出産前後の痔にはご注意!

源頼朝は、なぜ伊豆に島流しされてしまったのでしょうか。
何か悪いことでもしたんですか?
知恵のある方教えて下さい。(私が物を知らないだけかも…汗)

A 回答 (3件)

日本史の基本事項ですが、平氏との戦いに負けたからです。


源氏の大将だった義朝の長男ということで本来は処刑されるところ、
頼朝は幼いからということで死罪を免れ、島流しに減刑されたのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます♪
勉強になりました。

お礼日時:2009/01/14 14:44

頼朝が流刑になるまでの経緯(保元の乱・平治の乱)は複雑ですので


簡単なURLを参考にしてください
http://www.os-bell.jp/history/07.php
平治の乱の後
頼朝の母が幼子を連れ清盛に命ごいに行ったとき
母、「常磐御前」のあまりの美しさに清盛は「側室」にする引き換え
に子供の処刑を見逃した、そして自分の子供と一緒に育てた
といわれています、のちに頼朝は流刑義経は鞍馬山へ、清盛は側室のもとに通いつめついに子供まで
作らせてしまいました、しかしこのことが後に平氏の滅亡になるとは
歴史は皮肉ですね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

資料ありがとうございます★
歴史って深いですね。

お礼日時:2009/01/14 14:44

父・兄と共に天皇vs上皇の戦いに参戦し、負けて島流しの刑を受けたのです。


以下URLウィキペディア
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E6%BA%90%E9%A0%BC% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!☆

お礼日時:2009/01/14 14:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Q源義経はなぜ官位を受けてしまったのでしょう

頼朝の許可なく官位を受けてしまったのはなぜでしょうか?ただ単純にうれしくて受けただけでしょうか。また授けた後白河法皇はやはり頼朝と義経の対立をもくろんで授けたのでしょうか。

Aベストアンサー

官位を受けた理由は、義経の理想とする体制にあります。
義経の考える体制は、朝廷の下に貴族がおり、
その下に頼朝以下、義経などの武士が横並びになることです。
なので、その理想体制に一歩近づくことになり、源氏の名誉にもなるため、
義経は喜んで官位をもらったということです。

ちなみに頼朝の理想の体制は、頂点に頼朝がおり、
その下にほかの人がいるというピラミッド型。
この体制を目指して進めているのに義経が勝手に官位を受けていては、
他人を管理することは到底できません。

義経と頼朝の考えの違いは、育ちから来ています。
義経は京都で生まれて育ち、平氏の栄華を見てきました。
そのため、源氏も平氏のようになるべきだと思っていました。
一方、頼朝は子ども時代~40歳まで伊豆におり、関東武士に詳しく、
関東武士は土地を大事にしていることを考慮した統制を考えていました。

と、以上はNHK 『その時歴史が動いた』 で源義経を取り上げたさいに
作家の杉本苑子さんが言っていたことです。
数あるうちの一説としてご理解ください。

また、アニメ 『まんが日本史』 では、
頼朝を支えるのは関東武士で、勝手に官位をもらったら統制できない。
だから、統制のために禁止していたのに義経はそういう事情が
よくわかっていなかったと、軽く解説してました。

官位を受けた理由は、義経の理想とする体制にあります。
義経の考える体制は、朝廷の下に貴族がおり、
その下に頼朝以下、義経などの武士が横並びになることです。
なので、その理想体制に一歩近づくことになり、源氏の名誉にもなるため、
義経は喜んで官位をもらったということです。

ちなみに頼朝の理想の体制は、頂点に頼朝がおり、
その下にほかの人がいるというピラミッド型。
この体制を目指して進めているのに義経が勝手に官位を受けていては、
他人を管理することは到底できません。

義経と...続きを読む

Q★「封建制度」を簡単に説明してください!

★「封建制度」を簡単に説明してください!

世界史の時間によく「封建制度」なる言葉が出てきます。

いろいろと調べてみたのですが、いまいちよくわかりません。

理解力を深めたいので、封建制度を簡単に説明できる方よろしくお願いします!

Aベストアンサー

封建制度とは「封」(封土=土地)を与えて家来を「建てる」と言って、つまりは
「土地をなかだちとしてむすばれた主従関係(しゅじゅうかんけい)にもとづく社会のしくみ。」
のことを言います。
御恩と奉公ですね。
もちろん日本・中国(周)・中世欧で指す封建制度とはそれぞれ少し意味が異なったりしますが、基本的には上記の意味です。

ちなみに対義する言葉は絶対王政や絶対君主制です。

Q清盛はなぜ頼朝、義経を殺さなかったのか?

こんにちは。

結局この二人に一族を絶滅させられた清盛です。
義経に引導を渡されその後は頼朝の追討により根絶やしです。

その前の戦(保元の乱?)の戦後処理でなぜこの二人を殺さなかったのか?
なぜ生かしておいたのか? 
その時期に清盛にはそう言う力が無かったのか?
でもその後でいくらでも出来たはず赤子の手を捻るがごとく。
頼朝のやり方と比較するとあまりにも寛容すぎてバカみたいです。

最高権力を握るほどの人なんだから女(常盤御前)の理由とも想えません。
それとも当時はそのぐらいが普通で頼朝がやり過ぎなのか?

では宜しくお願い致します

Aベストアンサー

 他の方の回答にもありますが,平安時代の日本では長らく死刑が行われておらず,保元の乱で平忠正(清盛の叔父)や源為義(頼朝や義経の祖父)が処刑されたこと自体が,当時の法慣習としてはかなり異例の措置であり,貴族層からも相当の反発があったようです。もっとも,死刑が行われなかったというのは朝廷がやらなかったというだけで,武士団などによる処刑は平然と行われていましたが。
 清盛が,仮に頼朝や義経を始末するとすれば,両人の父・義朝は保元の乱当時清盛の味方だったので,それに続く平治の乱のときということになるでしょうが,幼年期に父親が処刑され,後に子供が成人して力を付けて親の仇を討つというのは,日本の歴史上は源頼朝や義経がまさにリーディングケースであり,清盛としてはそのような事態は想像もできなかったでしょうし,また謀反人の息子とはいえ幼い子供まで殺すというのは,武士の死刑自体にも世論の反発が強かった当時ではさすがに難しかったでしょう。
 もっとも,源平合戦の時代以降,日本では全国各地で武士同士の抗争が続き,成長した子供が親の仇を討つなどというのは珍しいことでもなくなりましたが,それでも子供まで平気で殺すという措置を取るには,あまりにも残虐だという非難を覚悟しなければなりませんでした。
 織田信長のように,残虐だと言われても一切気にしないような人物は,歴史上の人物の中でもかなり稀ですが,その残虐さで知られる織田信長でさえ,敵や謀反人の子供でもさしたる脅威にならないと判断した場合は殺していません。信長の弟・信勝は,二度も謀反を繰り返し最後には謀殺されましたが,その子・信澄は信長に育てられて成人し,明智光秀の娘を娶っています。
 戦国時代の価値観に慣れてしまうと,平清盛の措置は寛容すぎるとも感じられるかもしれませんが,平清盛については,逆に死刑を復活させてライバルの源氏を叩きすぎたため,後に源氏側の怒りを買って平氏の完全滅亡を招いたという見方も存在します。本来は,敵の一族は子供まで皆殺しというやり方自体が異常なのですよ。

 他の方の回答にもありますが,平安時代の日本では長らく死刑が行われておらず,保元の乱で平忠正(清盛の叔父)や源為義(頼朝や義経の祖父)が処刑されたこと自体が,当時の法慣習としてはかなり異例の措置であり,貴族層からも相当の反発があったようです。もっとも,死刑が行われなかったというのは朝廷がやらなかったというだけで,武士団などによる処刑は平然と行われていましたが。
 清盛が,仮に頼朝や義経を始末するとすれば,両人の父・義朝は保元の乱当時清盛の味方だったので,それに続く平治の乱の...続きを読む


人気Q&Aランキング