【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

領収書を発行する際、「平成21年」を「平成20年」と日付を間違えてしまいました。この時、横線と修正印での修正ではなく、書き直しが正しいのでしょうか?

A 回答 (4件)

>横線と修正印での修正ではなく、書き直しが正しいのでしょうか?



そもそも、領収書の記載方法を示した典拠法がありません。
民法で、弁済をしたときに受取証書を請求する事ができると定められている
だけです。(民法486条)
法的に何を”正しい”と言い切ることはできません。

よって、”正しい”or”正しくない”かは、
 債務の弁済者(お金を払った人)が文句を言わずに領収書を受け取った事
 をもって、”正しい”と判断する事ができます。
  ※極めて曖昧な回答ですが、これが正解だと思われます。

一般的な運用で絶対に文句を言われないのは
  ◯領収書の訂正はしない
    ※改竄されたと第三者に疑われる可能性排除

但し、税務署が領収書として認めるのは
  ◯領収書の発行者の氏名(会社名)
    ※住所の記載があれば尚良い
  ◯領収書の日付
  ◯領収書の宛先(白地や上様は原則不可)
  ◯領収書の金額
 が明確に記載されており、一般的に見て改竄されていないものです。
  ※印鑑は改竄防止として有効ですが、必須ではありません
    プリンタ印字であれば改竄が簡単ですから印鑑があった方が良い
  ※日付を訂正し訂正印が押印された領収書であれば、一般的には問題
   なく税務申告時に認められますが、高額な場合は裏付け調査をされ
   る可能性があります。
   よって、後々の面倒を考慮して書き直しを要求する人も、少額だか
   ら問題ないと考える人もいます。

領収書を要求する理由が、税務申告用であれば上記を満たしていれば良い
事になります。


>NETで調べましたが明確に記載されているものを探しきれませんでした。

上記理由により、明確に記載することは極めて困難だと思われます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

gutoku2さん、ありがとうございます。 やっぱり、ハッキリした取り決めが無いわけですね! 「債務の弁済者(お金を払った人)が文句を言わずに領収書を受け取った事をもって、”正しい”と判断する事ができます」は特に参考になりました。

お礼日時:2009/01/24 19:44

領収書は証憑(証拠書類)としての機能を有していますから、日付は重要な記載事項のひとつといえます。



もっとも、重要事項であっても二重線+訂正印による訂正の方法は一般に認知されていますから、この方法で構いません。

ただ、新たに書き直したほうが見栄えはするでしょうね。
    • good
    • 0

http://www.soumunomori.com/forum/thread/trd-20850/

書き直した方が間違いがありません。
サイトを参考に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mat983さん、ご回答ありがとうございます。 go-setさんのお礼にも記載しましたが、過去の経験で通用する、しないの判断が決まるようです。 私もNETで調べましたが明確に記載されているものを探しきれませんでした。ハッキリできなければ書き直しの方が間違いないようですね、ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/21 20:55

書きお直しをした方が面倒が無くよいです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答いただき、ありがとうございます。 発行先(お客様)から「線引いて修正印してくれればいいよ!今までもそうしてるよ」と言われ、そうかな?と迷ってました。 書き直しの方が間違いないようですね、ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/21 20:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q領収書の訂正について

領収書を発行者が訂正印を押して訂正した場合、その領収書は無効になるのですか?

Aベストアンサー

訂正印を押せば新しく記載された内容が有効となりますが、
金額や発行人の訂正がある場合は、回収・書損扱いにして新しい領収証を再発行したほうがいいでしょう。

Q領収書の日付間違いについて

一応探したのですが見つからなかったので質問させてください。

今年の1月分の領収書のチェックをしていたところ、
年度が変わったばかりだったからか、受け取った領収書の年が20年ではなく19年となってるものがありました。

この場合は発行してもらった所に行って訂正してもらったほうが良いのでしょうか?
気づいたのが遅すぎて、どうしたものかと思ってます。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

その相手と トラブルの可能性が予想されるならば  できるだけ早く 再発行なり訂正を求めるのが よろしいでしょう

(代金を受取っていない、領収書があっても日付が違うから その分の支払いの領収書ではない 等強弁される可能性があれば)

継続的な取引先で 取引記録も確実に管理され、支払いのトラブルが無ければ そのままでも よろしいでしょう
(日付間違いの付箋を付けておかれるとよろしいでしょう、間違っても自分で(自社で)訂正しないように・・・改竄を疑われます)

Q領収書の日付の訂正

集金日がお客様の都合で変更になりました


準備していた領収書には集金予定の日付と印紙に割り印もしてありました


複写タイプの領収書なので集金の日付を横線にて訂正して訂正印しても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

領収書は集金日付と金額の訂正は駄目です。
再発行が必要になります。

ちなみに、その領収書受け取る方が、経理上必要なら上記の通り。
お互いの覚え書き程度で、経理処理しないのなら、お互いの了承の上で、判断下さい。

良いとは、明記できませんので!

Q請求書の金額訂正方法について

請求書の金額訂正方法について、質問があります。

自社発行の請求書の金額を訂正する必要がある場合、
通常、二重線+訂正印押印の上、正しい金額を記載する必要が
あると思うのですが、弊社社員は数字を切り貼りして(犯行予告のようです)
金額を訂正し、それをすでに得意先に送ってしまったようです。

正しい訂正方法を教えないといけないのですが、
性格に少し難のある社員でして、一筋縄ではいかない気がしています。
ですので、ちゃんと納得してもらえるような、
きちんとした根拠となるソースをご存知の方がいらしたら、
ご教授いただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考になれば、
URL:http://www.foryousystem.co.jp/library/pdflib/foryou/business/foryou-business00013.pdf

書類の紙貼りは、不正改ざんと見做されます。

原紙の修正欄に二重線し、その上に修正記入。

重要事項の場合、この場合、発行者、金額、の修正は再発行です。

Q領収書の記入ミス

店などで発行する領収書のミスってよくあるものですか?

友人がアルバイト中に領収書に書く金額をミスしたそうです。
カードだったため、控えは渡したようですが、領収書の金額を間違えて渡してしまったそうです。
控えの金額はあっているそうです。

あり得ないミスをしてしまったと友人は落ち込んでいますが、私はほかの人にもあることなのでは?、ままあることなのでは?と思ってしまいます(確かに許されることではありませんが)。

実際はよくあることなのでしょうか?
またこの場合友人のアルバイト先、相手にどんな影響があることが考えられるのでしょうか?

教えていただけたらありがたいです。

Aベストアンサー

 「間違い」は、プロとして仕事をしている以上あってはならないことですが、人間である以上起こり得ます。(アルバイトも、賃金をもらっている限りはプロ。特に、お客からは正社員もアルバイトも同じ)
 プロである以上、決して「よくあること」では済まされません。

 間違いは、しないに越したことはありませんが、「自分で気づいたり、指摘されたら、間違いをきちんと認めて訂正する」ということが大切です。どこかの都知事のように、見え透いた作りごとでごまかそう、言い逃れようとするのが、一番みっともなく品位を落とすことになります。

 領収書を受け取ったお客は、自分が立て替えて支払ったお金を、領収書を証拠に会社なり依頼主に請求して現金を受け取るのだと思います。
 もし、実際の金額よりも「高い」金額を書いていしまったのなら、そのお客は「もうけた!」と高い金額を受け取るでしょう。そのお客には何の迷惑もかけず、逆に間違いに感謝することでしょう。この場合、お客の会社が損をするわけですが。

 逆に、領収書の金額が実際よりも「安い」場合、お客はその金額で請求すると損をします。その場合は、おそらくお客が「金額が違っている」とクレームしてくるはずですので、素直に間違いを認めて領収書を再発行しましょう。ご友人がいないときに来るかもしれないので、店長に説明して、誰でもいつでも訂正した領収書を書けるようにしておくことが大切です。(こうしておくことが、プロとして、ご友人の「誠意」として最も重要なことでしょう)
 もし、そのお客が「金額が違っている」と言って来ないのなら、それほど大きな損害は与えていないのだ、と思うしかありません。(受けた損害が、もう一度来店して領収書をもらい直す手間よりも小さい程度ということ)

 くよくよ考えるよりも、次に同じようね間違いを犯さないようにするにはどうしたらよいか、を考えることが大事です。「失敗から学ぶ」ということです。1つの失敗から学んだことで、これから起こるかもしれない10の間違いを防げばよいのです。

 「間違い」は、プロとして仕事をしている以上あってはならないことですが、人間である以上起こり得ます。(アルバイトも、賃金をもらっている限りはプロ。特に、お客からは正社員もアルバイトも同じ)
 プロである以上、決して「よくあること」では済まされません。

 間違いは、しないに越したことはありませんが、「自分で気づいたり、指摘されたら、間違いをきちんと認めて訂正する」ということが大切です。どこかの都知事のように、見え透いた作りごとでごまかそう、言い逃れようとするのが、一番みっとも...続きを読む

Q領収書の宛名間違いの訂正方法

経理担当者です。よろしくお願いします。

昨日、客先から領収書が郵送で届きました。
確認すると、日付・金額等は間違いないのですが
宛名が一字だけ間違っているのです。
領収書の形式は、レーザープリンターで印刷してあるものなので
恐らく入力ミスによるものだと思われますが
下記のように一文字だけ違う文字が混じっているのです。

○○○○株式会社→○○○○A株式会社 という感じです。

そこで訂正方法について教えて下さい。

1. 客先に送り返して訂正又は再発行してもらう
2. こちらで二重線を引いて、経理担当者(私)の訂正印を押す
3. 明らかに入力ミスだと思われるので(会社名が判読できるので)
  そのままにしておく

宛名が全く違う会社名なら、即座に再発行してもらうのですが
たった一文字だけのことなので、どのように対応すればいいのか思案しています。
あまり細かいことを言ってもどうかと思いますし・・・

どうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

 税務の為に領収書は必要です、そこで有効なのか無効なのが重要になります
 簡単な間違いならば特に訂正する必要はありません、税務署が相手に受け取りの確認すれば簡単に判ることです。簡単に証明できることです。
 したがって、 次回から間違えないようにお願いすれば良いです。もし気になるようでしたら新しく発行してもらい差し替えれば良いです。

Q領収書の但し書きのミスで

昨年度分の支払いに対し、領収書の但し書き欄に間違った年度(本年度)を記入して発行しました。
この場合、昨年度の請求をかけることが妥当でしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

>昨年度の請求をかけることが妥当でしょうか、


この意味が不明ですが、領収書の摘要欄を誤っただけならば、そこを訂正印で訂正すればよいだけの話です。
領収書の記載間違いがあっても支払いの事実は変わらないので、請求のやり直しなどはありえないですね。

Q領収書の宛名を直したい

領収書の宛名を直したいのですか、横線で消して判子上に捺して 修正後の宛名書いても認められるでしょうか?

Aベストアンサー

訂正したものが誰か事後にわかるような方法であれば問題はありません。
もちろん発行者(お金の受取人)が訂正をするものであり、支払側がしてはいけません。


ただ実務手絹は宛名が多少違っていても、取り引きの事実が傍証で明らかな場合は多少の名前の書き間違いが合っても領収書が無効ということはないでしょう。

世間ではよく「上様」という名前や、レジスターのレシートのように宛名がないものも領収書で通用していますよね。

Q領収書の日付訂正は?

25日位に月末の日付で領収書を作成・郵送し、翌月初に
手形を郵送で送り返してくれる得意先があります。手形の発行日は月末です。
今日、領収書を作成したのですが、うっかり26日付で作成してしまいました・・・。
この場合、訂正は可能なのでしょうか?
それとも作り直しでしょうか?
また、今後の為に教えていただきたいのですが、金額復記(チェックライターではなく、復記の欄)などの訂正可能なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先方に渡される前でしたら、作り直しするのがビジネスマナーです。
訂正の場合は、先方に渡した後で間違いが判明した時にのみと考えた方がいいと思います。
基本的に金額の訂正は、改ざんと区別がつかないので行いません。

ちなみに、当社も先に領収証を発行して、手形を頂いている先が何件かあります。取引の力関係もありますし、手形と領収証とを比較すれば、手形の方がリスクが大きいので領収証を先に送っています。

Q領収書の再発行時の注意点

自営業者です。領収書の再発効について教えてください。お渡しした領収書をお客様がなくしてしまい再発行したいと
思うのですが注意点があれば教えてください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

【再発行】と、空欄に書き入れます。

もし、お客様が悪用しようとして、前に発行された領収書を、なくしていなかったら、あなたは、同じ金額で、2度売り上げてる形になります。
税務監査が入れば、指摘される要因となります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング