今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

カティンの森事件について疑問に思ったことがあります。
wikipediaや他の資料もみたのですがにこのように書かれていました。
「1943年、ソ連に侵攻したドイツ軍はカティン近くの森で溝に4,000人以上のポーランド軍将校・警察官・公務員・元地主等の遺体が埋められているのを発見し、ソ連が彼らを裁判無しで虐殺したとして非難した。ソ連及び赤軍はドイツの主張に反論し、1941年に侵略してきたドイツ軍によって戦争捕虜のポーランド人たちは捕らえられ、殺害されたと主張した。」
結局1990年にソ連による犯行だったと認めることになるのですが、ドイツではホロコーストがあるのに、ソ連のこの行為を非難できるような立場だったのですか?ソ連側が虐殺したのは捕虜でホロコーストはユダヤ人や反ナチスだから舞台が少し違うと言えば違うのですが、、、
この避難というのは人道的な気持ちでのひなんというよりは、ソ連をつぶしたいという気持ちでの非難ですか?

教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

人道的なものと言うよりも政治的なプロパガンダという意味合いが強いです。



当時の状況として、ドイツは西ヨーロッパ戦線での焦れから対ソ戦争を始めることによって、イギリスとの戦争状況を発展的に解消し、反共の旗印の下にパルチザンも下火にしようと考えていました。ユダヤ人虐殺や強制労働は自国の中で行なわれていたものですが、法律的には「合法」とされるものであり、彼らの考えの元では、官僚主義的にも何も問題はなかったのです。また、パルチザン行為に対する報復行為としての虐殺も当然として考えられていました。しかし、これらの問題は国際法的には認められない性質であることが自覚されており、秘密裏に実施されていましたし、絶滅収容所もポーランド奥地の国際的に注目されないところに設置されています。

それに対して、カティンの森の大量虐殺は、ソ連の悪逆非道として喧伝するに格好の材料でした。このプロパガンダの目的としては、以下の点が挙げられます。

・もっとも直接的にはイギリスのポーランド亡命政府とソ連との連絡および協力関係を壊す。
・当時展開しつつあった反ファシズム連合国のドイツ包囲網からソ連を放逐させる。
・ドイツの掲げる「反共」の意義を世界中に再確認させ、あわよくば敵の目をソ連撲滅に向けさせる。これは実際にソ連に宣戦布告をしないまでも、対ドイツ作戦の苛烈さを和らげさせるだけでもヨシとされていました。

実際にこの事件を契機としてポーランド亡命政府とソ連との関係は崩壊し、その後、ソ連側は共産主義系のポーランド地下組織としか連絡を取れないことになりました。これは戦後にまで影響していくことになり、第二次大戦後にポーランド人民共和国が建国された際、イギリスにいた亡命政府関係者はほとんど放逐された感じでの人事が行なわれることにもなります。
反ファシズム連合国包囲網構築に対してはあまり大きな成果を挙げることはできませんでしたが、それでも一定時間の確保には役立ちました。
反共共同戦線構築に関しても、国際レベルでは大きな役割を果たせませんでしたが、個人レベルでの反共意識の強化やドイツ占領下の国々からソ連戦線への義勇兵が出るなど、部分的な成果は見られました。
    • good
    • 1

現実的には、プロパガンダ合戦ということです。


しかし、ユダヤを始めとしたいわゆる「二級市民」は、ナチスドイツによる人種差別政策を始める前から欧州においては差別的扱いを受けており、また、当初は意識的に差別政策を行っていただけなので、ソ連軍による無差別大量虐殺は、あまりにも酷いと思ったのでしょう。
    • good
    • 1

さすがドイツ人だ。


いくらホロコーストで何百万人殺戮していようとも見に覚えの無い犯罪は断固として否定する。是々非々の姿勢。それが正しい。わが日本ではどうか? 
「大陸でたくさんの人を殺したのは事実だから南京でもたぶん殺したのだろう。いいじゃないか。南京虐殺はあったんだろう。向こうが30万と言うなら30万人を日本軍が虐殺したでいいじゃないか」
こんなへっぴり腰的日本人がいる。絶対にだめだ!
日本人はカチンの森におけるドイツ人の態度を見習い、身に覚えの無いことは断固として否定しなければならない。東京裁判で確認された南京事件の犠牲者はわずか一人であります!
    • good
    • 1

自分達のやっていないことまでは、そりゃあ認めませんよ。

あくまでホロコーストはドイツにおいて合法的に行われていたものであり、それと関係のないことは当然非難するでしょう。それに併合しているポーランド人を殺すメリットはないと思いますよ。労働力に使うとか使い道はありますし。人道的という概念はこの大戦のあとに造られた概念です。(ホロコーストというドイツでの合法的行為を裁くために)

ちなみにゲームメタルギアソリッドですと、ヴォルギン大佐がこの事件を起こしたことになっています。参考までに。
    • good
    • 0

 プロパガンダと人道性と両方でしょう。



 ドイツ第三帝国といっても一枚岩ではなく、国防軍とSSは別の組織で、あまり仲がよくなかったようです。
 虐殺現場を発見したドイツ国防軍は、徴兵された兵隊さん(要はその辺の普通のお兄ちゃんです)と職業軍人のお偉いさん(連合軍や自衛隊と同じ)からなります。
 ナチス政権が行った事業のうち、戦争の主力にはなりましたが、ホロコーストには関係がなく、その実態も知らされていなかったので、この発見に義憤をつのらせた人も多かったでしょう。

 一方で、ホロコーストを実行し、軍事力としても機能した親衛隊でも、彼らの人種論敵な発想ならば、自分たちは正当で、ソ連の行為だけが悪と考えたことができたでしょう。なので、彼らなりに“人道的”に非難することもできたはずです。
 また、国防軍が情報が行ってしまった以上、「自分たちもやっているから黙っておこう」と隠蔽することは不可能でした。

 いずれにせよ利害が一致したので、ソ連に対する戦時プロパガンダに利用するのに問題はなかったのですが、通常、プロパガンダというと、誇張や虚偽を使ったイメージがあります。
 このケースではドイツは数字も正直に出しているのに、ソ連は否定するどころかドイツのせいにすらしています。なので、ドイツ側は、人道的な気持ちに近い感覚で国際社会に報告した感覚だったと想像できます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第2次世界大戦のソ連の戦死者が多い理由は?

先日、池上彰さんのテレビ番組で「第2次世界大戦のソ連の戦死者は2000万人を超えている」「その恐怖からスターリンは、隣国を共産国にした」ということを知りました。

日本の太平洋戦争での戦死者は300万人くらいと聞いてますが、日本の戦死者と単純に比較できるのかどうかわからないのですが、日本の7倍の戦死者の数には、とても驚きました。

第2次世界大戦のソ連の戦死者が多い理由をお教えいただけましたら助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まあ、漫談です。

ソヴィエト軍はバルバロッサ作戦当初にその主体が壊滅したので、1941年のタイフーン作戦を乗り切って以降の部隊が、みな新兵、という特徴がありました。
また旧式の機械装備も壊滅したので、結果的に機械装備が新式のものにいれかわりました。
T-34は名高い戦車ですが、他につかえる戦車が当初はなくなってしまっていたから使った、というのが実態です。
最新装備と新兵がまぜこぜになった軍隊が、モスクワ正面の戦いを乗り切った、1942年当初のソ連軍でありました。

もちろん精鋭であり戦略予備といえるシベリアの部隊はありましたが、ノモンハンのときに日本の帝国陸軍と正面衝突を初めてして大損害をうけた経験から、軽々しく欧州戦線に移動させるつもりに、ソ連軍指導部はなれなかったのです。
そのノモンハンのソ連軍総司令官が、スターリン直々に任じられたジューコフでした。

ジューコフは、

1 ソ連軍は弱い

2 だから勝つためには、敵より多くの兵器と兵士を前線に惜しみなく投入し、その重みで押しつぶすしかない

3 だから、兵士も戦車も大砲も、とにかく数をあつめる

ということを、理解していたので、必要なだけの兵力を敵がつぶれるまで投入しました。当然ながら自分より強い相手を数でつぶすのですから、犠牲はふえます。
さらに、この考えをスターリンも支持したので、党、治安組織、軍事思考、動員体制、といったソ連という国家の戦争体制そのものが、勝てるまで人命も装備も前線に突っ込むように構築され、上から下まで人命軽視というより、人命より目的達成、のドクトリンが徹底しました。目的達成が勝利なら、なおよし、です。

そのような体制のもとで運用されたソ連軍の基本的ドクトリンは、

最低でも幅50kmの線に分厚く、最低でも敵の3倍、普通なら5倍、理想は7倍の二陣の部隊を結集させ、

まず砲撃と航空攻撃だけで相手の6割に損害をあたえ、

そして第一陣が弱った敵に突っ込みその第一陣が自分の損害を省みず敵をなぐるだけなぐったら、

味方第一陣の残骸を乗り越えて無傷の第二陣が第一陣と戦ってボロボロになった敵を蹂躙する、というものでした。

装備は更新されたし、戦車・武器も疎開した工場と米英のレンドリースでそろえてはいるが、兵士の教育が低い軍隊にむずかしいことはあまりできません。字の読めない兵士が珍しくないどころか、ロシア語がわからない兵士も珍しくありません。
なので、時には下級将校は選挙で選び出され、そのような将校には反抗するものを軍法会議抜きで「処分」する権利はあたえられました。戦争をしている国家と党に異を唱える者はいらない世界です。
また、女性が前線で銃をとったり、戦車兵をやったり、戦闘機・爆撃機パイロットをしたりしたのも、ソ連軍だけでした。

この残酷な単純化となりふりかまわなさが、精鋭のドイツ軍相手に血を流しつつも、ソ連軍を勝たせたのです。

まあ、漫談です。

ソヴィエト軍はバルバロッサ作戦当初にその主体が壊滅したので、1941年のタイフーン作戦を乗り切って以降の部隊が、みな新兵、という特徴がありました。
また旧式の機械装備も壊滅したので、結果的に機械装備が新式のものにいれかわりました。
T-34は名高い戦車ですが、他につかえる戦車が当初はなくなってしまっていたから使った、というのが実態です。
最新装備と新兵がまぜこぜになった軍隊が、モスクワ正面の戦いを乗り切った、1942年当初のソ連軍でありました。

もちろん精鋭...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング