1000万円を定期預金にて都市銀行にて預けています
(金利0.4パーセントほど)

しかし最近ネット銀行などは金利が1%を超えていて、借り換えたほうが得なのかな?という気がします。

その他50万円ほどでも全て金利のいいネット銀行へ中途解約して借り換えるべきでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

補足です。



No1の方が【しかし、高金利の裏には何かあります。】とありますが、1%前後の定期預金であれば、裏には何も無いものがあります。

○一例
住信SBI銀行の1年定期 0.9%
新生銀行の1年定期 1.1%

今の金利が0.4%で1年でしたら、解約して預け替えた方が得でしょうね。
    • good
    • 0

本当に使わないお金でしたら、預け替えたほうが得です。


しかし、高金利の裏には何かあります。
たとえば、中途解約ができない、解約に手数料がかかるなどです。
よく見極めたうえで判断したほうがいいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀行の預金。金利が0.6%で5年間1000万円を普通預金にしました。5年後に1000万円と6

銀行の預金。

金利が0.6%で5年間1000万円を普通預金にしました。

5年後に1000万円と60万円の利息が付いていました。

なぜですか?

どういう仕組みですか?

1000万円と30万円じゃないのは何故???

Aベストアンサー

1000万円の0.6%/年では6万円です。なので、
単利の場合、利息は1000×0.6%×5年=30[万円]です。
1年複利の場合でも、1000×1.006^5-1000=30.36[万円]です。
なので、「60万円の利息」はあり得ません。
何か他の特典があるはずです。
でなければ、銀行の計算ミスで大儲け? 追究しないほうが良いかも。

Q【老後の貯金1000万円を目指せ!】って老後の生活は1000万円じゃ無理なのでは? 月10万円の生

【老後の貯金1000万円を目指せ!】って老後の生活は1000万円じゃ無理なのでは?

月10万円の生活費で1年で120万円。

8年半で貯金は尽きる。

60歳で定年退職したら68歳で貯金が無くなりますけどその後の生活はどうやっていくつもりなのでしょう?

4割の非正規労働者は退職金はないですよね。

年金も生きていくには少なすぎるし。

どういう計画なんでしょう?

Aベストアンサー

厚生年金なら月に20万位65歳以上でもらえますので、月に20万で生活できるように倹約して下さい。
夫婦共働きなら月に40万になりますので十分だと思います。
 ですから65歳まで退職金とか貯金で生活して下さい。

Q【銀行預金の利子に地方税が課せられている】 銀行の金利って100万円を1年間預けて100円の利子でA

【銀行預金の利子に地方税が課せられている】

銀行の金利って100万円を1年間預けて100円の利子でATM1回使ったり、他銀行振り込みを1回すると1年間の利子が全部パーになるっていうくらいに低い金利の銀行の利子に地方税が引かれるってことは実際はもっと金利は低くなってるってことですか?

金利0.001%の世界よりもっと下がってるってこと??

昔から銀行の利子に地方税が引かれてた?

いつから地方税が取られるようになった?

地方税の税率は幾ら???

教えてください。

Aベストアンサー

>金利0.001%の世界よりもっと下がってるってこと??
お見込みのとおりです。

>昔から銀行の利子に地方税が引かれてた?
引かれてました。
所得税も引かれます。
大正9年から、税金は源泉徴収されています。

Q銀行の定期預金の金利ですが、3年定期で金利0.5%と年利3年もの0.5%は金利は同じですか? 私は今

銀行の定期預金の金利ですが、3年定期で金利0.5%と年利3年もの0.5%は金利は同じですか?

私は今まで3年定期0.5%なら1年でつく金利は0.5÷3=0.16%
3年後の満期まで置いておけば1年0.16%の定期3年するのと同じ(税金などは考慮せず、大体という考えで)と思っていました。

でもある銀行の広告に年利1年もの0.45%、年利2年もの0.475%、年利3年もの0.5%
とありました

となると私の考え方は間違ってたかなと思っています。

3年定期0.5%は0.5%が3年間もらえるという意味ですか?

ズバリ正解を教えてください

Aベストアンサー

一般的に、金利は年利率で表しますので、特に断りがなければ3年定期で金利0.5%と言われれば年利0.5%と解釈します。
もっとも、銀行の説明書や広告にはしっかり年とか年利とか記載されていると思います。
ちなみに、3年物で利回り0.5%と言われれば3年後に0.5%増える、年利換算すると0.166%程度の商品となります。

100万円で3年利回り0.45%とすると、満期時の受取利息は税引き後3600円になりますので、7000円ということであれば年利約0.166%よりは多いと言えます。

Qペイオフで保護される1000万円は、いつも銀行にあるのですか?

とうとうペイオフが実施されましたが、素朴な疑問があります。ペイオフでは1000万円までは預金は保護されるそうですね。・・・ということは、1預金者あたり常に1000万円までは、銀行に確保されているということなのでしょうか? そして、銀行が融資に回したりできるお金は、1000万円を超えた部分についてだけなのでしょうか?
そんなことを当てはめて考えてしまうと、1000万円以下の預金者は銀行からあまりいい感じに扱われないような気もしてくるのですが・・・。(笑)
ご回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1預金者あたり常に1000万円までは、銀行に確保されているということなのでしょうか?
銀行ではなく預金保険機構が支払います。破綻するところにお金を置いておいてもだめでしょう。
この機構は銀行みんなで保険料を支払っていて、準備金を積立てています。

参考URL:http://www.dic.go.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報