アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

スキーは、昔からやっているのですが、どうしても、コブだけが、スムーズに滑れません。 斜度があると、少しずつ進むのがやっとです。 どうやれば、滑れるようになるのか、又、どんな感じで滑っているのか、教えていただければ、幸いに思います。  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

#4です。


Circuit C5.2ですと基礎系の上級オールラウンドモデル、テールの幅は98mm(たぶん^^;)でしょうから最近の板から見ればコブも滑り易い方と思います。

コブにも色々な滑り方があります。またライン取りも様々です。脚力のある人・ない人。人によっても得意な滑り方があります。モーグル系、バンク、ノーマルだったり。アドバイスも十人十色。
しかし板、斜度、雪質、コブの深さに適した滑り方というのはあります。アドバイスも基本的な部分は同じです。

>後ろの板が、引っかかってしまい、バランスを崩してしまうので、止まらざる終えない感じです。谷の間を、右、左と通っていますし・・・
>”コブの上と谷を縫うライン取りです”

→まず、谷→谷は斜度のない場合、コブが浅い場合、高速系の滑りです。主にモーグル系や超上級スキーヤー向きです。
→コブの上と谷は斜度のない場合、コブが浅い場合向きです。

注)ここでは【“斜度がありコブは深め”】に適したライン取りの説明です。雪質は中間的、技術は2級レベル位、基礎系の人向きに話をします(1級は全斜面攻略レベル)
まずはやや難度を下げた斜面から徐々に練習していって下さい。

「後ろの板が引っかかる」というのは身体の真下で操作できない(中心に乗れていない)これでは溝を滑れば必ず引っ掛かります。スキーのトップが浮き上がり、次の操作が出来ません(次のコブに向かえない)
<#4~の補足>
★ヒザをぴったりつける位にして両スキーを1本の板のように扱いバラけないようにします。モーグルスキーヤー、超上級者はそうです。
★滑るラインを決めましょう。上級者だと6~7個先のコブまで見てラインを決めていますが、まずは4~5個先を見ましょう。ラインを決めることが重要です。
★この斜面では山→谷,谷→谷はやめましょう。腹→谷(溝)→腹がいいです。
★テールが引っ掛かる(身体が遅れている→恐怖心もある)
急斜面になればなるほど上体をフォールラインに向かって早く落とし込まないとダメです。怖がらずに!!
★★★“スキーのトップの先落としを練習して下さい”。ストックを回転軸にコブの腹(ターン前半/山側の腹)をヒザを抱え込みながら回り込む→次に(ターン後半/谷側の腹から溝へ向かう)ヒザを伸ばしながらスキートップを先に落とし込み(このとき腰を前に突き出す位にしてスキーのテールをおもいっきり持ち上げる)、トップは絶対浮かさないこと!
これによりトップが早く次の斜面(溝から次のコブの腹)を捕らえられます。テールは当然引っ掛かりません。スムーズにターンが連続出来る筈です。身体が遅れないようにする練習です。

※(ターン前半/山側の腹)はヒザを抱え込む、(ターン後半/谷側の腹から溝へ向かう)はヒザを伸ばして早くスキーのトップを落とすことで顔の位置の上下動が少なくなります。

前回(#4)での腹を削るようにスキーをズラす(いわゆるスキーを横に向ける)というのも急斜面のコブで身体が遅れないようにスピードをコントロールするのに必要な技術です。

この回答への補足

斜度があるほうが(30何度とか)簡単だと思い、無いほうが、難しいと感じたのは、私だけでしょうか?

補足日時:2009/01/20 18:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

【追伸】まだゆっくりとですが、コブ滑れるようになりました(^^
横滑りは、慣れるのに時間がかかりました。 結果的に、回り込むような形(大回りみたいにでは無く、小回りみたいに、行くのですが、ストックを基準に~ということです。)で、1つ1つクリアしていく感じになりました。ですから、小回りの応用みたいな物だと捉えていますし、そのようにして出来たと感じています。
ですが、まだ、出来初めですので、次の参考にさせていただきますね(^^
次の課題は、スピードのコントロール(斜面が平のコブのほうが、スピードが出てしまい、制御ができなかったため)、下半身の強化、スピードUPが、次の課題だと思います。

お礼日時:2009/01/20 18:32

4番さんの方は、色んなパタンを熟知されているようですね♪ コブの滑り方は10人10色です、自分の体力筋力・・・などに合わせてお楽しみ下さい。

 また、コブに入る前にウエーブコースが有ったら直滑降でコブの抱え込みでコブを吸収下半身だけが上下、頭が直線上になる練習と、ウエーブに合わせて膝の抱え込みと膝を振って見てください(膝を廻す感じ慣れてくると振ってる感じになってくると思います)私の感覚ではコブは波長の短いウエーブを滑ってる感覚です。

>"初めはゆっくりコブの横腹から谷へかけて左右同時操作で腹を削るようにデラパージュ(横滑り)"

 デラパージュの意識は私は有りません、また、スキーはSL競技用のカービングスキーを使っています。

 あぁっ 書いてる間に思いつきましたが、やはりウエーブコースが有ればウエーブで練習コブで確認を繰り返しながらが良いように思います、それと、コブでも立ち上がり抜重と抱え込み抜重で滑れますが、見た目と言うかコブをコブらしく滑るには抱え込み抜重がお奨めですが、取りあえずは、滑りやすい方法で滑れるようにしてから色々と挑戦してみて下さい。

 ※ 一つだけ心がけて頂きたいのが、コブの上を通るライン取りでは、コブの上を通過するときは、スキーが振られてる状態にしておくことです、コブを自然に吸収しやすくなります。直線状だとスピードが出ると飛ばされます。

 アドバイス等理解出来ないとは、否定せず頭の片隅にしまって置いてください、技術が身について来ると言っている事が分かってきます。分かるところから徐々に進んで下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

【追伸】まだゆっくりとですが、コブ滑れるようになりました(^^
なんとなくわかりました。 せっかく書いていただいたのに、全部理解できず、申し訳ありません ところどころ、参考にさせて頂きます(^^
回答ありがとうございました(^^

お礼日時:2009/01/20 18:42

「斜度のある中心」の確認方法なども載っているので、一度閲覧してみてください。


http://blogs.yahoo.co.jp/nabe_morguler/23285274. …

参考URL:http://blogs.yahoo.co.jp/nabe_morguler/23285274. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

【追伸】まだゆっくりとですが、コブ滑れるようになりました(^^
行く前に見れればよかった(^^;  次行く時の参考にさせていただきますね。 
回答ありがとうございました(^^

お礼日時:2009/01/20 18:37

#2です。



普通の人は上手く滑れそうもない、怖いと思うと後傾になってしまうものです。
ブーツのベロの部分(脛、ふくらはぎ部分)を意識してみてください。
後ろのベロに体重がかかっているなと思ったら後傾になってます。
もちろんコブを上手に滑る人も瞬間的には前後に体重かかることもありますが、すぐストック付くときに前方に伸びるなどして中立に修正してます。

平らな緩斜面ではある程度後傾や前傾でも問題なく滑れますから、そこでまず意識的に後傾や前傾を試してみて、中立の感覚を覚えると解りやすいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

【追伸】まだゆっくりとですが、コブ滑れるようになりました(^^
重心を少し意識してやってみました。前後に~、というよりは、左右になのですが、後ろが、引っかかってしまうため、後ろに、重心をかけてみました。 するとアラ不思議・・・ といった感じです(笑)  ありがとうございました(^^

お礼日時:2009/01/20 18:36

どういう板を使用しているのでしょうか?記載があれば説明しやすいのですが・・・カーヴィング系のサイドカーブのきつい板だとやはり少し滑りにくくなります。

モーグル系の比較的トップとテールが細めで少し上に持ち上がっているタイプが実際には滑りやすいですが。オールラウンドモデル使用を前提にアドバイスします。

>少しずつ進むのがやっとです。
>どうやれば、滑れるようになるのか、

→初めはゆっくりコブの横腹から谷へかけて左右同時操作で腹を削るようにデラパージュ(横滑り)で繰り返し降りてみて下さい。初級者ではないということなので“両膝をぴったりつけるイメージ”にしてみて下さい。そうすれば左右の板がバラけません。左右の板が別々の動きになるとコブはうまく滑れません。これを何度も反復練習して下さい。

コブの場合ストックは整地より5cm位短い方がいいです。ストックの突く位置はコブ手前の中腹~山の頂点に突いてください。斜度のあるところを滑るにはブーツの前傾角度も弱くない方がいいです。

>又、どんな感じで滑っているのか、

→コントロールしながら滑る場合は、まずストックを上記の位置に突き、それを回転軸にして山の横腹をヒザを抱え込みながら回し込み、谷に向かう時にはヒザを素早く伸ばし、腹を削る感じでスライドさせスピードコントロールし1つ下のコブの横腹を目指します。これを繰り返しています。コブが深い場合にはなるべく腹を中心に滑った方がいいです。

★コブの高い所ではヒザを抱え込み、低い所では素早く伸ばし頭の位置の上下動を少なくした方がいいです。【“ストックを回転軸にヒザはピッタリ、左右同時操作、腹をスライドで削る”】がポイント!!
かなり上手な人の滑りを観察して下さい、ヒザがかなり閉じています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

"Hart Circuit C5.2" という物だと思います。

あぁ、なるほど、確かに、滑れている方は、そんな感じですよね。

幸いにも、ストックの長さは、調整できるので、短く出来ます(^^ ストックの突く位置はさほど考えていなかったので参考にします。

其処まで深くは、屈伸というのですかね? やっていなかったです。 自然に、行っていたので、意識していなかったですね。。。
そうしてみます、回答ありがとうございました(^^  

お礼日時:2009/01/17 05:42

コブを滑る時にライン取りに二通り有ります、一つはコブの谷から谷を目指して滑るラインです、比較的小さなコブならお奨めです、大きなコブだとそれでも上下動がはげしくなってきます。


もう一つは、コブの上と谷を縫うライン取りです、決行ハードなライン取りで普段体を鍛えていないと付いていけないと思います、がしかし、スピードコントロールさえしっかり取り一つ一つ丁寧に廻り徐々にスピードアップすれば良いと思います。

 そして、コブで最も簡単にタンーする方法は以外にも一番高い部部です引っ掛かる処がないので、簡単にタンー出来ます、イメージとしては、スキーを廻すのではなく、膝を廻す感じです、膝→靴→スキーと連動して回ってくれます、小さな比較的おだやかなコブで練習して慣れたら大きなコブに挑戦すると良いと思います。

>どんな感じで滑ってますか?
 コブに合わせて膝を左右に振る感じでかつ、さらにコブを抱え込んでいますがこの場合は、相当腹筋等も鍛えないとコブに付いていけないので夏頃から体作りをしないと思うように動けません。

この回答への補足

【追伸】まだゆっくりとですが、コブ滑れるようになりました(^^
体が出来ていないため、早く滑れないのです。下半身は、来シーズンまでに鍛えておきたいと感じました。

補足日時:2009/01/20 18:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2つ目の、”コブの上と谷を縫うライン取りです”と言うのは、4番さんの"初めはゆっくりコブの横腹から谷へかけて左右同時操作で腹を削るようにデラパージュ(横滑り)"というものですか? それとも、又別の物でしょうか?理解力が足りなくて申し訳ありません。

膝を廻す感じですか、試して見ます。穏やかな場所を、先ず探してみますね(^^

近日行く予定ですので、早速試してみます。 ただ、夏から作るのは、今からは厳しいので、今シーズンは、感覚をつかめれば。。。と思います。

回答ありがとうございました(^^

お礼日時:2009/01/17 06:11

重心の位置が一番大事だと思います。


前傾になったり後傾になったりしてるとなかなか上手く滑れません。
ちゃんと中心に乗れていると自然と膝でコブが吸収できるような滑り方がわかってきます。

緩斜面などで基礎練習を時間をかけてやり、中心に乗る感覚を体に覚えさせると自分でもびっくりするほど上手く滑れたりします。
また、アイススケートやローラースケートをしてみて後傾や前傾のクセがハッキリ解ったことがあります。
中心に乗ってないとスキーと違ってコケてしまうので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アイススケートも、ローラースケートも、できる環境が無いです。。。
斜度のある中心というのは、どういった感じなのでしょうか?”×”のように、板と、垂直というわけではないですよね?”ト”みたく、というわけでもなく、自然に立っている感覚だと思っているのですが、重心がずれているでしょうか?

回答ありがとうございました(^^

お礼日時:2009/01/17 04:21

コブってモーグルバーンのことですよね?


私もあまり上手くは滑れませんが、あれは途中で止まるものではないので、リズムよくコブとコブの谷間を、コブを蹴って滑るしかありません。コブの上に乗ってしまってはダメですよ。

コブは上から下までキレイに揃っているわけではないと思います。互い違いになっていると思うので、コブの左側の谷を抜けたら次のコブの右側、という感じで滑ります。
上半身がなるべく上下しないようにヒザのクッションをうまく使うと滑りやすいです・・ってモーグルのビデオでも見たほうが早いかもしれませんね。

この回答への補足

今の時期ですと、バーンでないときがあるかもしれませんが、モーグルのことです。

後ろの板が、引っかかってしまい、バランスを崩してしまうので、止まらざる終えない感じです。谷の間を、右、左と通っていますし、膝を、使ってはいるのですが、 上手く行かないです。今シーズン本格的に、攻略しようとしていますので、YOUTUBEに乗っていたのも、見てみました。

回答ありがとうございました(^^    

補足日時:2009/01/17 03:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

【追伸】まだゆっくりとですが、コブ滑れるようになりました(^^
膝を曲げていると思ったら、やっていませんでした。指摘されて初めて気付きました。

お礼日時:2009/01/20 18:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキー検定の受かりやすいスキー場、受かりにくいスキー場は?

スキーの検定なのですが、同じ級でも受けるスキー場によってかなりの難易度の差がありますよね。
例えば最難関の八方や浦佐などでしたら、そこで2級受かる人なら受かりやすいと言われるマイナーなスキー場の検定では1級に受かるレベルとまで言いますし。
今は、一級は不整地もあるんでしたっけ?
ですから一概には言えないかもしれませんけど・・・
私が某スキー場のスキー教室で同じクラスだった一級の方は、
「ハァ?本当に一級??」
みたいな感じの方もおられましたし…
どうもそこのスキー教室や合宿に頻繁に参加していると温情(サービス?)で採点が甘くなるようですね。

で、どこのスキー場の検定が易しいでしょうか?
有名どころのスキー場は難しそうですよね。
できれば具体的なスキー場名をお教えください。

情報お願い致します。

Aベストアンサー

苗場で見られたのは、柏木義之選手ではないでしょうか?

八方、戸隠、苗場が難しいと聞きます。
あと北海道ですね。
木島平に戸狩、関西のスキー場が優しいと聞いたことがありますが。

Qコブ練習に適したスキー場

スキー中級者です。今までコブを避けていたのですが、今シーズンから何とかコブに挑戦してみようと思っています。
まずは連続したコブの衝撃吸収に慣れる事から始めようと考えています。
そこで、緩斜面にある程度長さのある人工の小さなウエーブが作ってあり、ヒザ曲げのばしの感覚の練習ができるスキー場を、できれば関越道方面でご存知の方がいらっしゃったら教えてください。当方東京在住です。3~4時間程度で行けるスキー場であれば長野道方面でも行けるかな、とも思っています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

岩鞍も悪くないですよ、休日のお昼過ぎた頃に女子国に出来はじめるコブであれば・・・ですが。

コブ初心者であればエア台のあるようなモーグルバーンより自然コブの方が良いです、玉原のコブはかなり斜度が緩いのでコブが滑れなくとも中級(2級)程度の技術が有れば恐怖感無く練習できると思います。
さもなければ斑尾のように毎日キチンと整備するモーグル練習用バーンのあるスキー場か、ですね(練習用のコブ斜面としては国内随一のクオリティーです)。

4月5月になって雪が腐ってくるとコブの季節になります(その前に整地でのショートターンとポジショニングをキッチリ練習しておく必要がありますが)。
スピードが出ないので吸収さえ出来れば直滑降でもある程度滑れてしまうのですが、ここでコブの中でのターンとエッジングの練習をしないと次のシーズンに思い切り後悔することになります。

Q質の良いスキーウェアのメーカーは?

質の良いスキーウェアのメーカーは?具体的な
ウェア名を教えてください

Aベストアンサー

#3です。

価格は、上下セットで定価で大体6万~7万円です。

今の時期なら1割引、だんだんと安くなっていきます。
前シーズンのなら、だいぶ安く買えると思います。

フェニックスは直営のアウトレットもありますよ。

参考URL:http://www.phenix.co.jp

Qウェーデルンのコツ 急斜面でのショートターン

僕のレベルとしては、中回り、大回りに至っては、板をそろえエッジで回れていると思います。

しかし、http://www.youtube.com/watch?v=4d5as9V48K0&feature=related
このような急斜面でのショートターンがとことん苦手です。中、大回りでは踏ん張ってしっかり回れても
ショートターンでは、そんな時間もないため板の向きがうまく切りかえれません。

どうしたらよいでしょうか?
練習法などお願いします。

Aベストアンサー

この動画を見ると、上手いですね。
斜度もそこそこの中上級斜面ですかね。

中回り、大回りに関して言えば、
板をそろえている感覚で、中級斜面以上を滑って見えるのでしたら、
おそらく、エッジで回れているとは、考えにくいです。

カービングスキーで、中級斜面以上をエッジで
カービングで滑っていたら、
板はだいたい肩幅弱くらいの開きがあるはずです。
揃えて滑っていたら、少なくとも内足のエッジは使って無さそうですね。

それと、ウェーデルンという言葉(もう死語かな)
を使われてみえるので、けっこう年配の方でしょうか?
今では、「小回り」か「ショートターン」と言いますね。

それはともかくとして、
この動画の様に小回りをするには、適度な斜面で練習するしかないですね。
完全に、板のエッジングの反動を利用して、次のターンに入っていますから、
脚力とバランスとしっかりとした重心が必要です。

適度にスピードの出る斜面で、連続ターンを続けて、
自分でそれを細かくして、板の反動を吸収しながら、次のターンにつなげられる様に、
ひらすら練習ですね。
多少強引にエッジングして反動を使っていると、
時に反対側に吹き飛ばされるかもしれませんので、
しっかりと前掲と膝を曲げて、
板も開き気味にして、チャレンジしてみてください。

適度な斜面で、小回りになって来て、スピードが出せるようになったら
自信がついたら、
少しずつ斜度を上げていけばいいのです。
いきなり、急斜面でできるわけはありません。

検討を祈ります。

この動画を見ると、上手いですね。
斜度もそこそこの中上級斜面ですかね。

中回り、大回りに関して言えば、
板をそろえている感覚で、中級斜面以上を滑って見えるのでしたら、
おそらく、エッジで回れているとは、考えにくいです。

カービングスキーで、中級斜面以上をエッジで
カービングで滑っていたら、
板はだいたい肩幅弱くらいの開きがあるはずです。
揃えて滑っていたら、少なくとも内足のエッジは使って無さそうですね。

それと、ウェーデルンという言葉(もう死語かな)
を使われてみえるので、けっこ...続きを読む

Qスキー中級レベルでチューンナップって関係あるのよ?

 よく板のチュ-ンナップっていうけど、上級者やレースに出る人はとにかく、2級も取れないような、年間滑走10日程度のゲレンデスキーヤーにどれくらい影響あるの?
 小学生の子供たちはポールをやるし、1-2年で板が変わるのでいいのですが、親の分まで手間暇とお金が回りませんし、高いチューンナップ代出すくらいなら3-4シーズンで親の板も買い換えた方がいいような気がします。Hotwaxはくらいは家でやっています。
 (単なるショップの回し者的発言はご遠慮下さいませ。)

Aベストアンサー

意味が違うんじゃないでしょうか?
naokio2000OKさんが言っているチューンナップと、スポーツ用品店が言うチューンナップは全然違いますよ。
スキー板のチュ-ンナップは、滑走面をしなければ意味がないのですが、店でやってくれるのは上側だけです。
つまり、傷だらけになった表面をきれいにして、メーカ名が良く見えるようになるだけです。

滑走面はチューンナップではなく、毎年の手入れが必要です。
手入れをするのとしないのでは、滑った時に初心者と中級者ほどの差が出ます。
例えば、中級ならば、シュテムターンを練習している頃かと思いますが、手入れをしていないと足が揃わなくても、きちんと手入れをした板なら足を揃えて回れますよ。

★手入れの方法
シーズンが終わったら、水分を取って、滑走面のワックスをきれいに落します。(専用のスプレーもある)
傷や穴があったら、補修材で埋めておきます。
エッジと滑走面に専用のヤスリをかけておきます。
エッジにミシン油などを塗って、板を新聞紙にくるんで、重ねずに保管します。
シーズン初めの使用開始前に、保管の時に塗った油をきれいにふき取ります。
白のベースワックスをかけ、削って、コルクでよ~くおさえます。
後は、スキーに行く度に、その雪質にあったワックスをかけて滑ります。

ワックスは必ずコテで溶かしながら塗り、余分なワックスをスクイーパで限界まで薄く削り落として、コルクでなめらかになるまでおさえます。

それと、スキー板の寿命は、ベンドが半分くらいになった時です。
つまり、板を平らなところに置くと、真ん中が膨れ上がっていますよね?
そのバネ状のものが、使うとだんだんたるんできて、バネ力がなくなってきます。
そして半分くらいになったら限界です。
目安としては50日くらい使った時ですが、板の固さなどによっても違います。

また、エッジが必要なのは、中央と後だけですから、エッジを研ぐ時に、板の先端から1/3くらいは角をとって、エッジを丸くしておいた方がよいですよ。
回転がものすごくやりやすくなります。

意味が違うんじゃないでしょうか?
naokio2000OKさんが言っているチューンナップと、スポーツ用品店が言うチューンナップは全然違いますよ。
スキー板のチュ-ンナップは、滑走面をしなければ意味がないのですが、店でやってくれるのは上側だけです。
つまり、傷だらけになった表面をきれいにして、メーカ名が良く見えるようになるだけです。

滑走面はチューンナップではなく、毎年の手入れが必要です。
手入れをするのとしないのでは、滑った時に初心者と中級者ほどの差が出ます。
例えば、中級ならば、...続きを読む

Qスキー、えぐれたコブの滑り方

スキーでコブを滑りますが、コブの中でもコブの溝が船底のようにえぐれている、言い換えますとコブの裏(横滑りでずらす面)が切り立ったコブが上手く滑ることができません。
ビビッて後傾になっていることが原因と思われますが、上手く滑るコツがありましたら、是非教えて下さい。お願い致します。バンクターンも外側の面が切り立っていて難しいところです。

Aベストアンサー

言葉でスキー操作が説明できればスキースクールはいらないし、本を読めば誰でも上級者。
難しいところですね。

スキーで後傾は全てNGなのでなんとか克服してください、後傾の原因は沢山あるので原因が特定出来にくいんです。
モーグル的な滑りは別として、イメージ的にはコブの腹を滑ることです。
ストック付くポイントは、コブのトップを目指すのも良いと思います。
視線は滑ろうとする次のコブです。
コブの腹を横切りコブの向こう側でスキーをずらしてスピードを制御し、スキーが真横になる前に次のコブへ移ります。
最初はゆっくりでいいのでスピードコントロール出来るようになったら徐々にスピードを上げてゆきます。
理想は谷まで落ちないこと、谷まで落ちると上下運動が大きくなるのでショックが吸収しづらくなるしスキーが跳ねると制御できなくなります。
上手な人ほどスキーを落とさないので体が上下しません。
デモレベルになるとトップの僅かなスペースでターンとスピードコントロールするので、落ちているほどのスピードでも体はわずかに上下するだけです。

やっぱり文章ではキツイです。

Qスキー板のヘタリ再生。

まぁ嘘だろうと思っています。以前、スキーをやっていた頃、友人の1人が、かなり詳しいのか?オガサカのスキー板を使用していると言っていました。当方は、初めて聞く名前でしたが、スキーをやっていた、他の後輩らは、「凄いですね」と言っていましたが、どうせ口先だけだろうと取り合わなかったのですが、ソイツが、また「スキーの板はヘタる。それを防止するには、座布団を真ん中に挟み、保管する」と言っていたのですが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

30年以上前のスキーはアーチベントがきつく、それを維持するために真ん中に物を挟んで保存していました。
今のスキーは形状が違いますので意味ないです。
種類によっては逆に反っています。

ちなみにオガサカは日本の老舗スキーブランドです。
ていうかかつて国産スキーはいろいろな会社がありましたが、他は事実上生き残れませんでした。

Qスキーのビンディングの位置が気になります

先日K2のfujative(フジャティブ)とビンディングを購入しました。159cmの板なのですが、よく見てみると、ビンディングの位置がやけに後ろ寄りに見えます。板の中心辺りの側面にcore centerというところからmio soleというところまで約7センチメモリが付いており、私のブーツの中心線が丁度mio sole(メモリのテール側の端)の位置と一致しているような状態です。普通ビンディングは多少後ろ寄りだと思うのですが、かなり後ろ寄りに見え、先端が長いので上手く滑れるか心配です。このビンディングの位置は、基準の位置に取り付けられているのでしょうか。また、こちらはフリーライド用の板ですが、普通の斜面やコブを主に滑るつもりで購入しました。滑る上で不便なことになるでしょうか。スキー道具の知識がないもので、どなたか教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

え~と、昔のテクニカルマニュアルを掘り起こしてみたんですが、+1、+2…と書かれているタイプのスキーの取り付けは書いてありませんでした。 やはり私がスキー屋でサービスの仕事をしていた時代とは変わってしまったみたいです。 すみません。

とりあえず、fujativeはツインチップのスキーなので、ビンディングはほぼスキーセンター付近に取り付けられるようになります。
また、どんなビンディングを取り付けられたのかわかりませんが、ずれたセンター位置を合わせる為にはもう一度穴を開け直す必要があります。 アトミックのビンディングやESS-BARのビンディングでしたら多少前後させることができますが、基本的にトゥピースの取り付け位置でセンター位置が決まりますのでずれている場合は穴を開け直してのビンディング付け直しになります。
というよりは、本当に間違っているのであれば販売店でクレーム交換にならないとおかしいです。

一番はっきりとした情報はK2ジャパンのサービスセンターが教えてくれます。 こちらがその代表番号ですので、03-3882-4142へ電話をして確認してみるのが疑問を解決する近道です。 平日の日中しか電話が通じませんので明日にでもかけてみてはいかがでしょうか?

え~と、昔のテクニカルマニュアルを掘り起こしてみたんですが、+1、+2…と書かれているタイプのスキーの取り付けは書いてありませんでした。 やはり私がスキー屋でサービスの仕事をしていた時代とは変わってしまったみたいです。 すみません。

とりあえず、fujativeはツインチップのスキーなので、ビンディングはほぼスキーセンター付近に取り付けられるようになります。
また、どんなビンディングを取り付けられたのかわかりませんが、ずれたセンター位置を合わせる為にはもう一度穴を開け直す必要があ...続きを読む

Qスキー場難易度ベスト5

タイトルどおりみなさんが思う難易度ベスト5を教えてください!!

Aベストアンサー

私が印象に残っているところをご紹介します。

(1)山形蔵王・横倉のカベ
あまりにも急すぎてコースの雪がそっくり地すべりしたこともあるぐらいです。転んだら最後、本当にそのまますべり落ちます。
(2)横手山(志賀高原)・横手山ジャンボコース
急であると同時に距離も長いので結構しんどいです。
(3)ジャイアント(志賀高原)・ジャイアントコース
降りられない人向け(?)に珍しく下りのリフト乗り場があります。
(4)富良野・熊落とし
見晴らしはいいですよ。
(5)尾瀬岩鞍・国体コース
別の方も紹介されていますが、私が前行ったときはゲレンデがガリガリでエッジがきかずえらい目にあったことがあります。

Q緩斜面では滑れるのに・・・急斜面だと・・・

緩斜面では滑れるのに・・・急斜面になると腰が引けてスムーズに滑れません。前足に体重をかけてと頭ではわかっているのですが。よい練習方法があれば教えてください!

Aベストアンサー

腰が引ける、所謂、後傾姿勢は、意識してもなかなか直りませんよね。
私も苦労しました。質問者さんのフォーム見れないので実際どうか判りませんが、多くの場合、前に体重を掛けようとすると前屈みの姿勢になりがちです。こうなると、腰が折れて、太腿が寝て、脛が立つので、所謂、へっぴり腰の姿勢になり、益々、意図とは反し益々後傾になってしまいます。
下記は、スクールで指導されて、私の後傾が矯正された姿勢の取り方です。
1、脛を深く折る。
2、折った脛の角度と太腿の角度が同じになるように股関節を折る。
3、背筋は曲げず真っ直ぐに伸ばし、お尻を上に吊り上げるようにる。

上記の姿勢を滑走中も保てば腰が引けること無くなりますが、以外と3の姿勢を保つのが難しく、ポイントとなります。私の場合、滑走中に3の姿勢を保つには、アゴを引かず、常にアゴを上げて滑るのが効果的でした。
家でも練習できるので試して見てください。スキーブーツを履いて。

また、姿勢ではないのですが、急斜面を滑るときのもう一つのポイントは、ターンのキッカケで上に立ち上がらないことも肝心です。上方向に立ち上がると体が遅れてしまうので、斜面下、ターンの出口方向(次の進行方向)に体を移動させるようにします。

腰が引ける、所謂、後傾姿勢は、意識してもなかなか直りませんよね。
私も苦労しました。質問者さんのフォーム見れないので実際どうか判りませんが、多くの場合、前に体重を掛けようとすると前屈みの姿勢になりがちです。こうなると、腰が折れて、太腿が寝て、脛が立つので、所謂、へっぴり腰の姿勢になり、益々、意図とは反し益々後傾になってしまいます。
下記は、スクールで指導されて、私の後傾が矯正された姿勢の取り方です。
1、脛を深く折る。
2、折った脛の角度と太腿の角度が同じになるように股関...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報