新生児が一番感染しやすいところはどこですか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

これもちょっと答えようがない質問ですが、赤ちゃんが産まれる~生まれた時に真っ先に考えるべき感染は、母体からの垂直感染でしょうか?


B型肝炎、エイズウィルスなどで起こりますね。
あと、母親の女性器に淋菌がいると、新生児の目に感染し、風眼という非常に激症で進行の早い眼炎を起こし、早急に適切な措置を講じないと失明の恐れがあります。通常ペニシリン点眼薬ですが、耐性菌なら昔ながらの硝酸銀点眼の必要もあります。
    • good
    • 0

 レポートかなんかの質問でしょうか?感染しやすい場所といえばまず、皮膚でしょう。

その次が呼吸器、消化管の順でしょうか?結膜の感染もありますが発症率は低いです。
 いろいろな考え方があるかと思いますが、別の見方をすれば産道、病院、家庭の順になるかも..感染しやすい場所がからだの部分なのか、いわゆる場所(PLACE)なのか、もっとわかりやすい質問をしましょう。
    • good
    • 0

ご質問に対して的確な答えではないですが・・・。

「赤ちゃんはお母さんの免疫があるから病気をしない」というのは間違いです。逆に症状が出にくいのと、急速に悪化するので気がついたら・・・。ということがよくあるようです。(知り合いの人もそうでした)。とりあえず、風邪もひきます。来客の人や家族からうつったりしないよう、ご用心下さい。
    • good
    • 0

感染しやすい・・・というのは身体の部位のことですか?


新生児はお母さんからもらった免疫が充分あるのでめったに感染症には
かからないと思います。
なお、退院してからまれに感染による黄疸というのはあるようです。
ちなみにうちの子はへその緒がとれたあとがじくじくして出血もしたりしたので
ばい菌に感染しないように産院に消毒に通っていました。
でもこういうのもまれだそうです。
答になってないかも・・・・すみません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胎盤とへその緒についてです

こんにちわ。お世話になります。妊娠15週に入りました。順調にいっていますが、ふとした疑問が、、。16週くらいで胎盤が完成するときいています。臍の緒はお母さんの胎盤と赤ちゃんをつなぐもので、2本の動脈と1本の静脈が通っていると知りました。実際、母親から栄養をもらうようになるのは、完成後の16週あたりからなのでしょうか?それとも胎盤やへその緒ができつつある14週くらいから、徐々に母親からの栄養もとりはじめるのでしょうか?

それからその3本の血管(?)が細くて、栄養が行き届かなかったりすることも、よくみられることなのでしょうか?

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

初期の赤ちゃんは卵黄嚢というお弁当を持っていて、そこから栄養を取っていると言われています。
でも、この卵黄嚢は13週前後まであるらしいですが、全部が全部そこから栄養を取っているわけではなくて、少しずつは母体からも摂取しているらしいです。
ただ、このころの赤ちゃんは本当に小さいですから、栄養も極々わずかしかいりませんので、母体が生存していれば十分というぐらいの栄養しか必要がありませんので、つわりなどで食べられなかったとしても問題はありません。

血管から栄養が行き届かないこともあるか?ですが、細くてというよりは、詰まってしまってというケースはあります。
自己抗体が高い妊婦さんの場合、赤ちゃんを異物と判断してしまい、血栓をつくり、詰まらせてしまい、栄養をストップさせてしまうことがあります。
その予防のために、バイアスピリンなどを妊娠後期まで服用したりなどの治療が施されることはあります。

また、喫煙者の場合、へその緒の血管が細くなる傾向があり、栄養や酸素が不足することもあると聞いたことがあります。

Q新生児(そろそろ1ヶ月)の免疫

両親はハウスダスト等のアレルギー持ちです。

今日押入れから出した古い布団を干して家に入れてから、私(母親)の鼻水とくしゃみが止まりません。
鼻にティッシュを詰めておかないと、垂れ流し状態です…

しかし新生児の赤ちゃんは、くしゃみも鼻水もありません。
この子はアレルギーはないのでしょうか?
それとも、ハウスダストの免疫があるのでしょうか?

Aベストアンサー

新生児は母親の免疫があるため、生後2.3ヶ月までアレルギー症状は出ない場合多かったと思います。

>>この子はアレルギーはないのでしょうか?

いえ、ほぼ100%アレルギー体質です。両親共にアレルギー体質であれば、ほぼ100%遺伝してしまいます。片親がアレルギー体質であれば、60%くらいの確率で遺伝するそうです。

アレルギー体質であれば、食物アレルギー・アレルギー性鼻炎・アトピー・喘息・花粉症 等いずれか発症する可能性高いです。

Qへその緒を切るのを2、3分遅らせると成長が良くなるならずっと付けてたらもっと成長が良くなるのでは?な

へその緒を切るのを2、3分遅らせると成長が良くなるならずっと付けてたらもっと成長が良くなるのでは?なぜへその緒を切らないといけないのでしょう?

母親側は切るとして。

へその緒を切るのを2、3分遅らせるというのは母親側を切るのを遅らせるということでしょうか?

Aベストアンサー

へその緒は胎盤に繋がっています。
胎盤は、胎児が出産された少し後に母親の子宮から剥がれて出ます。つまり、胎盤が胎児に栄養を送れたのは、その胎盤が母親の胎内で母親の循環機能の一部であったからです。剥がれてしまえば、その役目は出来ませんよ。
へその緒を切らないままでいるというのは、胎盤と繋がったままでいるという事です。胎盤は時間の経過と共に勿論腐敗しますので、繋がったままでいると細菌感染などのリスクがありますし、すでに機能を持っていないので、繋げている事に意味が無い。
へその緒を切るのは、母親と新生児を切り離す事だというのは、勘違いですよ。

Q足の水虫があり、一番効果的な方法は何ですか?

足の水虫があり、一番効果的な方法は何ですか?

Aベストアンサー

おはようございます。

お薬とかダメですか?。
薬局に売ってる薬ではなく、病院にいけばお医者さんに処方してもらえますよ。

Q赤ちゃんのへその緒

赤ちゃんは母親のおなかの中でへその緒から栄養をもらっていますよね。そこで疑問に思ったことがあります。
僕の考えでは、へその緒をチューブに例えると、
チューブの中で栄養が母親から赤ちゃんに移動します。すると、赤ちゃんのおへそと、チューブがつながっているので、赤ちゃんが生まれた直後には、まだ、
おへそに栄養の移動道の穴が開いているはずです。
そこでへその緒を切ってしまうと赤ちゃんのおへそには、穴が開いているはずなのです。しかし、その穴は赤ちゃんには開いていません。穴を治すために簡単な手術のようなことしているのでしょうか?
もちろん僕の考え方が間違っていると思うので、回答をお願いします。
ついでを言うと、母親につながっているへその緒はどうなるかも教えて下さい。

Aベストアンサー

「胎児と胎盤との間をむすぶひも状のもの」をへその緒と言います。
妊娠末期の成熟した胎児では長さ約50~60cmにもなります。単なるチューブ状のものではなくて、2本の動脈と1本の静脈がからみあって走っていて、赤ちゃんはこれを通して、酸素や栄養素をお母さんの体からもらい、二酸化炭素や老廃物を戻しています。
へその緒は、赤ちゃんが自分で空気を吸い込むようになると、その役割を終えます。
お母さんとつながっていたへその緒は、クリップで止めてから切られます。
生まれてすぐは、白くてゴムのような弾力がありますが、だんだんと水分が抜けて乾燥していくのにつれて茶色っぽく変色していきます。カサカサに乾いたへその緒は、ふつう生後2~3週で、ぽろっときれいにとれます。
へそのおの落ちたあとが「おへそ」です。

余分ですが、
へその緒は自然に取れてしまうまで待ちますが、お母さんは生まれたばかりのガラス細工のような赤ちゃんのオムツを替える時、ごみがたまっていたら、優しく拭きながらきちんと取ってあげたり、おむつでへその緒がこすれないように気をつけたりしながらお世話をします。そして、ポロリと取れた「へその緒」を桐の箱などに入れたりするのですが、これは、日本独特の文化で、へその緒を自分のからだの分身と考えたり、素朴な母子の絆と考えたりするためでしょう。

「胎児と胎盤との間をむすぶひも状のもの」をへその緒と言います。
妊娠末期の成熟した胎児では長さ約50~60cmにもなります。単なるチューブ状のものではなくて、2本の動脈と1本の静脈がからみあって走っていて、赤ちゃんはこれを通して、酸素や栄養素をお母さんの体からもらい、二酸化炭素や老廃物を戻しています。
へその緒は、赤ちゃんが自分で空気を吸い込むようになると、その役割を終えます。
お母さんとつながっていたへその緒は、クリップで止めてから切られます。
生まれてすぐは、白くてゴ...続きを読む

Qウイルス感染とは治るものですか?

ウイルス感染とは治るものですか?

アレルギーとウイルス感染の疑いがあるといわれたのですが、ウイルス感染とは治るものなのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方が仰るようにウイルスによります。
例えばインフルエンザウイルスやヘルペスウイルスなどです。
インフルエンザなどは薬を使わずとも治りますし、抗ウイルス薬を使って早く治すことも可能です。
単純ヘルペスウイルス等は抗ウイルス薬で治療できますが、神経節に潜伏した物などは再び発症します。

ただ、通常の風邪等は治るウイルスが多くありますので、医者の言うことを良く聞いて治療ください。

ウイルス名がわかれば一般的なことは答えることができますよ(別に医師法等には接触しません)

Qへその緒の紛失について

先日病院で出産に立ち会うことができ、へその緒を切ることもでき嬉しかったのですが、昨夜病院へ行くと妻から「へその緒がなくなった」と聞きました。赤ちゃんを看護婦さんに入浴させてもらいその後、メモ紙とともに「入浴しました。へその緒は貰ってもらいましたか?」妻はゴミ箱のオムツに付いていないかと必死で探しましたが見つからず、冷凍保存されていたへその緒を少し分けてもらいました。私の切除したへその緒は。。。。。という気持ちです。
このような体験された方 他にもおられますか?
このような時どのように対応したらよろしいのでしょうか?ご意見などよろしくお願いします。

Aベストアンサー

入院中入浴の際に、へその緒が取れたようで、うちの子どもには保存するへその緒は、ありませんでしたが、
それが無いからといって、別に親子の証明がなくなるわけでもないので、
気持ちの上で割り切ってもよいと思われます。

お子さんとは、まだスタートしたばかりですから、これからいくらでも、保存に適したものは出てきますよ。
ちなみに我が家では、育児日記をつけていましたが、今では子ども達が当時の知られざる出来事を
読み返しています。

スタートを重んじる気持ちも分かりますが、これからのプロセスのほうに、切り替えてみませんか?

Q水痘ワクチン接種済みの子どもの水痘、ひとに感染するのはいつまでですか。

水痘ワクチン接種済みの子どもが水痘にかかりました。4日前に体に数個、7~8ミリの発疹が出て、翌日顔に数個と体に数個増えました。熱はなく元気で、その後発疹の数は増えず、初めの発疹は水疱になることなく2~3ミリに小さく引いてきています。ふつうは全てかさぶたになれば出席可ですが、このようにかさぶたにならずに引いていく場合は発疹が全て2~3ミリになれば感染力はないのでしょうか。

Aベストアンサー

一般に水疱周囲の赤みがなくなれば隔離解除しています。予防接種をされていても1週間程度はかかると思います。お大事にしてください。

Q自分の「へその緒」・・・とってありますか?

子供の頃、綿を敷き詰めた小さい桐箱に、大事そうにへその緒がとってあったのを覚えています。
干からびた貝のヒモのような形状で、母親から聞かされて、“そうなんだぁー”という風にしか思っていなかったです。
そのへその緒も、私が何かの病気をした時に、薬として煎じたのかどうしたのか分かりませんが、使ってしまってなくなったと言っていました。

さて皆さんの家ではどうですか?自分のへその緒、とってありますか?
それは、いつまで置いておきますか?

Aベストアンサー

どこかにあります

私は田舎の産院で生まれたので桐の箱でした

兄妹2人分、通称「仏壇の戸棚」が収納の定位置だったんですが、阪神大震災で被災し、実家に帰った私は「へその緒だけは持って逃げてくれ」と両親に頼んだので、そのとき場所移動しました

避難グッズの中にあるのかもしれません

※30年前の田舎は脱脂粉乳が定番です

私は逃げも隠れもしない30代末期ですww.

Q私はアトピーです 今で8年ずーっとアトピーです。 肌がカサカサです。 かゆいところは うで おなか

私はアトピーです
今で8年ずーっとアトピーです。
肌がカサカサです。
かゆいところは
うで
おなか
くび

です

もう一緒治らないんですか。?

Aベストアンサー

自分の知っている範囲だけの情報です。アトピーが悪くなった時にナスを食べると治る人がいた。社会人になった時知り合った先輩はその後10年かけて治した。
私の知る範囲が狭いのかもしれないのですが、一生治らずに苦しんでいる人は見たことないです。
今は苦しいかもしれませんが負けないで。私は早くに両親を亡くしました。それに比べれば、私よりは貴方は幸せ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報