こんにちは。

会社に入社し、2月1日付けで社会保険(厚生年金)に加入しました。
しかし、新しい保険証を会社からもらったのは今日(3月1日)です。
そして現在加入している国民健康保険を役所で解約してきてくださいといわれました。
仕事が忙しく、なかなか役所に行く時間がありません。(なるべく早く行くつもりです)

私が気になるのが、国民健康保険料の支払いなのですが。。。
2月1日付けで社会保険に加入し、国民健康保険の解約を3月に行った場合、
2つの保険が重複してる期間の保険料はどうなるのでしょうか??
(2月分の国民健康保険は支払わなければならないのでしょうか??)

ちなみに、1月分までの国民年金、国民健康保険は支払っています。

文面、分かりにくく申し訳ありません。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご就職おめでとうございます。


まず、健康保険と年金は違う社会保険なので、そこのところを理解してください。
会社から保険証をもらったということですから、健康保険と厚生年金、両方に入ったわけですね。(普通は両方同時に手続きします)
で、保険料ですが、役所へ行って手続きするまでは国民健康保険も国民年金もずっと請求が来ます。が、たとえ重複して支払ってしまっても、その分はあとで返ってきます。
役所へ行ったとき、国民健康保険だけでなく国民年金のほうも年金手帳を持っていって手続きするのを忘れないで下さいね。(国民健康保険は、解約というか、抜けるわけですが、国民年金は種別変更という手続きになります)
二度も行くのは大変ですから・・・(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になりました。

しかし、会社の方からは国民健康保険の手続きのみの指示でした。
会社には入社時に年金手帳を提出しているので、種別変更は会社で行ってくれたのでしょうか?
会社に問い合わせてみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/01 15:20

2月に国民健康保険を使っていなければ,2月分以降支払わなくても全然問題ありません。

できるだけ早く国民健康保険・国民年金を解約するように努めてください。早く解約しないとしつこく催促が来ることになるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
とても参考になりました。

なるべく早く役所へ行って手続きをします。

お礼日時:2001/03/01 17:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労働保険料の消費税区分は?

非課税ですか?課税対象外ですか?教えてください。

Aベストアンサー

消費税の課税対象の要件に合致していますが、消費者に負担を求める税としての性格から見て、課税の対象とすることになじまない「非課税取引」です。
「不課税取引」ではありません。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/shouhi.htm

Q国民健康保険税と国民健康保険料

「国民健康保険税」と「国民健康保険料」の違いは何でしょうか?

引越しをして、住民票の転入手続きをしたら以前住んでいたところと、今住んでいるところから支払い書が来て、重複している期があって疑問に思ったのですが、ご存知の方あれば、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 国民健康保険税と国民健康保険料は私たちへ影響を及ぼす大きな違いというのはあまりありません。気になさらなくてもいいのでは。市町村によって税方式だったり料方式だったりします。遡及期間とかでの違いがあるはずですが。

で、前の市町村と引越し後の市町村での重複期間があるとのことですが、これもありえます。前の市町村が国民健康保険税(料)を何期で納めることになっていたか、今の市町村が国民健康保険税(料)を何期で納めるなっているかにより重なったりします。

 健康保険税(料)転入日以降の分は今住んでいる市町村に納め、それまでの日に対する分は前の市町村に納めることになります。前のところからきた納付書は多分、転出したことにより資格がなくなり、それにより国民健康保険税(料)を再計算したのち不足分がおくられてきたのではないのでしょうか。

Q消費税区分について

法人で経理を担当している者です。消費税区分について教えて下さい。
「企業年金保険料」の消費税区分は「不課税取引」それとも「非課税取引」どちらに該当するのでしょうか?
また、「社会保険料の会社負担分」や「雇用保険料の会社負担分」などの法定福利費の消費税区分ついても教えて下さい。
色々なHPを参照すると意見がまちまちの様で今ひとつ解りません。回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://shouhizei.okumurayoshifumi.net/gaiyou/404.html

>「企業年金保険料」の消費税区分は「不課税取引」それとも「非課税取引」どちらに該当するのでしょうか?
また、「社会保険料の会社負担分」や「雇用保険料の会社負担分」などの法定福利費の消費税区分ついても教えて下さい。

両方、非課税です。

Q国民健康保険料と国民健康保険税について

国民健康保険の保険料は保険料として徴収している自治体と
国民健康保険税という地方税として徴収している自治体があります。

地方自治法上はどちらでもいいようなのですが、
なぜ自治体によって違うのですか?
なにか基準があるのでしょうか、それとも各自治体の自由な判断でできるのでしょう
か。

また保険料または保険税によることの
それぞれのメリット、デメリットってどんなものがあるのでしょうか。
こちらも併せて教えてください。

Aベストアンサー

基本的には、計算方法などは同じです。
時効期間は、異なります。
あと、大きな違いとしては、保険税の場合は、条例に税率まで規定されますので、税率を変更するときは、議会の議決が必要となります。
保険料の場合は、賦課割合や計算方式が条例に規定されているだけで、料率は規定されていません。議会との関わりは、予算審議の際に料率を含めて説明するだけです。料率の決定は、首長の告示で決定されます。

また、全国的には、都市部で保険料が採用され、中小市町村では保険税が採用される傾向にあります。採用しているし町村の数では、圧倒的に国保税が多いのですが、被保険者の割合でいえば半々ぐらいであったと思います。

社会保険の理念である相互扶助の精神からすれば、強制力の無い保険料の方が理想的と思います。

Q年金は消費税から支給する 野田総理が言った

野田総理が
「年金は100パーセント消費税から支給し、年金保険料の徴収は今期をもって廃止いたします。これまで納付していただいた方には、年金支給額の生涯上乗せを持ってご好意に対応いたします。それゆえに消費税のアップと年金保険料徴収制度の廃止を決意いたしました」
と言ったら、どうなるのでしょうか。

Aベストアンサー

つまり、スウェーデンとか、オーストリアなどの福祉に力入れている諸外国をお手本にするという方法ですかね?

あちらでは税金が高いなりに老後の保証や教育などの国家制度がそれに見合った充実したものなので国民が税率について納得しているとのことですね。

ただ、今の日本においては、多くの国民が自分の老後の年金保険料さえ、もらえるかわからない、もらえるまで保険料納められる仕事にさえ就けない、今の生活、命を繋ぐことの方が将来の年金より優先順位という深刻な状況になっており、納められていない人の方が多くなっているのが現実ですから、国民は消費税率10%に引き上げる言い訳としか考えられないでしょうね。それより先にすべきことを忘れています。
税金からお給料をもらう人たちの保護が優先されてしまっていますから。
少なくともその方々は、国民と比較してかなり安定生活の、お金持ちのはず。
国民の貧困防止、仕事を増やし、失業状態をフォローすることの方が先のはず。

年金保険料はもちろん、国民健康保険税も支払うことができない人も増えてます。
徴収を何らかの対策で廃止しなければ庶民は死んでしまいます。
いつも優先順位がぐちゃぐちゃです。


消費税率引き上げる前に、

○税金から多額のお給料をもらっている国家公務員、議員さんの雇用、人件費削減問題、お給料、賞与の減給問題が第一、、、の課題と、大多数の国民は言っています。
○次に、あらゆる増税対策には、まず富裕層のみに適用、とか、所得の高い人から協力してもらう策、所得制限などが先、と。


これらを強く希望していると思います。
今日もマスコミで訴えてました。
この2点については総理大臣、大臣、他決定権ある方々はどうしても無視したいことなのでしょうか?
それを無視して全体に増税をしたら、過去の歴史に学ばなければならない最悪の暴動とか、起きてしまうのではないかと思ってしまいます。

つまり、スウェーデンとか、オーストリアなどの福祉に力入れている諸外国をお手本にするという方法ですかね?

あちらでは税金が高いなりに老後の保証や教育などの国家制度がそれに見合った充実したものなので国民が税率について納得しているとのことですね。

ただ、今の日本においては、多くの国民が自分の老後の年金保険料さえ、もらえるかわからない、もらえるまで保険料納められる仕事にさえ就けない、今の生活、命を繋ぐことの方が将来の年金より優先順位という深刻な状況になっており、納められていない人...続きを読む

Q国民健康保険料と国民健康保険税は別ですか?

主人が1月から社保から国保に切り替わりました。
なので国民健康保険料の納付書が来ました。それは当然のことなのでよいのですが、
国民健康保険税納付書が世帯主の母へ来ました。(我が家はサザエさんなので母は私の扶養になっています)
「国民健康保険税とは世帯主にくる」といのは理解できましたが、主人が1月から国民健康保険に加入したので今月中に払いなさいという内容で、しかも8万を超える額に???状態です。
主人は昨年から半年、事故で休業していましたが保険料はちゃんと払っていました。

保険料と保険税は別物でそれぞれ払わないといけないのですか?
無知ですみません、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>我が家はサザエさんなので…

フネさんととマスオさんの住民登録地が違うのではありませんか。

>保険料と保険税は別物でそれぞれ払わないといけないのですか…

国保は自治体によって、保険料としているところと保険税としているところがあります。
その違いは時効の期間で、保険料なら 2年、保険税なら他の税金と同じ 5年とされています。

いずれにしても、一つの自治体で保険料と保険税とが同居していることはあり得ません。

>主人が1月から社保から国保に…
>国民健康保険税納付書が世帯主の母へ来ました…

国保は世帯ごとの加入ですが、サザエさんなら住民票が別になっているでしょう。
しかも、フネさんが A市でマスオさんは B市とかでないですか。

>しかも8万を超える額に???状態です…
>主人は昨年から半年、事故で休業していましたが…

今なら 22年分の所得が計算の元になります。

Q事務手数料の消費税について

生命保険料を団体扱いで給与天引しています。
その際、生命保険会社から事務手数料と消費税が支払われます。
この事務手数料は、課税売上(科目は雑収入になると思います)、消費税は仮受消費税で計上すべきだと思うのですが、会社の経理に確認したところ、事務手数料は、社員のサークルのような会に振込み、消費税は、福利厚生費の戻りとして計上しているとの回答を得ました。
回答の意味があまりよくわからないので、質問するのも申し訳ないのですが、正しい処理を教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

事務手数料は役務提供への支払いであり、may3さまの言われるように、会社の益金となり、課税売上となります。消費税等を仮受消費税等として計上するのは税抜経理方式を採用する場合の適切な会計処理です。貴社経理の方の言われるような処理は税務上の問題があるように思えます。適切な申告のためには、may3さまのお考えの処理が正しいと思います。

Q国民健康保険加入と任意継続被保険者

今年度末(来年3月末)で、再就職した会社を退職します。
その退職後の健康保険について、現在、加入している健康保険組合を任意継続被保険者となるか、国民健康保険に加入するか、どちらかの方法があるとテレビの番組で聞きました。
ただ、私は、年金を受給しながら現在の会社に契約社員として勤務しております。
この場合でも、任意継続被保険者となることができるのでしょうか?
もし、可能の場合、保険料は、会社からの給料を標準とした保険料となるのでしょうか、それとも、年金受給額も合わせた額を標準とした保険料となるのでしょうか?
どなたか、ご教示方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在働いている会社で、保険が出してもらえるなら
(それだけの給料をもらえるなら)その方が特になることが多いです。

保険に加入するほどの給料が出ないなら、一般的には(前年度所得によりますが)
任意継続のほうが割安になることが多いです。
 
その他の収入があるかにもよりますが、2年目からは国保のほうが安くなることが
多いと思います。

どちらにしても、保険に加入できるのか、できない場合任意継続の保険料がいくらに
なるのかは現在働いておられるところで聞いてみてください。

Qリース料に含まれる消費税について

社用車を諸費用、メンテナンス料込みのリース契約で使用しています。

自動車税、自賠責保険等の本来消費税は非課税のものが
リース契約となると、総額に対して課税となるので、非課税部分
まで課税されている事になってしまうのは仕方ないのでしょうか?

先日、リース会社より自賠責保険料率改正によるリース料差額精算の案内がきて、消費税が課税されていたので、疑問に思いました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に、リースになれば、所有はリース会社になるものと思いますので、保険や税金の諸費用もリース会社負担となる訳で、単に、それらも含んだ使用料のような感じで、リース料としてもらうようなものですので、全てが課税扱いとなるのは当然の事と思います。

要は、保険料等は、原価を構成するもの、という感じと思います。
原価が上がったから、売値を上げますよ、という感じと思います。
(3万円以上の振込みの場合に、銀行に支払う振込手数料に含まれている印紙代相当額200円と同じ理屈です、原価を構成するものですので、印紙分だけ非課税というわけではなく、総額に対して消費税が課されますので、630円とかいう金額になる訳です。)

それと、消費税等の「等」は、消費税については、創設当初は国税1本だったのですが、平成9年の改正により、国税である消費税4%、地方税である地方消費税1%という構成になりましたので、5%の内には、地方消費税を含むという事で、消費税及び地方消費税を略して、消費税等と呼ばれているものです。
下記サイトも、ご参考にされてください。
http://homepage2.nifty.com/og-net/text/126a.htm

基本的に、リースになれば、所有はリース会社になるものと思いますので、保険や税金の諸費用もリース会社負担となる訳で、単に、それらも含んだ使用料のような感じで、リース料としてもらうようなものですので、全てが課税扱いとなるのは当然の事と思います。

要は、保険料等は、原価を構成するもの、という感じと思います。
原価が上がったから、売値を上げますよ、という感じと思います。
(3万円以上の振込みの場合に、銀行に支払う振込手数料に含まれている印紙代相当額200円と同じ理屈です、原価を...続きを読む

Q社会保険から国民健康保険への加入変更のタイミング

GW明けに夫が失踪した為、解雇予告通知書(6/10で解雇)を受け取りました。今月中に他県へ私と子供二人(中1と生後6ヶ月)は転居します。扶養から抜け国保に加入し各種手当を受ける予定ですが、何か良い方法はないでしょうか?
このまま6/10まで社会保険に入り、解雇後国保に入るべきか、それとも転居前に社会保険から抜けるべきか、どちらのタイミングが一番良いでしょうか。また、それ以外に良い方法があれば教えていただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

正直、どちらも大差ないですが、今月中に国保に入れば保険料が発生しますから、6月10日以降に国保に入れば良いと思います。

また、会社側には国保に入る旨を伝え、「健康保険資格喪失証明書」を出すように伝えておくと、国保加入手続きが早くできると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報