痔になりやすい生活習慣とは?

着脱、脱着の違いを教えてください。
着脱は衣服や物を付けたり外したりで、脱着は物が剥がれたり、くっついたり(吸着、離脱)と思っています。
広辞苑では着脱も脱着も同じような意味に書いてあります。
他の辞書では脱着はありません。
以上よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

前者は普通の言葉ですが、


脱着は工業の機械分野の準専門用語(製造現場用語jargon)です。
脱着可能とか自在mountable,removable
といった複合語としての使用頻度が高い。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/19 09:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「装着」の反対語は?

「装着」の反対語は「外す」
だと思うんですが、その「外す」を難しい言葉でいうとなんですか??
教えてください!

Aベストアンサー

難しい言葉って何?

私、ほんと毎日「ことばって難しいな」って思います。
外すって難しい言葉だよなぁ・・・。
・・・


というのはともかく「装着」の同義語は
・つける
・接着
・くっつける
・ひっつける
・取り付け
・マウント
ですね。
これらの反対の意味を一言で表せればそれが「反義語」ということになります。

ということで、これを一言で言うと「はずす」ということになりそうですが、それはあなたのいう「難しい言葉」にはなりそうもないので、いいかえると

・剥離
・撤廃
・除去
・除外
・削除
・排除
・撤収

ってのもありですね。感覚的には?ですが。

参考URL:http://www.gengokk.co.jp/thesaurus/

Q装着の反対語って?

装着の反対語はなんですか?
着脱じゃないし…
調べたんですがわかりませんでした。
お分かりになる方おしえてください!

Aベストアンサー

はじめまして!
装着=部品などを取り付けること
反対の言葉としては、「取り外す」「脱着」←国語辞典には無いですね。
意味合いとしては、「取り外す」「取り外し」が良いかと思います。
ご参考まで

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q『衣装を着用する』の『着用』の反対語は?

『衣装を着用する』の『着用』の反対語は?
『脱衣』なんか、意味としては近いと思いますが、『衣装を脱衣する』
とは、あまり言わないと思います。
 どうぞ、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 通常は、『衣装を脱ぐ』、『衣装を着る』であって、仰せのように『衣装を脱衣する』も、『衣装を着衣する』もいう筈がないのではありませんか。
 『衣装を脱ぐ』、『衣装を着る』から、『衣装の着脱』や、『衣装を着脱する』という表現がでてきているのではありませんか。

 確かに着用ということばがあり、『着用の衣装』という言い方は自然でもあり、『『衣装を着用する』という表現がないわけでもないが、『一張羅を着こんで、』というような、『一張羅を着用に及び、』という表現では使うかもしれませんね。
 そういうことに対応した、『脱ぐ』という場合がどうも、想定が出来ませんね。
 知識欲か単なる疑問ではなく、『困った』マークですので、そのご事情も付加していただくと、お尋ねの言葉を探せるかと存じます。

 私たちは『解脱』という言葉を持っています。これを『げだつ』とよめば、いうまでもなく、『liberation』、『emancipation』、或いは『deliveration』でしょう。
 そういう宗教性や思想性の中からの用語としてではない、ことばとしてつかうのであれば、同じ『解脱』ということばを『かいだつ』と読み、仰せの意味のことばとすることもかんがえられないでしょうか。
 ちなみに私たちは、雨月でも、山月記でも、聊斎志異などで、それぞれの動物の服を着脱する、話があります。そして征服などのことばもあります。
 一定の仏教思想でも、人間の服を脱ぐことを、呉音でしょうか、『げだつ』といってその字が『解脱』なのです。
 なれば仏教の呉音でない、『かいだつ』と読む『解脱』があっても悪いことでもありますまい。
 しかし、一般の馴染がないから、当面はルビを振るか、括弧で読みをつけるか、頭註か脚註、或いは文末註やなどでご理解をお願いするより仕方ありますまい。
 なにせ、宗教用語の『解脱:げだつ』が先行している経緯ですから。
 『着脱』の着用に対応した『脱ぐ』という意味の言葉をどうしても必要だという場面が思い浮かべば、また皆様のご回答もあるのではないでしょうか。
 単に疑問とか知識欲、或いは議論ではなく。(或いは、余計なことでしょうが)

 通常は、『衣装を脱ぐ』、『衣装を着る』であって、仰せのように『衣装を脱衣する』も、『衣装を着衣する』もいう筈がないのではありませんか。
 『衣装を脱ぐ』、『衣装を着る』から、『衣装の着脱』や、『衣装を着脱する』という表現がでてきているのではありませんか。

 確かに着用ということばがあり、『着用の衣装』という言い方は自然でもあり、『『衣装を着用する』という表現がないわけでもないが、『一張羅を着こんで、』というような、『一張羅を着用に及び、』という表現では使うかもしれませ...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング