gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

t検定において、有意差ありという結論になった場合、具体的には、どのような場合のことなのでしょうか?(それぞれのデータが正規分布であることが前提である場合についての話です。)

gooドクター

A 回答 (2件)

>具体的には、どのような場合のことなのでしょうか?


このような質問は珍しいので、意味を取り違えているかもしれませんが、
 
 t検定は、2つのグループの平均値に差があるか、を検定する方法です。
 2つのグループでない場合は、多重比較になります。
 平均値でなく、バラつきだとF検定、比率だとカイ2乗検定が定番です。

 具体例ということですが、これは統計学の本の例題が、具体例になります。
 例えは、Aクラスの男と女の平均値、AクラスとBクラス、あるいは学校AとBなど、比較するのは2つの集団(群という)であれば、何でもOK。
 比較する項目は、数値であればOK(アンケートの、良いが1で悪いをゼロ、というのは正規分布にならないのでダメ)。体重、身長、お年玉、・・・、何でも。
  Aクラスの算数の平均と、Bクラスの国語の比較、でも統計学的には問題ありません。ただ、そんなものを比較しても、社会的に馬鹿にされるだけです。

 私の場合は、薬物を投与した群と、していない群の生存日数などを調べて、その薬物の効果の判定に使っています。
 最近だと、学力テストの結果を公開されれば、どこが一番、なんぞを結論することが可能です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/01/23 20:45

「有意差あり」は、次の記述と同じ意味です。


「帰無仮説が成立すると仮定すれば(つまり、目前にあるサンプルは、本来の母集団から取られたものであって、この平均値の差異は、偶然の産物にすぎない、と仮定すれば)この程度の差が生じる可能性は5%(または1%)以下である」
(検定結果は、帰無仮説の「真偽」について論じるものではありません。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/01/23 20:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング