当時業界平均から比べると基本給が少なく、これで底上げしていたのです。
保守的な会社なので、社員の妻は専業主婦が圧倒的に多かったですしね。。。

ですが、それじゃ不公平という声が強くなり、そうした手当はなくなりました。
女性社員からだけでなく、独身男性社員からも声があがったのですよ。
当たり前ですね。
妻子がいるってだけで給料が高く、いないと安い・・・アホくさくて優秀な独身社員が辞めて行ってしまったのですね。そのほか、慰安旅行などの補助もなくなり、全社員一律のポイント制の福利厚生となりました。

妻子がいるってだけでもらえる手当なんてのは、いずれなくなりますよ。
それより、質問者様自身が福利厚生がきちんとしている公務員という職にいるのですから、手放す手はありません。
家賃補助なんて無くて普通と考えて、もらえる給料で生活していきましょう。
多くの人はそれでやっています。
目先のことにとらわれて大事なことを見落としていませんか?

そして、あなたの夫となる人は、自分の方が稼ぎが少ないと卑下するような人ですか?
まったくもっそんなことはないはずです。
社会人2年目はこれからなんです。
一方、あなたは今まで働いてきた実績があり、だからこそ産休も育休もとれるのです。
その間の補助が受けられないということぐらいで、手放すのもったいない。
産休や育休が取れる会社に勤めたくても到底かなわない女性も山と居るのですから・・・

まあ、さっさと辞めて後進に道を譲るという道もありますけどね・・・
でも、一度やめてしまったらこのような好条件の職には二度とつけませんよ。

あなたの給料を減らす方法の回答ではありません。
私の回答は、そんな道を選ばない方がいいのでは?ということです。

彼の会社の福利厚生はなんだか時代遅れですね・・・いずれなくなるかもよ?

私の会社は1990年代半ばくらいまで、家族手当なるものがあり、妻がいるといくら、子どもが一人でいくら、二人だといくらと数万ずつあったのですね。
当時業界平均から比べると基本給が少なく、これで底上げしていたのです。
保守的な会社なので、社員の妻は専業主婦が圧倒的に多かったですしね。。。

ですが、それじゃ不公平という声が強くなり、そうした手当はなくなりました。
女性社員からだけでなく、独身男性社員からも声があがっ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング