父が直腸癌で12/18に手術を行いました。
CT等による術前予測はステージ3a、病理検査結果により3bとの診断に変更。
リンパ節転移は18/22 静脈浸襲やリンパ管浸襲も高度に見られ、主病巣から離れた部分(主病巣から大きめに切除した肛門側から2 0mmの部分まで)にもリンパ管浸襲像が散見されるとの事。
1/21から経口抗がん剤のゼローダを服用開始しました。
肝臓などへの転移を防ぐ為に、放射線治療も考えているのですが、現状では経口型の 抗癌剤のみの処置が一般的なのでしょうか。
主病巣の周りに残っているかもしれない細胞レベルの癌を消す為に、放射線治療を受けたいと考えています。これは、一般的ではないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

民間療法に関しては信じていないので


残念ながら分からないです。
健康食品も、もし効くなら、製薬会社が研究すると思うのに、
実際はあまりされていない事を考えると・・・
温熱療法(ハイパーサーミア)も効くと施行している病院もありますが、
実際に聞いたという論文を学会誌などで読んだことはありません。

ということで、今もしかしたら効果があるかもと思えることは、
術後補助化学療法に何を選ぶかということです。
ASCOって検索してみてください。
色々な学会発表が出てくると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切な回答をどうもありがとうございました。
何を見ても読んでも、どんなことでもして再発を防止したいと願うばかりです。
不安を感じている家族の多さにも驚き、
一緒に戦っていこうと思いました。
ASCOはいろいろな情報がわかりやすく書いてあり、非常に勉強になりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/01/26 15:28

「一般的か?」とは、「日本でのガイドラインに則っているか?」


と、質問していると解釈していいのでしょうか?
この解釈でいいのであれば、
他の方も言われているように、
放射線治療は一般的ではありません。
化学療法に関しては、ゼローダ単剤は一般的な治療の一つです。

一応ガイドライン載せておきます。

参考URL:http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0042/3/0042_G000012 …

この回答への補足

ガイドラインを読みました。
化学療法の抗癌剤治療のほか、健康食品なども試しています。
もちろんエビデンスがあるものも、ないものも、父に効果があるかどうかも、
本当のところはわかりませんが、出来る事を全てしておこうと思います。
もし「日本のガイドライン」に則していなくとも、こういった治療もあるというものがあれば、参考までに教えていただけると幸いです。
免疫療法、温熱療法、ネットや本で調べられる事は、だいぶ調べているつもりではいます。ただ、やはりとても心細く、不安です。

補足日時:2009/01/23 10:00
    • good
    • 0

>これは、一般的ではないのでしょうか。



そのような事はしないでしょう。
放射線治療は放射線を当ててガン細胞を死滅させる治療です。
健康な細胞にも影響を与えるので、発ガンが認められない部位への照射はしません。

抗癌剤による方法が普通です。
(経口・点滴など様々ですが・・・。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂きまして、どうもありがとうございます。
再発しないことを祈って、家族でいろいろな対応を考えている中、
知らないことばかりだという事に気付き、悲しくなるばかりです。
抗癌剤で、しばらく様子を見ていきます。

お礼日時:2009/01/23 09:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング