私はいまの会社に入社してから三年ほど、報酬の名目で給料を受け取っていますが、社長と私だけの小さな会社なので、年末調整をしてもらっていませんでした。(所得税は源泉徴収されています。)本来ならば年末調整をして、住民税も支払わなければならなかったのですが、税金の知識もないので、そのままきてしまいました。ですから、住民税は最低限の金額でした。(月3000円くらい)
それで、今回もし確定申告をするとしたら今までの住民税などの差額分を徴収されてしまったりするのでしょうか。
申告をすれば、所得税はいくらか還付されるとは思うのですが、住民税は増額されてしまいます。
所得税の還付をあきらめれば、確定申告をしなくてもすまされるものなのでしょうか。
また、今後結婚する予定があるのですが、夫の扶養家族になるばあいには、
所得証明など提出する必要があるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ほっ!



 そうだったのですか。なーんだ、ほっとしました(笑)sawasawa様が詳しく書き込んでいますので出る幕ありません。

 私の言った報酬は「事業報酬」のことです。役員報酬は給与ですので、それほど大変なことにはなりません。ご安心を。

 では頑張って申告書完成させてください。税務署は電話でも対応してくれますので、どんどん電話して分からないことは聞きましょう!また、国税局でも受けてくれます。かなし親切ですので、タックスアンサーのコンピュータがしゃべるようなものより、直に電話されても良いかもしれません。
 無料相談窓口03-3821-9080ですので。

 ではでは 良い週末を!
    • good
    • 0

 早速の補足ありがとうございます。


役員報酬でしたか!同族会社の役員報酬の所得の種類は”給与”で大丈夫ですから年末調整の対象になります!同族会社って何かって?法人税法で決まっているものです。会社は法人税の申告してますか?その申告書の別表1(表紙ね)にその区別を書く欄があるので見てみてはいかがでしょう?でも社長と2人だけだったら同族だと思いますよ。

 さて、年末調整が可能ということがわかったので、一安心♪・・じゃないですね、源泉徴収票から作らなくてはなりませんね。過年分もまとめて作ってまとめて市区町村へ提出し、住民税の追徴金をはらうことになると思います。これが本来の正しい手続きで、役所に問い合わせたらそう答えられると思います。
 これはnyoronyoroさん個人といよりもその会社(法人)の義務なんですよね。nyoronyoroさんが脱税だ!ということじゃないです。
 所得税のほうなんですが、気になることが。
毎月のお給料から天引きされてますよね?その天引きした分は会社が納めてますか?納めていないとなると当然税務署から問い合わせがくると思うのですが・・。

 nyoronyoroさんの所得税の還付方法は確定申告か、年末調整になります。
年末調整の時期は過ぎてますが会社が納めてなかったら、年末調整一緒にやって、納める源泉税額を減らして会社がプールしておいた天引き分からnyoronyoroさんに還付すればいいんです。
納期に間に合って納付していたら、個別に確定申告になります。

 ご結婚の予定があるようで。おめでとうございます♪
扶養に入るために所得の証明がいる場合というのはあまりないと思います。自己申告額を信じてくれると思います。

まずすることは
1.会社が源泉所得税を未納(払っていない状態)していないかどうか確認
 過去の納付書を全部見てみてください。だんだん心配になってきたんですが、
会社としては役員報酬を年末調整した少ない金額で納付しているのに、nyoronyoroさんには還付せず、会社のお金にしてしまったりしてないですか?そういうケースを小さい会社で見たことがあります。
2.もし、未納だったらすぐ納める!(罰金つきますから)
3.納めるときに年末調整もしてしまう
4.源泉徴収票を作って、市役所(金額によっては税務署にも)に出す

 umibouzuさんのお友達さんの報酬は事業所得になりますね。おっしゃる通りです。報酬の定義っていうのが”自己の責任において、仕事を完成させる”みたいな感じです。なんとなく、請け負い的なものは報酬になることが多いですね。給与は会社の監督下って感じで。仕事の完成にかかわらず、お金もらえるという感じなんです。SEさんだとどっちもありなんでしょうね。メリットは自分で経費を計上できることです。手間はかかりますけどね。同族会社の役員報酬は特別に給与でやっていいということになっているです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sawawaさん、たいへん丁寧に教えていただき、ありがとうございます!現在、自分で源泉徴収票を作って、確定申告用紙と格闘中です。
たしかにこの会社は同族です。株はすべて社長の親族が持っていますし。
そして、この会社は年末調整は一切していませんから、とりあえず自分で
確定申告すればだいじょうぶということですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/03 12:14

umibouzuです。



beavas様 とても良い意見ですね。

申告とは本当にそういうものです。
税務署とは申告したものについてはまず受領してくれませので安易に還付だなんだと簡単に考えて申告して戻してもらう人もいますが、「これは明らかにおかしい」というものはその後に痛い目に会うものです。なにごとも慎重に判断されて損はないです。

下の質問の内容ですが、報酬という形であればきっと市町村に給与支払報告書は提出してないかもしれませんね。また、報酬では雇用形態によっては事業所得になってしまうではないですか。これだと給与のように安い税金では済まされない話になりますよ。
 それから気になりましたが報酬であれば税務署にも法定調書などで一定額以上であれば提出が義務付けられていますがきっとそれも提出されていないのでしょう。
ちなみに報酬にしたい人はFREEで仕事をされてて(SEなどの人など)、ある程度自己管理が出来て、経費を自分で落としたい場合などです(簡単に言いましたが)。それ以外にもちろんいろんな形態があります。例えば顧問などもそうですね。報酬として払うのが自然な場合です。このような形態でもらう人は家賃やら車、水道光熱費などなど普通の事業者と同じように計算します。ほとんど雇用形態は給与と変わらないでもらっている報酬ではあまり経費もないのでは?そうなると収入に対して半分経費があるかないかだと残りが課税対象になります。そのあと所得控除をしての課税です。通常給与としてもらうよりも税額は多くなるので10%の天引きでも還付になるかどうかは計算しないとわかりません。
 まずは今年分をきちんとしたほうが良いでしょう。

追伸、
 報酬という名目では年末調整ではないのではないでしょうか?以前、友人のSEがほとんど給与者と同じ働きで名目だけ報酬にしてもらっていまして、事業所得で申告していましたよ。そこの会社で給与としてもらっている人もいれば報酬としてもらっている人もいたそうです。仕事内容、勤務体制はまったく同じでです。税務署側に聞けば「それは事業所得」と言われる可能性も無きにしも非ずなような気もしますが。報酬と給与、このように非常に似たり寄ったりなものもあります。まず、「なぜ、報酬名義にしたのか」その辺をきちんと明確にされてどちら(給与、事業)で申告すべきか判断されてはどうでしょう。場合によってはぜんぜん違う税額になりますので。ご注意ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

umibouzuさんありがとうございます。
給与と報酬、調べてみて期日までに申告してこようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/01 22:43

去年(平成12年)の分だけ正直に申告されては如何でしょうか?


(※勿論、この考えが正しいとは私自身も思いませんが、もうこの際仕方無いのでは?)
あまり悪質ですと、個人でもさかのぼって徴収される場合が有りますので。「雉も鳴かずば撃たれまい~」の言葉もありますが、やはり社会人としては本人の自覚も有ることですので申告すべきでしょう。先の2年分は(こっちで勝手に)マケてもらうということで。勿論、住民税は上がりますがこれは仕方の無いことです。
ハッキリ言って何もしないのも本人のご勝手ですが、やはり良識ある人ならば申告しましょう。損得で考えてはいけません。
結婚後ですが、専業主婦として扶養される場合は所得がありませんので、当然何の書類も要りません。所得が有る場合は勤め先から源泉徴収票(給与支払報告書)を発行してもらい、ご主人の年末調整の際、貼付しましょう。(本人の所得によって扶養控除や、そもそも扶養になるか等色々ありますが、今回は説明を省きます)

それと、邪心からですが私が気になるのは、
>(所得税は源泉徴収されています。)
と言う点です。徴収された所得税は本当に税務署に納付しているのですか?
よく考えればこの辺からすごくおかしなお話ですよ。
これは、本件とは違うことですのであまりツッコミませんが、重要なことですよ。

尚、umibouzuさんがおっしゃる様に、確定申告すれば別途市役所に申告する必要はありません。
    • good
    • 0

報酬の名目の、お給料ですよね?もらっている源泉徴収票には


”給与所得の源泉徴収票”って書いてありますよね?もし
違ったら補足してくださいね。違わなかったら無視してくださいね♪

この回答への補足

回答ありがとうございます。
社長もなんだかわかっていないようで、源泉徴収票の書き方もよくわからないようです・・・。会社の12年度分の確定申告書を見てみたら、私の報酬は役員報酬手当となっているようです。あくまでも、名目上の役員であり、通常の従業員として働いています。
しかも、実際もらっているものよりも多く計上されているようです。
源泉徴収票も私が書かなくてはいけないようです。
どうしたら良いのかわかりません。
アドバイスお願いいたします。

補足日時:2001/03/01 16:36
    • good
    • 0

補足回答です。



 確定申告すれば住民税は申告不要です。確定申告書の数字が市町村のほうへ回りますので。そのために申告書の左下の方に「特別徴収・普通徴収」の選択の欄があります。一応、参考までに。

 過年度分の調整は、所得税において修正されれば当然、市町村のほうも自動的に追徴されてきます。が、今年度分だけの申告でいままでの(過年度分)の追徴をされるようなことはないのでは?ただ3年分の調整を確定申告書で提出すればその分は市町村にも回ると思いますので当然追徴になるような気もします。何年も前の過年度分につきましてはあまり自信がありませんが、例えば昨年分の申告を更生・修正したことはありますので。その場合は増えれば追徴、減れば還付されてきましたよ。当然でのことですが。

 あえて市町村のほうへ出向くパターンとましては年末調整後に税額がまだあり、確定申告要件の控除があった場合で、しかもその控除を考慮に入れ税額計算したらゼロだった場合、当然残りの還付が受けられますよね。その場合は申告しますので自動で市町村へ回りますから良いのですが、源泉徴収票上ゼロの所得税で、しかも使いきらなかった確定申告要件の控除(寄付金控除、雑損控除、医療費控除)があった場合、確定申告はいちいちしませんね?返ってくる所得税がないわけですから。だけど、市町村へは給与支払い者から源泉徴収票しか回っていないわけで、その申告要件控除が考慮されていないので。このような場合は住民税においては出向いていくとさらに安くなることがまれにあるのです。というのは住民税の控除の計算上、所得控除金額が所得税より多少少ないからです。基礎控除も所得税は38万円、住民税は33万円など。そうなると所得税上は税額ゼロでも住民税上は税額が出てしまっているので、その申告要件控除を考慮できる場合があるわけです。これはボーダーの場合ですが。一応参考までに。

 また、結婚後所得がなければ特に所得証明はひつようないと思います。ぎりぎりであったりした場合はあるにこしたことはありませんが。勤めていれば源泉徴収票で事足りるわけですし、過年度分は関係ないのでは?その年度に勤めていれば、源泉徴収票や給与支払い明細で扶養の限度を超えてなければ扶養になれます。いちいち提出はしません。

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。給与支払者から市町村へ源泉徴収票がまわっているものなのでしょうか?だとしたら、その分の住民税が課税されているはずなのに、最低限の月3000円しかこないというのは、どういうことでしょう?まちがいなくそれ以上の所得はあったはずなのです。
なにしろ、社長もわからないので、私もどうしたらよいかわからないのです。自分で源泉徴収票をかかないと・・・。

補足日時:2001/03/01 16:37
    • good
    • 0

少し整理しましょう。


所得税は税務署、
住民税は市町村役場(区役所など)の管轄です。
さらに、確定申告は所得税の調整をすることです。

住民税は会社から市町村役場(区役所など)に源泉徴収票を送付し、
その所得金額によって決定されます。

上記手続きによって住民税を支払っていたのであれば問題ありません。

しかし、年末調整をしていないので源泉徴収票が市町村役場(区役所など)に
届いていないためnyoronyoroさんの所得金額が通知されていません。

確定申告をしたからといって住民税を徴収されることはないので、
確定申告をした後で確定申告書を持って市町村役場(区役所など)で
住民税の手続きをすることになります。

所得証明については確定申告時に提出を求められる場合があります。

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。
年末調整はしていません。住民税は多分最低限の金額だったと思います。

補足日時:2001/03/01 16:37
    • good
    • 0

確定申告をすれば、当然住民税は徴収されると思います。


法律的には、確定申告をしてちゃんと支払わないと、違法なのではないでしょうか?大げさに言えば、脱税ですよね?
扶養家族になる場合の所得証明の件ですが、会社によって必要なところと、自己申告で済むところがあると思いますが、自己申告でも、後々、ばれてしまうのではないでしょうか?
私は、ちゃんと確定申告して、ちゃんと、税金類は支払っていますが… あとは良心の問題でしょうか?
参考になるか分かりませんが…

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。
自分自身いままで給与所得者なので確定申告なんて縁のないものと
思っていましたので、脱税をしているという意識はありませんでした。

補足日時:2001/03/01 16:38
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCSSの変更(?)点を教えてください

自分のホームページに

【Beautiful CSS buttons with icon set】

http://woork.blogspot.com/2008/06/beautiful-css-buttons-with-icon-set.html

というのを使ってみたいと思ってやってみました。
うまくできたのですが、縦並びではなく横並びにしたいと思ってやってみると、どうにもうまくいきません。

まだまだ初心者でよくわからないのですが、
CSS内の
「display:block ;」
をいじればいいのかと思いやってみましたが、はずしてしまったり「inline」にしてしまうと、きれいに表示されなくなってしまいました。

どうしたらきちんと表示されるまま、横並びのボタンにすることができるでしょうか?

Aベストアンサー

ul要素を使ってみてください。

<style type="text/css">

#NAV:after {
content:".";
visibility:hidden;
display:block;
height:0;
clear:both;
}

#NAV {
height:1%;
overflow:hidden !important;
overflow:visible;
/*/*//*\*//*/ display:inline-table; /* */
list-style:none;
}


#NAV li {
float:left;
}


</style>

<ul id="NAV">
<li>メニュー1</li><!--
--><li>メニュー2</li><!--
--><li>メニュー3</li><!--
--><li>メニュー4</li>
</ul>

このメニュー1、メニュー2...の中にaとspanを入れてやればできると思います。

ul要素を使ってみてください。

<style type="text/css">

#NAV:after {
content:".";
visibility:hidden;
display:block;
height:0;
clear:both;
}

#NAV {
height:1%;
overflow:hidden !important;
overflow:visible;
/*/*//*\*//*/ display:inline-table; /* */
list-style:none;
}


#NAV li {
float:left;
}


</style>

<ul id="NAV">
<li>メニュー1</li><!--
--><li>メニュー2</li><!--
--><li>メニュー3</li><!--
--...続きを読む

Q所得税と住民税の還付申告について

6年間、会社に年末調整を提出していましたが、去年の年末で退社しました。
現在新しい職場で働いてそこで母を扶養(税と社会保険)にいれました。
そこで最近、前職で母親を退職する最後の一年間だけ扶養に入れた時、それ以前(5年前まで?)の更正手続きをすれば、消費税と住民税が還付されると聞きました。
全くの無知で、それを聞いたときちゃんと調べもせず放っておいたのですが、この還付申告?は確定申告の時期でないと受け付けて貰えないのでしょうか?
前職で貰った源泉徴収票は退職後破棄してしまって無いのですが、この場合諦めるしかないでしょうか?
分からないことだらけですみませんが、仕事が土日のみしか休みでなく、電話をかける暇がないのでここで質問してみました。

Aベストアンサー

1 源泉徴収票は必須ですから、職場で再発行してもらいます。
2 更正手続きではなく、確定申告書の提出をします。
  期限後申告書になりますが、還付請求なので加算税等は心配無用。
3 確定申告時期は税務署が、納税者が沢山くるために人員配置をしてる時期です。
  その時期に税務署に行かないと申告書が提出できないわけではありません。
4 還付金の発生する申告書でしたら、平成23年24年25年26年27年分の申告書が受付されます。
  平成22年分は平成27年12月31日が提出期限です。
  本回答をつけてる平成28年では、税務署では受理してくれません。還付請求権が時効消滅してるからです。

消費税の還付はないですよ。
会社員で年末調整を受けてる立場の方で消費税の課税事業者になっている方はいますが、ご質問者がそうではないようですし、扶養親族が増えることでは消費税の納税額に異動はないからです。

住民税は所得税に連動して納めすぎは還付されます。

なお、一日中パソコンにお向かいになって回答されてるベテランさんらしくない記述がありますので、訂正しておきます。
らしくない記述「法定申告期限から5年以内ならいつでもどうぞ。」
この方が正しい「還付金を請求する申告書は、翌年1月1日から5年間提出できる」。

法定申告期限は翌年3月15日ですので、そこから5年間は還付請求ができると思ってると、上に述べたように「提出できるのは年末までだった」と残念な結果になってしまいます。
納税額の出る申告書の提出期間と還付金の出る申告書の提出期間は違いますから要注意です。

1 源泉徴収票は必須ですから、職場で再発行してもらいます。
2 更正手続きではなく、確定申告書の提出をします。
  期限後申告書になりますが、還付請求なので加算税等は心配無用。
3 確定申告時期は税務署が、納税者が沢山くるために人員配置をしてる時期です。
  その時期に税務署に行かないと申告書が提出できないわけではありません。
4 還付金の発生する申告書でしたら、平成23年24年25年26年27年分の申告書が受付されます。
  平成22年分は平成27年12月31日が提出期限です...続きを読む

QW3CのHTML結果とCSS結果の問題点を改善策を教えてください。

W3CのHTML結果とCSS結果の問題点を改善策を教えてください。

●HTML結果

ワーニングが1個になりました。UTF-8を使ったら駄目ということですか???

Passed, 1 warning(s)

Using Direct Input mode: UTF-8 character encoding assumed
Unlike the “by URI” and “by File Upload” modes,
the “Direct Input” mode of the validator provides validated content in the form of characters pasted or typed in the validator's form field.
This will automatically make the data UTF-8,
and therefore the validator does not need to determine the character encoding of your document,
and will ignore any charset information specified.
If you notice a discrepancy in detected character encoding between the the “Direct Input” mode and other validator modes,
this is likely to be the reason. It is neither a bug in the validator, nor in your document.

●CSS結果

警告が5個出ました。
下記のエラーの改善策がわかりません。助けてください。

ul#topmenu li

In (x)HTML+CSS, floated elements need to have a width declared.
Only elements with an intrinsic width (html, img, input, textarea, select, or object) are not affected


●CSS
ul#topmenu li a{display: block;
width: 120px;
line-height: 30px;
text-decoration: none;
text-align: center;
color: #ffffff;
background-color: #005087;
background-image: url(rollover.png);
border-right: solid 1px #ffffff}

W3CのHTML結果とCSS結果の問題点を改善策を教えてください。

●HTML結果

ワーニングが1個になりました。UTF-8を使ったら駄目ということですか???

Passed, 1 warning(s)

Using Direct Input mode: UTF-8 character encoding assumed
Unlike the “by URI” and “by File Upload” modes,
the “Direct Input” mode of the validator provides validated content in the form of characters pasted or typed in the validator's form field.
This will automatically make the data UTF-8,
and t...続きを読む

Aベストアンサー

HTMLに関してはよくわかりません。
「It is neither a bug in the validator, nor in your document. 」
とあるので、ValidationServiceのバグでもないし、HTMLのバグでもない、つまり気にする必要がないということではないでしょうか(よくわかりません、nerther A nor BはAでもBでもどちらでもないという意味ですので…)

CSSに関してはわかります。
floatを指定している要素には必ずwidthを指定しなければいけないという意味です。ただしinput等は例外。
ul#topmenu liにfloatを指定しているのでしたら、ul#topmenu liにwidthを指定しなければいけません。質問内容に書かれているのはul#topmenu liではなくul#topmenu li aですね。

HTMLの文法チェッカーでしたらHTML-lintも使ってみてください(両方使うといいです)

Q過去の所得税還付申告の後、住民税は戻りますか?

過去の所得税還付申告の後、住民税は戻りますか?

お世話になります。いくつかの質問を見たのですが、自分とちょうど当てはまるようなものを見つけることができず、質問させていただきます。
会社勤めではなく個人で仕事をしています。年収は200万程度です。
ずっと確定申告で所得税を還付してもらっていたのですが、訳あって過去6年ほど確定申告をしていませんでした。
この度過去に溯って(5年分しかダメと言われたので全部ではありませんが)確定申告をし、それまでの所得税が還付されました。

確定申告をしていなかった期間は当然収入=所得と見なされ、私にとっては莫大な住民税を支払っていました。
年によってばらつきはありますが、毎年おおよそ16~17万です。
確定申告をしていた時は確か年額2~3万でした。
平成17年くらいに税制が変わり、住民税が高くなったと思いますが、やはり確定申告をしていなかったせいで高かったのですよね。

そこで質問なのですが、今回所得税の還付申告をしたことにより、過去の住民税も戻ってくる可能性はあるのでしょうか?
あるとしたら、何か別の手続きが必要なのでしょうか。
毎年一回行う確定申告では、同時に住民税に関する手続きは必要なかったと思いますが、それは申告した所得によって「これから払う住民税額」を決めていたと思うので、今回のように過去5年分まとめて確定申告した場合「すでに払ってしまった住民税」が減額されたり、返ってきたりすることがあるのかどうか、教えていただければ幸いです。
同じように国民健康保険料も高かったですが・・・こちらは税務署ではないですし、還付されることはないのだろうな・・と訳もなく思っています。

長くなってしまって申し訳ありません。どうぞよろしくお願いいたします。

過去の所得税還付申告の後、住民税は戻りますか?

お世話になります。いくつかの質問を見たのですが、自分とちょうど当てはまるようなものを見つけることができず、質問させていただきます。
会社勤めではなく個人で仕事をしています。年収は200万程度です。
ずっと確定申告で所得税を還付してもらっていたのですが、訳あって過去6年ほど確定申告をしていませんでした。
この度過去に溯って(5年分しかダメと言われたので全部ではありませんが)確定申告をし、それまでの所得税が還付されました。

確定...続きを読む

Aベストアンサー

確定申告書って1枚目が税務署用で
所得税の計算に。
2枚目が役所に回って住民税の計算に。
3枚目が本人控えです。

ですので確定申告すれば自動的に住民
税も再計算されます。
安心して下さい。

当然国保料も再計算されます。

じゃないと、kuronigaさんはたまたま
税金が安くなりますが、逆に税金が高
くなる人はわざと安く確定申告して
あとから修正するかもしれませんよ。
それが反映されないとなったら役所は
国保税、住民税取り損です。

だから確定申告と住民税は連動してい
るんです。所得をベースに計算される
国保も連動しますから安心してください。

Qcssファイルがダウンロードできてしまう・・・

cssを外部ファイルに置いて、http://○○○.com/css/index.cssのようにしているのですが、以下の問題が発生しています。

■http://○○○.com/css/index.cssでcssファイルがダウンロードできてしまう。
■cssファイルがYahoo検索エンジンにインデックスとして大量に登録されてしまう。

上記の2点の問題で非常に困っています。htaccessに

 <Files ~ "\.css$">deny from all</Files>

と記述しましたが、これではサイトにアクセスするとcssを読み込まずにレイアウトが総崩れしてしまいます。
どのように記述すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

>■http://○○○.com/css/index.cssでcssファイルがダウンロードできてしまう。
この件への対処は不可能です。
何故なら、CSSファイルに設定したレイアウトが反映されることが、次の仕組みに寄っているため。
 1.WebブラウザがHTMLファイルとCSSファイルの双方をダウンロード。
 2.Webブラウザが内部でHTMLとCSSを合成することで、レイアウトが適用された画面を作成する。

このように、
CSSファイルのダウンロードを禁止することは、CSSの仕組みに違反するため、対処は不可能です。

■cssファイルがYahoo検索エンジンにインデックスとして大量に登録されてしまう。
参考URL:「Yahoo!JAPAN サイト管理者向けヘルプ」
【robots.txtで登録拒否をするには】
の対処を行ってください。

参考URL:http://help.yahoo.co.jp/help/jp/search/indexing/indexing-12.html

Q住民税が3倍以上に!!年末調整で還付されるのでしょうか?

会社の異動手当てにより、H18年度の給与所得が通常年と比較し、100万程増加しました。
そして、本日いただいた6月度の給与明細書を見ると、びっくり!
前月度と比較し、なんと3倍以上になっておりました。
住民税の計算シミュレーションを行ってみると、おかしくはない数字だと冷静さを取り戻したものの、一時的に所得が増えた年度を対象に本年度の納付額が決定するのは納得がいきません。
H19年度の給与所得は、H17年度と同等くらいになると思ってます。
その場合、H18年度の年収は異常値だという判断で年末調整で還付されるのでしょうか?
ちなみに、
07年05月度(又はそれ以前)は一律10,800円
07年06月度の住民税は31,800円
07年06月度以降は、30,700円とのことです。
とほほ・・・。

どうぞご回答のほどよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

住民税は社会保険とは違います。年収が増えたらから増えたままのっ水準で課税されるわけではありません。昨年の総収入額の10%が払う税金の額です(均等割りもあるので10%+αですけどね)。
100万収入が増えたら10万払う。それだけのことです。
今年の収入が減るなら来年の住民税も減りますよ。
年末調整で還付されるのは、毎月源泉徴収をされていると思いますが、それによって払いすぎた税金が還付されるのです。住民税のように、前年度の所得が確定したあとでそれにかかる税金は決定事項であり還付といった類のことはありえません。

今年は定率減税が廃止になったことと所得税から住民税への財源を移すことによって、住民税が格段に上がっています。
ちょっとびっくりしますよね

QCSS3について

CSS3について初歩的というか、本当にお恥ずかしい質問を何点かさせてください。

自分で調べてみても初歩的すぎて(常識すぎて)わかりませんでした。

1、自分はHTML4.01とCSS2.1しか使ったことがないのですが、CSS3はHTML4.01にも使えるのでしょうか??(よく「HTML5&CSS3」という名目で本が並んでいるので、、、)CSS3とHTML4.01の組み合わせは一般的でなかったりするのでしょうか?

2、CSSファイルの頭に記述する文字コード?の「@charset "UTF-8";」、また、拡張子は「.css 」のままですか?もしそうなら、CSS3の文法さえ守っていさえすればCSS3ということでしょうか?

3、htmlに外部ファイルとしてリンクさせる場合の記述もCSS2.1と同じなのでしょうか?

質問がまとまってなくてすいません。どなたか教えていただけないでしょうか??
宜しくお願いいたします!

Aベストアンサー

1. ブラウザが、その指定に対応しているかいなかの問題で、HTMLとCSSのバージョンには関係ありません。HTML2で書かれたものでもCSS4でデザインできます。
2. @charsetは、HTMLのmetaと同様、実際に書かれている文字コードとあわせます。基本はHTMLともあわせたほうが安心です。
 Windowsじゃあるまいし、拡張子は一切関係ありません。.cgiだろうが、htmlだろうが関係ないです。HTTP応答ヘッダで指定されていればそれに従います。CGIから、content-type:text/csssと出力させても良いし、.htaccessで指定しても良い。
3. CSS3ではmediaqueryの機能が追加されましたから、必要ならそれが使える。

Q一時所得の住民税の払い方が 分かりません〜 一時所得が有って確定申告をし、所得税を3月に国に収めまし

一時所得の住民税の払い方が
分かりません〜
一時所得が有って確定申告をし、所得税を3月に国に収めました、引き続き住民税を市の方に所得税を払うらしいが、手順や申告要領が分かりません、手順を教えてください。

Aベストアンサー

結論から言えば、そろそろです。

確定申告時に納税方法を選ぶ箇所が
あります。

確定申告書の第二表の右下をご覧下さい。
給与から差引き・・・①
自分で納付・・・・・②
という選択肢があります。

どちらを選んでますか?
①を選んだ場合は、6月の給与から
前年の給与所得の分の住民税とともに
12分割されて、天引きされます。
そろそろ納税通知書が勤め先経由で
配布されます。それに税額が反映
されているはずです。

②を選んだ場合は、6月中旬に
納税通知書と振込用紙が郵送されて
きます。
この場合は、一時所得分は給与所得
とは別に納税することになります。

どちらも選んでいない場合は、
①になります。
※納税額が高額の場合、例外があります。

まず、確定申告書の選択を確認
①の納税通知書をみて確認
してみてください。

いかがでしょう?

Qcssのリンクをimport.cssに書きかえれないです!(@dreamweaver)

はじめまして。
今ある
<link href="style.css" rel="stylesheet" type="text/css" />

common/import.cssをリンクし、
<link href="/common/import.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
に変更したいのですが、なぜかできません><

ちなみにimport.cssの中身は

@charset "shift_jis";
@import "/common/css/base.css";
@import "/common/css/contents.css";
@import "/common/css/right.css";

このような感じです。
ためしにcommon.cssにいろいろ書いたところ、反映されたので、common.cssそのものは参照できていると思うのですが・・・

ご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

import.cssの中の記述もcommonがあるのですが、例えばhtmlからlinkでbase.cssを読み込むと

<link href="/common/common/css/base.css" rel="stylesheet" type="text/css" />

という風にcommonというディレクトリの中にもう一つcommonというディレクトリが必要になりますよ?
import.cssのある位置からの相対的なパスなので、多分

@charset "shift_jis";
@import "/css/base.css";
@import "/css/contents.css";
@import "/css/right.css";

になるのではないでしょうか。

Q還付申告したら住民税を追加徴収された?

こんばんは。
平成17年に正社員を辞めたのですが、その時の源泉が今になって
出てきて、年末調整をしていなかったので、先日税務署で
還付申告をしてきました。

そこで、正社員を辞めた後すぐ始めたアルバイトでの源泉も
ついでに持って行ったところ、
年末調整されていないことが判明しました。
(年末調整すると明言していたし、書類も提出していたので
どうしてされていないのかわかりません。)

17年度は、正社員の給与の他、アルバイトでも40万ほどの
収入があったので、それも併せた額での還付申告となり、最初に
計算していた金額よりも還付額が減って内心がっかりしていました。

それはまぁ良かったのですが、先ほど、当時住んでいた区より
住民税の支払い通知書が届きました。18年度分と書かれていたので、
還付申告をしたことによって追加課税されたのかなと思ったのですが
そうなのでしょうか?ただ、どうしてアルバイト先での収入が
17年の収入としてカウントされていなかったのかが
よくわかりません。年末調整されていなかったからなのでしょうか。
でも調整されていないのは正社員の給与も一緒ですし。

それにしても、1万円以上も余計に今更徴収されるなんて・・・
しかも、それを差し引きしたら、還付申告で還付される額と
プラスマイナスほとんどゼロです。そんなものなんでしょうか?
こんな面倒なら申告しなければ良かったとすら思ってしまいます。

こんばんは。
平成17年に正社員を辞めたのですが、その時の源泉が今になって
出てきて、年末調整をしていなかったので、先日税務署で
還付申告をしてきました。

そこで、正社員を辞めた後すぐ始めたアルバイトでの源泉も
ついでに持って行ったところ、
年末調整されていないことが判明しました。
(年末調整すると明言していたし、書類も提出していたので
どうしてされていないのかわかりません。)

17年度は、正社員の給与の他、アルバイトでも40万ほどの
収入があったので、それも併せた額での還...続きを読む

Aベストアンサー

年末調整は、1年間の所得を確定し所得税を再計算し、それまでに源泉徴収された所得税と過不足を出し、12月の給料で還付もしくは追徴するものです。
ですから、貴方のように退職し、また、勤めるようになった場合は、通常、退職した会社の源泉徴収票をアルバイト先に提出し、そこで2つの給与収入を合算し、所得税額を確定する年末調整を行います。
ですので、正社員だった会社の分が年末調整されなくて、アルバイト先の分だけ年末調整すること自体普通ありません。

同時に2つ以上の会社で働いていた場合は、主たる給与をもらうところで年末調整し、それ以外の会社では年末調整しませんので、確定申告が必要になります。

でも、これは貴方が確定申告したので問題ありませんが、参考までに。

役所は、給与の場合、会社から提出される「給与支払報告書」によって、貴方の収入、所得を把握し、住民税を課税します。
ですので、通常は年末調整あるなしに関係なく、また、貴方が確定申告するしないにかかわらず、貴方のすべての収入所得を把握できますし、それに対して課税します。

しかし、今回貴方が申告したら課税通知(18年度分)がきたということは、たぶん、アルバイト先の「給与支払報告書」が役所に出されていなかったのだと思われます。
確定申告しなければ、課税されなかったということでしょうね。
しかし、その分貴方は所得があったんですから、納めなくてはいけません。
プラマイ0ならよし、とするしかないですね。

年末調整は、1年間の所得を確定し所得税を再計算し、それまでに源泉徴収された所得税と過不足を出し、12月の給料で還付もしくは追徴するものです。
ですから、貴方のように退職し、また、勤めるようになった場合は、通常、退職した会社の源泉徴収票をアルバイト先に提出し、そこで2つの給与収入を合算し、所得税額を確定する年末調整を行います。
ですので、正社員だった会社の分が年末調整されなくて、アルバイト先の分だけ年末調整すること自体普通ありません。

同時に2つ以上の会社で働いていた場合...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報