発達心理学の授業で習う、ヴィゴツキーの最近接領域とは何か?どんなささいなことでもいいので教えてください・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ヴィゴツキーは、子供の発達の段階を大きく二つに分けました。



【自力による発達領域】
人間として生まれ、他人の援助なしで自分の力によって様々な行動をおこし、
思考を高めるという精神的な発達が可能な領域です。

【発達の最新領域】
回りの大人等の力を借りて、問題解決が可能な領域をいいます。

【教育】
自分の精神的な発達を回りからの力を借りてのみ発達する最新領域が
あるということは、教育においては次のように考える事が出来ます。
学校で普通の勉強をしていたのでは、知的水準は一定の所で止まるが
回りが勉強のしやすい環境を特別に作り、あらゆる角度からアプローチすれば
天才児が生まれるという可能性があるということです。
ヴィゴスキーの最新領域の理論に基づき、旧ソビエト(ロシア)が
科学、芸術の分野でーの天才児を作り出そうとしたと充分に考えられます。

こんな風ですが参考にして下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発達心理学で言う各発達段階での正常な発達がなされなかった場合の欠陥を大

発達心理学で言う各発達段階での正常な発達がなされなかった場合の欠陥を大人になってから治すには、具体的にどの様にすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。

人生の先達とは存じ上げず、失礼致しました。

Eriksonが言うには、老年期の発達課題は、自我の統合とされています。
これは、これまでの自らの人生のすべて、すなわち、良いことも悪いことも、嬉しいこと、楽しいことも、悲しい、辛いこともすべて自分の人生であったと受け入れることによって達成されていくとされます。

質問者様の補足を拝読しますと、すでにそれに近い境地に達しているように見受けられます。
現に、過去のご自身の振る舞いを深く反省され、奥様とは和解されていらっしゃるようですし。
奥様を心から好きだとおっしゃれないとありますが、長年連れ添われて、お互いなくてはならない存在と感じていらっしゃるのではないでしょうか?

お嬢様につきましては、すでに35歳ということですから、立派な大人になっていらっしゃいます。
そうだとすれば、必ずしも、お父様のおっしゃることをすべて素直にお聞き入れになるということもないかも知れません。
ある程度は、独立した人格の持ち主であるとお考えになって、接して行かれた方がよろしいような気もします。

私自身は、関東地方以外に在住しておりますので、そちらでどのようなカウンセラーに相談すればよいか、ちょっと分かりかねます。
恐縮ですが、日本臨床心理士会の「臨床心理士に出逢うには」をご紹介しておきますので、一度、このWebサイトをご覧くださればと思います。

参考URL:http://www.jsccp.jp/near/

No.1です。

人生の先達とは存じ上げず、失礼致しました。

Eriksonが言うには、老年期の発達課題は、自我の統合とされています。
これは、これまでの自らの人生のすべて、すなわち、良いことも悪いことも、嬉しいこと、楽しいことも、悲しい、辛いこともすべて自分の人生であったと受け入れることによって達成されていくとされます。

質問者様の補足を拝読しますと、すでにそれに近い境地に達しているように見受けられます。
現に、過去のご自身の振る舞いを深く反省され、奥様とは和解されていらっしゃるようで...続きを読む

Q言語心理学・文章心理学・創作心理学の最近の研究はありますか

最近、言語心理学の本を読みました。(言語心理学入門 芳賀純著 有斐閣双書)この本は、1988年に初版されていますが、関係する本で、現在本屋に並んでいるものはありません。
そこで、この分野の最近の研究はどのような状況なのでしょうか?その他、興味があるものは、文章心理学、創作心理学(以上波多野完治氏著あり)というものです。こちらも、その後の研究というものはどのように発展しているのでしょうか?私は、心理学にはまったく門外漢で、単なる興味だけなのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

昔、大学で心理学を専攻していた者です。
言語心理学やおっしゃっているような系列の心理学の分野は、認知心理学や心理学から離れて言語学の分野に行っているような感じです。
途中記号論が流行ったときにも、これらの心理学と混交して、また派生すると言う繰り返しで、心理学の一分野として一定数の研究者を擁していると言うところまで行ってません。
もし、もう少し進められるのでしたら、心理学の専門書のコーナーで「心理学の基礎知識」のような本に現在の心理学(心理学界)の状況が著されていますので、そこから当たられるのも良いかと思います。
また、専門的ですが、ノーム・チョムスキーという有名な言語学者がいますので、そこからアプローチされるのも面白いと思います。

Q発達心理学における、人間の「発達」とは

発達心理学では、人間の発達についてどのような見方をしているのでしょうか?

探してきた内容は、
受精したときにはじまり、誕生という形で母親から独立し、一人の人間として成長し(中略)死にいたるまでの、一生における肉体的、精神的な面に現れる量的、質的変化の過程。
というものだったのですが、これは、心理学的な発達の味方なんでしょうか?
その他、いろいろな見解があれば教えてください。

Aベストアンサー

お探しになった内容の通りで問題ないと思います。
疑問が生じる余地がどこにあるのかがよくわからないので、必要があれば補足してください。

Q「近接心理学」で言う「パーソナルスペース」のない私・・・。

私は、電車内では、端っこよりも真ん中に座りたがる「少数派」です。
ですから、両隣に見知らぬ人が座り、袖を触れ合っても、全然平気です。

電車の7人掛け席の所の1.5人分の所に無造作に座っている人を見ると
残りの0.5人分の所にすり寄ってでも、7人掛けを守らせようとするところ
があります。

思うに、私には普通の人にあるはずの「パーソナル・スペース」がないか、
狭いような気がします。それは、他人と自分を分け隔てる見えない壁のような
ものなんだと思いますが、どうも、私にはそれが感じられないのです。

一方では、日本人はパーソナルスペースの感覚が、ハグの習慣のある欧米より
も狭いので、端を選ぶ傾向があると聞いたこともあります。

ただ、一人でそのように考えている分にはよいのですが、こうした私の人との
距離感における「鈍感性」は、一つ間違えれば、(周りから押された時などに)
人に触れたとしても、「痴漢」と騒がれるこの世の中では、不利であり、危険の
ようにも感じます。

私は、パーソナルスペースの感覚がより狭い日本で、どのような点に気を付けて
いけばよろしいでしょうか?
又、外国人(といっても色々ありますが)とはどのように接していけばいいでしょうか?
(一概には言えないかもしれませんが・・・)

私は、電車内では、端っこよりも真ん中に座りたがる「少数派」です。
ですから、両隣に見知らぬ人が座り、袖を触れ合っても、全然平気です。

電車の7人掛け席の所の1.5人分の所に無造作に座っている人を見ると
残りの0.5人分の所にすり寄ってでも、7人掛けを守らせようとするところ
があります。

思うに、私には普通の人にあるはずの「パーソナル・スペース」がないか、
狭いような気がします。それは、他人と自分を分け隔てる見えない壁のような
ものなんだと思いますが、どうも、私にはそれが感...続きを読む

Aベストアンサー

近接心理学?を知りませんが、空間や近接の過剰感などは、その状況の中で認識するもんでしょう。 昭和の50年代の東京や大阪の中心部で勤め人だったら、満員電車でぎゅうぎゅうに圧縮されるのは自然な感覚で受け入れていたでしょう。同年代でも、農村や漁村であれば、直接に人体がコンタクトするようなことは、祭りで神輿を担ぐようなときでなければ、異常を感じていたと思います。 現在の東京及び多くの都市型の住宅地では、他人の家をアポイントなしに訪問し上がり込むのは不作法で感じが悪い行為に思われるでしょうが、今でも、私の知っている田舎では、突然に他人(知り合いです)が自宅に入ってくるのは日常茶飯です。
私は勤め先ではできる限り直接面談し挨拶し、相談し、依頼し、報告する、指示するのを自然で、かつ、もっとも良い方法と考えていて、電話やメールで連絡する、書類で連絡するのは《止む得ない・そうすることも欠かせない》というふうに考えていました。しかし、若年者は、隣席のもの(現実に当人が手の届くところにいる)にメールで連絡するという(私には異常な行動としか感じられない)行動をしていました。

電車の7人掛けのシートに6人が座っていて、そのうち一人は1.5人分のスペースに無造作に座っていたとしても、隣の7人掛けシートには5人、前の7人掛けシートには4人、という状態で、(7人掛けのシートに6人で、うち一人は1.5人分のスペースに無造作に座っているところ)を目指し、そこに割り込んで座ろうとするのは、異常な行為です。 そこが女ばかりのシートで、そこを目指して座ろうとするのが男だったら、変質者かもしれないと思われてもしかたないです。
レジの順番待ちで並ぶ場合も、密接して並ぶのか、適当な間隔をおいて並ぶのかは状況次第です。 半径5メートルにはなにもないし、危険回避の必要もない場所で、何となく並んで列を作る場合、その地域のその時代の文化習慣があって、その習慣よりも極端にちがう間隔で、5cmの間を残して並ぶ、あるいは1.8メートルは開けて並ぶとなれば、おかしい行為と思われて止む得ないです。
周囲に制限や制約がない野原のようなところで、3人で話すという場合、5メートルの間隔をおく、あるいは、30cm以内に近づくのは、異常です。(手をつなぐ、肩を組むなどの別の行為を必要とする場合は別です。体を密着させたいような赤子、介護を擁するもの、体温を感じたい相手とは別です)

パーソナル・スペースは個人のもつ感覚ではなく、その社会が習慣としている状況に応じた個体-個体の通常距離です。

近接心理学?を知りませんが、空間や近接の過剰感などは、その状況の中で認識するもんでしょう。 昭和の50年代の東京や大阪の中心部で勤め人だったら、満員電車でぎゅうぎゅうに圧縮されるのは自然な感覚で受け入れていたでしょう。同年代でも、農村や漁村であれば、直接に人体がコンタクトするようなことは、祭りで神輿を担ぐようなときでなければ、異常を感じていたと思います。 現在の東京及び多くの都市型の住宅地では、他人の家をアポイントなしに訪問し上がり込むのは不作法で感じが悪い行為に思われるで...続きを読む

Q高校2年です。 将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで

高校2年です。

将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで心理系大学にいくのはアホですか?

ちなみに心理というワードを聞くだけで興味がわいてワクワクしてくるくらい心理学が大好きです。


私は今まで、どうしても心理を学びたくて心理系の大学ばかりを探してきて、ほかの学部に目がいきませんでした。ですが、親と相談しててほかの学部も考えてみたらと言われもう一度考えてみようと思っています。

そこで、文系で就職に有利な学問といったら
何があるんでしょうか?

Aベストアンサー

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書いておられるように、アバウトな就職の為に大学に行くのではありません。
やりたい事があれば、そのために行く、やりたい事が無ければ、大学で見つけようと考えて行くものです。
まずは、あなたがどういう仕事に興味があるかをしっかり自分に問うべきですね。高2ならば、行く大学によって、選択科目も考えなければいけません。
行ける所に行くのではなく、行きたいから行く方が、勉強もやりがいがあります。

あなたの大切な将来の為に、もう一度じっくりと考えてみてくださいね。
良い高校生活を送って下さい(*⌒▽⌒*)。

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報