2~3日前、NHK「ニュースウォッチ9」のトップニュースだった2次補正予算案通過のニュースで、
田口キャスター(メインコメンテーター)が、
「与党のさんすうたすう、さんすう、賛成多数で通過しました」
と言ってしまいました。
(それでも、田口さん、青山さん両名とも、ニヤリともしなかったのは、さすが。)

それで思い出しましたが、
かつて、「生体肝移植」を「せいかんたいいしょく」と言ってしまったアナウンサーは、元日テレの永井美奈子さんほか数名いらっしゃるそうです。
「高速増殖炉もんじゅ」を「こうしょくじょうしょくろ」と言ってしまったアナウンサーも複数いらっしゃったようです。

このように、アナウンサー、キャスターが、言い間違いをしてしまった例を教えてください。

【ただし、漢字の読み間違いは、対象外とさせてください】


では、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

有名なのはフジテレビの長坂アナだったかが、女子バレー日本vsペルーの放送で、「強いぞペルー」と言うつもりが興奮して「強いぞ、ペリー」と言ったこと。

それは黒船やっちゅうねん!!
あと同じフジではお昼のニュースの川端アナが、北朝鮮の「万景峰号」=マンギョンボン号を噛みまくって何度も言い直した映像がよくバラエティで流れます。
昔、有賀さつきが「旧中仙道」を「いちにちじゅうやまみち」と読んだと言われていますが、実際は「きゅうちゅうせんどう」と読んだそうです。

また、アナウンサーではありませんが、「NEWS ZERO」で、ある女性歌手にインタビューした映像で、その女性がキャスターの村尾信尚、小林麻央に呼びかけるとき、間違って「麻央ちゃん、村尾ちゃん」と言ってしまい、インタビュー映像の後に麻央ちゃんらが村尾キャスターに「村尾ちゃん」と言って爆笑したのが面白かったです。


「アナウンサー 言い間違い」で検索したらいろいろヒットします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「強いぞペルー」には爆笑です!

「旧中仙道」は漢字の読み間違いなので対象外です。ごめんなさい。

>>>「アナウンサー 言い間違い」で検索したらいろいろヒットします。
質問前にそのキーワードで調べていたはずなのですが、
今あらためて検索したら、女性アナウンサーが「地下金庫」を
「ちかちんこ」
と言ってしまった例を発見しました。 ^^

お礼日時:2009/01/16 20:59

1)しょっちゅう、と言いますか、伝統的に使われてる間違いで:


  「戦いの火蓋が切って落とされました」
  → 火蓋を切る、は火縄銃の安全装置解除の意味であって
    これは「切り落とす」ことは出来ない筈。
    「戦いの幕が~」と混同されたものらしいですが。

2)冥王星が惑星から外されるというニュースで女子アナが:
  「質、と量が足りないということで....」と何回か言いました。
  → おそらく原稿には「質量」と書いてあったのでは?    
   
ついでに気になってるのは、報道の航空関係のニュースとかで:
「○○便は定刻を15分遅れて離陸し」
(時刻表の時間は離陸ではない)
「二十八番滑走路から離陸し」
(呼称の two-eight とかは滑走路番号ではなく、向かってる方位を
表している。これでは何十本も滑走路があるみたい?)
「水圧系統のトラブル」
(油圧の誤訳、hydraulic を辞書で見て水圧と訳してしまう)

でもこれらは言い間違いというより勘違いの部類ですかね。
原稿を読む際に言い間違った例だけ、というご主旨でしたら
異なる内容ですみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるとおり質問の趣旨ではないのですが、
楽しく拝見させていただきました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/01/16 20:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアナウンサーの間違いが最近ひどいと思うのですが・・・

最近、アナウンサーの読み間違いや言い間違いがひどいと思うのですが、みなさんはどう思われますか?昔はアナウンサーというのは神様のように間違えないものだと思って感心していたものですが、最近ではNHKでも必ず最低一度は言い間違いがあるように思います。何度も言い間違って本当に聞き苦しくていらいらしてしまうことも・・・

今日の昼のNHKニュースでも男性のアナウンサーが堂々と「入居者の信頼を逆手(ぎゃくて)に取って・・・」と言っていましたが、普通は「さかて」と読むのではないでしょうか?先日は文言(もんごん)を「ぶんげん」と言っている公共放送のアナウンサーがいましたけど・・・早急(さっきゅう)は「そうきゅう」と読んでもいいようになったとか記憶していますが、これらも「ぎゃくて」「ぶんげん」と読んでよくなったのですか?

福岡県大牟田市を熊本県大牟田市などと言っているアナウンサーもいました。よく調べもせずに言ってしまうのでしょうか?アナウンサーといえば憧れの職業で、優秀な人しかなれないものかと思っていますが、何だかレベルダウンを感じてしまいます。

Aベストアンサー

私個人は、社会全体の「国語力の質」の低下が原因だと思っています。
「言葉は生き物なのだから、読み方・意味が変化するのは当たり前」という容認論が強さを増してきています。
また、国際化社会の煽りを受けて小学生から英語教育をすべきだという論調も目立ちます。
しかし、英語教育をするということはそれだけ勉強時間が減り相対的に「国語教育」も減ることになります。
そして、「若者が新しい言葉を作る(本当は間違っているのに)」などといって、上記のような容認論が出てきている気がします。
母国語がしっかりしていないと、コミュニケーション能力が育たず、「国際的なコミュニケーション能力」は育たないと思うのですが。

アナウンサーに関しても、こうした社会背景を受けて「言い間違い・使い方間違い」がされてもある程度容認されているような気がします。
「視聴者が許してくれるので、(局全体の)徹底した国語教育の労を惜しんでる」のかもしれません。
もう少し、「日本語」を大切にして欲しいと思います。

Q懲役刑と禁固刑の違い

ニュースで良く耳にする「懲役」と「禁固」とはどう違うのでしょうか?
禁固刑はずっと牢屋に閉じ込められて一切外には出れないのでしょうか?
この犯罪は懲役刑、この犯罪は禁固刑と犯罪によって決まるのですか?
わたしなら、牢屋に閉じ込められるくらいなら禁固刑三ヶ月なら、ある程度自由のある懲役刑1年くらいの方がまだマシです。

独り言のような疑問なのでおヒマな方、回答おねがいします。

Aベストアンサー

処遇の内容については皆さんお答えのとおり
刑務作業(要は強制労働)の有無のちがいです。

懲役刑は軽蔑すべき犯罪を故意に行った「破廉恥犯」に課されますが
禁固刑は政治犯など、自分の政治的信念に従って「正しいこと」と信じて行動した結果が犯罪になった場合、また過失犯など「非破廉恥犯」と言われる場合に課されます。

禁固受刑者で作業をしない人は1%にも満たないそうです。ほとんどの禁固受刑者は自ら望んで刑務作業(請願作業といいます)をします。

と、大学で習いました

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報