マンガでよめる痔のこと・薬のこと

28歳で抑うつになりその後躁鬱II型ラピットサイクラーと病名が付きました。現在リーマス800mg、デパケン200mg、トレドミン25×4、サイレース、テトラミドを服用しています。年末にテグレトールを飲みましたが酷い薬疹と肝機能をやられ中止になりました。春までにはラモトリジンを服用する予定ですが今まで気分が落ち着いた事がありません。ディケアにも通っていますが私はよくお休みをします。元々気分を落ち着かせようと薬に頼るのがおかしいのでしょうか?やはりラッピットサイクルだから波があって当然なのでしょうか?お薬が効かなくて本当に困っています。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

躁鬱病歴3年。

3度の入院。4度の欝を克服しました。
おお。このトピックスでは珍しい、同志に出会えました。
何か嬉しいです。みんな欝なんですもの。

私は、もっと残念な双極性障害(躁鬱病)I型です。II型より、I型の方が感情の起伏が激しいのです。さらに、ラピッドサイクラー。私もです。自分で自分にご愁傷様です。つい最近、主治医に

「私はラピッドサイクラーに陥ってますか?」

と聞いたら。主治医は一瞬「やべっ」って顔をして

「そうですね。でも、toku3de-suさんの場合は自殺の恐れがあったので仕方なく、三環系を処方しました。ので、避けられなかったのですよ。」

と言われました。まぁ、自分で望んだ三環系の処方なので仕方ないなと思いました。

現在躁状態のため、
デパゲンR 1200mg
テグレトール 800mg
ビカモール 3錠(何mgは分かりません。ちょっと調べれば分かりますが・・)
を昼に飲み、睡眠薬はベンザリン、サイレース、ベゲタミンBを飲んでいます。

デパゲンR、とテグレトールの量は、質問者様なら分かると思いますが、尋常ではない量です。しかし、これでもまだ動ける(毎日休まず作業所へ通ってます)ため、これでいいんじゃない?と主治医も私も納得してます。

さて、自己紹介が終わったところで本題です。(長くてすみません)
以下すべて私の場合の対処方法で回答させていただきます。

>元々気分を落ち着かせようと薬に頼るのがおかしいのでしょうか?

私の場合は、薬に頼らなくても、躁の場合はある程度、自制できます。欝の場合はまだ、対処方法がわかっていません。
しかし、躁の場合の対処法にも限界があるので、結局薬に頼ります。
薬があるのだから、頼って良いと思います。

躁の際、自制するポイントですが、大きく息を吸います。なるべく外出しないようにします。運動などはしてはいけません。友人などと会うのは最悪です。喋り続けて止まらなくなり、余計躁を進行させてしまいます。携帯のプランも、定額にいったら、使えなくなるようなプランにしましょう。そうすれば、

「今月は携帯使いすぎているな。躁になってる予兆かも。」

と、良い目安になります。

私の場合、躁になった時に特徴的なサインが現れます。普段は、コーヒーもたばこも飲まないのに、躁になると、無性に両方とも欲しくなります。今日、先述の投薬を続けて、約2ヶ月になるのですが、ようやく落ち着いてきたのか、両方とも飲まなくなりました。
これを、目安に薬の変更をするかどうか医師と話し合います。
ただ、まだ落ちてきていないので、減量はしない予定です。何せI型ですからね。症状出ると怖いので・・・。

しかし、きっと、質問者様は欝の場合の対処方法を知りたいのではないでしょうか。

>ディケアにも通っていますが私はよくお休みをします。

とありますので。

欝はつらいですよね。なかなか、光が見えなくて、くじけそうになった事もありました。(要するに自殺未遂)しかし、沈んだ日は、必ず昇ります。薬を頼りに、ゆっくり治してみてはいかがでしょう。

以下は、先にも書きましたが私見を述べます。
断じて医師の意見ではないので、必ず主治医に相談の上行う事。

あまり、ひどい欝が続く場合は三環系の投与も視野に入れても良いと思います。ただ、これを

「いいんじゃないの」

と二つ返事でOKする医師でしたら、ちょっと疑った方が良いと思います。先生に、

「本当に大丈夫ですか?」

と理由を必ず聞きましょう。納得したら、処方してもらいましょう。

双極性障害で禁忌なのは三環系、四環系、SSRIです。これらを、二つ返事でOKする場合は怪しいですよ。(薬について詳しくしりたければ、文末にあるURL参照)
私の場合は、躁になった時の病識が強いのと、欝で自殺しそうになっていたので、先生は投与してくれました。

>やはりラッピットサイクルだから波があって当然なのでしょうか?

ラピッドサイクルに限らず、双極性障害(躁鬱病)は波は訪れます。私の記憶が正しければ(こんな番組ありましたね(^^))、20代では半年に一回くらいの割合で波が訪れ、歳を重ねるごとに、その間隔はせまくなっていく。だったと思います。ので、ラピッドサイクルに限らず波はあります。

>お薬が効かなくて本当に困っています。

そうですか。お薬が効かないとは、どのような症状があるから薬が効かないと判断されているのでしょう。やはり、デイケアをよく休んでしまう点でしょうか。双極性障害(躁鬱病)の薬でメジャーなのは以下の三つです。すべて試したのでしょうか?量を色々変えてみましたか?

・リチウム塩(商品名リーマスなど)
・カルバマゼピン(CBZ)(商品名テグレトールなど)
・バルプロ酸ナトリウム(VPA)(商品名デパケン、バレリンなど)

私のように、尋常でない量を投与しないと、効かない可能性もありますので、一筋縄ではいかないかと。この病気は長い目で見なくてはならない病気です。医師と二人三脚で取り組んでいきましょう。

一助になれば幸いです。

この回答への補足

先日はご丁寧にお返事有り難うございました。とてもよく研究されていてただただ圧倒されました(! ̄д ̄) 先日外来で主治医に「ラッピットサイクルは治療が難しいです」と言われちょっとショックでした。私の場合ダウナーになってもアッパーになってもそれ程酷い症状にはならないらしいのですがプチ鬱状態が続いていてちょっと生活が辛いんです。いい自分を知っているから(何でも出来ちゃう躁状態)と比較してそのうち普通な自分がわからなくなります。お薬はリーマスを800mgに二年前からデパケンが追加になりそれからというもの躁状態は無沙汰です。いい気分は続かず直ぐに鬱になってしまいます。テグレトールも試みましたが酷い薬疹と肝機能障害を起こしました。ですからお薬が効かないといったのは気分がプチ鬱が長くて効かない、、といったのです。

補足日時:2009/01/21 19:44
    • good
    • 0

質問者様。

勉強になりました。ありがとうございました。ラモトリギン、認可は2008/12/12なのですね。(参考文献[2]より)
新しいですね。
では、お読み下さい。不明な点はお礼に書き込んでもらえれば、出来る限り対応します。


-------------------------重要!!-----------------------
以下に述べる事は素人がインターネットで知りえた情報のみである。
断じて医師の意見ではない。
参考程度に読み、医師と情報交換する際の足し程度に解釈する事。
---------------------------------------------------------
ラモトリギンの用法、用量。副作用を以下に記す。以下の文章で[]内の数字は参考文献の数字と一致する。

☆ラモトリギン、用法、用量。
成人(ラミクタール錠25mg、ラミクタール錠100mg):
○バルプロ酸ナトリウムを併用する場合:
通常、ラモトリギンとして最初の2週間は1回25mgを隔日に経口投与し、次の2週間は1日25mgを1回経口投与する。その後は、1~2週間毎に25~50mgずつ漸増する。維持用量は1日100~200mgとし、2回に分割して経口投与する。
○バルプロ酸ナトリウムを併用しない場合:
(1)本剤のグルクロン酸抱合を誘導する薬剤(注1)を併用する場合:
通常、ラモトリギンとして最初の2週間は1日50mgを1回経口投与し、次の2週間は1日100mgを2回に分割して経口投与する。その後は、1~2週間毎に最大100mgずつ漸増する。維持用量は1日200~400mgとし、2回に分割して経口投与する。
(2)(1)以外の抗てんかん薬(注2)を併用する場合:
バルプロ酸ナトリウムを併用する場合に従う。[1]

☆ラモトリギン副作用
重症な皮膚障害である、スティーブンス・ジョンソン症候群発症の可能性がある。[2]
こちらスネーク 情報を入手した、報告する。(これは[2]においてコードネーム、スネークさんからの投稿。[2]を見てももう埋もれてしまって表示されない)
新刊【双極性障害 著 加藤忠史】より・・・
(1)ラモトリジンは鬱の予防がメインであり、鬱の改善には期待できない。 5例の研究の中で鬱症状に効果があったのはわずか1例。また、副作用であるスティーブンス・ジョンソン症候群になる人は特定の人のみであることも判明した。例えば「物資X」がその人の体内に生まれつきあるかどうかで、あれば上記の副作用に罹ってしまう。
(2)そのほか特異な点はなかったが、セロクエルが鬱に効果があるぐらいで結局、双極性うつに効く特効薬は未だない
みんな苦しいかもしれないが、自殺はしないでおこう。
この先、脳科学の発展により躁鬱病の特効薬が生まれる日が必ず来ることを信じて。[3]

☆特記:スティーブンス・ジョンソン症候群とは?
紅斑、水疱、糜爛が皮膚や粘膜の大部分の部位に広く現われることに加え、高熱や悪心を伴う。また、皮膚や粘膜だけではなく目にも症状が現れ、失明することもあり、治癒後も目に後遺症が残りうる。[4]

以上。こんなんでどうでしょう?[2]には、ラモトリジンに関する参考URLが結構書かれていましたが、質問者様にはこれくらいで大丈夫かな?と思ったので、そこまで深くは掘り下げませんでした。

*参考文献
[1]http://www.nichiyaku.or.jp/contents/shinyaku/n08 …
[2]http://c.2ch.net/test/read.cgi/utu/1229702999/i
[3]http://72.14.235.132/search?q=cache:heryH_lymoYJ …
[4]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86% …
    • good
    • 0

おお。



あの長文を読んでいただけたとは。
分かりにくいですかね。欝でも読めるように、途中途中で休憩をはさんであるのですが。
私は大学院出なので、論文調であれば、少し自信があるのですが、平易な文に起こすのには骨が折れました。だって、平易な文を書くって事は本当の意味を知っていなくてはならない、って事ではないですか。
ムツカシイ。

ラモトリジン、今ちょこっと調べたのですが、新薬のため、資料が少ないです。ので、後ほど(多分夕方くらい)書き込みます。

実は、今は作業所に行ってなくてはいけない時間なのですが、欝に転じてきた自分には、作業所は遠いです。そこで、こんなネットをやってしまっています。この回答したら、すぐに作業所行きます。ひげを剃る元気もないので、マスクをして過ごします。

さぁ、辛いけど仕事だ。
    • good
    • 0

わたしは今の主治医に何度も助けていただきました。



それまでの5年間というもの入院中にも係わらず
1年ごとに主治医が変わりました
3度目の先生から、退院させてくださいと
母親も3回目の先生と会ったのですが
父親が拒否していましたので
その頃の法律なのかわかりませんが
本人の希望が受け入れられない状況でした

現在の主治医が5度目の先生からの引継ぎで
わたしの担当になりましたが
先生は、まず、待ってください、とお話されました

わたしも、その虚しさを訴えましたが
先生がやはり主治医としてのお立場が有ったんでしょうね
自らの、わたしの治療方針を確かめるため

8ヵ月後、退院できましたが
2週間後からアルバイトを始め
3ヵ月後には病気を隠して清掃の社員になりました。

それから15年くらいたっていろいろな事がありましたが
本当に先生という存在の重要さ
ありがたさが、身にしみてわかります。

父親を訴える、なんて脅すような事が有ったなんて
お聞きしたのは10年くらい経った頃です

ありがたくて、泣いてしまいました

emily-czerさんも、先生がどんな方か
わたしには、わかりませんが
人生さえ左右してくださるお仕事だと
本当にわたしは思っていますので
苦しいでしょうけど
こうやって先生に救われた患者もいるという事を
解っていただけたら
わたしもわたしの主治医への恩返しだと
思っています

参考にしていただけたら幸いです
    • good
    • 0

補足ありがとうございました。



さて、補足に書かれました

>とてもよく研究されていてただただ圧倒されました(! ̄д ̄) 

とありましたが、それは参考URLをご覧になっての感想ですかね。でしたら、ありがとうございます!!
長文のため、読んでくれる人がおらず、開設してそろそろ1ヶ月になるのですが、一言も掲示板への書き込みがありません。
一言でも、そう言っていただけると、作った甲斐があったってものです。どうでしたか?何か読みづらい点ありましたかね?やっぱ、長すぎですかね?
あの、大枠は躁状態の時に3時間で作りあげました。やっぱ凄いですよ、躁状態は。0時から作業始めて3時に完了しました。何故、そのような時に作ったかと言うのは、長くなるので辞めます。

>ですからお薬が効かないといったのは気分がプチ鬱が長くて効かない、、といったのです。

これは、残念なのですが、躁鬱のセオリーとして、弱欝状態で保つというのがあるのです。主治医の先生はそのセオリーに忠実に投薬を実行されているのだと思います。弱欝状態だと、躁状態のような、誇大妄想を抱いたり、浮気したり、借金したりなどの、社会的な危険から身を守れるため、そのようにするらしいです。

質問者様の主治医は良い主治医だと思います。

私の主治医はほぼ私の言った通りに薬を処方してくれます。(まぁ、私の病識と薬の知識を認めた上でだとは思いますが・・・。)

ので、これは、やばいな、と思ったので、あんな長い文章にまとめる程の薬学の知識を身につけるに至りました。まぁ、実際問題としては、私の思う通りに処方してくれるので、私は気に入ってますが、薬の知識が無い人(病気は医師におまかせという人)にはとんでもなく危ない医師だと思います。
現在でも、友人の処方を見させてもらったりして、分からない薬があると、携帯にメモしておいて必ず調べます。

また、分からない薬があったら、私のURLで調べると良いかもしれませんね。
って全部は読んでないって。(^^)やっぱり長いですよね。あれでも、かなり削ったのですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一通り読んでいます☆まだまだじっくり読みたいと思います。

春までに去年の10月に認可のおりたラモトリジンをトライする予定ですがテグレで酷い薬疹があったので副作用が怖いのです><
もしよろしかったらラモトリジンの副作用を教えて下さいませんか?元々てんかん薬ですが何でも躁鬱の鬱に効くお薬らしいですよ。

I型でも自分に合ったお薬があって毎日作業所へ行ける、、、とても素晴しい事ですよ♪♪私は以前ピアニストでしたが今は全く鍵盤に触れていません

お礼日時:2009/01/21 23:08

私は双極1型です。

安定しています。リチウムだけを継続しています。

現在、躁鬱病(双極性障害)は「心の病気」ではなく「からだ(脳)の病気」と考えられています。薬に頼るのはおかしくありません。

双極性障害は比較的患者が少ないので、一人の医師と限らず複数の医師の意見を聴くことも意味があることがあります。(ただし自分の意見の言える医師)

参考URL:http://square.umin.ac.jp/tadafumi/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

先日はわざわざ回答を有り難う御座いました。
加藤先生のホームページですよね??
私も加藤先生の本を持っています。

お礼日時:2009/01/21 20:40

私自身、1月初め頃よりやはり精神的な病を持ち、


お薬等で悩んでいらっしゃる方々に、
様々なアドバイスなどをさせていただきました。

共通しておられるのは、お医者さんとか、
その病院との信頼関係だったりして、
精神のお薬は先生が処方されているのにも係わらず、
このサイトで質問されておられる症状について
先生にご相談するより先に、ここで相談されるという事ですね。

まず、主治医にご相談される事をおねがいします。

なにかのご縁なのか、わたしは今日になって、初めて
ご相談された方々に、私自身精神の病をもって現在に
いたっていると告白いたしました。

わたしの公開プロフィールや、回答、質問の履歴等を参考に
されることを希望いたします。

わたしの主治医とは、もう15年以上はお世話になっています。
ありがたい事です。

なにかのお役にたてれば幸いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング