【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

ってなんのことですか?
R32と関係があるようなのですが、

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

R32というよりもR34までのスカイラインのメインとなるエンジンの形式です。


6気筒というのは簡単に言えばピストンが6個エンジンの中で動いている、と思ってもらえばいいです。
正確に言えばシリンダー(ピストンが中に入って動いている筒型の穴)が6つあるエンジンのことで、その配置によって、直列・V型・水平対抗などの形式があります。
大昔のS50系スカイラインGT(S54AorB)に積まれて日本GPでポルシェ904とバトルを行って以来スカイラインGT系には必ず使われてきたエンジンの形式です(S20・L20・RB26等)。
R30スカイラインRSに積まれたFJ20は4気等だったため、本物のRではない、といわれた話もあるように、GT-R=直列6気筒のイメージがありましたが、V35スカイラインでとうとうV型6気筒になってしまいました。

直6エンジンの特徴としてはバランスが良いことがあげられますが、反面、長くて重いので最近では減りつつあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2003/02/06 18:32

ちなみに、R33の直6RB26DETTはちょっと斜めに積んでありました。

関係ないですね。すみませんm(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2003/02/06 18:31

シリンダーが縦に6個並んでいるエンジンの事。

L6、六発とも言う
フィーリングやバランスの良さは一番の形式とも言われている。反面、長く重くなりがちなので搭載性は悪い

後は参考書でも読んで調べましょう。その方が解りやすいし詳しく知る事ができます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
エンジンをみてないとわからないのですね、

お礼日時:2003/02/06 18:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング